エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > こちら市長室です > 市長の活動日記 > 平成23年2月の活動日記


ここから本文です。

平成23年2月の活動日記

2月22日(火曜日) 尼子騒兵衛さんがいらっしゃいました

尼子騒兵衛さん表敬訪問の様子

 老若男女から愛されている人気アニメ「忍たま乱太郎」の作者で尼崎市在住の漫画家、尼子騒兵衛さんがいらっしゃいました。
 「忍たま乱太郎」に登場するキャラクターの名前には、尼崎市内の地名が数多く付けられています。近年では市内外のファンの方々が「聖地」として、ゆかりの地を巡りにこられています。
 来月12日には劇場版アニメ「忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段」が公開され、8月には実写版映画も公開が予定されています。アニメを通して、尼崎のファンがたくさん増えてくれればと思っています。

2月21日(月曜日) 尼崎商工会議所青年部主催の「行政職員との懇談例会」に出席しました

懇談会の様子

 尼崎商工会議所青年部の皆さまは、尼崎のまちを元気にしようと様々な取り組みをされています。これまで、テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」や「大相撲尼崎場所」の誘致に尽力され、今年はロボットづくりで子供たちにものづくりの楽しさを伝える企画に取り組まれています。
 本市職員との交流も活発になってきており、今後もより良い連携ができればと思います。
 尼崎商工会議所青年部の皆さま、今後もどうぞよろしくお願いします。

2月21日(月曜日) 成良中学校が環境大臣表彰を受賞しました

成良中学校の皆さん

 成良中学校の屋上緑化やソーラーカー体験学習、尼崎運河学習など、地球温暖化防止への様々な取り組みが評価され、「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞しました。
 同校を代表して、ネイチャークラブの生徒3名が市長室に受賞報告に来てくれました。
 成良中学校では平成16年度から継続的な環境教育を行っており、「様々な活動は、やってみたらとても楽しかった」と話す1年生の生徒の言葉がとても印象的でした。
 これからも、生徒の皆さんの自主的・主体的な活動に期待しています。

2月17日(木曜日) 城内高校の皆さんから寄付をいただきました

城内高校の皆さん

 城内高校の新旧生徒会の皆さんが市長室にお越しになり、昨年の文化祭での売上金を福祉の向上のため寄付してくださいました。
 「人のために役立てたい」との思いもお聞きしました。城内高校の皆さんの思いに応えられるよう、本市の市民福祉振興基金に積み立て、福祉施策に活用させていただきます。
 市から感謝状をお渡ししました。

2月16日(水曜日) 全庁的改革改善運動3rdステージ大発表会を開催しました

発表会の様子

 尼崎市では平成15年から、「すべての職員が、職場の課題を見つけ、自ら積極的に課題の解決に取組み、業務の改革改善につなげていくことで、力を高め、職員の意識改革のきっかけとするとともに、チャレンジし続ける職場風土を醸成する」ことを目的に、全庁的改革改善運動を実施してきました。
 スタートから8年目となる今年も、各部署の様々な取組み事例が発表され、本市以外から大阪府東大阪市上下水道局や東海旅客鉄道株式会社関西支社の方々にもご参加いただきました。会場には他都市の職員や学生、ご家族でお越しの方々、立ち見の方々もおられるなど、非常な盛況で喜ばしい限りでした。
 今後は、現在の形をさらに進化させながら、効率的な行政運営と不断の改革改善に取り組みたいと思っています。

2月15日(火曜日) 福祉の向上のための寄付をいただきました

高友福祉積善会

 高友福祉積善会(こうゆうふくしせきぜんかい)(写真上)および大阪ガス株式会社小さな灯運動兵庫支部(写真下)の皆さまから、それぞれご寄付をいただきました。
 両団体さまとも長年にわたり本市への寄付を続けていただいており、今回も本市の市民福祉振興基金に積み立て、福祉施策に活用させていただきます。
 市から感謝状をお渡ししました。

