エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 戸籍・住民票 > 戸籍 > 姻族関係終了届


ここから本文です。

姻族関係終了届

夫婦の一方が死亡しても、遺された配偶者と死亡者の親族との姻族関係は終了しません。遺された配偶者が死別後姻族関係終了届を提出することにより、その姻族関係を終了させることができます。

効力の生じる日

届けた日から効力が生じます。

届出人

配偶者と死別した人

届出先

届出人の本籍地または所在地のいずれかの市区町村役場

参考
  • 届出をする、しないは遺された配偶者の自由意志によります。
    死亡者の親族が手続きをすることはできません。
  • 配偶者と死別した人が婚姻前の氏(姓)に戻ることを希望するときは、復氏届を提出してください。

持参するもの

  • 届出人の印鑑(朱肉使用のもの)
  • 姻族関係終了届(窓口に用紙有)
  • 配偶者の死亡の事実のわかる戸(除)籍謄本各1部(本籍が市内の人は戸籍謄本は不要)

関連情報

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 市民課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館1階

電話番号
06-6489-6408

このページの先頭へ

トップページへ戻る