エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 戸籍・住民票 > 住民登録 > 転入届


ここから本文です。

転入届

市外から市内に引越したときの届出です。

届出期限

  • 引越をした日から14日以内
  • 引越をした日から14日目が市役所の休日にあたるときは、その休日の翌日まで

(注) 期限内に届出が提出されなかった場合、届出期間経過の違反として、簡易裁判所に通知することとなりますので、ご注意ください。なお、過料の対象となる場合があります。

(注) 手続きに時間がかかる場合がありますので、時間に余裕をもってお越しください。

届出人

引越する本人または同一世帯の人

持参するもの

  • 前住所の市区町村で発行をうけた転出証明書
  • 届出人の本人確認ができるもの(運転免許証、写真付住民基本台帳カード及び官公署発行の顔写真付の証明書など)
  • 印鑑
  • 国外から転入された場合は、転入する人全員のパスポート・戸籍の謄(抄)本・戸籍の附票
  • 外国人住民の方は異動者全員の特別永住者証明書・在留カード(外国人登録証明書)が必須。国外から新規に来られた方は旅券も持参してください。

同一世帯の人以外の代理人が届出する場合は、委任状と引越しする本人の確認ができるもの(運転免許証や健康保険被保険者証など)及び代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、写真付住民基本台帳カード及び官公署発行の顔写真付の証明書など)が必要です。

住基カード・マイナンバーカードを持っている人が転入される場合(転入届の特例の場合)

  • 前住所地の市区町村役場での転出届が必要です。(転出証明書に載せている情報は、電子情報として市区町村間で送信されます)
  • 土曜日の住基カード・マイナンバーカードでの転入(転入届の特例)の受付はできません。
  • 窓口で転入する人の住基カード・マイナンバーカードを提示して暗証番号を入力し、転入届を行います。

届出期限は転入した日から14日目か、転出届に書かれた転出予定日から30日目かのどちらか先に到達する日までです。前住所地で使用していた住基カード・マイナンバーカードの継続利用手続きができます。(住基カード・マイナンバーカード」を持っている人が転出証明書で転入をすると転入届出同日には継続利用手続きはできません。)
転入届出同日に継続利用手続きが、できなかった場合は、転入届出日より90日以内に手続きしないと住基カード・マイナンバーカードは廃止になります。
 

(注)暗証番号が正しく入力できなかった場合(暗証番号は3回連続で誤った番号を入力すると住基カード・マイナンバーカードはロックされ、使えなくなります。)は住基カード・マイナンバーカードの継続利用手続きはできませんのでご注意ください。

関連情報

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 市民課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館1階

電話番号
06-6489-6408

このページの先頭へ

トップページへ戻る