8月12日からの前線に伴う大雨関連情報

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1026013 更新日 令和3年8月15日

印刷大きな文字で印刷

防災情報リンク集
リンク先名 説明
警報・注意報の状況など、尼崎市の防災情報が確認できます。
川の水位や今後の見込み、河川カメラの映像が確認できます。
ハザードマップで危険個所等が確認できます。
防災行政無線で放送された防災情報の内容が確認できます

8月15日(日曜日)

正午、連絡員待機を解除します。

15日正午、連絡員待機を解除します。

神戸地方気象台によれば、前線は太平洋側へ南下するものの、16日には再び北上し、20日ごろにかけて西日本付近に停滞する見込みとされています。

前線の位置や活動の程度によっては、警報級の大雨となることもあることから、引き続き、最新の気象情報にご留意ください。

午前11時32分、洪水・雷注意報は解除されました。

発表されていた洪水・雷注意報は解除されました。

なお、大雨注意報は継続中です。

午前4時8分、強風・波浪注意報は解除されました。

発表されていた強風・波浪注意報は解除されました。

なお、大雨・洪水・雷注意報は継続中であり、引き続き、警戒が必要です。

8月14日(土曜日)

午後6時30分、今夜から明日にかけて注意が必要です。

神戸地方気象台によりますと、今夜から明日にかけて多いところでは1時間に40ミリの雨が予想されており、特に明日明け方(15日午前3時から午前6時頃まで)にかけて強い雨が見込まれるとのことです。

現在のところ、尼崎市に影響を与えるような河川の増水は認められません。

日没後は、外出を控え、屋内で自身の安全確保に努めてください。

夜間、川の状況を確認するなどの危険な行為は絶対にやめましょう。

午前11時、河川の水位状況について

現在のところ、尼崎市に影響を与えるような河川水位の状況は認められません。

尼崎市内には、山地や急斜面がないため土砂災害の心配はありませんが、低い土地の浸水に注意が必要です。今後も、急な天候の変化にご注意ください。

8月13日(金曜日)

午後5時30分、連絡員を配置し、警戒態勢を強化します。

大雨による災害に備え、危機管理安全局職員を連絡員として配置し、休日・夜間も気象状況や河川水位の警戒監視にあたります。

午後2時58分、洪水注意報が発表されました。

現在、尼崎市に大雨、雷、強風、波浪、洪水注意報が発表されています。引き続き、今後の気象情報にご注意ください。

8月12日(木曜日)

午後5時、今後の気象情報にご注意ください。

前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発達するおそれがあります。

この前線は13日にかけて近畿地方に停滞する見込みであり、その後も来週にかけて、西日本付近に停滞するおそれがあります。

前線の位置や活動の程度によっては、15日頃にかけて警報級の大雨となる可能性があります。

今後の気象情報に十分ご注意ください。

午後4時30分、水防準備会議を開催しました。

庁内関係職員による水防準備会議を開催し、最新の気象状況について情報共有を行うとともに、休日・夜間を含めた水防態勢の確認を行うなど、大雨による災害発生に備えて連携強化を図りました。

午後3時、神戸地方気象台とも連携しています。

最新の気象状況について、神戸地方気象台からの説明を受け、兵庫県下の他の市・町とも情報を共有しています。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp