エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成24年12月の活動日記


ここから本文です。

平成24年12月の活動日記

12月28日(金曜日) 仕事納め

仕事納め

 早いもので、今年も残りわずかとなりました。一部を除き、市役所も今日が仕事納めです。
 私も、決裁や打ち合わせのほか、正副議長へのご挨拶や、福祉事務所など窓口職場を中心にいくつか現場をまわりました。また、毎年この日には、局長級以上の職員で構成する幹部会で年末挨拶。どの局においても、一朝一夕には解決が難しい課題と向かい合っている中、今年一年の激務を慰労するとともに、新年には気持ち新たに業務が遂行できるよう、さらなる挑戦のためのエネルギーを充電して欲しい旨、伝えました。

 今年も本当に多くの方にお世話になり、ありがとうございました。皆様、寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛の上、よい新年をお迎え下さい!


12月27日(木曜日) 消防局 訓示及び巡視

消防局 訓示及び巡視1


 年末火災特別警戒に奮闘中の消防局・消防団本部、市内の消防署(中・東・北・西)と警察署(尼崎南・東・北)を巡視、激励に伺いました。
 本年は火災の発生件数が減っていると報告を受けました。普段からの啓発活動の賜物だと思います。改めて、日々の活動への謝意を伝えました。







消防局 訓示及び巡視2


 私も市長就任から2年が経過し、消防局・消防団の訓練を拝見してきました。とりわけ夏の防災訓練では、子ども達が目を輝かせて見てくれていました。消防団の皆様が、地域の中で活動してくださっていることが、多くの方の安心につながっていますし、次代を担う子ども達にもまちを守る取組み等を知るきっかけとなっていると感じています。
 年末火災特別警戒の期間中ですので、引き続き、気を引き締めて頑張っていただくよう訓示しました。市民の皆様も火の取扱いには十分お気を付け下さい!!




12月25日(火曜日) 職員がサンタクロース!!

職員がサンタクロース!!

 12月20日の定例記者会見でもご紹介しました「あまらぶイルミネーション」関連のイベントとして、本市職員有志がサンタクロースに扮し、あまっこ=市内在住の中学生以下の子ども達にチョコレート(メイドインアマガサキ商品である地元企業の「タカオカチョコレート」)をプレゼントしました!チョコレートは、職員からの募金を集めて用意したもの。職員の「あまらぶ」な気持ち、届きましたでしょうか。
 もちろん、私もサンタに扮して参加!寒い中でのイベントとなりましたが、子ども達の笑顔をたくさん見ることができて、心温まる一日となりました。今後もさまざまな「あまらぶイルミネーション」イベントを企画していきますので、皆様、ぜひご参加下さい!!



12月25日(火曜日) 「尼崎市民べんり帳 協働発行事業」協定締結式

「尼崎市民べんり帳 協働発行事業」協定締結式


 毎年、市報あまがさき6月号に挟み込んでいる「くらしの手引」に替えて、新たに官民協働で「尼崎市民べんり帳」を発行することになりました。「尼崎市民べんり帳」では大幅にページ数が増え、行政情報(市の制度や窓口案内等)をはじめ、医療機関、防災、観光等の地域情報を掲載するなど、市民の皆様により詳しい情報と尼崎の魅力をお届けします。
 民間広告を掲載することで、これまで約4百万円掛かっていた事業費が不要になるなど、経費削減の効果もあるこの事業。阪神間でも実績がある事業者が選ばれ、本日、協定締結式を行いました。市民の皆様も、ぜひお楽しみに!!



12月23日(日曜日) ドイツクリスマスマーケット!

ドイツクリスマスマーケット!


 本市の姉妹都市ドイツ・アウクスブルク市のまち並みを再現したショッピングセンター「つかしん」の2階アウクスブルクコーナーで、本年8月にアウクスブルク市を訪問した青年使節団の写真展が開催されました。写真展では、アウクスブルク市での活動の様子などを解説付きで展示していました。







ドイツクリスマスマーケット!2


 また、アウクスブルク市から直送のクリスマスオーナメントやマグカップの販売も実施。その売上金は全て東日本大震災の被災地の宮城県気仙沼市に寄付します。もちろん、私もシュトーレン(ドイツの冬のお菓子)やマグカップを購入し、売上げに協力しました!
 青年使節団の写真展と販売は本日だけですが、「つかしん」の2階アウクスブルクコーナーでは常時、姉妹都市アウクスブルク市の展示をしていますので、皆様、ぜひ一度、ご覧になって下さい!




12月20日(木曜日) 定例記者会見

定例記者会見


 本日の定例記者会見の案件は3件。

1.住民訴訟に要した弁護士報酬に関する裁判判決への対応について
 市が発注したごみ焼却施設工事の談合をめぐる住民訴訟で勝訴した「市民オンブズ尼崎」に対し、市がその弁護士費用を支払うよう命じる一審判決が先日出され、本日20日が控訴期限でしたが、本市としては判決を受け入れ、控訴しないこととしました。
 オンブズの裁判により、市はメーカー側から損害額の支払いを受けています。オンブズは地方自治法に基づいて市にその弁護士費用を請求し、その金額の妥当性について、市が裁判で争っていました。
 本市としては、今回の裁判で金額の妥当性が得られたと判断し、この金額を速やかに当該工事を落札していたメーカーに請求します。

2.ふるさと納税・「あま缶入り」尼崎の名産等の贈呈について
 平成25年1月4日以降、本市に3万円以上のふるさと納税(寄付)の申し込みをしていただいた先着30人の方に「メイドインアマガサキ商品(調味料・ステーショナリー)」をはじめ、地元尼崎の企業が作るチョコレート、地元洋菓子メーカーのスイーツなど、総額1万円相当の尼崎の名産等をお贈りします。
 皆様、この機会にふるさと納税にご協力をお願いいたします!

3.“職員がサンタクロース” 尼っ子へ尼崎のあまいチョコレートプレゼント!
 尼崎の新しい冬の風物詩とするべく、アルカイック広場の樹木を中心に点灯している「あまらぶイルミネーション」。点灯式に次ぐイベントとして、12月25日のクリスマスに本市職員有志がサンタクロースに扮し、尼崎の中学生以下の子ども達(先着250人)にメイドインアマガサキ商品である「タカオカチョコレート」をプレゼントします!
 このイベントは、趣旨に賛同した本市職員からの募金と、高岡食品工業株式会社様のご協力によって実施します。当日は、17時15分から尼崎双星高校の吹奏楽部やマリンバの演奏もあります。もちろん、当日は私も参加したいと思いますので、皆様、ぜひお越し下さい!!

その他の案件として、「尼崎市民べんり帳」の官民協働発行のお知らせ、11月の定例記者会見の追加情報として「ひとり一人がはじメール尼崎市一斉防災訓練」におけるロゴマーク及び訓練公式ツイッターの開設等について、お知らせしました。


12月20日(木曜日) 政策推進会議

政策推進会議

 本日の政策推進会議の議題は、

1.市営バス事業の民営化に向けた取組方針(素案)
 本市バス交通サービスの望ましい担い手のあり方について、本年7月に公営企業審議会から、民営化を目指すことが妥当であるとの答申を受けました。この答申を踏まえ、市営バス事業の廃止、民間事業者への移譲に向けた取組方針(素案)を策定しました。取組方針(素案)では、基本的な考え方や移譲時期、整理項目等について示しています。今後、市民意見公募手続や市民説明会を開催するとともに、来週の議会の特別委員会でもご審議いただきます。

2.(仮称)尼崎市暴力団排除条例(案)
 市民意見公募手続の結果及び暴力団排除条例(案)の公の施設に関する文言整理を行いました。来年の2月議会に上程予定で、平成25年7月1日の施行に向け、取組みを進めてまいります。

以上、2件の情報を共有しました。


12月19日(水曜日) 藍綬褒章受章祝賀会

藍綬褒章受章祝賀会


 本年3月まで尼崎東防犯協会会長をなさっていた東田清治さんが、この度、藍綬褒章を受章されました。
 東田さんは、約50年にわたる防犯活動への協力、また町会長をはじめとする地域への奉仕活動等により、地域の安全・安心、犯罪被害の抑止にご尽力いただきました。
 長きにわたる活動に心から敬意と感謝を申し上げました。藍綬褒章受章を契機に、東田さんのご健康にてのますますのご活躍を祈念します!






12月19日(水曜日) 12月市議会定例会が閉会

12月市議会定例会が閉会


 本日は、12月市議会定例会の最終日でした。本会議において、市長提案の全33件の議案と、本日追加提案した人事案件(教育委員の任命と固定資産評価審査委員会委員の選任)が無事、可決されました。
 早いのもので今年も残りわずかとなりました。本会議最終日にあたり、本年の取組みの振り返りと、来年度からスタートする「総合計画」と「あまがさき『未来へつなぐ』プロジェクト(次期行財政改革)」に向けての決意を申し上げました。また、市議会議員の皆様方には、この1年間、終始、熱心なご審議をいただきましたことに、心からお礼を申し上げました。



12月19日(水曜日) 尼崎倶楽部 朝食会

尼崎倶楽部 朝食会

 本日の朝食会は、尼崎市総合文化センターの理事長、仲野好重さんの講演でした。昨年度までは、市長である私が理事長でしたが、国の公益法人改革を機に、今は多くの外郭団体の理事長から市長は退き、団体の自立促進に取り組んでいます。
 仲野好重さんは前・教育委員長として本市でご活躍いただいた方。ぜひにとお願いして、本年4月から総合文化センターの理事長に就任していただきました。
 「総合文化センターの未来を語る」というテーマでの講演は、文化芸術の発信地としての総合文化センターの役割、自立に向けた取組みや課題などに加え、理事長の前向きな取組み方針が分かりやすく、そして力強く語られ、さすがの内容でした。本来の専門性がより発揮される公益財団法人となるべく、改革が始まっていることを実感しました。
 本市としましても総合文化センターと連携し、文化芸術振興に取り組んでまいります。地域の皆様をはじめ、市内外からも多くの皆様のご利用をお待ちしております!


12月18日(火曜日) 子どもはみんな芸術家!(音楽編)

子どもはみんな芸術家!(音楽編)1


 尼崎市総合文化センターでは、教育現場と連携してアウトリーチ(出張授業)を開催しています。先日は美術編を視察させてもらいましたが、本日は音楽編。成徳小学校5年生の音楽の時間に伺いました。
 「おでかけ アルカイック」と題して、市立小学校でピアノや声楽、フルート、パーカッション、コントラバスなど、さまざまな楽器等を専門とするプロのアーティストによる生演奏等を実施しているこの事業、本日の楽器は「ホルン」でした。




子どもはみんな芸術家!(音楽編)2


 子ども達は初めて見る「ホルン」に興味津々!音の出る仕組みや楽器の特徴を学び、生演奏に聴き入っていました。また、ビニールホースにマウスピースやベルに見立てた調理器具をつけた“手作りホルン”を代表児童(男女各2名)が体験したり、リコーダーとホルンで合奏をしたりと、とても楽しく、素晴らしい一時を過ごしていました。
 今後、この音楽編についても、より効果的な事業となっていくことを期待しています!






12月17日(月曜日) 尼崎市環境審議会

尼崎市環境審議会

 尼崎市環境審議会は、環境に関する内容について調査・審議するために平成6年に設置されました。本日は、委員改選後の初めての審議会の開催でしたので、ご挨拶に伺いました。
 先日の活動日記でもお知らせしたとおり、本市は「環境モデル都市」に挑戦しています!共通の目標を共有し、幅広い主体が連携して挑戦を続けていくことが大事だと思っています。
 また、折しも、来年度は本市の環境行政のあり方を総合的に示す「環境基本計画」の改定に係る諮問を予定しています。審議会委員の皆様方には、率直なご意見をいただき、幅広い視点でご審議いただきますよう、お力添えをお願いしました。




12月17日(月曜日) 精励賞授賞式

精励賞授賞式

 20年にわたって本市行政運営に尽力し、貢献した職員に対し、「精励賞」を贈りました。本年の精励賞対象者は、平成3年から4年にかけて尼崎市役所に入所した122人。
 バブルが崩壊し、時代が大きく変化する中での20年間、多くの困難に直面してきたことと思います。また、団塊世代の大量退職を経て、組織の中での役割や責任も大変重くなってきている皆さんだと思います。
 この節目を契機に、初心を忘れず、自分の仕事に誇りを持ち、苦楽をともにする多くの仲間がいるということを確認して、気持ち新たに一歩を踏み出して欲しいと思います。20年間、本当にお疲れさまでした。そして改めて、今後とも気持ち一つに頑張っていきましょう!!



12月17日(月曜日) 地域福祉活動専門員とランチミーティング

地域福祉活動専門員とランチミーティング

 本日は、尼崎市社会福祉協議会(社協)の地域福祉活動専門員のメンバーとランチミーティング。社協のイメージキャラクター「あまりん」も来てくれました!
 本市では、より身近な地域での支え合いを推進する地域福祉の専門職として、「地域福祉活動専門員」を配置しています。今年度から3名を増員し、6地区に1名ずつ、計6名の社協職員が専門員として活動中です。高齢者等の見守りや防災、社協に加入していない住民も含めた交流の促進など、各地区の状況に応じて、多岐にわたって活動してもらっています。
 尼崎市の社会福祉協議会は、いわゆる自治会機能をあわせもっているのが特徴。専門員には、平素からの地域福祉の促進はもちろん、災害時等の対応も想定しつつ、高齢者、障害者、難病者・・・と、市役所の中では担当が縦割りになりがちな福祉課題を地域で横串で把握し、つないでもらいたいと考えています。
 社協の役員や民生児童委員の皆様、本市のコミュニティワーカーなど多様な人たちとの関係を深めながら、意欲的に取り組んでくれている様子を聞き、また、私が期待していることも伝えて、有意義な意見交換ができました。専門員の皆さん、引き続きの活躍をよろしくお願いします!


12月17日(月曜日) 尼崎琴友会の皆様と意見交換

尼崎琴友会の皆様と意見交換


 尼崎琴友会は、犯罪・非行の前歴などのために定職に就くことが難しい保護観察の対象者を、その事情を理解した上で雇用し、改善更生に協力する民間事業主の団体です。昭和36年10月に神戸家庭裁判所尼崎支部の要請で設立され、昨年で創立50周年を迎えられました。本当に長きにわたる取組みに、敬意と感謝を申し上げます。
 本日は、これまでのご苦労や就労意識に対する課題等について、意見交換を行いました。琴友会の皆様方には、更生保護活動を通じて、誰もが希望を持って暮らせる地域づくりに、より一層のお力添えをお願いしました。




12月14日(金曜日) FMあまがさき収録

FMあまがさき収録


 今年の「い~なこの街 尼崎」の収録も本日で最後。「就任から2年を経て、3年目に向かう」をテーマに、これまでの市政運営の取組みや今後の抱負についてお話しました。また、本市で撮影された映画やお正月に放送予定のドラマのお話などもさせていただきました。尼崎の風景が物語の背景として映し出されます!!
 12月25日(火曜日)10時から放送しますので、皆様、ぜひお聞きください!





12月12日(水曜日) 神戸新聞「週刊まなびー」インタビュー

神戸新聞「週刊まなびー」インタビュー


 神戸新聞は来年、創刊115周年を迎えられるそうです。今回、その節目に合わせ、子どもと保護者向けに毎週日曜日に掲載されている「週刊まなびー」の特別編として、子どもたちの夢を育むために、さまざまな職業に就く人が仕事の魅力を語るインタビュー記事を企画されているとのこと。
 首長の仕事のやりがいや苦労、政治家を志したきっかけなどをお話させていただきました。次代を担う子ども達へのメッセージもお伝えしています!平成25年2月掲載予定ですので、皆様、ぜひご覧下さい!!





12月11日(火曜日) 阪神水道企業団決算特別委員会分科会

阪神水道企業団決算特別委員会分科会

 阪神水道企業団議会で予算・決算を審議する際には、構成市(神戸、尼崎、西宮、芦屋)ごとに分科会を設置します。尼崎市の企業団議員は、市長と市議3名の合計4名。本日は、平成23年度決算認定に係る「尼崎市側分科会」が尼崎市役所で開催されました。
 分科会の質疑では、累積欠損金の削減方策や保有地の有効活用・売却、防災上の危機管理についてなど、多様な項目について意見が出されました。とりわけ、将来負担を大きく左右することになる、今後の施設規模の見直しや計画的な既存施設の維持管理について、時代の変化をしっかり織り込んだものになるよう、積極的な取組みを求めました。
 また、各市の分科会での意見に対する取組状況については、項目別の進捗状況や自己評価をまとめた資料を作成するなど、より明確な対応をお願いしました。



12月9日(日曜日) 尼崎朝鮮初中級学校校舎耐震補強・改修工事完工祝賀会

尼崎朝鮮初中級学校校舎耐震補強・改修工事完工祝賀会

 尼崎朝鮮初中級学校の校舎耐震補強・改修工事が完工し、校舎のお披露目をかねた祝賀会にお招きいただきました。
 学校施設は、児童生徒が一日の大半を過ごす学習・生活の場です。安全で安心な学校生活のため、取り組んでこられた関係者の皆様の想いを生徒たちもしっかりと受け止め、この学校で大きく成長されることと思います。皆様のますますのご活躍を心から祈念いたします。
 本市においても「尼崎市立学校施設耐震化推進計画」を策定し、順次、耐震化を進めているところですが、24年4月1日現在の小中学校の耐震化率は49.4%。平成27年度末には耐震化率100%となるよう、取組みを進めています。



12月7日(金曜日) 尼崎を明るく元気に!あまらぶイルミネーション

あまらぶイルミネーション点灯式!


 国道2号線沿い、尼崎市総合文化センターと都ホテルニューアルカイックの間にある「アルカイック広場」の樹木が、素敵なイルミネーションに包まれます!尼崎を明るく元気に!題して、「あまらぶイルミネーション」。約1万個のLEDを装飾し、2月中旬まで点灯(午後5時頃から午後10時頃まで)予定です。







あまらぶイルミネーション点灯式!2


 本日の点灯式では、三菱自動車販売尼崎店のご協力により、電気自動車から電源を引いて、イルミネーションを点灯。期間中は、ミニコンサートなどのイベントの他、環境に優しいLEDや電気自動車の普及など、環境への取組みについてもPRしていく予定です!皆様、ぜひ一度ご覧下さい!!








12月4日(火曜日) 12月市議会定例会開会

12月市議会定例会開会

 折りしも衆議院選挙の公示日、尼崎市では12月市議会定例会が開会しました。
 初日となる本日の本会議では、市から補正予算はじめ33件の議案を上程させていただいた他、閉会中の委員会で採択となっていた「犯罪被害者等支援条例」の制定を求める請願が採択されるとともに、地方自治法の改正に伴い、本会議においても公聴会の開催や参考人招致ができるようにすること等を内容とする「尼崎市議会会議規則の一部を改正する規則」が可決されました。また、上程した議案に対し、公民館分館の廃止についての質疑がありました。
 明日から3日間は、市政全般を対象とする一般質問です。

 

12月3日(月曜日) 第2回あましんグリーンプレミアム授賞式

第2回あましんグリーンプレミアム授賞式

 尼崎信用金庫が営業エリア内の法人・個人・団体を対象に、環境問題への改善に大きく貢献している商品や技術、取組みを表彰されている「あましんグリーンプレミアム」。本日はその授賞イベントとして、国際金融アナリストの末吉竹二郎氏による「グリーン経済最前線」の講演、表彰式、懇親会が行われました。
 昨年に続き第2回目となる今年の最優秀賞は…毎年、武庫川を美しいコスモスで彩って下さる地元ボランティア「髭の渡し花咲き会」の皆様でした!河川敷への不法投棄を解決しようと始まった素晴らしい取り組みです。いまや、すっかり本市の秋の風物詩として定着しました。この受賞を機に、さらに活動が広がっていくことを心から願っております。
 そして、「ECO未来都市」共同宣言団体でもある、地元金融機関の尼崎信用金庫において、このような取組みがなされますこと、大変心強く、誇らしく感じております!

 

12月3日(月曜日) 市長と語ろう!いなむら市長の見せて・聴かせてあまがさき

市長と語ろう!いなむら市長の見せて・聴かせてあまがさき

 本日は、布絵本・布遊具の製作・貸し出しをされているボランティアグループ「ふぁーファー」さんが、作品を持って市長室に来て下さいました。
 ボタンやリボン、ファスナーで遊べる絵本や、皮をむいて遊べる果物のおもちゃ、マジックテープで吊り上げる魚釣りや、クリスマス飾りなど、素晴らしい作品をたくさん作っていらっしゃいます。どの作品にも、触って肌でぬくもりを感じてもらいたい、という思いが込められているのが伝わってきました。
 そして本日、見せて下さった作品の中でもメインだったのが、尼崎市域の布マップです!かわいらしい電車や車、建物がマジックテープで貼り付けられているのですが、電車も沿線ごとに違うし、市バスもお見事!
 皆様のますますのご活躍に期待しております。貸し出しを希望される方は、尼崎市社会福祉協議会ボランティアセンターまでお気軽にお問い合わせ下さいね!

 

12月3日(月曜日) 記者会見・就任2年にあたって

記者会見・就任2年にあたって

 12月12日に市長就任から2年を迎えます。出勤前に保育所に送っていた娘は小学一年生になり、私も市長として、少し落ち着いて全体を見渡せるようになってきました。就任直後に政策部を設置し、庁内での問題意識の共有や重点取組みの明確化が進んできているという手応えを感じています。
 今年度は、環境モデル都市への挑戦や、博報堂から人材を招聘してのシティプロモーション強化、子ども医療費の拡充・児童ホームの時間延長・中学校弁当事業のリニューアルなどの子育て支援、生活習慣病予防や生活保護受給者への自立支援策の充実等に加え、市民の皆様との対話を重視した市政運営に鋭意取り組んできました。
 前を向いて進んでいるものの、まだまだ結果が出るところまでいたっていないものも多くあります。折り返し後の任期後半、気持ちを新たに頑張っていく所存です!引き続き、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

 公約の進捗と評価についてはこちら(ご意見募集しております!)

 

12月3日(月曜日) 政策推進会議

政策推進会議

 本日の政策推進会議の案件は、

1.提案型事業委託制度(素案)について
 提案型事業委託は、いよいよ来年度より公募開始の予定です。事務事業評価の様式改正→市民点検委員会による事業たな卸しと取組みを進めてきました。今後はさらに多様な主体の皆様から改善提案をいただくとともに、実際の担い手として活躍していただくことを期待しています!

2.平成24年度尼崎市立小・中学校の学力・生活実態調査報告について
 教育委員会では、学校ごとの分析を各校にフィードバックするとともに、各校がそれぞれの課題に応じた強化メニューを選択できる形で「学力向上クリエイト事業」に取り組んでいます。どのような分析に基づき、どのようなメニューに取り組んでいるのか、保護者をはじめ市民の皆様との情報共有をすすめる取組みをお願いしました。

 以上2件でした。その他、気仙沼へのチューリップ寄贈の報告や、大阪市の震災がれき試験焼却実施に伴い、クリーンセンター内で放射線量をモニタリングしている結果報告(HPに掲載していますが今のところ大きな変化なし)、ケーブルテレビで放送(12月3日から9日)される本市PR番組について、情報を共有しました。

 

12月2日(日曜日) 2012あまがさき女性フォーラム

2012あまがさき女性フォーラム

 あまがさき女性フォーラムに参加し、ご挨拶とクイズの出題をさせていただきました。
 女性センターはもうすぐ何周年?(再来年で40周年)、現在の尼崎市の審議会などにおける女性割合の目標値は?(第二次男女共同参画計画で今年度から引き上げられ40%が目標!ちなみに23年度現在で35.9%)などなど、尼崎市や女性センターの取組みについて、楽しく学んでいただきました!
 女性センター・トレピエの指定管理者である男女共同参画ネットをはじめとする関係者の皆様、参加者の皆様、いつも有難うございます!&今後ともよろしくお願いいたします!

 

12月1日(土曜日) 龍谷大学「地域リーダーシップ研究」

龍谷大学「地域リーダーシップ研究」

 龍谷大学で開催されている「地域リーダーシップ研究」の講義に招かれ、講演をさせていただいた後、大学院生とのディスカッションに参加しました。大学院生は、NPOやNGOの職員、自治体職員、地方議員を含む多様な顔ぶれで、活発な情報交換、意見交換となりました。
 尼崎市は、経済環境の激変や扶助費の急増に直面している課題先進都市。だからこそ、課題「解決」先進都市を目指していますが、「先進」ということは、それに対する取組みも前例踏襲では駄目で、かつ、お手本がないということ。いわば、海図なき航海です。
 今の行政には、状況が変われば勇気を持って引き返し、取組みを修正していく力が必要だと感じていること、そしてそういった積み重ねのなかで、将来を見据えた思考や戦略を磨いていくことが今こそ重要だという私の問題意識を含め、本市の取り組みについてお話ししました。

 

12月1日(土曜日) 人権週間のつどい

人権週間のつどい

 きたる12月10日は、国際連合で世界人権宣言が採択された日、「人権デー」です。12月4日から人権デーの10日までの「人権週間」には、人権尊重を広めるためのさまざまな事業が各地で実施されます。
 本市では、法務局や人権擁護委員協議会の皆様をはじめとする関係者のご尽力により、毎年「人権週間のつどい」が開催されており、今年は私も参加させていただきました。
 つどいのメインは、人権作文や人権書道のコンテストで素晴らしい成績を収めた小中学生に対する表彰式。いじめ問題など、暗く悲しいニュースが多い昨今ですが、みずみずしい作品を拝見して、心が温かくなりました。
 このつどいを契機に、差別に立ち向かう勇気と思いやりの輪が、さらに広がっていくことを祈念しております!

 

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る