エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成27年12月の活動日記


ここから本文です。

平成27年12月の活動日記

12月28日(月曜日) 仕事納め

仕事納め

 早いもので、今年も残すところ、後数日となりました。戦後70年、阪神・淡路大震災から20年、JR脱線事故、アスベストにかかるいわゆるクボタショックから10年・・・いろいろな節目が重なった一年でした。私なりに今年のあまがさきのニュースをあげてみると・・・《尼崎城ご寄付へ、協定締結》《ひったくり激減!初の年間二ケタ抑制達成へ!》《尼崎版「人口ビジョン」「総合戦略」を策定》《桂米朝さん死去、桂米團冶さん親子二代は初となる尼崎市民芸術賞を受賞》

 

仕事納め

《市立尼崎高校の本田美波選手がアジア大会に出場、体操女子・団体3位の活躍!》《誰でも先生、誰でも生徒、学びのフリーマーケット!第一回「サマーセミナー」開催》《JR尼崎駅に観光案内所「あまらぶ i +Plus」オープン!》《創業支援拠点「ABiZ(アビーズ)」を開設》《市長公用車を燃料電池自動車MIRAI(ミライ)に》・・・などなど、やっぱり書ききれません!皆様にとっては、どんな一年だったでしょうか?
 一部の業務を除き、市役所も本日が仕事納めです。幹部会では、年末年始も公人であることを常に意識しつつ、しっかり体と心を休めてもらいたいと伝えました。いよいよ来年は、尼崎市市制施行100周年。気持ち新たに、さまざまな取組みを進めます!新しいスタートを踏み出す上で大切なのは、「先ず、隗より始めよ」、市役所が先頭を切っていくという気概だと思っています。その中で、私自身も「まず自分から」をモットーに、頑張っていく所存です。
 今年一年、お世話になった皆様に心から感謝申し上げます。これから年末・年始を迎えますが、くれぐれも健康にご留意いただき、よき新年をお迎え下さい!

 

12月25日(金曜日) 世界大会・近畿大会出場選手 表敬訪問

世界大会・近畿大会出場選手 表敬訪問

 本日、市立尼崎高校の軟式野球部の皆さんと、スポーツチャンバラの佐々木晟人選手が表敬訪問に来てくれました。
 軟式野球部は、11月に開催された「平成27年度秋季近畿地区高等学校軟式野球大会」に兵庫県代表として出場し、見事優勝!地道な練習が実を結んだ結果だと思います。地域の方々が軟式野球部の活躍に注目し、喜んで下さっていたことを生徒に伝えました。目標は、来夏の「全国大会」での優勝とのこと。今回の優勝を自信と力に、全国大会でも頑張ってほしいとエールを送りました!

 

世界大会・近畿大会出場選手 表敬訪問


 市立尼崎高校2年のスポーツチャンバラ選手 佐々木晟人君は、11月に東京で開催された「第41回世界スポーツチャンバラ選手権大会」で見事、長巻(10級以上)で優勝、基本動作(初段の部)とグランドチャンピオン戦(得物 長巻二段)で第二位、団体部門でJapan-teamが第三位という素晴らしい成績を収められました。スポーツチャンバラは、年齢や性別に関係なく試合を行うとのこと。体に気をつけて、さらなる活躍を期待しています!!

 

12月25日(金曜日) 第4回 あまがさき100年会議

第4回 あまがさき100年会議

 「あまがさき100年会議」を開催しました。今年も残すところ1週間程度。いよいよ年明けには、市制100周年の記念期間が始まります!本日の会議では、27年のプレ記念期間の取組み報告と、来年1月からの市制100周年記念事業について、情報共有しました。
 会議では、参加型事業や市内の100周年企業とのコラボ企画など、さまざまなご提案いただきました。市としても、100周年を活かし、企業や学校、地域みんなが参加し、次につながるような取組みを進めていきたいと思っています!

 

12月25日(金曜日) 消防局 訓示及び巡視

消防局 訓示及び巡視

 年末火災特別警戒に奮闘中の消防局・消防団本部、市内の消防署(中・東・北・西)を巡視し、激励するとともに、市内3警察署へご挨拶に伺いました。
 本年は、火災発生件数が昨年より減少しているとの報告を受けました。地域への予防活動や啓発活動などの取組みの成果が結果につながっていると実感しています。一方、救急出動件数は増加の一途を辿っています。市としても、しっかりと消防・救急活動を支えられるよう、取組みを進めていきたいと思います。

 

消防局 訓示及び巡視

 来年は、いよいよ市制施行100周年。消防出初式が最初の大きな記念行事となります。市民の皆様が安全・安心を実感し、このまちに誇りを持って、100周年の新しいスタートが切れるようにしっかりと力を合わせていきたいと思います。
 消防局職員・消防団員の皆様には、市民の皆様が良い新年を迎えられるよう、体調に留意し、最後まで気を引き締めて頑張っていただきたいと訓示しました。


 

12月25日(金曜日) 固定資産評価審査委員 感謝状贈呈式&辞令交付式

固定資産評価審査委員 感謝状贈呈式

 固定資産評価審査委員を退任された藤田毅さんに感謝状を贈呈し、新たに委員に就任いただく長谷川一成さんに対して辞令交付を行いました。
 固定資産評価審査委員会は、固定資産(土地、家屋及び償却資産)課税台帳に登録された価格(評価額)に関する不服を市長から独立した立場で審査決定する機関です。委員の皆様には、現場にも足を運んでいただき、熱意を持って活動していただいていますこと、心強く思っています。

 

固定資産評価審査委員 辞令交付式




 本市としても、皆様に信頼される公正な税評価と徴収に努めていきます。委員の皆様方には、それぞれの専門分野で尼崎市政へのお力添えをお願いしました。




 

12月21日(月曜日) 防災訓練(ロールプレイング型図上訓練)

防災訓練(ロールプレイング型図上訓練)


 本市では、昨年度に地域防災計画の大幅な見直しを行い、合わせて、災害対策本部における各部が主体となって「災害対策ガイドライン」を作成しました。本日は、そのガイドライン等の精度を高めていくため、幹部職員も参加する図上訓練を実施しました。訓練には、人と防災未来センターの研究主幹の宇田川真之さんにもご参加いただき、アドバイスをお願いました。 

 

防災訓練(ロールプレイング型図上訓練)


 図上訓練の想定は、鬼怒川の氾濫による常総市の洪水被害等を受け、本市でも発生頻度の高い風水害の初動期を設定。実際の災害時の状況や事案等を参考に作成した模擬内容を提示し、各部で、あるいは複数の部が連携しながら、災害対応を検討します。訓練開始まで内容を非公開とし、緊張感をもって訓練を行いました。


 

防災訓練(ロールプレイング型図上訓練)


 本日はごく一部の訓練。この訓練をきっかけに、各部で問題点や課題について協議・情報共有を進めてもらいたいと思います。訓練実施後の各部での共通意見として、いかに効率よく適切に情報を共有し、適切な対応につなげていくのかが課題として挙げられました。今後、防災メールの活用や多くの避難所との情報共有などの設定も組み合わせて、より実践的な訓練を引き続き行っていきたいと思います。


 

12月21日(月曜日) 政策推進会議

政策推進会議

 本日の政策推進会議の案件は3件。

1.『平成28年主要事業(新規・拡充、改革改善項目)の調整状況へのご意見募集!』
 来年度の予算編成に向け、鋭意進めてきました政策査定。各局から提案された新規・拡充事業、および改革改善項目の調整状況について、公開します。28年度は、特に「教育・子育て」、「安全・安心のまちづくり」、「市制100周年記念事業」について予算等を重点配分して取り組んでいきます。12月22日から翌1月12日までパブリックコメントを実施します。皆様のご意見をお待ちしております!

 

政策推進会議

2.『尼崎市国民保護計画の修正について』
 尼崎市国民保護計画は、国民保護法(武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律)に基づき、有事の際、市が国民保護のための措置を的確・迅速に行うため、住民の避難、避難住民等の救援などの必要な措置を定めている計画です。法改正やその他の時点修正等を行うため、県との協議・調整を経て、本市計画を一部修正。全国瞬時警報システム(J-ALERT)などの情報通信システムの活用や、携帯電話の緊急速報メールや本市Facebook、ツイッター等のソーシャルネットワークシステムの活用を追加するとともに、所要の文言修正等を行いました。

3.『「尼崎市公共施設に係るアスベスト含有建材の管理の手引き」を作成!』
 本市でも公共施設の老朽化が課題となっています。飛散性のアスベストについては対応済みですが、非飛散性のアスベストであっても、施設の損傷や建材の劣化等で露出した状態になる可能性があるなど、適切な管理が求められます。非飛散性アスベストについては解体時に厳しい手順が定められているものの、管理については国基準が設けられていません。そこでこの度、多くのアスベスト被害者が出ている自治体として、損傷や劣化によるアスベストの飛散を防ぐための適切な施設管理を目指し、「尼崎市公共施設に係るアスベスト含有建材の管理の手引き」を作成しました。施設管理者に非飛散性も含めてアスベストへの意識付けを徹底し、損傷や劣化が確認された場合の含有の有無の確認や対応を円滑にすることを目指しています。
 手引きは、市ホームページに掲載しますので、施設を所有している事業者の皆様、ぜひご活用下さい!

 その他の案件として、交通事故の発生状況や1月10日に開催する市制100周年記念「尼崎市消防出初式」などについて、情報共有しました。

 

12月19日(土曜日) あまがさき地域福祉フェスタ ~ ささえあい、つながりあえる地域づくり ~

あまがさき地域福祉フェスタ ~ ささえあい、つながりあえる地域づくり ~

 本市と尼崎市社会福祉協議会(社協)の主催で、「あまがさき地域福祉フェスタ」を開催しました。今年のテーマは、防災。前半の事例発表では、指定避難所の小学校が遠いと感じていた地域の皆様が、近隣企業への粘り強い交渉で避難所指定、避難訓練の実施へと連携を強めている取組や、防災と防犯については自治会と別に独立したグループを立ち上げ、参加者の拡大に取り組んでいる事例、隣接する伊丹市の自治会とも連携した「大人版防災マップ」作成や地域の小学生と一緒に取り組んだ「子ども版防災マップ」の作成について、各地域の代表者からご報告いただき、さまざまな工夫やノウハウ、課題や問題点などを情報共有しました。

 

あまがさき地域福祉フェスタ ~ ささえあい、つながりあえる地域づくり ~

 後半は、本市職員から「避難行動要支援者名簿について」ご説明させていただいた後、関西大学社会安全学部准教授の近藤誠司さんから、「福祉力と防災力を向上するために ~地域づくりと人づくり~」をテーマにご講演いただきました。
 本市では、高齢者等、一定要件を満たす皆様に対し、災害時に連絡先等を情報共有するなどの支え合いの仕組みづくりにご協力いただけるかどうかのアンケート調査を実施したところなのですが、想定より高い回答率、なおかつ、積極的に地域のつながりを求めているという結果が出てきています。

 

あまがさき地域福祉フェスタ ~ ささえあい、つながりあえる地域づくり ~


 普段からの顔の見える関係、そして、地域団体の皆様と市役所との信頼関係の中で、さまざまな情報を共有し、一緒に学びながら、仕組みを構築していきたいと、気持ちを新たにしています。社会福祉協議会をはじめ地域の皆様には、平素より支えあいの地域づくり、あたたかく安心の地域づくりにご尽力いただいていますことに、心から感謝を申し上げるとともに、引き続きのお力添えをお願いしました。


 

12月18日(金曜日) 精励賞表彰式

精励賞表彰式


 平成6年から7年にかけて尼崎市役所に入所し、20年にわたり本市行政運営に尽力した職員に対し、「精励賞」を贈りました。
 阪神・淡路大震災をはじめ、バブルの崩壊など激動の20年間を市役所で勤めてきた皆さん。さまざまな困難に直面したことと思います。本日の大きな節目に、20年前の気持ちを思い出し、苦楽をともにする仲間を財産として刻んでいくきっかけになることを期待しています。

 

精励賞表彰式


 現在、市役所は急速な世代交代が進んでいます。自分たちが歩んできた20年を次の世代にしっかりとつなぎ、気持ち新たに一歩を踏み出して欲しいと思います。来年の市制100周年は、尼崎市の新しい一歩とともに、職員一人ひとりも新たな一歩を踏み出す機会にできればと思っています。体調に留意していただき、職場の中心を担う職員として、ますます活躍することを期待しています!!

 

12月18日(金曜日) 定例記者会見

定例記者会見

 12月の定例記者会見の案件は2件。

1.『住民票の写しなどのコンビニ交付を開始します!』
 住民票などの各種証明書のコンビニ交付サービスを来年1月20日からスタートします!市役所や各サービスセンター、コンビニ(セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート)に設置のマルチコピー機で、毎日(12月29日から翌1月3日及び保守点検日を除く)午前6時30分から午後11まで、住民票の写し等が取得できます。なお、戸籍全部(個人)事項証明書及び戸籍の附票の写しについては、祝日を除く月曜日から土曜日の午前9時から午後5時30分までとなります。コンビニ交付サービスの証明書発行手数料は、窓口交付より100円減額!詳細は、市ホームページでご確認下さい。便利で安いコンビニ交付、ぜひご活用下さい!!

  

定例記者会見

2.『全国工場夜景サミット in 尼崎」を開催します!』
 産業都市ならではのイルミネーション、それが「工場夜景」!本市では平成28年に市制100周年を迎えることを記念して、北海道室蘭市、神奈川県川崎市、静岡県富士市、三重県四日市市、山口県周南市、福岡県北九州市と共同で、平成28年1月22日に「第6回 全国工場夜景サミット in 尼崎」を開催します!関西圏では初開催となる本サミット。参加自治体の取組発表をはじめ、写真家の小林哲朗さんとデジタルカメラマガジン編集長の福島晃さんによるトークセッションや、「工場夜景・美の祭典」フォトコンテスト授賞式、共同宣言などを行います。
 サミットへの参加希望の方は、来年1月6日からコールセンターで参加申込(先着150人)を受付けます。また、サミットとの同時開催で、全国工場夜景サミット記念バスツアーや、あまらぶアートラボ「A-Lab(えーらぼ)」で展示企画「魅せる工場」を開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしています!!

 

12月17日(木曜日) クリスマスイルミネーション

クリスマスイルミネーション

 阪急武庫之荘駅北にある通称三角公園内において、武庫之荘文化会(自治会)の主催で「クリスマスイルミネーション」が開催されていると伺い、見に行ってきました。昭和49年から地元の皆様が、公園内の高さ約10mの大ヒマラヤ杉にイルミネーションを飾り付けて下さっています。長きにわたりイベントを支えて下さっている関係者の皆様に、心から感謝を申し上げます。手作りのキラキラ輝く大きなクリスマスツリーを見ていると、とても温かい気持ちになりました!
 クリスマスイルミネーションは、12月25日まで点灯されますので、皆様、ぜひ一度、ご覧下さい!!

 

12月17日(木曜日) 阪神水道企業団定例会

阪神水道企業団定例会


 阪神水道企業団の定例会に出席しました。本日の議案は、平成26年度決算認定及び平成27年度補正予算、企業団職員の給与条例の一部改正について。決算認定では、委員長から構成市(神戸、尼崎、西宮、芦屋)ごとの分科会での協議内容について報告の後、可決されました。その他の案件についても、原案通り可決されました。



 

12月16日(水曜日) 自治功労者表彰式

自治功労者表彰式

 都市計画審議会委員を退任された、兵庫県立大学環境人間学部教授の福島徹さんに表彰状をお贈りしました。
 福島先生には、24年もの長きにわたり、都市計画審議会の委員として、さらに会長として、阪神・淡路大震災後の土地区画整理や市街地再開発、都市計画マスタープランの改定などにご尽力いただきました。また、都市計画審議会委員だけではなく、開発審査会や学校跡地活用に係る市民委員会の委員としても、多大なお力添えをいただいています。
 現在、本市では都市計画マスタープランを具体化していくアクションプランとして、立地適正化計画の策定に取り組んでいます。立地適正化計画には、しっかりとした現況分析が不可欠とのアドバイスをいただきました。市民の皆様にも十分な説明ができるよう、取組みを進めていきたいと思います。
 福嶋先生には引き続き、本市市政運営にお力添えをいただきますよう、お願いしました。

 

12月16日(水曜日) 12月市議会定例会が閉会

12月市議会定例会が閉会

 12月議会も最終日を迎えました。個人番号(マイナンバー)の利用に関する条例など、一部の議案について、全員賛成ではない起立採決になりましたが、市長提案の全18件の議案と、本日追加提案した人事案件(固定資産評価審査委員会委員の選任)はすべて、無事可決されました。その他、アスベスト被害対策の充実、阪急園田駅へのエレベーター設置についての陳情が採択されるとともに、教職員配置の充実等に関する請願、神戸地方裁判所尼崎支部における労働審判の開設を国等に求めるよう要望した陳情の採択にもとづき、市議会から国に提出する意見書が可決されました。
 そして、本年最後の本会議の閉会にあたり、私からも一言、年末のご挨拶をさせていただきました。尼崎市は本年10月、尼崎の創生に向け、今後5か年で取り組む施策を示す 「尼崎版総合戦略」 を策定しました。とりわけ、「育ち」と「学び」をしっかりと支援し、一人ひとりが活躍できる「ひと咲き まち咲き あまがさき」の実現を目指します。年明けには、いよいよ市制100周年。市民の皆様、事業者の皆様と共に祝い、盛り上げ、シビックプライドを高める取組みを重ねながら、新たな100年の航海へと力強く漕ぎ出すべく、力を尽くしてまいります。議員の皆様に引き続きのご指導とご鞭撻をお願いするとともに、今年一年のご審議に対する感謝を申し上げました。

 

12月13日(日曜日) 第1回 尼崎落研選手権

第1回 尼崎落研選手権

 本日、近松記念館において、関西学院大学や関西大学、大阪大学、京都大学など、関西を中心とした11大学の落研研究会の学生が出場する「尼崎落研選手権」を初開催!審査員には、米朝一門の桂米二さん、上方落語情報ペーパー「よせぴっ」編集長の日高美恵さん、本市顧問であり株式会社博報堂の船木成記さんにご協力いただきました。
 尼崎市は人間国宝の故・桂米朝師匠が長らくお住まいで、一門の皆様による「尼崎落語勉強会」や多くの地域寄席が開催されるなど、「落語」を身近に感じることができるまち。そしてこの度、地域資源である落語を活かして、若い人の夢やチャレンジを応援するため、大学生向けの落研選手権を開催する運びとなりました。尼崎初の落研選手権を末永く続け、育てていきたいと思っています。
 会場は立ち見が出るほどの大盛況!栄えある第1回の大賞に輝いたのは、桂枝雀師匠がよく演じておられた演目「代書屋」を披露した、京都大学の道楽亭栗鈴さんでした。圧巻の落語で会場を爆笑の渦に巻き込んだとのこと。出場者の皆様のますますのご活躍を祈念します!

 

12月13日(日曜日) 阪神尼崎駅周辺地区マナー改善パレード

阪神尼崎駅周辺地区マナー改善パレード

 中央・三和・出屋敷商業地区まちづくり協議会、阪神尼あんしんまちづくり協議会、兵庫県、 尼崎南警察署、尼崎市の主催で、「阪神尼崎駅周辺地区マナー改善パレード」を行いました。中央商店街と三和商店街をパレードで行進!ひったくりなどの路上犯罪防止、自転車利用、ゴミのポイ捨てや喫煙などのマナー向上の啓発に加え、今回は新たに、市制100周年のPRもさせていただきました。また、商店街の各店舗に対しては、緊急車両が通れないほど通路に商品等がはみ出すような「はみ出し陳列」の改善・防止のため、横断幕分の通路を確保するよう呼び掛けを行っています。

 

阪神尼崎駅周辺地区マナー改善パレード



 地域の皆様や地元商業者、関係機関など、たくさんの皆様にご参加いただき、改めて感謝申し上げました。本市は来年、市制100周年を迎えます。「安心で活気溢れる尼崎」をしっかりとアピールしていく100周年にしたいと思っていますので、引き続きのお力添えをお願いして、ご挨拶としました。



  

12月10日(木曜日) ラジオ関西558KHz 「三上公也の情報アサイチ」に出演!

ラジオ関西558KHz 「三上公也の情報アサイチ」に出演!

 ラジオ関西「三上公也の情報アサイチ」に出演するため、神戸へ。地方創生の取組の一環として、兵庫県がラジオ関西とともに県内各自治体の「地方創生の取組」、「観光名産情報」、「ふるさと納税の取組」などを紹介しています。
 生放送で20分の枠。三上さんとのおしゃべりは大いに盛り上がり、全然時間が足りなーい!という感じでしたが、大きく変貌を遂げた臨海部、城内や寺町、尼崎城、グルメなどの尼崎市の紹介をはじめ、来年迎える市制施行100周年の取組など、盛りだくさんの内容をお話ししました。
 ラジオ関西は、インターネットでも聴くことができますので、ぜひお聴き下さい!

 

12月9日(水曜日) 尼崎工業会 第56回会員交流大会

尼崎工業会 第56回会員交流大会

  尼崎工業会主催の「第56回 会員交流大会」に出席しました。
 会員企業の交流会に先立ち、第一部の表彰式では、旭日双光章、県知事表彰や市長表彰等の受賞者を支えてこられた夫人に対しての表彰や、工業会理事長表彰が行われました。表彰の栄誉に浴された皆様にお祝いを申し上げるとともに、中村理事長をはじめ、工業会の皆様には、平素より本市産業振興、ひいてはまちづくりに多大なご尽力をいただいていますことに、心から敬意と感謝を申し上げました。
 来年の尼崎市市制施行100周年では、産業フェアを拡大し、例年以上に盛り上げていこうと、実行委員会でさまざまな企画が進められています。また、東大阪市や大田区など、ものづくりのまちの自治体の皆様と持ち回りで開催している「中小企業都市サミット」との同時開催も計画しています。ものづくりに関わる人たちの熱い思いを描いたTVドラマ「下町ロケット」が人気を博していますが、ここ尼崎にも、ドラマに勝るとも劣らない、ものづくり企業の技術やプライド、そしてご家族の支えがあることを、交流会に参加させていただくたびに実感しています。100周年を機に、そんな尼崎のものづくりの技術力やネットワークをさらに深めて、市内外に発信していく機会にしたいと思います。会員企業の皆様には、取引拡大や新しい一歩を踏み出す機会として、積極的なご参加と、お力添えをお願いしました。工業会並びに会員企業の皆様のますますのご発展とお集りの皆様のご健勝とご活躍を祈念して、お祝いのご挨拶としました。

 

12月8日(火曜日) 高齢者等見守り安心事業 委嘱状交付式

高齢者等見守り安心事業 委嘱状交付式

 「御園地区」の高齢者等見守り推進員及び協力員として、これからご尽力いただく皆様に委嘱状をお渡ししました。
 今回、新たに見守り活動が立ち上がると伺い、大変心強く感じています。この見守り活動が、自然にお互いが声を掛け合う地域づくり、必要に応じて適切に専門機関につなげる基盤づくりの一助になればと思っています。高齢者だけではなく、いろいろと心配事を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。地域の実情にあった見守り活動を一緒に進めていきたいと思っています。

 

高齢者等見守り安心事業 委嘱状交付式


 お互いが見守り上手、見守られ上手となり、地域をたくさん歩いていただく中で健康づくりにも役立つ活動になればと期待しています。
 尼崎市は来年、市制施行100周年を迎えます。「知れば知るほど“あまがすき”♥」をキャッチフレーズに、まちを再発見したり、人と人がふれあい、次につながるような100周年にしたいと思っています。皆様の引き続きのお力添えをお願いして、ご挨拶としました。

 

12月8日(火曜日) 政策推進会議&こども青少年未来対策本部会議

政策推進会議&こども青少年未来対策本部会議

 12月の政策推進会議の案件は、大きく分けて4件。

1.『城内地区における都市再生整備計画 策定します!』
 城内地区は、その名のとおり尼崎城があった地域で、今なお歴史的な建築物が多数あるエリア。平成28年に迎える市制100周年を契機に、国の補助金を活用して、寺町とともに歴史文化ゾーンを構成する城内地区の再構築を進めます!子どもたちはもちろん、多くの人に尼崎のまちを知ってもらい、魅力を再発見することで、次の100年につながる「シビックプライド(=まちに対する誇りや愛着)」を育んでいきたいと思っています。

 

政策推進会議&こども青少年未来対策本部会議

 現在、文化財収蔵庫として活用している旧城内中学校の校舎を耐震改修し、文化財収蔵庫と地域研究史料館の機能を併せ持つ、尼崎の歴史文化を学ぶ拠点として整備します。あわせて城址公園の整備、観光案内情報版の設置など、城内地区における都市再生整備計画を策定し、取組みを進めていきます!

2.『旧聖トマス大学の施設活用と整備の方向(素案)へのご意見募集!』
 旧聖トマス大学の施設については、本市の既存施設・機能の集約・複合化を中心に、本市が抱えているハードとソフト両面での課題を解決していくために活用していきたいと考えています。教員研修などを実施している教育総合センターと青少年センター機能の移転を予定しており、子どもの育ちを支える取組みも合わせた、幅広い教育の観点から本市の課題解決を目指し、施設全体として「学びと育ちを支援する」機能を構築したいと思っています。施設活用と整備の方向(素案)について、12月21日から来年1月12日までパブリックコメントを実施します。皆様のご意見をお待ちしています!

3.『地区まちづくり計画(ルール)制度(素案)へのご意見募集!』
 地区住民等が策定する「まちづくりルール」によるまちづくりの実現に向けて、まちづくり団体及びルールの認定や、まちづくり団体と開発事業者等との協議の手続きなどを条例に定め、地区計画制度を補完する地区まちづくり計画(ルール)制度を策定します。まちづくりルールには法のような強制力はないものの、既存制度である事前協議の届出よりも前にまちづくり団体との協議を条例で義務付け、住民と事業者双方にとってより円滑なまちづくりを推進するとともに、市としても、周知のための支援等を行います。12月15日から来年1月8日まで素案に対するパブリックコメントを実施しますので、皆様のご意見をお待ちしています!

4.『平成27年度全国学力・学習状況調査結果及び、尼崎市学力・生活実態調査結果の報告』
 小学6年生と中学3年生を対象に、全国的な児童生徒の学力や学習状況の把握・分析するために実施される「全国学力・学習状況調査」と、この全国調査の対象とならない小学4・5年生と中学1・2年生を対象に、本市独自の取組として実施している「尼崎市学力・生活実態調査」の結果と課題、今後の取組みについて情報共有しました。
 「全国学力・学習状況調査」では、本市の児童生徒の学力は、平均正答率の調査が始まった平成19年度から順調な学力改善が見られ、概ね全国レベルとなっています。特に中学校では、知識・活用ともに、昨年度よりさらに改善が進み、全国との差は確実に縮まりつつあります。今回、悉皆調査として初めて実施された理科については、小学校・中学校ともに全国平均に近い結果となりました。家庭における予習・復習は、19年度と比較すると、小・中学校とも大きく改善が見られ、「早寝・早起き・朝ごはん」といった基本的な生活習慣も年々定着しています。一方、「テレビ・DVD、ゲーム、携帯電話・スマホと学力」において、長時間の視聴や使用は、学習に影響を与えることが改めて示されました。
 また、「尼崎市学力・生活実態調査」においても、全国との差は縮まっています。特に、算数では小4・小5ともに、前回の調査よりさらに改善が進み、全国を上回っています!学校の取組みと学力には相関関係があり、どの学年においても、「授業中によく発言する」「間違えたらノートにやり直す」など意欲のある児童生徒は学力が高いことが分かりました。
 各学校においては、市・全国の報告等を活用しながら自校の課題を把握し、学校内での情報共有を行い、課題解決に向けた「学力向上アクションプラン」を策定し、各施策を効果的に活用した上で、PDCAサイクルの確立を図っています。また、効果が現れている学校の実践例等を広く共有するなどの取組みを進めるとともに、学校と家庭が協力して、自ら学習する習慣を身につけるような取組みを進めていくとのこと。市としても、学習環境の整備をはじめ、教育委員会と連携し、さらなる学力向上の取組みを進めていきます。

 その他の案件として、12月13日に行う「第一回尼崎落研選手権」や、あまらぶアートラボのイベントなどについて、情報共有しました。

 続いて、こども青少年未来対策本部会議では、新たな次世代育成支援対策推進行動計画のたたき台(案)について意見交換を行いました。

 

12月7日(月曜日) 阪神水道企業団 決算特別委員会分科会

阪神水道企業団 決算特別委員会分科会

 先日の阪神水道事業団定例会において、平成26年度決算認定や法改正に伴う職員の給与条例の一部改正等が上程され、決算認定にかかる特別委員会が設置されました。阪神水道企業団議会で予算・決算を審議する際には、構成市(神戸、尼崎、西宮、芦屋)ごとに分科会を設置します。尼崎分科会のメンバーは、私と市議会から3名の計4名。本日は尼崎市役所において、26年度決算認定に係る「尼崎市側分科会」が開催されました。
 宝塚市への新規供給開始を平成29年に控え、いよいよ、各構成市の配分水量の見直し協議が本格化します。また、今後の人口動態や各構成市の自己水施設の整備方針なども踏まえ、阪神水道企業団として適切な施設規模を見定めていかなければなりません。
 平成28から31年を計画期間とする次期財政計画の策定にあたっては、今後の施設整備・規模のあり方、企業債等の負債の状況や見通し、累積欠損金対応に関する考え方等を整理した上で、企業団の努力として構成市の負担削減を図る方策や、取り残しが生じていることを踏まえての構成市間の配分見直しに向けてのスケジュール等を示してもらいたいこと、また、分かりやすい資料の作成をお願いしました。 
 本日の分科会質疑では、そういった今後の見通しについて質疑するとともに、資金運用の状況や保有地の有効活用・売却などについても、さまざまな意見が出されました。

 

12月1日(火曜日) 第5回あましんグリーンプレミアム 授賞式

第5回あましんグリーンプレミアム 授賞式

 尼崎信用金庫主催の「あましんグリーンプレミアム授賞式」に出席。環境改善に対する優れた技術や製品・工法、取組みやアイデアを表彰されている「あましんグリーンプレミアム」も今年で5回目です。創設以来、私も選考委員をさせていただいており、先日、最終選考会の審査をさせていただきました。どの部門のどのプレゼンも、未来を思う熱意にあふれており、審査協議は白熱した議論となりました。そんな中から選ばれた今年の最優秀賞は、「富松城址を活かすまちづくり委員会」の皆様でした!折りしも、来年、尼崎市は市制100周年を迎えます。市としても、相乗効果が図れるよう、一緒に取組みを進めていきたいと思います!

 

第5回あましんグリーンプレミアム 授賞式

 授賞式終了後に開催される懇親会には、これまでの歴代受賞者の皆様や本市でご活躍の産業界の皆様、そして学校関係者などが一同に集い、尼崎市の関係部署の職員も多数参加させていただいています。このネットワークが、これからの活動の財産となります。本日は多くの人と交流を深め、情報の交換・共有をしていただき、今後の取組みにつながる出会いやきっかけとなることを心から期待しています。市としても、産業界の皆様とともに「ECO未来都市・尼崎」をしっかりと目指していきたいと思いますので、引き続きのお力添えをお願いしました。
 栄えある賞を受賞された皆様方にお祝い申し上げますとともに、お集まりの皆様のますますのご健勝にてのご発展、ご活躍を心から祈念します。このような素晴らしい取組みを継続・発展して下さっている尼崎信用金庫の皆様に、改めて敬意と感謝を申し上げました。

 

12月1日(火曜日) 防犯ローラー作戦 開始!!

防犯ローラー作戦 開始!!

 本日から、市が保有する24台の青色防犯パトロールカー(公用車)をフル活用し、市内全域を対象とした年末特別警戒パトロール「防犯ローラー作戦」を開始します!過去3年間のひったくり発生地域を重点警戒し、警察とも連携しながら、ひったくりをはじめとする街頭犯罪の抑止に向けて取組強化を図ります。12月31日まで夜間はもちろん、土曜日や日曜日、祝日もパトロールを実施します。
 今年も市としての取組を強化してきましたが、これから年末・年始にかけて、さらに気を引き締めていきたいと思います。ひったくりの認知件数を過去最小件数に抑え、その勢いをもっていい新年を迎えるとともに、いい100周年を迎え、尼崎市の安全・安心を高めていきたいと思います。まず、市が率先垂範し、市民の皆様にも呼びかけを強めていきたいと思っています。地域や警察、市が一丸となって取組みを進め、犯罪をおこしにくいまち、狙われにくいまちとなるよう、抑止力を高めていきましょう!

 

12月1日(火曜日) 12月市議会定例会開会

12月市議会定例会開会

 12月市議会定例会が本日開会。 会期は12月16日までの16日間です。今期定例会では、個人番号(マイナンバー)の利用に関する条例の制定や指定管理者の指定、補正予算、工事案件等を含め、全18件の議案を上程。本日は、これらの案件の主な内容について提案理由説明を行いました。
 明日から3日間は、一般質問(市政全般の事務について本会議場で行う質問)が行われます。市長の政治姿勢を問う質問をはじめ、尼崎人口ビジョンや尼崎版総合戦略、ファシリティマネジメントなど、さまざまな質問が予定されています。
 市議会の本会議はインターネットで見ることができますので、皆様、ぜひご覧下さい!

 

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る