エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成23年10月の活動日記


ここから本文です。

平成23年10月の活動日記

10月29日(土曜日) 「あましん植樹祭」に出席しました

あましん植樹祭


 さわやかな秋空の下、尼崎の森中央緑地で行われた「あましん植樹祭」に出席しました。
 これは、100年かけて尼崎を緑でいっぱいにしようという「尼崎21世紀の森づくり」に賛同いただいている尼崎信用金庫様が、創業90周年事業の一環で実施されたもので、多くの市民のみなさんとともに私も苗木を植樹させていただきました。
 この森づくり事業に、行政だけでなく地元企業や市民のみなさんが積極的に参加していただいていることを、大変心強く思っています。今後ともご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
 本日植樹した苗木がすくすくと育ち、100年後の尼崎が緑豊かでみんなが笑顔あふれるまちになっていることを、心から祈っています。

10月29日(土曜日) 「ふれあいひろば武庫21」に出席しました

ふれあい広場武庫

 きれいに晴れ渡った青空の下、県立西武庫公園で行われた「ふれあいひろば武庫21」に出席しました。
 この日は天候にも恵まれ、多くの市民のみなさんで大いに盛り上がっていました。ステージでは小中学生による和太鼓演奏なども開催されており、その技術の高さにはただただ驚くばかりでした。
 また、お隣のポリテクセンターも見学させていただき、手作り扇子などものづくりの楽しさに触れることもできました。
 今後も、地域住民のみなさんのつながりがより一層深まりますよう、引続き取組みをよろしくお願いいたします。

10月29日(土曜日) 「地域安全尼崎市民大会」に出席しました

地域安全尼崎市民大会


 安全で安心なまちづくりは地域住民の願いであり、私たち行政の使命でもあります。
 地域住民のみなさんが、防犯パトロールや子どもの見守り活動などを自主的に行われていることに心から感謝申し上げます。ただ、このような啓発活動だけでなく、私たち一人ひとりが犯罪被害者にならないよう、防犯意識を常に高く持ち続けることが重要であると、本日の大会を通じて改めて認識いたしました。
 今後も引続き、尼崎の安全・安心のためにご協力いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

10月26日(水曜日) 「エフエムあまがさき開局15周年」記念メッセージ

エフエム収録

 10月26日、尼崎のコミュニティFM放送局「エフエムあまがさき」は開局して15周年を迎えました。この日を記念して記念メッセージを放送しました。
 「エフエムあまがさき」は、地域のラジオ・コミュニティ放送で、地域の身近な話題をお届けしたり、災害時の情報をいち早くお届けする貴重な放送メディアです。
 まだ、お聴きいただいたことのない市民の皆様には是非一度お聴きいただければと思います。
 ここで私からのメッセージです。『ラジオはお持ちですか?82.0MHzエフエムあまがさきです。皆さん是非、エフエムあまがさき普段から聴いてくださいね。』
 記念メッセージ放送は、この下の「音声ファイル」をクリックしていただくと聴く事ができます。

10月24日(月曜日) 「第3回尼火会」に参加しました

文化財収蔵庫

  尼崎市に関連する公共的団体の長で組織されたこの会は、市民生活の安定と向上に寄与するため、会員相互の交流を図ることを目的に、定期的に開催しています。
  今回は、会員の皆様とご一緒に文化財収蔵庫と寺町を視察し、尼崎の歴史や寺町の由来等についての説明を聞きました。
  尼崎は瀬戸内海に面した港町として栄え、江戸時代には大坂を守る「西のかなめ」の城下町として、近代では工業都市として発展してきました。地理の利便性を活かし、その時代に即した発展を遂げた尼崎の姿を知り、感慨深いものがありました。
 

寺町

    現在、尼崎では近松の里や寺町で市民ボランティアのガイドさんが歴史案内をしてくださっています。知っているようで意外と知らない尼崎市の一面を学ぶことができます。機会があれば皆さんもぜひ体験していただければと思います。 
  詳しくは、市のホームページで検索していただくか、市のちかまつ・文化・まち情報課(電話:06-6489-6385)へお問い合わせください。

10月20日(木曜日) 「あまがさき産業フェア2011」が開催されました

テープカット

 「効きます!あまがさきパワー! ニッポンの元気は「あまがさきのものづくり」から」のテーマのもと、28回目を迎えた「あまがさき産業フェア」が、今年も盛大に開催されました。
 昨年12月に市長に就任して10か月。尼崎市が多くのものづくり企業の方々に支えられたまちであることを実感する毎日の中で、この日を本当に楽しみにしていました。
 市長として初参加となった産業フェアは、オープニングのテープカットから始まりました。

産業フェア

 第1会場となった中小企業センターでは、48もの企業や団体の皆さまが出展されました。
 その中には、本市が今年から実施している「第1回エコプロダクツグランプリ」での受賞製品も展示され、私もそれぞれの出展の様子をじっくりと見させていただきました。

産業フェア

 都ホテルニューアルカイック前の広場では、「尼崎版電気自動車」がお披露目されました。
 これは、市内の経済団体と本市が昨年共同で行った「ECO(エコ)未来都市・尼崎」宣言の具体的な取り組みのひとつとして、尼崎の経済団体が自動車整備会社や学校と連携し開発を進めてきたもので、ガソリン車を改造し、電源にはリチウムイオン電池を使用しています。
 私も試乗をさせていただきましたが、とても静かで振動も少なく、とても乗り心地の良いものでした。
 電気自動車は本市に寄贈していただき、環境関連のイベントなどで積極的に活用させていただきます。

産業フェア

 また、今年は尼崎商工会議所100周年記念として、都ホテルニューアルカイックに第2会場が用意され、市内企業だけではなく市外からも産業関連団体の皆さまが出展をされました。
 会場では、尼崎商工会議所青年部の皆さまと今年開校した尼崎市立尼崎双星高等学校の生徒によるサッカーロボットの展示も行われ、私も生徒のお2人から丁寧な説明を受けました。また、第1会場に引き続き第2会場もじっくり見せていただき、とても充実した視察の機会となりました。

 今後、尼崎商工会議所青年部主催による、ロボットで腕を競う「尼崎ネクストチャレンジカップ」が10月29日に尼崎商工会議所で、また、同青年部が誘致されたロボカップジュニアの全国大会「ロボカップジュニアジャパンオープン2012尼崎」が、来年3月に本市のベイコム総合体育館で開催される予定になっています。こちらの方も皆さんお楽しみに!

10月19日(水曜日) 「市長と語ろう!~いなむら市長の見せて・聴かせて あまがさき~」を開催しました

少林寺拳法

 今回は、「少林寺拳法尼崎潮江グループ」の皆さんが稽古に励んでおられる、立花公民館尾浜分館にお伺いし、熱心な稽古の様子を見せていただきました。
 「少林寺拳法尼崎潮江グループ」は中学生以上の方々で活動され、初心者も経験者も入り混じって、毎週1回、稽古されています。
 集団での「身体」と「心」のトレーニングを通じて、健康や行動力を得たり、コミュニケーション能力の向上にも効果があるそうです。また、道場は様々な世代や立場の方が集う場でもあり、交流を通じて見分や視野を広めることもできているようです。
 迫力いっぱいの稽古に感心するとともに、道場で育った青少年の皆さまの成長をとても楽しみに感じたひとときでした。

10月19日(水曜日) 第1回あまがさきエコプロダクツグランプリ表彰式を行いました

エコプロダクツ

 このたび尼崎市では、市内で製造される環境負荷の低減に配慮したすぐれた製品(エコプロダクツ)を発掘し、表彰をすることで、尼崎のものづくりの環境への貢献を広報し、環境関連製造業の育成・活性化を目的として、「あまがさきエコプロダクツグランプリ」を実施しました。
 今回の記念すべき第1回目のグランプリは、新興化学工業株式会社の太陽電池向け高純度金属セレン材料が受賞されました。準グランプリにはダイソー株式会社のCABRUS(低燃費タイヤ添加剤)、特別賞には関西化学機械製作株式会社のウォールウェッターが受賞されました。詳しくは「第1回あまがさきエコプロダクツグランプリ」のページをご覧下さい。
 今後、受賞された製品を市内外にPRしていくことで、本市が環境と産業の共生するまちを目指していることをアピールしてまいります。

10月12日(水曜日) 県立武庫之荘総合高校で車座集会を開催しました

車座

 今回の車座集会は、県立武庫之荘総合高校の生徒の皆さまが運営してくださり、同校で開催しました。
 企画や準備、進行も生徒の皆さんが担ってくださり、市内で学ぶ若者の貴重な意見を聴く機会となりました。
 「尼崎市の印象」や「日々の高校生活のこと」、また市内で唯一の総合学科のある高校ということで「印象に残る授業」、そして「将来の夢」や「市政への提案」など、幅広い意見交換をさせていただきました。
 将来の尼崎市を支える若い皆さんの意見を、今後の市政運営に活かしていきたいと思います。
 運営に関わってくださった生徒の皆さん、また参加してくださった生徒の皆さん、本当にありがとうございました。

10月11日(火曜日) 要援護高齢者見守り推進員および協力員の皆さまに委嘱状をお渡ししました

見守り事業

 今回は大庄地域のモデル地区となる浜田地区の皆さまに市長室にお越しいただき、委嘱状をお渡しさせていただきました。
 本市の要援護高齢者見守り対策検討事業は、急増する高齢者の皆さま方が、地域で安全安心な生活を続けていくことができるよう、地域ぐるみの見守り体制の整備を目指し、実施しているものです。
 地域の皆さまと社会福祉協議会および本市が力を合わせて、より良い尼崎の見守り体制をつくり上げていきたいと思います。
 引き続き、市民の皆さまのご協力を、よろしくお願いいたします。

10月11日(火曜日) 尼崎市交通安全功労者等表彰を行いました

交通安全功労者等表彰

 この表彰は、交通事故防止のため、交通安全指導、または交通安全思想の普及に貢献のあった個人および団体を表彰することにより交通安全に対する認識を深め、その増進を図ることを目的に、昭和47年から実施しています。
 今回、「交通安全功労者」「交通安全優良運転者」「交通安全優良事業所」の9名、8団体を表彰させていただきました。
 受賞された皆さまには模範になっていただき、市民の皆さまお一人おひとりの交通安全思想の普及に寄与していただきたいと願っております。また今後も、安全で安心して暮らせる交通事故のないまちが実現するよう、警察・関係団体・地域の皆さまと連携し、取り組みを進めてまいります。

10月10日(月曜日) 2011スポーツのまち尼崎フェスティバルを開催しました

 「スポーツのまち尼崎フェスティバル」は、「体育の日」に、子どもから高齢者まで多くの市民の皆さまがスポーツに親しんでいただくきっかけとなるよう、開催してきたものです。今年も好天に恵まれ、西長洲町の記念公園の各施設を会場に開催しました。
 市内の関係団体の皆さまによるスポーツ広場や、「JTマーヴェラス」の皆さまによるバレーボール教室、「阪神タイガースOB」の皆さまによるジュニアベースボールスクール、また「ヴィッセル神戸」の皆さまによる親子サッカー教室など、多くの体験型イベントが行われました。
 私も爽やかな汗をかかせていただきました。

10月9日(日曜日) 第40回 尼崎市民まつりを開催しました

市民まつり

 素晴らしい秋空のもと、今年も実行委員会の皆さまのご尽力により、尼崎市民まつりを開催させていただきました。
 市民まつりは尼崎市の誕生を記念して、毎年10月に開催され、昭和47年の第1回から数えて、今年で40回目を迎えました。
 また、この尼崎市民まつりは、実行委員会の皆さまを中心に、まさに市民の皆さまの手づくりのまつりとなっており、今年も1日で4万人を超える方々にご来場いただきました。
 ご協力いただきました皆さま、今年も本当にありがとうございました。

10月6日(木曜日) 尼崎市健康増進すみれ会の30周年記念式典に出席しました

すみれ会

 本市保健所主催の市民健康増進スクールの修了生を組織化し、昭和56年4月に発足した「尼崎市健康増進すみれ会」が30周年を迎え、記念式典に出席させていただきました。
 「すこやかな みりょくあふれる れでぃ」の頭文字をとり「すみれ会」と命名し、会員の皆さまは地域に根ざした健康づくり推進員活動を展開してこられましたが、現在は男性会員もいらっしゃり、「食と運動のサポーター」として、日々ご活躍いただいています。
 これからも、笑顔輝く皆さまの活動に、期待しています。

10月4日(火曜日) 社交ダンスサークル「ルンルンクラブ火曜会」の活動を見せていただきました

ルンルンクラブ

 「市長と語ろう!~いなむら市長の見せて・聴かせて あまがさき~」の第6回目です。今回は、毎週火曜日に中央公民館開明分館で活動されている「ルンルンクラブ火曜会」の活動を見せていただきました。

 「ルンルンクラブ」の皆さまは、昭和58年から「社交ダンスを通じて心身の向上と会員の親睦を図り、地域社会の発展に寄与する」をモットーに、活動されています。また、ダンスパーティの収益の一部を本市の福祉向上のため寄付していただいています。
 今月予定されている発表会に向けて練習された成果も見せていただきました。今後も活動を通じて、引き続き積極的に健康増進を図っていただけますよう、期待しています。

10月1日(土曜日) 「尼崎市障害者・児スポーツ大会」を開催しました

障害者・児スポーツ大会

 障害者(児)のスポーツを通した交流を活性化するとともに、明るい生活の形成に寄与することを目的とし、今年も障害者・児スポーツ大会を開催しました。
 開会式では、長年にわたり本大会への応援をいただき、今回の開催にあたってもご支援をいただいた尼崎南ロータリークラブ様に本市から感謝状を贈呈させていただきました。
 プログラム1番の全員体操は私も参加させていただき、心地よい汗をかきました。今後も障害者スポーツの普及促進に努めてまいりますので、引き続き皆さまのご支援・ご協力をお願いします。


【プラグイン等のダウンロードについて】
mp3形式およびwmv形式のファイルをご覧頂くには、 Windows Media Playerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る