エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 戸籍・住民票 > 外国人住民の方 > 新たな在留管理制度及び特別永住者制度について


ここから本文です。

新たな在留管理制度及び特別永住者制度について

外国籍の方の住民登録制度が変わります

法改正に伴い、平成24年7月9日より新たな在留管理制度が始まりました。外国籍の方も日本国籍の方と同様の住民票が作成されるようになり、住所などを証明する証明書が「外国人登録原票記載事項証明書」から「住民票」に変わります。 「住民票」には、現在の住所、氏名、通称(通称のある方)、生年月日など最新の情報のみが記載されています。
 

特別永住者の方

1.「外国人登録証明書」に代わり、「特別永住者証明書」が交付されます。現在お持ちの「外国人登録証明書」は「(みなし)特別永住者証明書」となり、現行の次回確認基準日または、16歳の誕生日前に市役所市民課窓口で更新の手続きをお願いします。
住民票が作成され、日本人と外国人とで構成される世帯の全員が記載された証明書(住民票の写し等)が発行できるようになりました。
 <転出・転入の手続きの仕方が変わりました(ご注意を!) >
尼崎市から他の市町村へ引っ越すときは、尼崎市で「転出届」をする必要があります。
また、「転入届」をするときは、「転出証明書」(転出届をすると交付される書類)と異動者全員の「特別永住者証明書」が必要になります。
2.お持ちの「外国人登録証明書」をすぐに「特別永住者証明書」に換える必要はありません。新たな制度導入後も、一定期間は、その「外国人登録証明書」を「特別永住者証明書」とみなすこととなります。
「外国人登録証明書」の有効期限について
16歳以上の方は
外国人登録証明書の次回確認(切替)申請期間の初日(誕生日)まで
(次回確認(切替)申請期間が改正法の施行期日から3年以内に到来する方は、施行期日後3年)
16歳未満の方は
16歳の誕生日
「特別永住者証明書」への切替え申請場所は、市区町村役場です。
必要なものは写真(縦40ミリメール×横30ミリメートル)1枚(16歳未満の人は不要)
旅券(お持ちの方のみ)
現在お持ちの「外国人登録証明書」などです。
 

中期滞在者の方(在留資格が「短期滞在、外交、公用、特別永住者」以外の方で、在留期間が3ヶ月を超える方等)

1.「外国人登録証明書」に代わり「在留カード」が交付されます。
住民票が作成され日本人と外国人とで構成される世帯の全員が記載された証明書(住民票の写し等)が発行できるようになりました。
<転出・転入の手続きの仕方が変わりました。(ご注意を!)>
尼崎市から他の市町村へ引っ越すときは、尼崎市で「転出届」をする必要があります。
また、「転入届」をするときは、「転出証明書」(転出届をすると交付される書類)と異動者全員の「在留カード」が必要になります。
在留資格、旅券、氏名、国籍、仕事の変更等については、市町村への届出は不要になります。 入国管理局にて手続きを行うことになります。
2.「在留カード」について
中長期在留者に対し、上陸許可や在留資格の変更許可、在留期間の更新許可など、在留にかかる許可に伴って交付されるカードです。
現在の「外国人登録証明書」は、一定期間は、現在お持ちの外国人登録証明書が在留カードとみなされます。そのため、すぐに在留カードに換える必要はありません。(希望すれば、入国管理局で換えることができます。)
「外国人登録証明書」の有効期限について
永住者の方…平成27年7月8日(施行日から3年)
永住者以外の方…在留資格の更新期限
16歳未満の方…上記の日か16歳の誕生日のいずれか早い日
「在留カード」への更新申請場所は
入国管理局です。交付も入国管理局で行われます。
必要なものは、写真(縦40ミリメートル×横30ミリメートル)1枚(16歳未満の人は不要)
旅券(お持ちの方)
現在お持ちの「外国人登録証明書」などです。
詳しくは、神戸入国管理局外国人在留総合インフォメーションセンター 電話番号 078-391-6377 
  問い合わせ 市民課 06-6489-6414                

短期滞在者の方(在留資格が「短期滞在、外交、公用」または、在留資格なしの方等)

外国人登録法では、申請すれば在留資格に関係なく外国人登録ができましたが、新たな制度(住民基本台帳制度)では住民登録ができません。在留資格が変更になれば、入国管理局より在留カードが交付され住民登録が可能となります。
住民登録ができない方は以下の方です。
・「短期滞在」の在留資格の方
・「3ヶ月」以下の在留期間の方
・在留資格がない方
・在留期限が切れている方
・在留資格の手続きを忘れている方は、速やかに入国管理局で手続きを行ってください。

世帯主との続柄について

 新たに入国された場合や転入・転居等の住民異動届で世帯主、続柄の記載や変更が伴う場合は世帯主、続柄を立証する添付書類が必要です。外国籍世帯主との続柄が確認できない場合は、続柄は同居人として住民票に記載されます。また、続柄を証する文書が外国語で書かれたものについては翻訳者を明らかにした訳文の添付も必要となります。
(注意)在留資格の申請等についてのお問合せは、入国管理局へお願いします。
神戸入国管理局外国人在留総合インフォメーションセンター 電話番号 078-391-6377
問い合わせ 市民課 06-6489-6414

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 市民課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館1階

電話番号
06-6489-6408

このページの先頭へ

トップページへ戻る