エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成23年5月の活動日記


ここから本文です。

平成23年5月の活動日記

5月31日(火曜日) スペシャルオリンピックス日本・兵庫尼崎プログラム委員会の方々が来られました

表敬訪問の様子

 スペシャルオリンピックス日本・兵庫尼崎プログラム委員会の方々と、横江香織選手が来られました。
 スペシャルオリンピックスは、知的発達障害のある人たちに、日常的なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間を通じて提供し、その人の持つ潜在能力を引き出し、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織です。
 次回の2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会は、6月20日から7月4日の2週間、ギリシャ共和国のアテネで開催されます。本日来られた横江香織選手もボウリング競技に参加されますので、皆さんで応援しましょう。

5月28日(土曜日) 男女共同参画をテーマに講演を行いました

講演のようす

 尼崎市女性センター・トレピエで、男女共同参画をテーマに講演を行いました。当日は天候の悪い中にもかかわらず、約50名の方々が参加してくださいました。
 最近、家庭内での男女の役割分担が多様化してきており、またワーク・ライフ・バランスという考え方への関心も高まっています。男女を問わず、仕事と生活の時間配分の多様化に柔軟に対応できるように、働き方の制度を考えていかなければなりません。
 市としましては、性別にとらわれることなく、男女が個性や能力を十分に発揮することができる社会を実現するために、今後もしっかりと取り組んでいきます。

5月24日(火曜日) 第1回車座集会を開催しました

車座集会のようす

 市民の皆さまと尼崎の未来に向けたまちづくりについて、輪になって語り合い、情報を共有させていただくため、第1回車座集会を中央地域振興センターで開催しました。初参加の方も含め、およそ40人の方々にご参加いただきました。
 まず、本市の財政事情と施政方針についてご説明差し上げた後、参加されている皆さまからテーマをいただき、お話させていただきました。様々な意見をお聞きすることができ、非常に充実した時間になりました。これからも車座集会だけではなく様々な方法で、皆さまからの声を市政運営に活かしていきたいと考えています。

5月23日(月曜日) チャリティー演奏会の募金を受け取りました

受け取りのようす

 尼崎北小学校、塚口小学校、塚口中学校、尼崎北高等学校、稲園高等学校の生徒や保護者の皆さまから募金を受け取りました。市内の公立学校が共催で東日本大震災の被災地支援に役立ててもらおうと、5月7日にグンゼタウンセンターつかしんで開催した「東日本大震災復興応援チャリティーコンサート」で集まった募金です。
 今回のコンサートで募金してくださった方、震災復興にご協力くださっている皆さま、本当にありがとうございます。

5月20日(金曜日) 近畿市長会総会に出席しました

会議の様子

 大阪府泉佐野市の全日空ゲートタワーホテル大阪を会場に、近畿2府4県の市長が一堂に会し、第115回近畿市長会総会が開催され出席しました。
 市長就任後初めての開催でしたが、兵庫県市長会を代表して兵庫県提出議案「医療保険制度の改革等の推進について」の説明を壇上に上がり行いました。
 今後、他の府県提出分も合わせて計6議案が、全国市長会に提出されます。
 このような場を活かし、他市の市長との連携を深めながら市政運営を行っていきます。

5月18日(水曜日) 「市長と語ろう!~いなむら市長の見せて・聴かせてあまがさき」を開催しました

市長と語ろうの様子

 市内で活動する様々なグループの皆さまと私が直接意見交換をさせていただく機会として、今月から始めました。
 今回は、尼崎市社会福祉協議会園田支部の理事会に参加させていただきました。園田地域における高齢者見守り活動などの取組みを紹介していただくとともに、市と社会福祉協議会の連携についても意見交換をしました。
 「市長と語ろう!」は、活動グループの皆さまに登録申込をしていただき日程調整の上、開催しています。詳しくは、尼崎市協働推進局協働企画課(電話06-6489-6143)まで。

5月17日(火曜日) 大阪市水道局と技術協力に関する協定を締結しました

連携協定のようす

 大阪市水道局と、災害相互応援と技術研修について協定を結びました。危機管理や人材育成の取組みは、尼崎市単体での取組みだけではなく、広域的な連携も含めた幅広い視点に立った取組みが必要です。
 今回の協定によって、両市が持つノウハウが有効活用され、よりよい水道事業の実現につながることを期待しています。

5月17日(火曜日) 不法広告物の一斉取締り出陣式を行いました

出陣式の様子

 道路に無許可で出された貼り紙や立て看板などの不法広告物は、まち全体の美観やイメージを損ねるばかりでなく交通の妨げになる場合もあることから、このたび一斉取締りを行いました。
 不法広告物の取締りは、除去してもまた設置されてしまうという繰り返しが続く地道な活動ですが、今回の取組みは、市役所内部だけではなく、様々な関係機関や市民ボランティアの方々のご協力のもと実施しました。
 ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
 

5月16日(月曜日) 協同組合尼崎工業会総代会での講演

総代会での講演

 協同組合尼崎工業会は、他の産業団体、本市とともに昨年11月に「ECO未来都市・尼崎」宣言を行っています。
 総代会の開催に合わせ、産業施策について話す機会をいただきました。
 今後も、本市産業界の皆さまの意見をお聞きしながら、市内企業の発展に実効性のある施策を展開していきたいと思います。
 市内企業へもぜひ訪問させていただきたいと思っておりますので、ご協力をお願いします。

5月15日(日曜日) 春の10万人わがまちクリーン運動に参加しました

クリーン運動の様子

 「春の10万人わがまちクリーン運動」は、市政80周年にあたる平成8年から、市民、事業者、市の三者が一体となって取り組んでいるもので、今年も市内各地で行われました。
 当日はきれいに晴れ渡った青空の下、多くの方々が参加してくださいました。一見きれいなようでも探してみると多くのごみが出てきます。汗を流しながらまちの清掃活動をすることは非常に気持ちのよいものでした。
 この日だけで、およそ34トンものごみが集まりました。参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。今後もこの10万人わがまちクリーン運動などを通して、まちが美しくなればと思います。

5月13日(金曜日) 近松賞受賞作品「蛍の光」作者が市長室にお越しくださいました

角ひろみさんと

 2007年に本市の第4回近松賞を受賞した作品「蛍の光」の作者である角ひろみさんが、市長室にお越しくださいました。
 近松賞は全国でも珍しい戯曲賞で、「蛍の光」は6月3日金曜日から本市のピッコロシアターで兵庫県立ピッコロ劇団の皆さまにより上演されます。
 尼崎出身の作家が書いた尼崎の話を尼崎の舞台で尼崎の劇団が上演する、貴重な機会です。ぜひ、ピッコロシアターに足を運んでいただき、ご覧ください。お問い合わせは、尼崎市総合文化センタープレイガイド(電話06-6487-0810)またはピッコロシアター(電話06-6426-1940)まで。

5月13日(金曜日) 関西学院大学で講義をしました

講義の様子

 関西学院大学では、2008年度に地域活動や地方自治を担える人材の育成を目指した法学部・経済学部の連携コース「地域政策コース」を設置し、その入門科目「地域政策入門」において、ゲストスピーカーとして近隣各市の市長に講義を依頼されています。学生が地域政策を取り巻く法的・行政的な制度や仕組みの理解を目指すための取り組みであることから、私が行政に関わることになった学生時代からの活動や尼崎市政などについて講義をさせていただきました。
 4月に入学した1年生を中心に400名もの学生が受講してくれました。同コースで学ぶ学生の皆さんが、今後も研鑽を深め、将来のまちづくりに貢献できる人材に成長されることを期待しています。

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る