大阪ガス株式会社小さな灯運動兵庫支部

2月14日(月曜日) 尼崎市消防団への消防車両引渡式を行いました

消防車両引渡式の様子

 地域防災の要となる消防団活動に活用していただくため、市内4分団の消防ポンプ自動車4台を更新することになり、引渡式を行いました。
 火災が発生せず、消防車両を活用する必要がないことが望ましいことですが、いざという時の市民の皆さまの安全の確保のため、消防団の皆さまには地域に密着した消防・防災活動を展開していただいています。
 非常に厳しい本市の財政状況の中での車両の更新です。引き続き、地域での積極的な消防防災活動をよろしくお願いします。

2月13日(日曜日) 第57回尼崎市民マラソン大会に出席しました

市民マラソン大会の様子

 今朝は、尼崎市の冬の恒例行事として市民の皆さんに親しまれている尼崎市民マラソン大会に出席しました。
 今年で57回目を迎える非常に伝統ある大会となっており、関係団体の皆さんや参加頂いているランナーの皆さんお一人おひとりに改めて感謝をいたします。
 今年も県内外から、3歳から77歳までの、3500人を超える皆さんに参加を頂き、自然豊かな武庫川沿いのコースをそれぞれのペースで楽しんでいただきました。
 参加者の皆さんの笑顔がとても印象的で、この大会を通して、ご自身の健康づくりはもとより、家族や仲間とのふれあい、自然とのふれあいを楽しんでいただいていると嬉しく思いました。
 来年からは、新たにハーフマラソンの導入も検討されています。これからもみんなの力で大会を盛り上げていきましょう。

2月11日(金曜日) 第19回ふるさと雪まつりに参加しました

雪まつりの様子

 園田地域にある施設や団体の皆さまが主催された雪まつりに行ってきました。
 ふるさと雪まつり実行委員会の皆さまは、尼崎市とも縁の深い兵庫県香美町と友好を深められ、毎年、香美町小代区から雪を届けてもらい雪まつりを開催されています。
 尼崎でも雪が降り続く中での開催となり、香美町からも西内副町長がお越しくださり、会場となった口田中の丸橋公園は多くの家族連れでとても賑わっていました。
 実行委員会をはじめ関係者の皆さま、今年もありがとうございました。

2月9日(水曜日) 中核市市長と総務省との意見交換会に出席しました

中核市市長会

 尼崎市は平成21年4月に特例市から中核市に移行しています。
 地方分権に係る中核市共通の課題に対応するため、総務大臣や総務省と幅広い意見交換を行い、課題解決に向けた議論を通して、さらなる地域主権改革の進展を図ることを目的として、今回の意見交換会が開かれました。
 全国の中核市40市のうち18市の市長が出席し、総務省の鈴木副大臣らとの活発な意見交換会を行いました。
 各市の市長とも連携し、今後も国に対し必要な提案を行っていきます。

2月3日(木曜日) 大覚寺節分会で豆まきをしてきました

豆まきの様子

 尼崎の冬の風物詩にもなっている大覚寺の節分会に行ってきました。
 午後2時からは、ドイツ副総領事シュテファン・ビーダーマンさん御一家や、阪神南県民局長さんらとともに、大覚寺の草創を物語る絵巻物を題材にした、往古の尼崎の海辺の松風と潮騒の描かれた奉納舞台から「豆まき」をさせていただきました。
 当日は、「節分厄払」などの狂言も上演され、大覚寺周辺は一日中にぎわっており、まさに尼崎の冬の風物詩といった趣でした。

2月1日(火曜日) 市内公的機関連絡会議「尼火会」が開催されました

尼火会の様子

 市内公的機関連絡会議「尼火会」が開催されました。
 市内には、多くの国や県の機関、公共交通や金融関係の機関があります。それらの団体の長が一堂に集まって市民生活に関連する課題を共有し、話し合うための会議として「尼火会(原則火曜日に開催するところから命名)」があります。
 就任後初めての会議であったことから、私から「私がめざす尼崎のまちづくり」というテーマでスピーチをさせていただいたほか、関西労災病院長から「関西労災病院の現状について」というテーマで地域医療への取り組みをお話いただき、これからの尼崎のまちづくりについて話がはずみました。
 参加していただいているいずれの団体も、市民の皆さんの生活や安全・安心に深くかかわっている団体ばかりです。これからもお互いに忌たんのない意見を出し合って、市民生活の向上につなげていければと思っています。

情報の発信元

秘書室 秘書課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

電話番号
06-6489-6008
ファックス
06-6489-6009

このページの先頭へ

トップページへ戻る