支払いの猶予・減免等に関するもの

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021239 更新日 令和3年4月1日

印刷大きな文字で印刷

国民健康保険料【減免】

対象
新型コロナウイルス感染症により生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った世帯や主たる生計維持者の収入が前年と比較して10分の3以上減少が見込まれる世帯(前年所得制限あり)等
支援内容
新型コロナウイルス感染症の影響により、保険料の納付が困難な世帯に対して、保険料の減免を行う。
担当
国保年金課 06-6489-6423

このページの先頭に戻る

国民健康保険料 【分割納付】

対象
収入が減ったなどの理由により、一時的に保険料の納付が困難となった方
支援内容
新型コロナウイルス感染症の影響により、保険料の納期内納付が困難な世帯に対して、支払回数を増やすことなどにより納付しやすくする。
担当
国保年金課 06-6489-6434

このページの先頭に戻る

国民年金保険料 【免除】

対象
失業した方や収入が減少した方
支援内容
新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した被保険者に対して保険料の免除等を行う。
担当
国保年金課 06-6489-6428

このページの先頭に戻る

介護保険料 【減免】

対象
新型コロナウイルス感染症の影響により生計維持者が死亡又は重篤の第1号被保険者、また、生計維持者の収入が一定以上減少する見込みの第1号被保険者の方
支援内容
失業等の理由で保険料を納めることができない場合に、所得等に応じて、介護保険料を減免する。
担当
介護保険事業担当 06-6489-6376

このページの先頭に戻る

介護保険料 【分割納付】

対象
未納保険料を一括で納付することが困難な方
支援内容
生活維持困難等の理由で保険料を分けて納めたい意思がある場合に納付相談(分納)を受ける。
担当
介護保険事業担当 06-6489-6376

このページの先頭に戻る

後期高齢者医療保険料【減免】

対象
新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡、または重篤傷病を負った被保険者や、主たる生計維持者の収入が前年と比較して10分の3以上減少が見込まれる被保険者(前年所得制限あり)
支援内容
新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少した被保険者に対して保険料の減免を行う。
担当
後期高齢者医療制度担当 06-6489-6836

このページの先頭に戻る

市税(市民税、固定資産税等)【納付相談】

対象
一定の事由により市税を一時に納付することが困難な方
支援内容

災害や生活維持困難等の理由で市税の納付が困難な方の納付相談を受ける。

担当
納税課 06-6489-6274

このページの先頭に戻る

個人市民税(失業廃業減免) 【減免】

対象
失業又は廃業により収入が無くなり、その後の求職活動によってもなお仕事が無く、生活が著しく困難となった方(前年所得の制限有り)
支援内容
勤労に基づく所得から計算する所得割額について、減免を行う。
担当
市民税課 06-6489-6246・6247・6248

このページの先頭に戻る

個人市民税(所得減少減免) 【減免】

対象
失業廃業減免の非対象者(対象者以外)で、当年分の所得が、前年と比較して2分の1以下に減少し、生活が著しく困難となった方(前年所得の制限有り)
支援内容
普通所得から計算する所得割額について、減免を行う。
担当
市民税課 06-6489-6246・6247・6248

このページの先頭に戻る