エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成23年4月の活動日記


ここから本文です。

平成23年4月の活動日記

4月29日(金曜日) 2011春の花と緑のフェスティバルを開催しました

フェスティバルの様子

 爽やかな晴天に恵まれ、今年も上坂部西公園を会場に、財団法人尼崎緑化協会と共催で開催しました。
 良い天気に誘われてか、会場内には春を満喫する親子連れの方も多くみられ、花と緑とにぎやかな笑い声が溢れていました。
 参加された市民の皆さまも、素敵な春の1日を満喫されたでしょうか。
 今年度も、花と緑があふれるまちづくりへのご協力を、よろしくお願いします。

4月26日(火曜日) 兵庫県市長会総会に出席しました

県市長会の様子

 兵庫県内29市の市長が集う兵庫県市長会総会に出席しました。
 就任後はじめての市長会でしたが、国や県への要望事項を提案するため、私も要望事項の説明をしっかり行いました。
 他の市と共通の課題や尼崎市独自の課題など、現在の尼崎市は市政運営を行う上で、多くの課題が山積している状況です。国や県の制度についても必要な改善要求を行いながら、引き続き市政運営に邁進していきます。

4月13日(水曜日) 「尼崎婦人経営研究会」で講演をしました

講演の様子

 「尼崎婦人経営研究会」は、女性経営者の方々で構成され、毎月、尼崎商工会議所で勉強会や情報交換会を開催されています。
 今日の講演テーマは「これからの尼崎市」。平成23年度の主要な施策や尼崎のまちづくりへの思いなどを語らせていただきました。
 尼崎の産業界で活躍されている女性リーダーの皆さんと有意義な意見交換も行い、市政運営への大きなエネルギーをいただきました。

4月12日(火曜日) 女子プロ野球チーム「兵庫スイングスマイリーズ」の皆さんがいらっしゃいました

表敬訪問の様子

 尼崎市のベイコム野球場は世界で唯一の女子プロ野球リーグに所属する「兵庫スイングスマイリーズ」のホームグラウンドの一つになっています。
 尼崎市での公式戦を前にチームの皆さんが、市長室にいらっしゃいました。全国から集まった17名の若い選手の皆さんが、今年も尼崎市の野球場を舞台に大活躍されることを期待しています。
 皆さん是非応援してください。

4月11日(月曜日) 尼崎市立尼崎双星高等学校が開校しました

開校式の様子

 尼崎市東高等学校と尼崎産業高等学校の合併により、尼崎双星高等学校が誕生し、開校の日を迎えました。
 開校式に引き続き、360名の第1期生の入学式が行われました。
 地域の方々に見守られながら、新しい学舎で高校生活をスタートした1期生の皆さんが、尼崎双星高校の新たな歴史をしっかりきざみ、社会に貢献できる人材に成長することを期待しています。

4月11日(月曜日) 気仙沼市から帰尼した先遣隊から報告を受けました

報告の様子

 宮城県気仙沼市において、5日から10日まで、必要な支援等の検討のため調査を行っていた職員5名が帰尼し、報告を受けました。
 気仙沼市ではガソリンも供給され、少しずつ食糧等の調達も可能となっているようですが、流された多くの車両の処理手続き等、市役所の業務に支援が必要な状況で職員派遣等が求められている状況です。
 尼崎市は、今後も宮城県気仙沼市を中心に継続した支援を行い、被災地の復興を支援していきます。

4月8日(金曜日) エフエムあまがさきの番組収録をしました

収録の様子

 今月から第3水曜日に「エフエムあまがさき」で、ラジオ番組「いなむら市長の『い~なこの街 あまがさき』」が放送されます。第1回目の収録となった今回は、東日本大震災や車座集会などをテーマにお話をさせていただきました。
 放送は4月20日(水曜日)の10時、12時45分、16時、再放送は4月24日(日曜日)の17時の予定です。皆さん、どうぞお楽しみに!

4月5日(火曜日) 宮城県気仙沼市を訪問しました

気仙沼市の様子

 尼崎市では、地震の発生直後から、緊急消防援助隊としての消防局職員や応急給水のための水道局職員、また被災者の健康支援のための保健師や避難所支援のための職員、瓦礫処理計画の策定支援のための職員など、多くの職員を被災地に派遣しています。
 保健師及び避難所支援のための職員を派遣している宮城県気仙沼市に、今後、継続した支援を行う予定にしており、現地の状況および必要な支援内容の確認のため、調査をする先遣隊の職員と共に訪問しました。

気仙沼市の様子2

 津波による被害のあった地域は、連日報道されているとおり、一面がれきの山積した状態となっており、今なお多くの行方不明者の捜索が自衛隊などにより行われています。

面談の様子

 気仙沼市の菅原市長に職員派遣を中心とした尼崎市からの継続した支援についてお伝えし、尼崎市、気仙沼市の職員とともに、尼崎市ができる支援について協議しました。

面談の様子

 菅原市長自身も被災されている中で、様々な課題への対応に奔走されておられ、尼崎市として被災地のニーズに合った積極的かつ、継続的な支援の必要性を痛感したところであり、改めて、今後の継続した支援をお約束しました。なお、具体的な支援内容等については、先遣隊として職員5名が10日まで現地で調査を行い、検討していきます。

4月3日(日曜日) 第61回尼崎市民スポーツ祭 野球大会開会式が行われました

始球式の様子

 小学生のチームから成人のチームまで、約250チームが参加する恒例の野球大会が今年も始まりました。
 今月から9月まで長期間の大会です。参加者の皆さん、怪我には十分注意され、日頃の練習の成果を存分に発揮してください。精一杯のプレーを期待しています。
 また運営にあたる役員の皆さまには、心から感謝申し上げます。
 今回初めて始球式をさせていただきました。結果は・・・。

4月1日(金曜日) 尼崎市・伊丹市消防指令センター運用開始式を行いました

消防指令センター運用開始式

 尼崎市と伊丹市においては、広域的な消防活動体制の導入を進めてきており、このたび尼崎市防災センター内に「尼崎市・伊丹市消防指令センター」を設置し、両市が共同で運用管理をすることになりました。
 両市がこれまで以上に連携して消防活動を行えるようになり、大規模災害にもより迅速に対応することができます。
 消防力の充実により、安全で安心して暮らせるまちづくりに、引き続き取り組んでいきます。

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る