エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成24年4月の活動日記


ここから本文です。

平成24年4月の活動日記

4月29日(日曜日) 春の花と緑のフェスティバルに出席しました

春の花と緑のフェスティバル


 初夏を思わせるような素晴らしい青空の下、恒例の花と緑のフェスティバルを開催しました。
 今回は場所を橘公園に移しての開催でしたが、朝早くから多くの市民の皆様にご来場をいただき、会場内は終日、笑顔と活気に満ち溢れていました。市民の皆様、並びに、ご協力をいただきました各種団体の皆様、ありがとうございました。
 どうか今後とも、花と緑が咲き誇るあまがさきのまちづくりにご協力をお願いします。

4月28日(土曜日) 菜の花まつりに行きました

菜の花まつり

 平成22年8月から尼崎都市美化推進企業組合が「菜の花プロジェクト」を開始し、本年も「菜の花まつり」が武庫之荘本町2丁目で開催されました。このプロジェクトは遊休(農)地の活用方法の一つで、菜の花を植え、菜たねを菜たね油(食用)に、油かすを肥料や飼料に、廃食油をBDF(バイオディーゼル燃料)に、養蜂も取り入れ資源循環サイクルとして進めようとする取組みです。
 菜の花がとてもきれいに咲いており、ご近所のお子様連れの方も楽しんでおられました。その他、新鮮野菜や震災復興支援物品の販売、菜たね油を使った天ぷらの試食もいただくことができました。

4月28日(土曜日) 第83回統一メーデー尼崎集会に出席しました

統一メーデー

 真っ青な空の下、第83回統一メーデー尼崎集会が尼崎市記念公園「ベイコム陸上競技場」で開催されました。
 統一メーデー尼崎集会では、「働くものの連帯で『ゆとり、豊かさ、公正な社会』を実現し、自由で平和な世界をつくろう!」をスローガンに、市内各所から求心デモを行い、記念式典やイベント等を開催することで、労働者の団結力を更に強め、労働諸条件の改善や福祉の向上につなげていくことを目的としています。
 厳しい経済環境の変化の中で、労働者の置かれている立場やライフスタイルも多様化しています。私たちの生活や人生を真に豊かにしていくための新しい働き方につなげていく必要があると感じています。メーデー等の機会を通じて交流を深め、立場を越えて大きな観点から労働者全体の立場を守り、豊かにしていく大きな契機となることを期待しています。

4月27日(金曜日) グループハウス尼崎の喫茶さくらでお昼ごはん

グループハウス尼崎


 24時間見守り等のケアを行い、入居されている高齢者の皆様が自らの能力を最大限に生かし、自立した生活が営めるよう支援している「グループハウス尼崎」。尼崎市役所の西側すぐのところにあり、「喫茶さくら」が月に1度、昼の時間帯で営業を行っています。
 ボランティアの音楽グループの演奏を聞きながら、十五穀米、おでん、みそ汁、デザート、コーヒーのセットをいただいたのですが、どれも美味しくて大満足でした!来月のメニューは唐揚げとのことで、今から楽しみです。地域の皆様もたくさん来られており、楽しくお話をさせていただきました。

4月26日(木曜日) 初めての光景

あまらぶ


 本日、シティプロモーション推進部との2回目のミーティングを行いました。皆様、写真をよく見てください!!なんと私を取り囲む職員全員が女性という、これまでにない光景でしたので、活動日記に掲載することにしました。
 今回の議題は、尼崎の基本計画である総合計画(新計画を策定中)をはじめ、誰も知らないような地域の情報なども取り入れた、「(仮称)尼崎検定」の実施に向けた取組みについてです。
 よりいっそう、尼崎市の魅力を知っていただくため、さまざまな取組を企画しています。

4月26日(木曜日) 全国公設地方卸売市場協議会 近畿・中国・四国・九州ブロック会総会に出席しました

地方卸売市場協議会

 全国公設地方卸売市場協議会は、各市場が連携して、管理業務の適正化と運営の円滑化を図り、市場の健全な発展に寄与することを目的としている全国組織です。本市が所属する「近畿・中国・四国・九州ブロック」は23団体・28市場で構成されています。平成22年度と23年度は、私がブロックの会長をさせていただき、今年度のブロック会総会が尼崎市で開催されました。
 市場を取り巻く環境や流通形態が大きく変化し、取扱高の減少が続いていますが、その一方で、消費者の皆様の食に対する安全・安心への関心は高まっています。今後も引き続き、各市場と情報を共有しながら、時代に応じた市場のあり方を検討していきます。

4月25日(水曜日) 尼崎商工会議所青年部との懇親会に出席しました

尼崎商工会議所青年部

 尼崎商工会議所が創立100周年を迎えられたことにより、昨年度は青年部との関わりも多い年でした。
 平成22年に開催された「チャリティー大相撲尼崎場所」の収益の一部を市内企業が製造した「LED蛍光灯」としてご寄付いただき、市長室に設置していただきました。
 また、「青年部と行政職員が大いに語るシリーズ」で講演させていただき、市内の若手ビジネスリーダーの皆様と意見交換させていただきました。
 今年の3月30日、31日に開催された「ロボカップジュニアジャパンオープン2012尼崎」は、青年部のみなさんのご尽力により、大好評のうちに幕を閉じることが出来ました。
 このような尼崎の産業の活性化や未来を担う子どもたちに繋げていく取組みに感謝と敬意を表し、本市としても今後も引き続き連携して、尼崎商工会議所を含む5団体と宣言した「ECO未来都市・尼崎」の取組みを進めていきます。

4月25日(水曜日) 兵庫県市長会総会に出席しました

兵庫県市長会


 今年度初めての兵庫県市長会が神戸市相楽園会館で開催されました。
 兵庫県市長会は、その名前のとおり兵庫県下各市の首長が出席する会議で、県内各市間の連絡協調や市政に関する関係機関との連絡調整、都市行財政に関する調査研究などを行っています。
 今回は、各市から提出される国や県に対する要望の審議、平成23年度の要望経過概要の説明や、平成24年度の事業計画及び予算などについて、審議を行いました。

4月25日(水曜日) 福知山線列車事故追悼慰霊式に出席しました

 あの事故から7年。犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。また、西日本旅客鉄道株式会社には、事故を風化させないよう、真摯な姿勢を持ち続けていただきたいと思います。
 安全はたゆまぬ努力によって作り上げられるものだということを改めて痛感しました。市民の安全・安心を背負う市長として、身の引き締まる思いでした。

4月24日(火曜日) 尼崎市社会保障審議会総会に出席しました

社会保障審議会

 尼崎市社会保障審議会は、市民の社会保障、児童福祉、その他の社会福祉に関する事項を調査審議する付属機関です。昨年度は、「障害福祉計画」や「高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」などの行政計画の策定に係る貴重な答申をいただきました。また、社会福祉や地域福祉、児童福祉の推進に関する貴重なご意見や、民生児童委員の候補者の審査など、本市の社会福祉行政に核となる部分のご審議をいただいております。
 本日の社会保障審議会では、審議会委員37人を委嘱するとともに、平成24年度の新規・拡充事業等について、ご説明させていただきました。
 質疑応答では、今後の本市と尼崎市社会福祉協議会との関わりや教育との連携等の活発なご意見をいただきました。

4月24日(火曜日) 尼崎消費者協会総会に出席しました

消費者協会総会

 尼崎消費者協会は、収益を環境保全活動に充てる牛乳パックの回収事業や買い物袋持参運動の推進、消費生活相談業務など、様々な活動をされています。昨年は東日本大震災で被災した、本市のカウンターパートナーである気仙沼市の復興を支援するために、復興への思いを込めた寄付金を届けられ、被災地にオオヤマザクラが植樹されることになりました。
 さて、日常生活においては、消費者が自ら学び、消費者としての力を身につけることが大切になっています。
 本市では、今年度の組織改正により生活安全課を新設し、地域の皆様や警察との窓口を一本化しました。身近な商品や消費についての知識の向上に向けた取り組みや犯罪防止キャンペーンなど、様々な情報発信をしていきたいと思います。

