新型コロナウイルス感染症に対応した避難所対策について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021346 更新日 令和2年5月21日

印刷大きな文字で印刷

避難所における新型コロナウイルス感染症対策へのお願い

 新型コロナウイルス感染症が蔓延する中で、地震や台風などの災害が発生し、避難所が避難者で密集した状態になると、感染症が拡大してしまうことが懸念されます。

 本市では、新型コロナウイルス感染症に対応した避難所対策として、避難者の健康確認や避難所のゾーニング、換気やソーシャルディスタンスの確保を徹底するなど、可能な限り避難所の衛生環境の確保に努めてまいりますが、市民の皆様におかれましても、新型コロナウイルス感染症のリスクがある状況下での避難について、平時からの意識付けと事前準備等、ご検討いただきますようお願い申し上げます。

避難所に行くことだけが避難ではありません

 災害時に、洪水や家屋倒壊などの危険がなく、自宅での安全確保が可能の場合、感染リスクを負ってまで、必ずしも避難所に行く必要はありません。

「避難」とは、難を避ける行動のことです。

避難所の過密状態を防ぐため、避難所への避難が本当に必要かどうか、まずはご判断いただきますようお願いします。

「お知り合い避難」、「在宅避難」のススメ

 災害時の避難先は、市が指定した小学校等の避難所に限りません。

 親戚や友人・知人の家に避難する「お知り合い避難」や、自宅に留まり安全を確保する「在宅避難」も避難行動の一つです。

 災害の規模や状況に応じて自らがとるべき避難行動をあらかじめ検討しておくことが大切です。

 特に、大雨や台風などは、事前にコースや接近の日時が予測できる災害であるため、早めに避難行動を開始しましょう。

避難所でのお願い

健康状態の確認にご協力をお願いします。

避難所に避難された方を受け入れる際には、検温や健康状態の聞き取りを行います。

避難所内をゾーニングし、避難された方の健康状態に応じた居住スペースをご提供するための確認ですので、ご協力をお願いいたします。

感染症対策のための衛生用品をご持参ください

 避難所には一定量の衛生用品を準備していますが、災害の規模や状況によっては十分な量を提供できない場合もあります。

 避難所へ避難する際には、通常の災害用備蓄品(水、食料等)に加え、マスクや手指用消毒液等の衛生用品をお持ちいただきますようお願いいたします。

感染防止対策を徹底してください。

 避難された方は、手洗い、マスクの着用、咳エチケット等の感染防止対策の徹底をお願いいたします。

自宅待機者専用避難所を開設します

 新型コロナウイルス感染症に感染された方との濃厚接触や、海外からの帰国等を理由に自宅で待機されている方の避難先として、一般の指定避難場所とは別に、自宅待機者専用避難所を開設します。

該当者へは、事前に専用避難所を案内し、災害時にも安心して避難していただける環境を整備しています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp