エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 都市環境の整備 > 公園 > 武庫川河川敷緑地でのバーベキューの制限について


ここから本文です。

武庫川河川敷緑地でのバーベキューの制限について

武庫川河川敷緑地でのバーべキュー(食材を焼く行為)は、可能区域(南部臨海部)を除き、禁止となりました。

今年の可能区域のご利用期間について

今年の可能区域のご利用は、平成28年11月27日(日曜日)までです。
冬期は利用者が少ないことから、可能区域を閉場いたします。

平成29年春以降の実施については、現在、河川管理者である兵庫県をはじめ関係機関と協議中です(現時点では未定です)。
詳細が決まり次第、このホームページでお知らせします。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

ご注意ください

9月の台風16号及び10月の台風18号の影響により、可能区域の一部に漂流ゴミが堆積したり、園路が痛んでいる場所がありますので、ご利用にあたっては十分にご注意ください。

可能区域の利用は土曜、日曜、祝日の10時から17時まで(雨天閉場)です。それ以外の期間はバーベキューはできませんのでご注意ください。
なお、可能区域の状況に関わらず、可能区域以外でのバーベキューは終日禁止です。

天候等の状況により臨時閉園することがありますので、ご利用にあたっては、事前に魚つり公園(6417-3000)にご確認ください。

ご利用予定の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

社会実験の実施

武庫川河川敷緑地内でのバーベキューについては、煙や臭い、ゴミの投棄や騒音などにより、公園利用者や周辺住民の皆様に多大なご迷惑をお掛けする状況となっています。
このため、可能区域以外でのバーベキュー(食材を焼く行為)を禁止する社会実験を行っています。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

区域説明図

<区域図について>
・国道171号以北については、本市が管理する都市公園の区域外ですが、管理者である兵庫県の要請を受け、市の禁止区域とあわせて指導・啓発を行っています
・西宮市域及び伊丹市域は全域禁止です。

 

<近隣のバーベキュー場>

バーベキュー可能区域のご案内

可能区域写真

場所
臨港線(南武橋)の南約500メートルから海側の武庫川河川敷
利用可能日
4月から11月までの土曜、日曜、祝日(平成28年)
ただし、雨天、荒天等の天候不良時には予告なく閉場します。また、河川管理・公園管理上、臨時に閉場することがあります。
ご利用にあたっては、下記問い合わせ先にてご確認ください。
可能区域の状況に関わらず、可能区域以外でのバーベキューは終日禁止です。
利用時間
10時から17時
(17時には閉場します)
臨時駐車場
あり。1台500円。大型車は駐車できません。
清掃協力金
ごみ処理代及び場内の清掃協力金として、ご利用1人につき500円(中学生未満無料)いただきます。
中学生以上 1人500円
ごみの分別回収
ごみ袋をお渡ししますので、一般・資源ごみに分別した上で、決められた場所に置いてください。(ごみのお持ち帰りはできません。)
ご注意ください
危険ですので河川には近づかないようにしてください。
日よけとなる樹木等はありません。日よけ等は各自でご用意ください。
河川敷のため、水道、手洗い等の施設はありません。
仮設のトイレがあります。
河川・公園管理上、また社会実験の性質上、上記内容については臨時に変更する場合があります。
ご利用にあたっては、このホームページまたは下記問い合わせ先にてご確認ください。
お問い合わせ先
天候等により、臨時に閉場することがあります。
ご利用にあたってのお問い合わせはこちら。
06-6417-3000(魚つり公園)
実施協力事業者
ハウスビルシステム・尼漁開発グループ
代表者 株式会社ハウスビルシステム

平日のバーベキューには、魚つり公園(バーベキュー広場)をご利用ください。

可能区域へのルート案内(阪神武庫川駅から徒歩の場合)

阪神武庫川駅から河川敷を南側に徒歩約20分(1,400メートル)です。
臨港線(南武橋)を超えて、さらに南側に500メートル海側に進むと移動式のトイレがあります。このトイレから海側が可能区域となります。
南武橋付近は禁止区域です。このあたりでのバーベキューは絶対にしないでください。

また、東鳴尾駅からは、徒歩約13分(900メートル)です。駅を降りて、南武橋を尼崎市側に渡り、南武橋東詰の北側にある階段から河川敷に下り、さらに南側に約500メートル歩いてください。移動式のトイレがありますので、このトイレから海側が可能区域となります。
南武橋付近は禁止区域です。このあたりでのバーベキューは絶対にしないでください。

可能区域へのルート案内(車)

臨港線写真

1 臨港線(県道甲子園尼崎線)を西(西宮市方面)に進みます(堤防に上がる坂道を上がります)。

交差点写真

2 南武橋の手前の信号交差点(南武橋東詰交差点)を左折(南へ)

入口写真

3 堤防道路を南に400メートルほど進むと川の中に下りるスロープが右手に見えるので、歩行者や出庫車に注意しながら、そのまま中に入ってください。見落としに注意してください。目印は、2つ目の横断歩道のところです。

受付写真

受付で、スタッフに駐車料金と清掃協力金をお支払ください。

よくあるご質問

社会実験の図

よくあるご質問にお答えします。

Q:平成27年7月1日以降、何ができなくなるの?
A:バーベキューなどの食材を焼く行為は、バーベキュー可能区域を除き、原則禁止となりました。
 なお、公園内での火気を使用しない飲食などについては、これまでどおりマナーを守って行っていただければ問題ありません。(ゴミの持ち帰りにご協力ください。)
 また、町内会や地域の実行委員会などのイベントの一環として、食材を焼く行為が認められることもありますので、公園使用許可の申請などについては、公園維持課までお問い合わせください。

Q:バーベキューは市の条例で禁止されているの?
A:尼崎市都市公園条例では、公園施設などを汚損し、毀損し、若しくは滅失させ、また公園の管理又は利用に支障を及ぼすおそれがある行為を禁止しています。
 バーベキューなどの食材を焼く行為については、上記の行為に該当するものとして、市内の都市公園・子ども広場では原則禁止していますが、武庫川河川敷緑地については、公園の規模が大きく、周辺民家からも離れていることから、これまで一定のマナー(直火禁止、ゴミの持ち帰り等)を守っていただくことでその行為を容認してきました。しかし、近年では、利用者の増加に伴う臭いや煙、騒音、不法駐車、利用後のゴミの不法投棄等によって、周辺住民の皆様や他の公園利用者に多大なご迷惑をお掛けする状況となっていることから、武庫川河川敷緑地についても、条例の趣旨に沿って、その行為を制限又は禁止する必要があると考えています。

Q:バーベキューの社会実験ってなに?
A:社会実験とは、新たな制度や施策等を導入する際、場所や期間等を限定して試行することで、その有効性を検証したり問題を把握し、時にはその施策の本格導入を見送るかを判断する材料とするものです。
 武庫川河川敷緑地については、近年、バーベキュー利用者の増加に伴う、臭いや煙、騒音、不法駐車、利用後のゴミの不法投棄等によって、周辺住民の皆様や他の公園利用者に多大なご迷惑をお掛けする状況となっていることから、その行為を制限又は禁止する必要があると考えていますが、一方で、バーベキューは、近年のレジャー志向の高まりや安価なアウトドア用品の普及により、手軽に行えるレジャーとして市民に定着していることから、これらの市民ニーズにも対応することが求められています。
 そこで、武庫川河川敷緑地の適正利用に向けたバーベキュー利用のあり方を検証することを目的に、武庫川河川敷緑地の一部にバーベキューをすることができる場所(可能区域)を設け、それ以外の場所ではバーベキューを全て禁止する社会実験を実施するものです。
 この社会実験では、実施事業者の協力を得ながら、バーベキュー禁止の影響や、バーベキュー可能区域の運営に関する問題点の把握、実施状況の検証等を行い、条例改正等を含めた本格実施、あるいは全面禁止の判断をしていきたいと考えています。

Q:バーベキュー可能区域はどうやって決めたの?
A:近隣に民家が少なく、周辺住民の方にご迷惑をお掛けする可能性が少ないところを可能区域として設定しました。
 また、本市臨海部は、尼崎21世紀の森構想のもと、活力ある都市の再生に取り組んでおり、運河や河川、魚つり公園などとともに、地域の更なる魅力の向上と活性化を図ることも考え、当該区域を可能区域として設定しました。

Q:尼崎市だけが禁止なの?
A:兵庫県南東部を流れる河川である武庫川の下流地域では、河川敷の多くの部分が公園として整備されていますが、本市以外の各市(宝塚市、伊丹市、西宮市)では、それぞれの公園管理者が、河川敷でのバーベキューを禁止しています。詳しくは、それぞれの管理者にお問い合わせください。

Q:社会実験っていつまで続けるの?
A:バーベキュー禁止の影響や、バーベキュー可能区域の運営に関する問題点の把握など、実施状況の検証を行うためには、概ね2年程度の期間が必要であると考えています。
 しかし、社会実験の継続実施にあたっては、河川管理者である兵庫県をはじめ関係機関との協議や公園利用者、近隣住民の理解等が必要なことから、これまでの実施結果を含め、これらを総合的に勘案しながら社会実験の実施について検討していきます。 

Q:清掃協力金の金額が変わったのはなぜ?
A:本市では、武庫川河川敷緑地の適正利用に向けたバーベキュー利用のあり方を検証するため、平成27年7月から社会実験として有料のバーベキュー可能区域を設定し、利用者からいただいた清掃協力金を区域の管理運営及び発生したゴミの回収・処分費用に充てる取り組みを試行していますが、平成27年度の収支状況や他都市(淀川)での事例等も参考に、平成27年度に試行したゴミ袋(1団体1,500円~)を購入していただくことに代わり、平成28年度は1人(中学生以上)500円の清掃協力金をお支払いいただく方式としました。
 料金を変更したことの効果については、平成28年11月までの実施結果を基に、今後、検証を行う予定です。また、平成29年度の料金についても、平成28年度の見直し結果を踏まえて、検討していく予定であり、現時点では未定です。

武庫川河川敷のバーベキュー利用に関するアンケート

 武庫川河川敷緑地付近の住民に、河川敷緑地でのバーベキュー利用に関するアンケート調査を実施しました。

 ・調査期間 平成26年2月から3月
 ・対象数 2,100世帯
 ・有効回答数 700件(回答率33.3%)


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

都市整備局 土木部 公園計画・21世紀の森担当

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館6階

電話番号
06-6489-6530
ファックス
06-6481-6020

このページの先頭へ

トップページへ戻る