エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 消防・救急 > 救急のときの対応 > 救急件数が増加しています!


ここから本文です。

救急件数が増加しています!

予防救急を心がけましょう!

救急

 

 救急車が必要になるような病気やケガ等をほんの少しの注意や心がけで、防ぐ取組みを「予防救急」といいます。

予防救急講習を開催します!

詳しくは下のリンク先から確認してください。

ほんの少しの注意や心がけ

 実際に救急搬送した人の中には、

 「もう少し注意していれば…」  「事前に対策しておけば…」

 未然に病気やケガ等を防げたかも知れないものがあります。

高齢者

高齢者

高齢者注意

 1年間で救急搬送される人のうち、半数以上が高齢者となっています。

 高齢者は筋力・視力・聴力などの低下に伴い、転びやすくなったり、つまずきやすくなります。

 生活の中で起こる事故にはどんなものがあるか確認し、予防しましょう。

乳幼児

乳幼児

乳幼児注意

 乳幼児の事故は、大きなケガなどに繋がる可能性があります。

 事故が起きないよう、周りにいる大人が事故の予防を心がけることが大切です。

症状が悪化する前に

 症状が悪化する前に、医療機関へ行く等、早めの医療機関受診を心がけてください。

 体調の変化に気づいたとき、症状が発症したときは早めの対応をお願いします。

関連情報

情報の発信元

消防局 救急課

〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6番75号 尼崎市防災センター4階

電話番号
06-6481-3966
ファックス
06-6483-5023
Eメール
ama-syou-bousai-99@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る