エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成24年9月の活動日記


ここから本文です。

平成24年9月の活動日記

9月30日(日曜日) 第13回新人お笑い尼崎大賞 本選会

第13回新人お笑い尼崎大賞 本選会

 人気お笑い芸人を数々生んできた尼崎。お笑い界を目指す新人の登竜門として、毎年、「新人お笑い尼崎大賞」を総合文化センターで開催しています。本市も第1回目より共催という形で参加しており、今年で第13回目を迎えます。
 今年から、漫才・コントの部に加え、地域の文化資産である「落語の部」が新たに創設されました!人間国宝の桂米朝師匠がお住まいの尼崎では、一門の皆様のご協力で勉強会や、地域密着の寄席が開催されています。私は落語といえばNHKの朝ドラ「ちりとてちん」を観ていた程度の知識だったのですが…娘が落語絵本(「まんじゅう怖い」や「じごくのそうべえ」など)を気に入ったのをきっかけに、少し落語を見る(聞く?)ようになりました。いい落語は、オチを知っていても面白い!何度聞いても笑えます!今後の「落語部門」の発展に大いに期待しています。
 本日は、予選会を勝ち抜いた5名の落語を拝見しました。出演者は中学生からプロの方まで幅広く、ハイレベルな戦いでした。最優秀賞は、「動物園」という演目を演じた「米朝さんの弟子の枝雀さんの弟子の雀々さんの弟子の『優々』」こと、桂優々さん。本当におめでとうございました!



9月29日(土曜日) 第1回まちづくり大学あまがさき

第1回まちづくり大学あまがさき

 来年度からの新たな総合計画スタートに向け、「まちづくり大学あまがさき」を開校!本日から11月までの間に全6回、市内各地区で開催ごとに異なるテーマを掲げ、学識経験者による講演や市民によるまちづくり活動の事例発表、グループワークなどを行うとともに、総合計画の周知を図ります。
 本日は、総合計画審議会委員として総合計画の策定も携わっていただいた、近畿大学総合社会学部の久隆浩教授に「協働のまちづくり」をテーマにご講演いただきました。「(誰かに)こんなまちにしてもらう」のではなく、市民や事業者一人ひとりが「(自分が)ありたいまちを描き、できることを実践していく」ことによってこそ、計画に定められた「ありたいまち」の姿が夢ではなく現実になっていくとのお話が印象的でした。
 本市としても、総合基本計画を羅針盤に「協働のまちづくり」に向け、新しい仕掛けや仕組みづくり、そして職員の意識改革に取り組んでまいります。



9月29日(土曜日) うんぱく(尼崎運河博覧会)2012

うんぱく(尼崎運河博覧会)2012 1

 尼崎港管理事務所がある北堀運河周辺で「うんぱく(尼崎運河博覧会)2012」が開催されました。尼崎21世紀の森づくり協議会や尼崎南部再生研究室、NPO、企業など、実行委員の皆様の熱意ある企画に、改めて敬意と感謝を表します。
 運河では手こぎボートやパドルボート体験会、クルージングなどが行われました。運河クルージングは、運河沿いに建ち並ぶ工場群を裏から眺めるガイドクルーズで、私も以前に何度か乗船したことがあるのですが、本当に面白いのです!その他、フリーマーケットやステージ、運河沿いのオープンカフェ風のスペースでは、パラソルの下で「amaバーガー」を堪能・・・まるでセーヌ川の畔を思わせる(←言いすぎ?)素敵な光景でした。


うんぱく(尼崎運河博覧会)2012 2


 尼崎市の臨海部は、産業の集積地で防災拠点でもあり、これまでの歴史が詰まっています。意外なデートスポット「出合い橋」や工場群の間から見える夕焼け、夜景など、見どころがたくさんあります。これからも臨海部の魅力をPRしていきたいと思いますので、市民の皆様ぜひ臨海部に遊びに来て下さい!!




9月29日(土曜日) スポーツの秋

スポーツの秋1


スポーツの秋。各地で運動会やスポーツ大会が多数開催されています。 本日午前中は、ベイコム総合体育館で開催された「尼崎市障害者・児スポーツ大会」の開会式に出席。お集まりの皆さん、ご家族、事業所、ボランティアなど、多くの方のご協力により開催できましたことに、改めてお礼を申し上げました。また、尼崎南ロータリークラブからは心温まるご寄付をいただきましたので、感謝状をお贈りしました。本市としましても、誰もが暮らしやすく、いきいきと過ごせるまちづくりを目指してまいります!



スポーツの秋2


 夕方からは、小雨が降るなか、ベイコム野球場で「第1回ベイコム小学生野球尼崎大会」が開催され、私は始球式の大役を務めさせていただきました。入場行進の審査もさせていただいたほか、小学生の代表選手による選手宣誓が、オリンピックの感動や家族への感謝などに触れた本当に素晴らしい内容で感動しました!!
 準決勝・決勝はベイコム(ケーブルテレビ)で放映されるそうです。皆様、ぜひご覧ください!





9月28日(金曜日) 退職者辞令交付式

退職者辞令交付式


 平成24年9月30日付けで定年退職する職員2名に対し、感謝状贈呈式を行いました。退職者のお2人は、消防吏員として、長きにわたり市民の安心・安全を守っていただきました。
 しばらくはゆっくりと体を休めていただき、今後はこれまでの経験を活かして、更なるご健康にてのご活躍をお願いしました。







9月28日(金曜日) 急速充電器寄附に伴う感謝状贈呈式

急速充電器寄附に伴う感謝状贈呈式


 先日の定例記者会見でお知らせしました、阪神尼崎駅前地下駐車場内に設置する「急速充電器」のご寄附をいただいた兵庫日産自動車株式会社に対し、感謝状を贈呈しました。
 電気自動車は緊急時を含めた充電器としての役割も期待されています。都心では電気自動車の需要が多いものの、自宅に充電器が設置しにくい状況とのこと。
 本市としても、急速充電器を最大限に活かし、「尼崎版グリーンニューディール」の取組みを進めてまいります。兵庫日産自動車株式会社には、環境と産業の共生に向けて、引き続きのお力添えをお願いしました。




9月26日(水曜日) アスベスト被害の疫学調査

アスベスト被害の疫学調査


 本日、大阪大学院の祖父江教授、兵庫医科大学の島教授から「尼崎市における一般環境由来石綿暴露と悪性中皮腫死亡との関連に関するコホート内症例対照研究」に対する協力依頼がありました。中立の立場で、公的資料やインタビュー等さまざまな情報を活用し、質の高い調査を実施するため、国の研究費助成の申請に向けて準備中とのことです。
 本市としても重要な課題であると考えていますので、出来る限りのご協力をさせていただく予定です。お互いに情報共有しながら、取組みを進めていただくよう、お願いしました。



9月26日(水曜日) 市長と語ろう!いなむら市長の見せて・聴かせて あまがさき

市長と語ろう!いなむら市長の見せて・聴かせて あまがさき

 本日は、園田公民館で第2・4水曜日にコーラス活動をなさっている「園田フラウェンコール」の皆様の活動を見せていただきました。グループ名は本年4月に変更されたところですが、創立25周年の伝統あるコーラスグループです。ちなみに「フラウェンコール」とは、ドイツ語で女声合唱団という意味だそうです。
 本日は、「荒城の月」などの合唱を聞かせていただきましたが、重なるハーモニー、ピアノ伴奏もとても素晴らしかったです!来月には演奏会があるそうで、練習にも熱が入っていました。
 公民館の利用に関してのご意見等をお伺いしましたところ、ピアノの調律が出来ていないのではないかとご指摘をいただきました。確認の結果、きちんと年2回の調律を行っていました。
ピアノ自体も古く、場所移動等により調律が狂うこともあるそうです。皆様のご協力で、今後も大切に使用していただければと思います。
 皆様のますますのご活躍を祈念しております!



9月26日(水曜日) 放置自転車をなくしたい!

放置自転車をなくしたい!

 放置自転車の減少を目的とした「行動観察調査および検証調査」を実施された、大阪ガス行動観察研究所・株式会社エルネットの皆様に市長室に来ていただき、調査の報告と意見交換をお願いしました。「行動観察」とは、人の動きを観察し、潜在的な部分にも着目して科学的に分析する手法。分析をもとに課題解決のためのアプローチを探っていく「検証調査」を本市と同様に放置自転車に悩む他自治体において行った結果、いくつかの具体的な取組みによって放置自転車が減少したとのことで、大変興味深い内容でした!
 放置自転車対策は本市の重要課題のひとつです。解決のためには、いくつかの対策を複合的かつ集中的に実施する必要があると考えていたところ、その一つとして大変示唆に富むお話をいただきました。
 放置自転車は、原因となるのも、迷惑をこうむるのも、市民の皆様。駐輪場の整備等に責任を負う行政はもちろん、市民の皆様と一緒に取り組むことが鍵となります。本市でも各駅などでいろいろな取組みを試行錯誤中ですが、引き続き、新たな取組みも具体化していきたいと思っています。



9月25日(火曜日) 労働福祉会館に関する話し合い

労働福祉会館に関する話し合い

 平成25年3月末廃止となる労働福祉会館・労働センターを利用されている皆様との話し合いに出席しました。これまでも所管課より説明を実施してきましたが、今回、改めて私から市としての考え方をご説明するとともに、利用者の皆様のご意見を伺いました。
 労働福祉分野における行政の役割や、現利用者の活動を既存施設で受け止めていくにあたって、十分な説明や対応ができていないこと、新設予定のホールを含む新施設等に関して、さまざまなご指摘やご意見をいただきました。
 これまでの対応でいたらなかった点は率直にお詫びするとともに、今後、現状は一般貸館ではない教育総合センター、老人福祉センターの一般有料開放や市内で貸館機能を有する施設の予約状況の開示、活動場所を公民館等へ移される皆様への丁寧な対応について、各所管課ともども取り組んでまいります。また、市全体の公共施設の再配置により整備予定の新施設についても、市民の皆様のご意見が反映できるよう協議を進めてまいります。



9月25日(火曜日) インターンシップ学生との対話研修

インターンシップ学生との対話研修


 8月から9月にかけて、本市でもインターンシップ生を受け入れました。
 本日は、インターンシップ生の皆さんとの対話研修を行いました。受け入れ先は、事務、地域研究史料館、地域振興センター、土木、水道局など。各職場で実際にインターンとして市役所の仕事をしてみた感想、もっと改善の余地があると感じたことなど、プラス・マイナスの両面から率直な発言をお願いしてみました。公務員の仕事の範囲はどこまでか、長年にわたっている道路事業等を途中で見直すことの難しさなど、いろんなことを感じ、考えながら活動してくれたようです。限られた時間でしたが、私にとっても新鮮な対話となりました。市役所の仕事のやりがい、伝わったでしょうか。
 尼崎市でのインターン経験を生かして、今後活躍してくれることを心から期待したいと思います!



9月25日(火曜日) 定例記者会見

定例記者会見1

 本日の記者会見の案件は、次の4件でした。

1.「尼崎市中学校弁当事業」が3校でスタート
 10月より、日新中・大庄中・園田中の3校で中学校弁当事業を実施します。メニューも弁当箱も尼崎市オリジナル!当面は財政状況から完全給食の実施が難しいため、まずは弁当事業の全校実施を目指していきます。

2.キャッシュカードで簡単に口座振替手続きができます!
 10月より、市役所窓口の専用端末に金融機関のキャッシュカードを通し、暗証番号を入力するだけで、口座振替申込手続きが完了するサービスがいよいよ始まります。
 11月30日までに市税と国民健康保険料の口座振替を新たに申し込まれた方を対象に、抽選で「メイドインアマガサキ」の商品が当たるキャンペーンも実施中!口座振替手続きがお済みでない方は、ぜひこの機会にご活用ください!!

定例記者会見2

3.阪神尼崎駅前地下駐車場に電気自動車用急速充電器等を設置
 本市で取り組んでいる「尼崎版グリーンニューディール」の一環として、阪神尼崎駅前地下駐車場に電気自動車用急速充電器1台と普通充電器4台を設置します!環境に優しい電気自動車の利用促進につなげるとともに、駐車場の利便性の向上を図ります。充電料金は無料です(駐車場代は必要)。詳しい利用方法等は、10月の市報あまがさきをご覧下さい!

4. 「尼崎スイーツスタンプラリー2012」
  関西有名店のパティシエを多く輩出している尼崎。3年目となる「尼崎スイーツスタンプラリー2012」は、洋菓子店だけでなく和菓子店も参加!10月7日から12月9日までの期間に、参加各店舗(33店舗)でスイーツを購入していただくとスタンプを1つ押印します。スタンプの数に応じて抽選で素敵な商品をプレゼント!皆様、ぜひご参加ください!!



9月24日(月曜日) 決算特別委員会

決算特別委員会

 先週末の企業会計に続き、本日、平成23年度一般・特別会計について決算特別委員会としての認定をいただきました。あわせて、当該決算に関わる部分もあることから、入湯税の過少申告について今後しっかり対応していくようにとの意見が付されました。
 現在の尼崎市は、上下水道会計が比較的良好なものの、一般会計はまだしばらく厳しい道のりです。平成23年度決算においても、地方交付税の増などで予算編成当初よりは収支不足額が減少したものの、まだまだ多額の財源対策(ようするに借金)をしている状況です。過去の借金返済のために新たな借金を余儀なくされており、難しい舵取りを迫られていますが、委員会でいただいた指摘等も踏まえ、未来を見据えて行財政改革に取り組んでまいります。



9月24日(月曜日) 女性消防吏員

女性消防吏員


 本市消防局に勤務する女性消防吏員が市長室に集まってくれました。実はかねてより、率直な意見交換の場と激励の機会を持ちたいと思っていたのですが、それぞれの部署で活躍する彼女たちが一堂に会するのは難しく・・・今日は、非番を活用しての参加を含め、全7名中5名の女性消防吏員との懇談が実現しました。
 女性消防吏員はまだまだ少数。本市は他都市に比べ出動回数も多く、パイオニアとしての苦労は相当なものがあると思いますが、市民の安全・安心を守りたい、一人でも多くの命を救いたいという想いが彼女たちを支えているのだと実感しました。やはり「初心を忘れず」ですね。女性ならではの視点も活かした、ますますの活躍を期待しています!



9月23日(日曜日) ドイツのエネルギー政策-巡回パネル展&記念講演会-

ドイツのエネルギー政策-巡回パネル展&記念講演会-

 本日より、公民館地域現代学講座 「変革に挑む国ドイツ-ドイツのエネルギーシフトに対する20の質問-」の巡回パネル展がスタートしました。大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館が作成されたパネルをお借りして開催するもので、脱原発を決めたドイツにおける再生可能エネルギー促進政策や、原子力から撤退するプロセスなどについて、3.11以降、領事館に寄せられた「よくある質問」とその答えが紹介されています。
 パネル展初日の本日、オルブリッヒ総領事から「ドイツのエネルギー政策」と題して、風力や太陽光発電の推移と課題、脱原発の肯定的・否定的両面の影響などについて、ご講演いただきました。講演終了後の質疑応答も活発で、参加者の関心の高さが伺えました。
 わが国のエネルギー政策の今後が問われている中、タイムリーな企画となっております。皆様ぜひお気軽に、パネル展にお立ち寄り下さい!




9月23日(日曜日) 水辺まつり

水辺まつり1


 生きものに親しみ、水辺を楽しみ、猪名川・藻川の環境を良くするために、地域や流域で活動する団体、有志の皆様が実行委員となって開催されている「水辺まつり」。カヌーや筏などの乗船体験や川の生き物観察、魚に触れる体験など、さまざまな親水イベントが開催されていました。







水辺まつり2


 藻川で獲った魚の試食などをさせていただいた後、私もカヌーにチャレンジ!最初はこわごわ、何とかバランスを取り、少しずつオールを動かすものの・・・なかなか真っ直ぐに前進できず。同じ場所でくるくる回ってしまいました。でも、とても楽しかったです!来年は川に入れるように準備をして再挑戦したいと思います。
 「水辺」ならではのメニューに加え、各団体の活動報告や、フリーマーケット、東北支援のお菓子販売コーナーなど充実の内容でした。このようなイベントが、たくさんの皆様のお力添えにより開催されていることを、本当に心強く感じます。

9月21日(金曜日) 青年海外協力隊、尼崎からエクアドルへ

青年海外協力隊


 今月末から2年間、青年海外協力隊員として活動される尼崎市民の重田朱美さんが市長室を尋ねて下さいました。赤道直下の国、エクアドルで環境教育のサポートに従事されるとのこと。
 重田さんは、東日本大震災が発生したときに南アフリカに留学中で、日本では知られていない小さな国々や途上国が日本を支援するのを見て、日本人として自分も彼らの役に立ちたいとの思いで協力隊への参加を決めたそうです。初心を忘れず、体に気をつけて活躍してもらいたいと思います!



 本日はJICA(国際協力機構)のスタッフの方も同行されていたので、ぜひ尼崎在住・出身の協力隊OB・OGの皆さんと市や国際交流協会の連携を深め、一緒に取組みを企画していきたいとのお話もさせていただきました。



9月20日(木曜日) 入湯税について(お詫び)

 テレビや新聞等の報道をご覧になった方も多いかと思いますが、鉱泉浴場における入湯行為に対して課税している「入湯税」につきまして、平成12年の導入時より、市税条例の規定を逸脱した取扱いがなされていたことが判明いたしました。市民の皆様に深くお詫び申し上げます。
 現在、当時の関係職員への事情聴取や関係書類の調査等を10月末までに終えることを目途に進めております。できる限り迅速に全容を解明、公表するとともに、当該業者に対しましては、法律上可能な最大限の範囲で税額の増額更正を行ってまいります。また、職員の法令遵守と意識改革を徹底し、信頼回復のため、必要な取組みを着実に進めてまいります。



9月19日(水曜日) 政策推進会議&政策調整部会

政策推進会議&政策調整部会

 本日の政策推進会議の議題は、地域主権改革推進一括法等により、新たに尼崎市の条例で定めることとなった「『社会福祉施設、環境衛生関連施設等』及び『児童福祉施設(保育所等)』の設備及び運営等の基準等(案)」について。
 今後、付属機関や関係団体、市民意見公募手続(パブリックコメント)の意見を踏まえたうえで、12月議会に条例案を提案する予定です。
 国や県の基準を踏まえるだけでなく、尼崎市の特色や政策的な狙いを確認、共有し、位置づけていくための取り組みにしていくべきだと考えています。
 その他として、7月2日から9月7日まで実施していました「あまがさき みんなの節電プロジェクト」の実施結果の報告と今後も引き続き節電に努めることを周知しました。

 政策調整部会では、次期行財政改革に係る計画の総論とそれに基づく各論のたたき台について、これまでに出された意見等を整理したうえで、再度、協議を行いました。総合計画と並んで大変重要な計画ですので、議論も白熱しています。



9月19日(水曜日) 尼崎倶楽部 朝食会

尼崎倶楽部 朝食会


 今回の朝食会は、関西学院大学大学院経営戦略研究科の西尾教授による「ボートレース尼崎の経営戦略-この10年とこれから-」というテーマでの講演でした。西尾教授には、平成13年度からボートレース尼崎の経営問題研究会で座長をしていただいています。ボートレース尼崎の売上構造の変化や課題、これまでの経営改善と今後の戦略まで、分かりやすくポイントを整理して下さいました。経費削減などの取り組みや新しいファン層の開拓などに加え、払い戻し率の見直しなど、業界全体への提案も。
 ボートレース尼崎では、SGの誘致や施設改修の実施など、魅力ある競艇場づくりに努めています。全盛期には遠く及びませんが、現在もボートレースから市への繰出金は貴重な自主財源です。
 地域の皆様をはじめ、市内外からも多くの皆様のご来場をお待ちしております!そして西尾先生、これからもボートレース尼崎に引き続きのお力添えをお願いします。



9月18日(火曜日) 総合計画キャッチフレーズ検討会議

総合計画キャッチフレーズ検討会議

 いよいよ、来年度からスタートを切ります尼崎市の新しい総合計画(まちづくりのマスタープラン)。地区ごとに「まちづくり大学」と銘打っての説明会などを開催していきますが、何といっても、多くの市民の皆様に、今後の市の取組みの方向性を共有していただき、さまざまな活動に参画していただくことが不可欠です。新しい総合計画は、行政はもちろん、市民、本市で働く方、事業者・・・「みんなの計画」として構成されています。そこで、より多くの方に親しみを持ってもらうための取組みとして、計画のキャッチフレーズを公募することにいたしました。
 本日は、応募方法やいただいたキャッチフレーズ案を審議していただく検討会議の委嘱式。どんなキャッチフレーズになるか、楽しみです!キャッチフレーズを考えるためにも、皆様、ぜひお気軽に「まちづくり大学」にご参加下さい!

9月17日(月曜日) 老人福祉大会

老人福祉大会


 本日は、長安寮(現在は市から尼崎市社会福祉事業団に移管されている養護老人ホーム)や地域の敬老会に出席させていただいた後、尼崎市老人福祉大会に出席しました。老人クラブの育成にご尽力いただいている会長の皆様や、活発に活動されているクラブを表彰させていただくと同時に、毎年、第2部として講演会を実施しています。
 何歳になっても、お元気で、いきいきと活躍していただけるような尼崎市を目指して、私も皆様に負けないように頑張る所存です!





9月16日(日曜日) 園田カーニバル&たちばな祭り

園田カーニバル


 本日は地域のイベントが目白押し!「園田カーニバル」と「たちばな祭り」が開催されました。
 園田カーニバルの開会式では、地域で取り組まれている「あいさつ運動」の啓発ポスターや作文の優秀作品の表彰式も実施されていました。たちばな祭りは、エコまつりとして、リユース食器の使用が定番となっています。





たちばな祭り


 地域ごとにそれぞれの特色がありますが、いずれにせよ、地域の人たちが顔を合わせ、楽しいひと時を共有することが、地域力の基盤になっていると思います。このようなイベントを支えて下さる地域の皆様に、心から感謝です。
 その他、敬老会にも出席させていただき、私にとっても元気をもらう1日でした!








