【部落差別の解消の推進に関する法律】が施行

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1005305 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。

 平成28年12月16日に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。
 この法律は、現在もなお部落差別が存在することを踏まえ、すべての国民に基本的人権の享有を保障する
日本国憲法の理念にのっとり、部落差別は許されないものであるとの認識のもと、部落差別の解消を推進し、
もって部落差別のない社会を実現することを目的としています。

 本市では、「尼崎市人権教育・啓発推進基本計画」において、同和問題を重要な人権課題の一つとして捉え、
部落差別に関する正しい理解と認識を培うために人権教育・啓発・研修を推進しています。この法律の趣旨
を踏まえ、引き続き部落差別の解消のための取組を進めてまいります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 ダイバーシティ推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6658
ファクス番号:06-6489-6661
メールアドレス:

  • ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp