令和2年度兵庫県・阪神地域合同防災訓練

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1022343 更新日 令和2年10月5日

印刷大きな文字で印刷

令和2年度兵庫県・阪神地域合同防災訓練は終了しました

訓練当日の様子

尼崎市立中央中学校をメイン会場として実施された同訓練には、70の関係機関から700名が参加しました。
合同防災訓練では、複数の訓練会場で様々な訓練が展開されましたが、このうち、重点訓練とされた避難所設置・運営訓練では、本市作成の「新型コロナウイルス感染症に対応した避難所運営マニュアル」をベースとした避難所運営を行い、マニュアルを検証する機会としました。

訓練当日の様子

今後の取り組みについて

今後、訓練参加者へのアンケート調査を行い、訓練を通じて得られた課題について検討を重ね、より良い避難所運営に繋げてまいります。

目的

避難所における自然災害と感染症との「複合災害」への備えを確認するとともに、避難所運営に係る行政職員と各支援団体との連携強化を図ることを目的とする。

実施日時

令和2年9月20日(日曜日)午前10時から正午まで

実施場所

(1) 実動訓練および避難所設置・運営訓練
  尼崎市立中央中学校 (尼崎市)
(2) 孤立集落救助訓練
  三田市立母子小学校(三田市)
(3) 海上・空路物資搬送訓練
  阪神南広域防災拠点(西宮市)
(4) SCU設置運営訓練
  兵庫県広域防災センター(三木市)

主催

令和2年度兵庫県・阪神地域合同防災訓練実行委員会(会長:兵庫県知事 副会長:尼崎市長)
(兵庫県 、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町)

参加機関

兵庫県、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町、自衛隊、消防機関、警察、海上保安部、医療関係機関、ライフライン関係機関等

訓練想定

南海トラフ地震の発生及びその後の風水害による被害を想定

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp