貸金業法が大きく変わりました

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1004420 更新日 令和2年4月1日

印刷大きな文字で印刷

改正貸金業法は、平成22年6月18日から完全施行されています。

1 総量規制(借り過ぎ、貸し過ぎの防止)

  • 借入残高が年収の3分の1を超える額の新規借入れができなくなりました。
  • 借入れの際、年収を証明する書類が基本的に必要となりました。

2 上限金利の引下げ

  • 法律上の上限金利が、29.2%から15~20%(借入金額によって異なります。)に引き下げられました。

3 貸金業者に対する規制の強化

  • 法令遵守の助言・指導を行う国家資格のある者(貸金業務取扱主任者)を営業所に置くことになりました。

消費生活センターでは、借金でお困りの方を対象に、弁護士・司法書士による多重債務等特別相談を実施しています。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 生活安全課 消費生活センター・計量担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6690
ファクス番号:06-6489-6686