エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 都市環境の整備 > 建物を建築するとき > 建築基準法について > 法第43条第1項ただし書許可について


ここから本文です。

法第43条第1項ただし書許可について

建築基準法第43条第1項では、「建築物の敷地は建築基準法上の道路に2メートル以上接しなければならない。」としています。この規定を満たさない敷地では、原則、建築できませんが、特定行政庁(尼崎市)が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものは建築が行えるようになります。

建築基準法第43条第1項

建築物の敷地は、道路(中略)に2メートル以上接しなければならない。ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでない。 (以下略)

国土交通省令(建築基準法施行規則第10条の2の2)

建築基準法第43条第1項ただし書の国土交通省令で定める基準は、次の各号のいずれかに掲げるものとする。

  1. その敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地を有すること。
  2. その敷地が農道その他これに類する公共の用に供する道(幅員4メートル以上のものに限る。)に2メートル以上接すること。
  3. その敷地が、その建築物の用途、規模、位置及び構造に応じ、避難及び通行の安全等の目的を 達するために十分な幅員を有する通路であって、道路に準ずるものに有効に接すること。

包括同意基準について

建築基準法第43条第1項ただし書の許可は、あらかじめ建築審査会の同意を包括的に与える許可基準(包括同意基準)を定めており、原則、この包括同意基準に適合しているものについて行います。
包括同意基準は国土交通省令に基づき敷地等の状況により定めています。

許可申請にあたって

建築基準法第43条第1項のただし書許可に際しては、許可条件(構造や階数など)がつく場合がありますので、事前に確認してください。
許可申請にあたって、敷地周囲の状況等について事前に協議が必要です。
許可申請手続きは、確認申請書提出の前に必要となります。
許可申請には、申請手数料(33,000円)が必要です。
許可にあたっては、建築審査会の同意が必要です。

添付図書

許可申請書(正本および副本)に次の書類を紙ファイル(A4)を使って添付してください。

申請内容によっては、不要の書類などがありますので、申請前に確認してください。

委任状
-
許可申請理由書
-
附近見取図
方位、目標地物、建築敷地の位置、周辺の法第42条による道路種別を記入し、協定通路の範囲をマーカー等で示すこと
字限図
建築敷地の位置及び協定通路の位置をマーカー等で示すこと
土地登記簿写し
通路協定者本人が申請の場合は不要
協定者以外の者が申請する場合は、通路及び建築敷地の登記簿(写し)を添付のこと
また、申請者が所有権移転を前提に申請する場合は、売買契約書(写し)を添付のこと
通路協定書の写し
-
通路の現況図
建築基準法第42条に規定する道路から、協定された通路部分の現況を平面図、断面図であらわし、協定線を赤線で示すこと
建築基準法第42条による道路と通じていることがわかる図面とすること
また、現況写真を撮影した箇所を、矢印と番号で示すこと
現況写真
通路全体及び敷地(赤線で明記)がわかる写真、協定通路に入れた中心ビスの写真
配置図
敷地と通路との境界を明示するための縁石、側溝の位置が明示されていること
各階平面図
-
立面図
2面以上とし、開口部の位置、道路斜線、隣地斜線及び高度地区の斜線、外壁・軒裏の構造を記入のこと
断面図
2面以上とし、床の高さ、各階の天井高さ、軒及びひさしの出並びに軒の高さ及び建築物の高さを記入のこと
各面積図
敷地求積図、建築面積図、各階床面積図、各計算表を添付のこと
仕上げ表
準耐火建築物を要求されている場合、仕上げ表(準耐火リスト)を添付のこと

情報の発信元

都市整備局 都市計画部 建築指導課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館5階

電話番号
06-6489-6650

このページの先頭へ

トップページへ戻る