9月16日(日曜日) 尼崎あきんどフェスティバル

尼崎あきんどフェスティバル


 市内の若手経営者や事業者による異業種交流グループ「尼崎あきんど倶楽部」主催の「第2回尼崎あきんどフェスティバル」が阪神尼崎駅前中央公園で開催されました。事業者はもちろん、市民団体、学生による、さまざまなステージ、出店、キッズダンスコンテストや、築地のだんじり披露、総おどりなど、昨年の第1回を上回る充実の内容で、「元気!やる気!あまがさき!」の合言葉どおり、のイベントでした。また、昨年に引き続いての被災地支援の取組みや、「エコチャレンジ」としてゴミの分別を徹底する取組みなどもなされていて、とても心強く思いました。
 尼崎あきんど倶楽部の皆様の今後ますますのご活躍を期待しております!



9月15日(土曜日) 本家恒雄さんの「兵庫県地域活動功労者表彰」を祝う会

本家恒雄さんの「兵庫県地域活動功労者表彰」を祝う会


 尼崎市内在住の本家恒雄さん。ピアニスト、そして指揮者としての永年の功績により「兵庫県地域活動功労者表彰」を受賞され、本家さんと親しくされている芸術家の皆様のお声掛けにより、お祝いの会が盛大に開催されました。
 本家さんは尼崎市文化団体協議会の会長や尼崎芸術文化協会副会長を務められ、総合文化センター開館当時から長年にわたりピアノ講師をしていただくなど、本市の文化芸術活動の推進にご尽力いただいております。
 本家さん、いつも有難うございます。そして、本当におめでとうございます!

 本日は、地域の敬老会にも出席させていただきました。


9月14日(金曜日) 尼崎工業会の交流会

尼崎工業会の交流会


 尼崎工業会の理事会・総代会に合わせて開催された交流会に参加しました。産業部の職員も多数出席させていただき、どのテーブルも盛り上がっていました。
 「ものづくりのまち」だからこそできる取組み、とりわけ、子どもたちが目を輝かせるような取組みを、企業の皆様と一緒に進めていきたいと考えています。私自身もトップセールスに力を入れ、機会をとらえて、本市の優れたものづくり企業を広く内外にPRしてまいります!
 皆様と大いに意見交換をさせていただき、有意義なひとときを過ごすことができました。



9月11日(火曜日) 「六樋」をご存知ですか?

武庫川六樋水利運営協議会委員・評議員委嘱式


 本日、武庫川六樋水利運営協議会委員と評議員の委嘱式を行いました。
 「六樋(ろくひ)」とは・・・武庫川から農業用水を取り入れる樋門です。野間・生島・武庫・水堂・守部・大島の6つの取水口が、昭和3年、武庫川改修に伴って一箇所に集められてできました。(その際、武庫川六樋水利組合が発足。)






六樋



 水をめぐる激しい争いがあった昔とは状況が違いますが、現在は、協議会の皆様に、六樋施設の利用に関して意見をいただいたり、用水の配分、個人別用水面積の審査、水利その他諸問題の和解及び調停、用水確保に関する協議をお願いしています。委員の皆様には、長年の経験や豊富な知識をお力添えとしていただきたいとお願いしました。






9月11日(火曜日) 9月市議会定例会が始まりました

9月市議会定例会


 9月市議会定例会が本日開会。会期は、10月4日までの24日間です。決算特別委員会による決算審議も行われます。今期定例会には、平成23年度決算認定案5件、今年度の補正予算案2件、条例案5件及びその他の案件12件の合計24件を提案しています。本日は、これらの案件の主な内容について提案理由説明を行いました。市議会の本会議の様子はインターネット中継されますので、ぜひご覧下さい!
 明日から3日間、一般質問(市の一般事務について本会議場で行う質問)が行われますので、連日深夜まで各局と答弁についての打ち合わせです。





9月10日(月曜日) アウクスブルク市訪問 尼崎市青年使節団 帰国報告

アウクスブルク市訪問 尼崎市青年使節団 帰国報告1

 本市の姉妹都市、ドイツのアウクスブルク市(「ディーゼルエンジン」が結んだ縁とのこと)。昭和34年の提携以来、公式使節団等の相互派遣など、さまざまな交流をしています。
 本日は、8月24日から9月3日までの間、アウクスブルク市を訪問していた青年使節団の皆様が帰国報告に来て下さいました。現地では、昨年度末に向こうから尼崎に来ていた使節団メンバーがホストファミリーになって下さり、「私たちも尼崎で歓迎してもらったから」と本当によくして下さったとのこと。今度は自分たちも日本でアウクスブルク市の使節団を受け入れたいと言って下さいました。頼もしい!こういった好循環によって、長年の交流が育まれてきたんですね。
 今後、さらなる交流を深めるための企画を進めたいと考えていますので、青年使節団の皆様にも協力をお願いしました!



9月10日(月曜日) 東富松北公園、市民力でリニューアル!

東富松北公園、市民力でリニューアル


 地元にお住まいの方から、桜の植栽やトイレの改修、壊れた遊具の更新など、815万円相当の公園への現物寄附をいただきました。あわせて、ボランティアグループ「グリーン ヘルパー」の会員の皆様の協力で、45種類107箇所に「樹名板」を取り付けていただき、地元の方の善意とボランティアの皆様のご協力によって、東富松公園が装いも新たになりました!財政難の折、本当に有難く思います。地域の皆様、ぜひお立ち寄り下さい!






9月10日(月曜日) 尼崎市法人保育園会の皆様と意見交換をしました

尼崎市法人保育園会 意見交換


 尼崎市法人保育園会の皆様と、保育環境等について意見交換をさせていただきました。
 ベビーブームの際に一斉に整備した施設の老朽化対策や社会福祉施設の最低基準の見直しなど、さまざまなご意見を頂戴しました。本市では依然として厳しい状況が続きますが、子どもは、まちの宝。次代を担う子どもたちのために頑張っていきたいとの思いをお伝えするとともに、本市児童福祉の推進に対するご尽力に改めて感謝申し上げました。





9月9日(日曜日) 尼崎市体育協会会長杯・尼崎市長旗大会総合開会式

尼崎市体育協会会長杯・尼崎市長旗大会総合開会式


 ベイコム総合体育館において、尼崎市体育協会会長杯・尼崎市長旗大会総合開会式が開催されました。種目別の24団体、小・中・高校の各体育連盟、スポーツ少年団の総勢850名の入場行進を拝見し、市民の皆様がさまざまなスポーツを楽しまれていることを改めて実感しました。競技の種類や魅力はさまざまですが、自らを高め、チームメイトとの支え合いを育み、大きく世代を超えて交流の輪を広げてくれるスポーツの力は共通です。「スポーツの秋」の訪れを告げる開会式。最後までけがのないように十分に力を発揮し、スポーツの持つ魅力をたくさんの人に伝えていただきたいと挨拶しました。


 昨日、本日と、地域の敬老会にも出席させていただきました。



9月8日(土曜日) 尼崎市消防団員統合50周年記念大会

尼崎市消防団員統合50周年記念大会1


 尼崎市消防団統合50周年記念大会に出席。普段からの防災活動・防火活動、そしていざという時に危険を顧みず活動して下さる消防団の皆様に、市民を代表して感謝の意を申し上げました。
 長きにわたり消防団の発展に尽くされた消防団員に「永年勤続表彰」を、社会福祉協議会に感謝状を贈りました。また消防団長からは、勤務成績が優秀な消防団員に「優良団員表彰」、よき協力者としてご尽力いただいている配偶者の方に対し「感謝の賞」が贈られました。



尼崎市消防団員統合50周年記念大会2



 第2部では、尼崎市女性消防団員「あまがさきファイヤーフェアリーズ」の命名式があり、私からもエールを送りました。平成5年に初めて女性団員が誕生し、現在は29名が活動して下さっています。とても心強く嬉しいことです!その後、白井前市長の講演、「あまゆーず」のライブと続き、充実の内容でした。
 皆様のますますの活躍を心から祈念しております!







9月7日(金曜日) FMあまがさきの収録

FMあまがさきの収録

 本日収録は、「舞台は兵庫へ、平清盛と尼崎」をテーマにお話させていただきました。
 平安末期、京から遷都した福原(現在の神戸市)に向かう後白河法皇・高倉上皇・安徳天皇・平清盛らの宿舎となった杭瀬寺島にある「寺江亭」や、平重盛ゆかりの「専念寺」や平氏政権期から約100年間に最も賑わったとされる大物遺跡の出土品を展示している「文化財収蔵庫」などを紹介しています。
 あわせて、「ご案内します。あまがさき2012」と題して、「寺江亭」や「専念寺」、「文化財収蔵庫」、その他尼崎市の見どころをボランティアガイドとめぐるまち歩き5コースをご用意していることもPR!日程やコースの内容等については、ホームページでご確認ください。皆様のご参加をお待ちしております。
 今回収録分の放送日は、9月25日(火曜日)の10時からとなります。お聞き逃しなく!!



9月7日(金曜日) 100歳高齢者敬愛訪問

100歳高齢者敬愛訪問1

 9月17日の敬老の日を前に、市内最高齢の方や今年度中に100歳を迎える方のお宅などを訪問させていただきました。
 女性最高齢(108歳)で本市最高齢の村上さんは、辰年を9回!経験されています。現在、大阪の病院に入院なさっているのですが、お肌の艶も良く(うらやましいくらい!)、体調も落ち着いていらっしゃいました。
 男性最高齢(106歳)の魚山さんは、東本町にある「ほがらか苑」にいらっしゃいます。お友達の方みんなで祝福して下さいました。魚山さんは日本酒がお好きだそうです。まさに「酒は百薬の長」です。(もちろん飲み過ぎにはご注意下さい!)




100歳高齢者敬愛訪問2


 今年度100歳になる佐々木さんの趣味は油絵とのこと。ご自宅には肖像画など、たくさんの油絵が飾られていました。お元気だから活躍されているわけですが、やりがいを持っているからこそ、お元気なのだとも感じました。

 ご長寿の皆様のこれまでの歩みに敬意と感謝を申し上げます。若い私たちの世代も頑張っていかなければと気持ちを新たにしました。






9月6日(木曜日) 特別職報酬等審議会答申手交式

特別職報酬等審議会答申手交式


 「市長及び副市長に対する退職手当の適正な水準並びに給与のあり方」について、最終答申をいただきました。結論から申しますと、現行条例上の市長退職金 約3,400万円を約2,260万円(▲33.3%)に引き下げる答申内容です。
 今回の諮問では、金額の水準だけでなく、「退職金」「月額報酬」「一時金」を一体的に見ていただき、年俸制導入の可能性も視野に入れた審議をお願いしていました。年俸制と成果報酬については、他都市比較における分かりやすさや技術的な難しさから今回は見送りとなりましたが、熱心にご議論いただきました。私自身は、平成24年度税制改正で、任期5年以下(短期)の役員等の退職手当については2分の1課税が廃止された(月額報酬より退職金で受け取る方が極端に有利という状況がなくなった)等の状況も踏まえ、妥当な結論と受け止めています。本条例については、今回いただいた答申を尊重して手続きを進めたいと思っています。(ただし私は、市民サービスの見直しや職員給与の削減を伴う改革の先頭に立つ者として、退職金を前市長と同水準の約470万円とすることを選挙で公約して就任していますので、今任期の私に適用する金額は付則で特例とする予定です)



9月6日(木曜日) 企業訪問(木村化工機株式会社)

企業訪問(木村化工機株式会社)

 国道2号線沿い、大阪市西淀川区と尼崎市のちょうど境目に位置する「木村化工機株式会社」(尼崎市杭瀬寺島)。工場外壁面に「ようこそ 尼崎市へ」の大看板を取り付けて下さっています!大正13年に鉛関連の企業として創業され、今や世界トップクラスの蒸留・蒸発装置の技術を誇る、化学機械装置等の総合プラントエンジニアリング会社です。本日の企業訪問では、小林社長自ら、沿革や事業の概要などを詳しく説明して下さいました。小林社長には経営者協会の会長としても大変お世話になっております。
 常に顧客のニーズや期待に応えるべく、新分野への研究・挑戦を続けておられ、実験用のプラントなども拝見しました。また、工場内では10月の産業フェアに出品予定のチタン製品を触らせていただき・・・その軽さにビックリしました!(皆様、ぜひ産業フェアにもお越し下さい!) チタンは防腐性に優れている一方、溶接が難しいとのこと。そういった技術力を支える尼崎市でありたいと改めて感じました。
 木村化工機の皆様、本日は大変お忙しいところありがとうございました!



9月6日(木曜日) 屋外広告物一斉指導・取締り出陣式

屋外広告物一斉指導・取締り出陣式


 企業や市民ボランティアの皆様など、大勢の方にご協力いただき、許可されていない「屋外広告物」の一斉指導・取締りが行われました。本市としましても、都市美形成計画の策定を受け、平成24年4月1日から「尼崎市屋外広告物条例」を改正し、寺町や駅周辺、自然豊かな河川敷などの規制を強化するなどの取組みを進めています。
 今後もより一層、美しいまちづくりを推進してまいります。皆様のご理解とご協力をお願いします!






9月5日(水曜日) 尼崎商工会議所 平成24年度会員交流大会

尼崎商工会議所 平成24年度会員交流大会

 尼崎商工会議所主催の「会員交流大会」に出席しました。
 前半は、テレビ等でもお馴染みの経済ジャーナリスト、須田慎一郎氏の講演で、東日本大震災からの復興特需で景気が落ち着くであろう、ここ3年程度の間に、長期ビジョンに基づく新分野への投資戦略を描けるかどうかが、今後の政治を見る上でのポイントであり、経済状況を予測する上でも大変重要だとのご指摘でした。
 大きな社会経済環境の変化への対応が求められている今、まさに、業種を超え、世代を超えて、交流を深める意義が増していると思います。本日の交流会が実り多いひとときとなり、市内企業の皆様のさらなるご活躍につながることを祈念しております。私も事業者の皆様から刺激と協力をいただきながら、頑張ってまいります!



9月5日(水曜日) 国民健康保険運営協議会

国民健康保険運営協議会


 国民健康保険事業の運営に関する重要事項を審議する「国民健康保険運営協議会」。本日は会議に先立ち、被保険者・療養担当者・市議会・被用者保険を代表する20人の委員に委嘱状をお渡ししました。
 全国的にも、本市はとりわけ、国民健康保険制度の状況が厳しく、市民の皆様の保険料負担が重くなっています。本日は、介護納付金賦課限度額を法定限度額まで引き上げることについて諮問しました。限度額の引き上げは中間所得層の負担軽減につながり、負担の公平性確保の観点から法定限度額の引き上げが実施されていますが、尼崎市では新たに負担をお願いする層への影響が急激になるため、昨年は「介護納付金以外」の部分のみ引き上げとなっていたものです。運営協議会で、加入者の現状への配慮と公平な負担のあり方のバランスについて活発に議論していただき、感謝しています。
 本市としましても、生活習慣病予防等による市民の健康増進ならびに医療費の適正化、収納率の向上、国等への要望提言等に取り組み、制度の安定運営に努めてまいります。



9月5日(水曜日) 尼崎市高齢者交通安全指導員委嘱式

尼崎市高齢者交通安全指導員委嘱式

 「尼崎市高齢者交通安全指導員制度」とは、老人クラブの中から選ばれた方々に指導員をお願いし、高齢者の自主的な交通安全活動の促進、意識とマナーの向上にお力添えをいただいて、交通事故の防止を図ることを目的としています。本日、市・警察・交通安全協会より、77名の方に「高齢者交通安全指導員」を委嘱させていただきました。

 尼崎市内の人身事故の約3割は65歳以上の高齢者です。子どもからお年寄りの方まで、みんなが安心して移動、活動できるよう、まち全体で交通安全の徹底に取り組んでいくことが大切だと思っています。また、地域で活動されている指導員の皆様には、意識の向上、知識の普及に加え、まちの状況等でお気づきのことがありましたら、ご意見や報告をいただきたいとお願いしました。



9月4日(火曜日) 更生保護女性会・阪神ブロック研修会

更生保護女性会・阪神ブロック研修会


 更生保護女性連盟・阪神ブロックの研修会が本市で開催され、私からも歓迎のご挨拶をさせていただきました。研修の冒頭は、9月議会招集のための議会運営委員会と重なったため、講演や分科会の後の全体会に駆けつける形になったのですが、ちょうど皆様の普段の活動の様子や議論の報告を聞くことができて、とても有意義でした。
 更生保護女性会の皆様方には、「社会を明るくする運動」等の啓発活動や各種イベントへの参加、子ども・親子とのふれあい活動、保護司との連携等、本当にご尽力いただいております。もっと多くの方々に、犯罪や非行からの立ち直りと予防に取り組む「更生保護活動」の意義や大切さを伝えていきたいとおっしゃっていました。
 女性会をはじめ、更生保護に取り組んで下さっている関係者の皆様に心から敬意と感謝を申し上げますとともに、より多くの市民の皆様に、関心を寄せていただければと思います。



9月3日(月曜日) 新関西国際空港株式会社との安全・環境対策に関する協議

新関西国際空港株式会社との安全・環境対策に関する協議

 関西国際空港と大阪国際空港が経営統合された「新関西国際空港株式会社」と、本市を含む11市(現在は10市)による「大阪国際空港周辺都市対策協議会」、並びに国土交通省により、伊丹空港の安全・環境対策を協議する場の第1回会合が、本日、行われました。
 尼崎市からは、(1)経営統合の基本方針で確認されている「プロペラ機枠の低騒音機枠への転換」にあたり、実際の運用前にシミュレーション等による騒音値データを提示していただくこと、(2)本市にも影響が大きい「逆発着」(風向き等により普段と異なるコース、方角から離着陸すること)の騒音対策について、現状の暫定運用からもう一歩踏み込んだ対応を、という2点について発言させていただきました。
 その他、移転補償跡地問題、空港ビルの活用や地元との連携、施設老朽化対策の見通しなど、さまざまな意見、提案が各市から出されました。当面は、実務者レベルによる協議を進めることになると思いますが、本市としましては、引き続き逆発着対策を中心に具体策の実現に向けて取り組んでまいります。



9月3日(月曜日) 尼崎市金婚祝福式

尼崎市金婚祝福式


 今年度の金婚祝福式には、結婚50年を迎えられる160組のご夫婦のお申し込みがあり、そのうち135組もの皆様にご参加いただきました。
 ご夫婦二人で支え合って過ごされた50年の間には、本当にさまざまな出来事があったことと思います。こうしてご夫婦ともにお元気でこの日をお迎えになられたことに心からお喜び申し上げます。本日、改めてこれまでのお二人の歩みを振り返り、これからのについて語り合うきっかけになればと願っております。
 今後もご夫婦ともにお体を大切にしていただき、ますます夫婦仲良く、素敵な歩みを重ねていかれることをお祈りします!




9月3日(月曜日) 東日本大震災復興支援・防災対策検討会議

東日本大震災復興支援・防災対策検討会議

 本日の議題は、先日発表された「南海トラフ巨大地震に関する被害想定結果」、「気仙沼市への支援」として「職員の長期派遣」及び城内高校の生徒が行った「気仙沼市内高校への支援に係る募金活動」、auとソフトバンクの「緊急速報メールの運用開始」についてです。
 「南海トラフ巨大地震に関する被害想定結果」については、本市は震度6弱で最大津波高5m、浸水面積約420haと予想されています。今後、国から災害に対する対応について報告が出されることになっています。また、県では今回の被害想定を踏まえて「地域防災計画」の策定に取り掛かることになっています。本市においても、計画策定に向け検討を進める時期にきていることから、全庁的な防災体制への取組みと協力を依頼しました。



9月3日(月曜日) 政策推進会議

政策推進会議


 本日の政策推進会議は、
(1)第20回尼崎市議会定例会(9月議会)提出予定案件(平成23年度決算や24年度補正予算、条例改正等)
(2)平成23年度決算の概況(款別・性質別決算額、健全化判断比率など)
(3)「特別職報酬等審議会の中間答申に対する市民意見公募手続きの結果」の報告(市長・副市長の退職金を含む報酬のあり方について見直しを議論しています。市民からの意見はなく、中間答申の内容が最終答申となる予定。議論の内容はホームページでご覧いただけます)
(4)公共施設の最適化(素案)について

(5)新たな市民意見聴取プロセスにかかる「基本情報」と「政策形成プロセス計画書」の公表(「環境基本計画の改定」)
と盛りだくさんの情報を共有しました。
 なお、本日より電力のピークカットの取組みとして、13時から14時までに変更していた昼休みの時間を通常の12時から13時までに戻します。全体の節電結果等については改めて所管から報告予定です。ご協力いただいた市民の皆様、ありがとうございました!



9月2日(日曜日) 大庄まつり

大庄まつり

 大庄まつりは、「人の和を 地域福祉で ひろげよう」をスローガンに活動されている大庄社協をはじめ、大庄地区内の多くの団体が実行委員会形式で力を合わせて企画、開催されています。食べ物や物販、子ども向けの遊び、さまざまな団体の活動発表、啓発活動など、充実のイベントとなっていることを大変心強く感じました。楽しみながら、地域のコミュニケーションや、さまざまな活動への理解を深めることができる「まつり」の意義と役割は、非常に大きいと感じています。
 本市としましても、地域の皆様と連携し、取組みを進めていかなければと気持ちを新たにしております。地域の皆様の多大なるご努力に敬意と感謝を表しますとともに、今後ますますのご活躍を祈念しております!

 本日は、大庄まつりのほか、各地域の敬老会にも出席させていただきました。




【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る