エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成23年12月の活動日記


ここから本文です。

平成23年12月の活動日記

12月22日(木曜日) レジ袋削減等に関する環境協定を締結しました

レジ袋削減

 尼崎市では、平成32年度を目標年度とした「尼崎市一般廃棄物処理基本計画」を平成23年3月に策定し、「低炭素社会」及び「循環型社会」を両立した、効率的かつ持続可能なごみ処理システムの構築を基本理念に掲げ、更なるごみ減量・リサイクルに向けた取組みを推進しているところです。
 このたび、使い捨て容器や使い捨て製品等の消費の抑制を図る取組みの一環である「レジ袋削減・マイバック運動」の推進のため、従前の協定から参加事業者を拡大し、改めて「レジ袋削減等に関する環境協定」を、イズミヤ株式会社、株式会社関西スーパーマーケット、生活協同組合コープこうべ、株式会社ダイエー、株式会社平和堂、株式会社スーパーサンエー、株式会社阪食、タキヤ株式会社の皆さまと締結しました。
 市民の皆さま、事業者の皆さまとの協働により、今後もごみ減量・リサイクルの推進に取り組んでいきます。皆さまのご協力をお願いします。

12月22日(木曜日) 武庫之荘総合高校の海外研修生が報告に来られました

海外研修生

 昨年11月にイギリスのケンブリッジ市にあるパース校と姉妹校提携を行った武庫之荘総合高校の生徒代表の皆さんが、相互交流の一環として同校に研修に行かれ、報告のため市長室に来てくれました。
 パース校の生徒の自宅に1人ずつホームステイをさせていただき、パース校の授業への参加、ロンドンにあるバッキンガム宮殿などの名所の見学やミュージカルの観劇など、多くの貴重な経験を積まれたようです。
 今回の経験を、ぜひ今後の語学の習得をはじめ学業の研鑽などに生かしていただきたいと思います。

12月12日(月曜日) あましんグリーンプレミアム表彰式に出席しました

あましんグリーンプレミアム表彰式

 地域密着の金融機関である尼崎信用金庫さん主催で、環境改善に寄与する技術、製品、工法、取組みやアイデアについて表彰を行い、積極的に発信していくことを通して、環境文化の創造に繋げていくことを目的にした「あましんグリーンプレミアム表彰式」が開催されました。
 この表彰にあたっては、私も選考委員の一人として参加させていただきましたので、思い入れもひとしおです。
 尼崎発の優れた技術や取組みが様々な環境改善に役立ち、環境文化の創造に結びつくことは、「環境と産業の共生による地域経済の活性化」を公約にしている私にとっても非常に心強いことだと思っています。
 今年受賞された素晴らしい技術や取組みにくわえて、来年以降も次々と新しい取組みがなされ、この賞が益々大きく発展されることを願っています。

12月10日(土曜日) 尼崎市医師会設立記念式典に出席しました

医師会設立記念式典

 尼崎市医師会の設立記念式典に出席しました。
 尼崎市医師会は、尼崎市の誕生に伴い設立され、市民の皆様の生命と健康を守り続けてくださっています。
 本日の式典では、多大な功績のあった方々の表彰や、小中学生による禁煙カレンダー図案の最優秀者への表彰などが行われました。
 今後とも市民の皆様の健康を守るため、お力添えをお願いいたします。

12月2日(金曜日) 市内7ライオンズクラブの皆さまが震災遺児支援の活動報告に来られました

ライオンズクラブ

 市内の7ライオンズクラブの皆さまが、街頭募金で集められた善意のお気持ちを、このたび、東日本大震災の遺児救援金として寄付をすると報告にいらっしゃいました。併せて、今後も、息の長い支援活動を行政とも協力しながら継続していきたいとの力強いお言葉もいただきました。
 私たち一人ひとり、助け合いの気持ちを持ち続けたいと思っています。

12月1日(木曜日) 「第2次尼崎市男女共同参画計画」の答申をお受けしました

答申受理

 今年4月に尼崎市男女共同参画審議会に諮問した、「第2次尼崎市男女共同参画計画」についての答申をいただきました。
 本市としては、男女共同参画社会の実現にむけて着実な取組みを進めるとともに、市民や事業者の方々と連携・協力しながら、男女共同参画意識が市民に浸透するよう、工夫・努力を重ねてまいります。
 今後も引き続き、皆さまのご協力を、よろしくお願いいたします。

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る