4月22日(日曜日) あまがさき民商元気まつり2012に参加しました

民商元気まつり

 「あまがさき民商 元気まつり2012」が橘公園で開催されました。
 あまがさき民商元気まつりは、尼崎の経済に活気を取り戻し、元気なまちにしようと開催されており、小雨が降っていましたが、たくさんの方が来場され、ステージや模擬店、こども広場など、子どもから大人まで楽しんおられました。
 尼崎市としても、地域経済を循環させる取り組みの一つとして、尼崎版グリーンニューディール推進事業を今年度から実施し、引き続き、新たな施策の構築を検討していきます。

4月22日(日曜日) 尼崎市子ども会連絡協議会総会に出席しました

市子連総会



 尼崎市子ども会連絡協議会は、他都市との交歓事業、リーダーの養成、子どもの社会参加としての奉仕活動等幅広い活動を展開しています。
 「地域の子どもは地域全体で守り育てる」という基本精神にたった子ども会の存在は、心強く、頼もしく思います。今後とも、未来を担う子どもたちの健やかな成長を見守り、育むまちづくりに温かいご支援とご協力をお願いします。

4月20日(金曜日) 尼崎商工会議所女性部との懇談会に出席しました

商工会議所女性部



 今年度も尼崎商工会議所女性部の懇談会にお招きいただき、尼崎市の財政状況や平成24年度の主要取組項目について、ご説明するとともに、女性部の方と意見交換を行いました。
 生活保護などの扶助費や尼崎版グリーンニューディール等について、活発な意見をいただきました。

4月20日(金曜日) 県・市町懇話会に出席しました

県・市町懇話会


 今年度初めての県・市町懇話会が兵庫県公館で開催されました。
 県・市町懇話会のメンバーは、兵庫県知事を含む県職員と市町の首長が出席する会議です。
 今年度の兵庫県が実施する事業等の説明を受けた後、関西広域連合における国出先機関対策や東日本大震災に係る災害廃棄物の受入等について、活発な意見が出ました。

4月19日(木曜日) 尼崎南ロータリークラブのみなさんが来られました

尼崎南ロータリークラブ


 波多議長を含む尼崎南ロータリークラブのみなさんが市長室に来られました。
 ロータリークラブは、職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的として活動されています。
 尼崎市役所の組織や教育問題、日頃疑問に感じていらっしゃることなど、たくさんの質問を受けました。

4月18日(水曜日) 東日本大震災復興支援・防災対策検討会議を開催しました

東日本大震災復興支援・防災対策検討会議


 今年度初めての東日本大震災復興支援・防災対策検討会議を開催しました。
 今日は、東日本大震災に係る災害廃棄物の受入の検討や南海トラフの巨大地震に係る検討、気仙沼市立中学校きずな事業及び気仙沼市への職員派遣の報告、津波時等一時避難場所などの議題について、協議を行いました。
 災害廃棄物の受入については、様々な角度から検討を進めていくとともに、市民の皆様とリスクコミュニケーションを進めていきたいと思います。

4月17日(火曜日) 重点施策の各局ヒアリングを始めました

重点施策


 年度当初にあたり、今年度における各局の課題項目と私が指定する課題項目を突合、整理する中で、課題への取り組みの方向性等を共有するため、各局とヒアリングを始めています。
 今後、ホームページにおいて、幹部紹介とともに、各局で取り組む課題事項について、公表していきます。

4月16日(月曜日) 英パース校の生徒が来尼されました

英パース校来尼


 平成22年11月に兵庫県立武庫荘総合高等学校と姉妹校提携したケンブリッジ市にあるパース校と昨年から相互交流を開始し、今回、パース校の生徒(14歳から16歳の男女9人)さんが4月10日から4月17日まで来尼され、学校で授業を受けたり、京都や奈良の寺院を見学されました。
 来尼した生徒さんの日本に対する感想は、「イギリスより静かで平和である。」、「学校で多くの事を学んでいるのでおもしろい。」などの意見がありました。
 今回のホームステイでの経験をお土産に、帰国した際に日本のことを周囲の方にお伝えいただくことをお願いしました。
 またの来尼を心からお待ちしております!!

4月13日(金曜日) 企画管理課長会に出席しました

企画管理課長会


 各局の企画調整力を高めることを意図して、今年度から各局の「総務課」を「企画管理課」に改めました。今日は「総務課長会」改め「企画管理課長会」の第1回目。普段は市長が出席することはない会議なのですが、今日は私も出席して、これからの企画管理課においては、局内の予算、庶務、労務等の統括はもちろん、局長の官房機能、市長特命を推進する政策部との連携、現場を担う所管課のサポートなどについて充実、強化してもらいたい旨を直接伝えました。

4月12日(木曜日) シティプロモーション推進部、始動!

シティプロモーション推進部

 今年度から始動する新しい部署の1つ、シティプロモーション推進部と第1回目のミーティングを行いました。博報堂から船木成記さんを顧問としてお迎えし、パワーアップを図っています。
 就任直後に選挙公約に基づいて立ち上げた政策部(当時は政策室)とはすでに昨年から1週~2週間に1回ペースでミーティングを重ねてきましたが、今年度からはさらに、「政策」「プロモーション」そして、そういった取組の基盤をつくる「行財政改革」という企画財政局の各部が三位一体となり、市長である私の考えやまちの魅力を高める重点施策について全庁的に、また市民の皆さんとともに推進できるよう、取り組んでまいります!

4月12日(木曜日) 日本赤十字社社資募集説明会(尼崎市地区)を開催しました

日赤社資募集説明会


 日本赤十字社は、世界各地での救援活動、国内での災害救護、血液事業、医療活動、社会福祉事業などの活動を展開しています。
 これらの活動は、皆様からお寄せいただく社資(社費と寄付金)によって支えられており、赤十字の創立の月にあたる5月に全国で「赤十字社員補強運動月間」として、社資の募集を行っております。
 赤十字事業の充実・強化のため、皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

4月7日(土曜日) 第2回日仏造形美術フェスティバル展に出席しました

日仏造形美術フェスティバル


 まだ少し寒さの残る春空の下、大覚寺において「第2回日仏造形美術フェスティバル展」が開催されました。
 このフェスティバル展は、日仏修好通商条約締結150周年を記念して平成20年に第1回が開催されたもので、今回が2回目の開催となります。
 今回はフランスや日本の絵画もあわせて100点近くの作品が展示されているとのことで、多くの方々で賑わっていました。また、当日はお茶会も開催されており、珍しい日本の文化にフランスからのお客様も大変喜んでいらっしゃいました。
 今後も引続き、両国の文化交流がさまざまな形で図れることを期待しております。

4月4日(水曜日)「新入社員研修会」で激励メッセージをお伝えしました

新入社員研修会

 尼崎商工会議所・尼崎雇用対策協議会・尼崎経営者協会主催の「新入社員研修会」が今年度も尼崎商工会議所で開催されました。
 この研修会は、電話対応やビジネスマナー等の社会人として必要な知識を習得するものです。
 今年度は、新入社員110人が参加され、その研修の中で、私がいつも心掛けていることや指導を受けるにあたっての心構え等について、お話させていただきました。
 新入社員の皆様の各企業でのこれからのご活躍を期待しております。

4月2日(月曜日)「辞令交付式」を行いました

辞令交付式


 平成24年度に入庁した新規職員111人に対し、辞令交付を行いました。
 厳しい財政状況ではありますが、市職員全員が前を向き、全体の奉仕者として着実に業務を行うとともに、自ら考え、市民と一体となって地域をより良くするために主体的に動いていくことなど、これからの基礎自治体の役割や仕事に対する姿勢について話をしました。
 各部署でのこれからの活躍を期待しています。

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る