給付金・生活資金に関するもの

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1021228 更新日 令和3年9月17日

印刷大きな文字で印刷

緊急小口資金【貸付】

対象
新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
支援内容
10万円以内(世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいる、また、介護の必要な高齢者や障害のある方がいる場合などは、20万円以内)を貸付する。
担当
社会福祉協議会 06-6489-3793

このページの先頭に戻る

総合支援資金(生活支援費) 【貸付】

対象
新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
支援内容
月額15万円以内(複数世帯は20万円以内)を3カ月以内の期間において貸付する。
担当
社会福祉協議会 06-6489-3793

このページの先頭に戻る

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金【給付】

対象
新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、総合支援資金の再貸付が終了する等の世帯で、さらなる貸付を利用できず、今なお生活に困窮している世帯
支援内容

1人世帯6万円、2人世帯8万円、3人以上世帯10万円を3カ月支給する。

※市内在住で兵庫県社会福祉協議会が行う総合支援資金の再貸付が終了する方等に対して郵送で個別通知します。

※申請期限は令和3年11月30日(火曜)【当日消印有効】
担当
尼崎市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センター 0120-129-219

このページの先頭に戻る

住居確保給付金 【給付】

対象
離職、自営業の廃止又は個人の責に帰すべき理由・都合によらない就業機会等の減少により経済的に困窮し、住居を喪失した方又は住居を喪失するおそれのある方
支援内容

家賃相当分(限度額あり)の給付金を3カ月(最大9カ月。ただし令和3年3月31日までに申請した場合は最大12カ月)支給する。

※再支給の申請は令和3年11月30日まで
担当
南部・北部福祉相談支援課 しごと・くらしサポートセンター尼崎北:06-4950-0584 尼崎南:06-6415-6287

このページの先頭に戻る

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金【給付】

対象
新型コロナウイルス感染症等の影響により、事業主から休業させられたものの、休業手当を受け取ることができなかった労働者の方
支援内容
休業前賃金の80%(限度額あり)を休業実績に応じて支給する。
担当
厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター 0120-221-276

このページの先頭に戻る

生活困窮者自立相談支援事業 【相談・支援】

対象
新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少等で生活の困窮に不安のある方
支援内容
複合的な課題を抱える生活困窮者が「制度の狭間」に陥らないよう、幅広く相談に対応し、就労等の支援の提供・調整を行う。
担当
南部・北部福祉相談支援課 しごと・くらしサポートセンター尼崎北:06-4950-0584 尼崎南:06-6415-6287

このページの先頭に戻る

生活保護制度

対象
生活保護法の規定等に基づく
支援内容
生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障する。
担当
南部・北部保護第1担当 北部:06-4950-0286 南部:06-6415-6197

このページの先頭に戻る

傷病手当金(国民健康保険)【給付】

対象
尼崎市国民健康保険の被保険者であり、新型コロナウイルス感染症に感染し、または感染が疑われたため勤務ができなかったことにより、会社等から給与等の全部又は一部の支払を受けることができなかった方
支援内容
傷病手当金を支給
<傷病手当金の算定式>
(直近3カ月の給与収入の合計額を就労日数で除した金額)×2/3×支給対象日数=傷病手当金の額
担当
国保年金課 06-6489-6420

このページの先頭に戻る

傷病手当金(後期高齢者医療保険)【給付】

対象
尼崎市後期高齢者医療保険の被保険者であり、新型コロナウイルス感染症に感染し、または感染が疑われたため勤務ができなかったことにより、会社等から給与等の全部又は一部の支払を受けることができなかった方
支援内容
傷病手当金を支給
<傷病手当金の算定式>
(直近3カ月の給与収入の合計額を就労日数で除した金額)×2/3×支給対象日数=傷病手当金の額
担当
後期高齢者医療制度担当 06-6489-6836

このページの先頭に戻る