阪神地域合同シェイクアウト訓練

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020080 更新日 令和2年3月2日

印刷大きな文字で印刷

令和元年度の訓練は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

訓練の趣旨・目的

この訓練は、災害発生時に行うべき自らの行動を確認していただくことを目的に、対象区域内にある携帯電話・スマートフォンに対して緊急速報メール(エリアメール)を一斉配信するものです。

東日本大震災の経験や教訓をいつまでも忘れることのないように、例年、3月11日周辺の日に阪神地域の7市1町が合同で実施しています。

訓練の実施概要

実施日時・対象区域・実施内容

実施日時

令和2年3月11日(水曜日)午前10時00分ごろ

対象区域

阪神地域7市1町の区域内

(尼崎市・西宮市・芦屋市・宝塚市・伊丹市・川西市・三田市・猪名川町)

実施内容

緊急速報メール(エリアメール)による災害情報の一斉配信

配信する災害情報

訓練当日に配信する災害情報は次のとおりです。

件名

訓練 DRILL(尼崎市)

本文

「阪神地域合同シェイクアウト訓練」に関する配信です。

DISASTER DRILL(防災訓練)

10時02分、兵庫県瀬戸内海沿岸に大津波警報が発表されました。

身を守るための適切な避難行動をとってください。

これは、訓練です。(尼崎市)

緊急速報メール(エリアメール)を受信したときは

緊急速報メール(エリアメール)を受信した場合、慌てずにメールの内容を確認してください。

内容を確認した後は、自らがとるべき行動を考えてみたり、実際に行動を起こしてみたり、その場でできる訓練に取り組んでみてください。

緊急速報メール(エリアメール)に関する留意事項

マナーモードにしていても一斉に鳴ります。

緊急速報メール(エリアメール)は、マナーモードにしていても強制的にアラームが鳴ります。

携帯電話・スマートフォンの電源が切られている場合、アラームは鳴りません。

携帯電話・スマートフォンの機種によっては受信しません。

今回の訓練では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、ワイモバイルといった各携帯電話会社が提供する緊急速報メール(エリアメール)を使用します。

訓練の対象区域内にあっても、お手持ちの携帯電話・スマートフォンの機種によっては受信しない場合があります。

緊急速報メール(エリアメール)は、各携帯電話会社が提供するサービスです。

緊急速報メール(エリアメール)の動作に関しては、各携帯電話会社のホームページをご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp