エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成25年12月の活動日記


ここから本文です。

平成25年12月の活動日記

12月27日(金曜日) 仕事納め

仕事納め

  一部の業務を除き、市役所も本日が仕事納めとなります。
 今年も、いろいろなことがありました。さまざまな課題にかかわる状況自体は、年が改まったからといって変わるわけではありませんが、私たちがどんな気持ち、モチベーションで課題に向き合うかによって、解決への道筋が違ってくると思います。幹部会では、しっかり休みをとってリフレッシュし、新たな気持ちで来年も頑張っていこうと伝えました。
 今年度は、「ひと咲き まち咲き あまがさき」をキャッチフレーズとした新たな総合計画を基に、今後10年間を展望した新たなまちづくりがスタート。国から「環境モデル都市」として選定されたほか、シティプロモーション推進指針に基づく、まちの魅力の戦略的・効果的な発信に取り組むとともに、安心で安全に暮らせるまちの実現のため、行政・警察・市民・事業者が連携・協力して、ひったくり撲滅宣言を行うなど、「ありたいまち」の実現に向け、取組みを進めています。財政状況はいまだ厳しく、社会情勢の変化も激しい中ですが、職員はもちろん、市民の皆様とともに、頑張ってまいります!
 これから年末・年始を迎えますが、市民の皆様も健康にご留意いただき、よき新年をお迎え下さい!
 

12月27日(金曜日) 固定資産評価審査委員会委員 感謝状贈呈式&辞令交付式

固定資産評価審査委員会委員 感謝状贈呈式


 固定資産評価審査委員会委員を退任されました方に感謝状を贈呈し、新たに委員に就任いただく方に対しまして辞令交付を行いました。
 固定資産評価委員会は、固定資産(土地、家屋及び償却資産)課税台帳に登録された価格(評価額)に関する不服を市長から独立した立場で審査決定する機関です。


 

固定資産評価審査委員会委員 辞令交付式


 本市としても、しっかりと説明を尽くし、皆様に信頼される公正な税評価と徴収に努めてまいります。委員の皆様方には、それぞれの専門分野でお力添えをお願いしました。



 

12月26日(木曜日) 消防局 訓示及び巡視

消防局 訓示及び巡視


 本年も年末火災特別警戒に奮闘中の消防局・消防団本部、市内の消防署(中・東・北・西)と警察署(尼崎南・東・北)を巡視、激励しました。
 本年は、火災・救急とも昨年より発生件数が増加しているとの報告を受けました。残念な結果ではありますが、普段から顔の見える関係で予防活動や啓発活動、訓練をしていくことが大事だと思っています。市民の皆様の安全・安心を守るため、消防局と消防団が一丸となって、取組みを進めてまいります。

 

消防局 訓示及び巡視


 市民の皆様が笑顔でよい新年を迎えることができるよう、年内最後まで、気を引き締めて頑張っていただきたいと訓示しました。空気が乾燥し、火災が起こりやすい季節です。皆様も火の取扱いには十分お気を付け下さい!!



 

12月26日(木曜日) 公平委員会委員 辞令交付式

公平委員会委員 辞令交付式

 公平委員会の委員に就任いただく方に対し、辞令交付を行いました。公平委員会は、職員の勤務条件に関する措置の要求及び職員に対する不利益処分を審査し、必要な措置を講ずることを職務とする行政委員会です。
 近年、公平委員会に対する申立ては少ない状況ですが、本市では、人事評価制度を一部変更し、処遇にも本格的に反映させる予定で準備を進めているなど、新たな取組みも始めていきます。さまざまな観点で忌憚のないご意見をいただくよう、お願いしました。

 

12月25日(水曜日) 第5回地方分権研究会

第5回地方分権研究会

 「基礎自治体優先の原則に立った地方分権のあり方」について、調査・検討を行うため兵庫県市長会に設置された「地方分権研究会」。
 本日は、兵庫県議会議員であり、関西広域連合議会議長の日村豊彦氏を講師としてお招きして、関西広域連合の概要や3年間の主な取組などの説明を受けました。日村議員は県議時代から存じ上げておりますが、関西広域連合の意義と課題、ご自身がどういった考えで取り組んでいらっしゃるかなど、相変わらずの明快なお話に感服しました。
 全国市長会との温度差が目立つ「国の出先機関の広域連合への移管」については、今の出先機関は、政策決定や予算執行のプロセスが不透明だと問題提起されました。一方で、地域間で利害が対立する事柄をどのように調整し決定するのか、広域連合そのものの意思決定、ガバナンスが課題となります。
 関西広域連合発足から3年。いずれにせよ、試行錯誤なくして分権は進まないと思います。今後も積極的に勉強していきたいと思います!
 

12月24日(火曜日) 第1回後期高齢者医療広域連合議会臨時会&阪神水道企業団第2回定例会

第1回後期高齢者医療広域連合議会臨時会&阪神水道企業団第2回定例会

 神戸市相楽園会館で開催された、「兵庫県後期高齢者医療広域連合議会臨時会」に出席しました。75歳以上の高齢者を対象とした「後期高齢者医療制度」は兵庫県内のすべての市町が加入する「広域連合」が運営しています。広域連合の議員は、各市町から1名ずつ、首長・副首長・議長・議員のいずれかから選出されています。
 本日の議題は、副広域連合長の選任について。任期満了に伴う、副広域連合長は、引き続き、多可町選出議員に決定しました。臨時会終了後は、別途、報告会も開催されました。

 続いて、阪神水道企業団の定例会に出席しました。本日の議題は、平成24年度決算認定及び平成25年度補正予算、企業団職員の給与の臨時特例に関する条例について。決算認定では、委員長から構成市(神戸、尼崎、西宮、芦屋)ごとの分科会での協議内容について報告の後、可決されました。その他の案件についても、原案通り可決されました。
 

12月24日(火曜日) 幹部ミーティング

幹部ミーティング

 中学生への監禁・虐待事件の発生に伴う幹部ミーティングを行いました。
 今回の事件では、複数の青少年も当事者となっています。今後、同様の事例を防止する方策がないか、子どもの健全育成や、地域コミュニティ、防犯、生活支援などの観点で、状況報告を行うとともに意見交換しました。
 庁内の情報共有や連携のあり方、組織体制の強化、支援を要する家庭への対策、地域の皆様や警察との連携など、青少年へのサポートを中心に話し合いました。
 多くの市民の皆様が事件の報道に心を痛めていらっしゃると思います。市としても引き続き、私たちにできることは何か、検討を進めていきます。
 

12月20日(金曜日) 精励賞

精励賞

 20年にわたって本市行政運営に尽力し、貢献した職員に対し、「精励賞」を贈りました。本年の精励賞対象者は、平成4年から5年にかけて尼崎市役所に入所した112人。
 団塊世代の大量退職を経て、職場は若手職員が年々増えている状況です。本日受賞された皆さんは、組織の中での役割や責任も大変重くなってきていると思います。
 本日を契機に、市民の皆様へのサービスの向上はもちろん、まちの安全・安心を私たちが守っているという誇りとプライドを持って、気持ち新たに一歩を踏み出して欲しいと思います。今後も引き続き、職場の中心を担う職員として、活躍することを期待しています!
 

12月20日(金曜日) 政策推進会議

政策推進会議

 本日の政策推進会議の議題は、

1.『第2次尼崎市環境基本計画(素案)へのご意見募集!』
 現行の環境基本計画は平成15年度に策定。それからの10年間、温室効果ガス総排出量の増加や生物多様性の保全への対応など、環境に関連した社会情勢は変化を続けており、現行の基本計画の見直し作業を進めてきました。尼崎市環境審議会への諮問やワーキンググループでの検討・審議を実施し、このたび第2次環境基本計画(素案)を作成しました。12月24日から来年1月17日までパブリックコメントを実施します。「ECO未来都市あまがさき」の実現に向け、皆様のご意見をお待ちしております!

2.『第6次高齢者福祉計画・介護保険事業計画の策定及び、尼崎市新型インフルエンザ等対策行動計画の改定、始めます!』
 先日の活動日記でお知らせしたとおり、高齢者福祉計画・介護保険事業計画は3年を1期の計画期間として、高齢者施策の基本方針や保険料をはじめとした介護保険制度の運用について定めています。平成27年度からの新たな計画に向けて検討を進めていきます。基礎自治体の役割がさらに増す中、重要な計画改定となります。現場の皆様と丁寧にやり取りしながら、取り組んでいきたいと思います。
 また、本年4月に施行された新型インフルエンザ等対策特別措置法では、市町村の区域に係る新型インフルエンザ等対策の実施に関する計画を作成するものと規定されています。そのため、平成21年度に策定した尼崎市新型インフルエンザ等対策行動計画を改定します。
 熟度の低い段階から関心を持っていただき、率直なご意見をいただくため、基本情報とスケジュール等をお知らせします。皆様のご意見をお待ちしております!

 以上の情報を共有しました。
 その他の案件として、10月30日に実施した市役所本庁舎消防訓練の訓練後のアンケート調査結果と今後の対応について、情報共有しました。
 

12月19日(木曜日) 定例記者会見

定例記者会見

 12月の定例記者会見の案件は2件。

1.『尼崎市「赤ちゃんの駅」事業登録施設の募集』
 子育て中の親子が安心して外出できる環境を地域社会全体で創出していくことを目的に、「授乳」や「おむつ交換」を気軽にできるスペースを備えている施設を「赤ちゃんの駅」として認定します!来年1月6日から登録施設の募集を開始。公共施設をはじめ、市内の商業施設などを対象に、100施設の登録を目標としています。多くの施設のご登録をお待ちしています!

2.『あまらぶ体験隊「写真家 小林哲朗氏と行く卸売市場ディスカバリー』
 尼崎のことをもっと好きになってもらい、尼崎の魅力的をより多くの人に伝えていただけるよう、7月から尼崎を体験するツアー「あまらぶ体験隊」を開催しています。第4弾の今回は、日頃から尼崎の魅力的なスポットを撮影している写真家の小林哲朗氏が、私たちの食を支える公設地方卸売市場の風景の切り取り方をアドバイスします。普段見ることのない、卸売市場の違った一面を撮影してみませんか。たくさんのご参加をお待ちしています!
 

12月18日(水曜日) 中村矗氏が来尼!

中村矗氏が来尼!

 兵庫県の友好都市、ブラジル南部のパラナ州。その州都クリチバ市を世界有数の環境先進都市に育てた、環境コンサルタントの中村矗氏が市長室に来て下さいました。中村さんは、クリチバ市の環境局長やパラナ州の環境・水資源庁長官を歴任し、環境保護や交通システム、スラム対策等に取り組まれました。
 ゴミの分別では、子どもの頃から教育を行い、分別することによる効果を「見える化」することで取組みがさらに広がった事例について話して下さいました。「お金がないときこそ、知恵の絞るとき」「押し付けではなく、みんなが意義を知り、楽しみながら参加できるることが大切」というお話が印象的でした。
 本市は本年3月に国から「環境モデル都市」に選定され、現在、環境モデル都市の実現に向けたアクションプラン(具体の行動計画)を策定中です。企業や市民の皆様とともに、ECO未来都市あまがさきの実現に向け、取組みを進めてまいります!!
 

12月18日(水曜日) チビッ子サンタさんが来てくれました!

チビッ子サンタさんが来てくれました!


 毎年、恒例の「かしの木保育園と開明かしの木保育園」のチビッ子サンタのみんなが、市長室に来てくれました!とっても可愛いサンタさんの登場に、市役所も少し早いクリスマスを満喫しました。
 チビッ子サンタのみんなから、手作りの「タオル掛け」のクリスマスプレゼントをいただきました。大切に使いますね。サンタさん、本当にありがとう!!


 

12月18日(水曜日) 12月市議会定例会が閉会

12月市議会定例会が閉会

 12月市議会定例会の最終日。各常任委員会での審議結果について委員長から報告がなされ、消費税率の引き上げに関連する議案など、一部の議案について起立採決(全員賛成ではない)になりましたが、市長提案の全20件の議案と、本日追加提案した人事案件(公平委員会委員と固定資産評価審査委員会委員の選任)について、無事可決されました。
 今日、本年最後の本会議最終日でしたので、議長に発言を許可いただき、年末のご挨拶をさせていただきました。今年は新たな総合計画がスタート。時代の変化が激しい中ですが、今後も、目的地を見失うことなく頑張っていきたいという決意と、この1年間、終始、熱心なご審議をいただいたことへの感謝を申し上げました。
 

12月17日(火曜日) FMあまがさき収録

FMあまがさき収録

 今年の「い~なこの街 尼崎」の収録も本日で最後。「市長公約の進捗状況」と題し、市長に就任してからの3年間を振り返るとともに、就任時に掲げた公約の進捗状況についてお話しました。とりわけ印象の強い取組みとして、環境モデル都市への挑戦やまちの魅力の増進・情報発信に鋭意取り組んできたことなどをお話ししました。
 本市の財政は、今なお厳しい状況が続いています。今後もさまざまな課題や困難に直面することがあると思いますが、しっかりと取組みを進めてまいります。
 12月24日(火曜日)10時から放送しますので、皆様、ぜひお聞きください!
 

12月17日(火曜日) 尼崎市社会保障審議会 高齢者保健福祉専門分科会

尼崎市社会保障審議会 高齢者保健福祉専門分科会


 尼崎市社会保障審議会の高齢者保健福祉専門分科会に、「高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の改定」について諮問をさせていただきました。
 両計画は、平成12年度の介護保険制度発足の年から、高齢者施策の基本方針や保険料をはじめとした介護保険制度の運用について、3年を1期の計画期間として策定しています。


 

尼崎市社会保障審議会 高齢者保健福祉専門分科会

 今後、国の介護保険制度の改正が予定されていることから、平成27年度からの新たな計画については、その内容を踏まえ、地域包括ケアシステムの構築と介護保険制度の持続可能性の確保に向けて、具体的な取り組みを盛り込んでいかなければなりません。介護保険財政が逼迫する中、軽度の要支援者向け事業を市町村事業とする方向性が提示されており、市としても十分な議論と準備が求められています。
 委員の皆様には大変ご苦労をおかけすることになりますが、引き続きのお力添えをお願いしました。

 

12月16日(月曜日) 企業訪問(BASFジャパン株式会社 尼崎研究開発センター)

企業訪問(BASFジャパン株式会社 尼崎研究開発センター)

 BASFジャパン社は、ドイツに本社を置く世界最大の総合化学会社BASF社の日本法人。事業としては、化学品や高性能製品、機能性材料、農業関連製品の4分野で、国内に本社のほか、26の生産拠点と9つの研究開発拠点があります。道意町にある尼崎リサーチ・インキュベーションセンター(エーリック)の北隣に尼崎研究開発センターがあり、液晶ディスプレイや有機太陽電池用材料をはじめ、塗料、接着剤、包装材向け原料などの研究開発に取り組んでいらっしゃいます。

 

企業訪問(BASFジャパン株式会社 尼崎研究開発センター)

 この度、隣のエーリック内に研究センターを拡張して下さり、高性能バッテリー用の電解液と電極材料の研究にさらに重点的に取り組まれるとのことで、企業訪問させていただきました。尼崎研究開発センターでは、今後も電気自動車をはじめとするエレクトロモビリティ、スマートフォンやタブレット端末などに使用するカスタマイズしたリチウムイオン電池用バッテリー材料等、幅広い分野の製品に見合う、高性能の材料を提供していきたいと話して下さいました。また、女性の研究者も数多くいらっしゃり、組織内のダイバーシティ(多様性)の重要性についてもお話を伺いました。

 その他、尼崎市測量設計業協会との懇談会にも出席させていただきました。


 

12月10日(火曜日) 表敬訪問に来て下さいました!

表敬訪問


 本日、園田東中学校3年岩戸孝平君と尼崎双星高等学校の将棋部の皆さんが表敬訪問に来て下さいました。
 岩戸君は、日産スタジアムで開催された「第44回ジュニアオリンピック陸上競技大会」において、円盤投げで自己ベストを更新する43.42メートルの記録で見事優勝されました。この記録は阪神中学記録で、今年度の日本中学ランキング第2位の輝かしい成績。高校に入学しても頑張ってほしいとエールを送りました!

 

表敬訪問


 双星高校将棋部の皆さんは、「第33回近畿高等学校総合文化祭(三重大会)将棋部門」の女子団体戦で優勝、女子個人戦で第3位の快挙!部員の多くは高校から将棋を始めたとのこと。本日は男子部員も含め、将棋部全員で来て下さいました。次の試合では、女子・男子とも入賞できるよう力を尽くしてほしいと伝えました。
 皆さんの今後ますますのご活躍を期待しています!!

 

12月10日(火曜日) 阪神水道企業団 決算特別委員会分科会

阪神水道企業団 決算特別委員会分科会

 阪神水道企業団議会で予算・決算を審議する際には、構成市(神戸、尼崎、西宮、芦屋)ごとに分科会を設置します。本日は尼崎市役所において、平成24年度決算認定に係る「尼崎市側分科会」が開催されました。
 分科会の質疑では、資金運用の状況や保有地の有効活用・売却、施設規模見直しの進捗状況、防災上の危機管理など、さまざまな意見が出されました。ちなみに、昨年、尼崎市側分科会で、出された意見に対する取組みの進捗状況を報告するよう求めたところ、今年度から予算、決算の審議の際に資料が提出されるようになりました!
 宝塚市への新規供給に向けた動きが具体的になり、今後はいよいよ、協議が本格化していきます。各構成市の意見等を踏まえた、施設規模や費用負担の見直しについて、積極的な取組みを求めました。
 

12月9日(月曜日) 教育委員の皆様との意見交換会

教育委員の皆様との意見交換会

 本市では折に触れ、私と教育委員の皆様とで意見交換をしています。中学校給食の実施や、学校園へのクーラー設置など、教育分野への予算充実の要望は、市民の皆様からも、市議会からも、大変強くいただいています。本市は依然として厳しい財政状況が続いていますので、全てを一度に実施することはできず、優先順位を考えていかなければなりません。限られた財源の中で、子どもたちの環境整備をどうしていくべきなのか、いろいろと意見交換を行いました。また、市民や保護者の皆様とともに学び、率直に議論していく機会も増やしていきたいと思っています。
 その他、子どもの学力に対する不安や危機感を感じている保護者への対応、教師の指導力育成、本市独自の教育プログラムの状況など、さまざまなご意見をいただきました。
 今後も委員の皆様をはじめ、学校現場とも情報共有し、連携を密にして取組みを進めていきます!
 

12月3日(火曜日) 市長公約の進捗と評価 -就任3年目の取組-

市長公約の進捗と評価 -就任3年目の取組-

 市長就任から3年が経過し、4年間の任期も残すところ約1年となりました。
 今年も、就任時に掲げた市長公約の進捗と評価をホームページにて公開します。一歩一歩、着実に前進していると感じていますが、一方で、公約策定時には認識できていなかった課題や、新たに発生している課題も数多くあります。公約の進捗と、市民の皆さまからの、まちづくり全体に対する評価はまた別だと思いますが、市長公約は選挙の際にお約束したものであり、市役所でも意識的に取り組んできた政策ですので、しっかりご報告したいと思います。
 なお、本年度から今後10年間の新たなまちづくりの方向性を定めた総合計画と、持続可能な行財政基盤の確立に向けた行財政改革の計画がスタートしました。新たな課題も含め、総合計画に基づいて、取組みの方向性や中身を施政方針としてお示ししておりますので、こちらも合わせてご覧いただければ幸いです。進捗度合の低い公約の達成はもちろん、それ以上に、残り1年の任期に全力を尽くしてまいります!!

 公約の進捗と評価についてはこちら(ご意見募集しております!)
 

12月3日(火曜日) 12月市議会定例会開会

12月市議会定例会開会

 12月市議会定例会が本日開会。 会期は12月18日までの16日間です。今期定例会では、消費税及び地方消費税の税率が改正されることに伴う補正予算案や条例案など、合計20件の議案を上程させていただきました。本日は、これらの案件の主な内容について提案理由説明を行いました。
 明日から来週月曜日までの4日間で一般質問(市政全般の事務について本会議場で行う質問)が行われます。一般質問は記録更新!過去最多の28名の方が質問に立たれる予定です。
 市議会の本会議の様子はインターネット中継されますので、ぜひご覧下さい!
 

12月2日(月曜日) あましんグリーンプレミアム授賞式

あましんグリーンプレミアム授賞式

 尼崎信用金庫の「あましんグリーンプレミアム」。営業エリア内の法人・個人・団体を対象に、環境問題への改善に大きく貢献している技術や製品・工法、アイデア、市民活動を表彰されています。早いもので今年で3回目。私は選考委員をさせていただき、先日、最終選考会にも出席させていただきました。
 本日は授賞イベントとして、「地球温暖化と成長戦略」をテーマに国際金融アナリストの末吉竹二郎氏による基調講演、表彰式、懇親会が行われました。本年の最優秀賞は、株式会社ライトニックスの「人と環境にやさしい植物由来の樹脂製医療用針」。採血器具と採血針を一体化し、環境にやさしいだけでなく、針を刺しても痛くないように精密に成形していると伺いました。
 

あましんグリーンプレミアム授賞式

 その他の受賞製品は、省エネ対応のソーラードアや浮力を応用した無人遮水扉などで、いずれも確かな技術が基盤にあることでエコが実現していることを実感しました。身近に素晴らしい技術をお持ちの企業があることを大変心強く、誇らしく思います。また環境活動部門では、地元尼崎市から、地域と市の協働事業として取り組んできた「万葉の森・佐璞丘再生プロジェクト」が特別賞を受賞されました!環境活動部門はどれもプレゼンのレベルが高く、熱意を多くの人に伝え、共感を得ているからこそ活動が前進しているのだと思いました。
 栄えある賞を受賞された皆様方にお祝い申し上げますとともに、このような素晴らしい取組みを継続・発展して下さっている尼崎信用金庫の皆様に心から敬意と感謝を申し上げます。
 

12月2日(月曜日) 阪神水道企業団議会定例会

阪神水道企業団議会定例会

 阪神水道企業団の定例議会に出席しました。本日は議長の任期満了に伴い、後任の議長が決定するまでの間、副議長である私が議長代行を務めさせていただきました。議場で「議長席」に座るという機会は、これが最初で最後では?!と思い、ちょっと緊張しました(笑)。指名推薦の方法により、滞りなく神戸市の久元市長が議長に選任されました。
 今議会では、はじめに、宝塚市からの正式な受水依頼について報告があり、今後企業団と構成4市(神戸市・西宮市・芦屋市・尼崎市)及び宝塚市間で、供給時期や費用負担などの協議を進めていくことが報告されました。議案としては、補正予算と職員給与の一時カットを可決。また、平成24年度決算認定にかかる特別委員会が設置されました。今後、構成4市の各市分科会に分かれて審議を行っていきます。
 

12月2日(月曜日) 尼崎市民生児童委員委嘱伝達式

尼崎市民生児童委員委嘱伝達式

 本年は民生委員・児童委員の3年ごとの一斉改選の年。本市においても、新任168名、再任652名の合計820名の皆様方が、厚生労働大臣から委嘱を受けることとなり、本日、各地区の代表者の皆様に大臣からの委嘱状の伝達と、本市の委嘱辞令をお渡ししました。
 各地区の代表者の皆様には、これまで長年にわたり地域福祉の先頭に立って、お力添えをいただいています。改めて感謝申し上げました。地域の民生児童委員の皆様方への負担は増えている一方で、地域での見守りの必要性やつながりを作っていくための基盤づくりへの期待はますます高まっています。民生児童委員の皆様からは、地域と学校との連携、行政担当者と委員の皆様との連絡・報告のあり方などについて、ご意見をいただきました。
 本市としても、現場の皆様方と率直な意見交換をしながら、さらに連携して取組みを進めていきたいと考えています。引き続きのご支援とご協力をお願いしました。
 

12月2日(月曜日) 政策推進会議

政策推進会議

 本日の政策推進会議の議題は、「平成25年度全国学力・学習状況調査報告」について。
 小学6年生と中学3年生を対象に、全国的な児童生徒の学力や学習状況の把握・分析するために実施される「全国学力・学習状況調査」。尼崎の状況についての分析と今後の取組み方向について教育長から報告があり、情報を共有しました。
 今回の調査結果では、平均正答率の調査が始まった平成19年度から順調な学力改善が見られ、ほぼ全国平均に近くなってきています。一方で、小・中学校ともに「活用」に関する問題の正答率が低いという課題が出ています。また、家庭で宿題をする習慣は一定の定着が図られているものの、予習・復習をする児童生徒の割合が低いという結果。自主学習への意欲を引き出し、継続していくための支援策に、もう一段の工夫ができればと思います。
 各学校においては、市・全国の状況を勘案しながら自校の課題を把握し、学校内での情報共有を行うとともに、課題解決に向けた計画の策定や「学力向上クリエイト事業」を効果的に活用するなど、PDCAサイクルの確立を図るとともに、そういった内容について家庭や地域に発信していくとのこと。市としても、教育委員会と連携し、引き続き取組みを進めていきます。
 

12月2日(月曜日) 新規採用職員辞令交付式

新規採用職員辞令交付式

 平成25年12月1日付の新規採用職員(事務職)の辞令交付式を行いました。
 民間での勤務経験がある即戦力として採用された2名です。年度途中の採用で、とまどいもあるかもしれませんが、公平・公正に事務執行を行うとともに、宣誓で読み上げてくれた「地方自治の本旨」に思いを馳せ、多くの人たちと議論し、ともに考えながら、ご自身の力を十分に発揮して活躍してもらいたいと伝えました。


 

12月1日(日曜日) 尼崎市子ども・子育て支援新制度シンポジウム

尼崎市子ども・子育て支援新制度シンポジウム

 平成27年度から本格施行される「子ども・子育て支援新制度」。本市においても、審議会で調査審議を行うほか、子ども・子育てに係るニーズ調査を実施するなど準備を進めています。本日は、新制度の趣旨や内容等について、市民の皆様とも情報を共有し、これからの子ども・子育て支援について考える、「尼崎市子ども・子育て支援新制度シンポジウム」を開催しました。
 第1部は「子ども・子育て支援新制度について」と題し、内閣府参事官(少子化対策担当)の長田浩志氏から基調講演いただいた後、尼崎市子ども・子育て審議会の審議状況や未就学児・小学生の保護者の方4千人を対象に行ったニーズ調査結果の速報などについて、私からご報告させていただきました。
 

尼崎市子ども・子育て支援新制度シンポジウム

 第2部は「これからの子ども・子育て支援について」をテーマに、引き続き長田参事官、審議会委員もお願いしている幼児教育などの専門家の皆様方をお招きしてのパネルディスカッション。就学前の教育・保育の重要性や地域の子育て支援について、さまざまなご意見をいただきました。
 尼崎の未来を見据えてまちづくりをしている私たちにとって、尼崎の子どもたちに何をしてあげられるのかが最重要課題といっても過言ではありません。まちづくりは人づくり。子どもたちにいい環境でのびのびと育ってもらうよう、市民の皆様とともに取組みを進めてまいります。

 その他、尼崎南ライオンズクラブ会長杯争奪戦「第25回尼崎市少年学年別サッカー友好リーグ」にも出席させていただきました。
 

12月1日(日曜日) 2013あまがさき女性フォーラム

2013あまがさき女性フォーラム

 尼崎市立女性・勤労婦人センター設立40周年(女性センター・トレピエ設立20周年)記念事業として、「2013あまがさき女性フォーラム」が開催されました。女性フォーラムは、男女共同参画に関するさまざまなテーマについて学習する場として、平成5年から毎年開催。企画運営委員会をはじめ多くの皆様のご協力に、改めて感謝申し上げました。
 フォーラムに先立ち、「尼崎市男女共同参画推進事業者認定式」を実施。本市では今年度より、職場等の環境整備や男女共同参画に関して積極的な取組みを行っている事業者を認定し、支援する制度を新たに定めました。
  

2013あまがさき女性フォーラム

 性別を問わない新規採用や管理職への登用、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)に向けた積極的な取組みなどを評価させていただき、初年度となる今年度は11企業の皆様を認定させていただくことになりました。認定を受けた企業の皆様には、さらなる取り組みをお願いするとともに、市としても、事例が市内にもっと広がっていくよう、PRしていきたいと思っています。
 女性・勤労婦人センター設立40周年。私は、ちょうどセンターと同時期に生まれ、育ってきた世代です。2代目の女性市長として、自分らしく仕事をさせていただいている中で、多くの先輩たちが取り組んでこられた歩みの重みを実感しています。また、トレピエは今や、指定管理者の工夫で先駆的な取組みが行われ、全国からの視察も少なくありません。もちろん、まだまだ多くの課題、新たな課題があります。進んだ点は評価し、これまで培ってきた歴史と伝統を礎に、さらに前進していけるよう、頑張ってまいります!
 

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る