エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 都市環境の整備 > 道路・街路灯 > 橋梁や通学路などの整備(市道の維持管理) > JR神戸線踏切社会実験について【実験終了しました】


ここから本文です。

JR神戸線踏切社会実験について【実験終了しました】

JR神戸線踏切社会実験を平成28年12月1日0時をもって終了しました

 JR神戸線七ツ松踏切、三反田踏切におきまして、車両通行止めの社会実験を平成28年11月5日(土曜日)から実施しておりましたが、予定通り平成28年12月1日0時をもって社会実験を終了し、車両通行止め規制を解除しました。
 なお、車両通行止め規制は解除いたしましたが、踏切の安全を確保するため、自動車を利用する方は、引き続き立花陸橋(道意線)または芦原大橋(五合橋線)への迂回のご協力をお願いいたします。
 これから、実験期間中に行いました交通量調査、アンケート調査結果をもとに、通行規制の本格実施などの具体的な安全対策を検討してまいります。
 踏切をご利用の皆様ならびに周辺住民の皆様には、多大にご協力をいただきありがとうございました。

JR神戸線七ツ松踏切・三反田踏切の車両通行止め社会実験を行います

社会実験の目的

 JR神戸線の尼崎駅と立花駅の間には、3つの踏切(七ツ松踏切、東七ツ松踏切、三反田踏切)があります。そのうち、七ツ松踏切と三反田踏切では、特に通勤・通学の時間帯には歩行者、自転車と自動車が入り乱れており、渡るのが危険な状態にあります。
 そのため、今回、安全対策として、自動車の通行を実験的に禁止することによる周辺の交通環境などへの影響を検証し、今後の安全対策方法を決めていきたいと考えております。

社会実験の内容

○規制期間     平成28年11月5日(土曜日)午前0時~
                    平成28年12月1日(木曜日)午前0時
○規制対象踏切  七ツ松踏切、三反田踏切
○交通規制内容  車両通行止め(二輪車を除く)
             通行できない車両:四輪自動車
             通行できる車両等:バイク(原付を含む)、自転車、歩行者、車いす

※現状の一方通行規制はかかったままですのでご注意ください。
※バイクや自転車は、安全のため押して通行するようご協力をお願いします。

なお、東七ツ松踏切への集中が予想されますので、できるだけ立花陸橋(道意線)または芦原大橋(五合橋線)へ迂回していただくようご協力お願いいたします。

問い合わせ先

今回実施する社会実験は、JR西日本が主体となって、尼崎市と兵庫県警が協力して行うものです。
社会実験に関するお問い合わせは以下の連絡先にお願いします。

  問合せ先:JR西日本 近畿統括本部 施設課
  電話番号:06-7668-0051
         (注)平日 午前9時から午後6時

実験期間中は何かとご不便をおかけしますが、ご協力よろしくお願いいたします。
 


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

都市整備局 土木部 道路維持担当

〒661-0022 兵庫県尼崎市尾浜町2丁目1番30号

電話番号
06-6422-5034
ファックス
06-6422-5048

このページの先頭へ

トップページへ戻る