エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 消防・救急 > 救急のときの対応 > 子どもの急な病気~こんなときどうするの


ここから本文です。

子どもの急な病気~こんなときどうするの

早めにかかりつけ医を受診しましょう

熱が出ても、いつもと違う熱なのか子どもは説明がつきません。日頃、その子のことを分かっている先生に、診ていただくことで、病状を適切に判断してもらうことができます。
インフルエンザの症状や気になる症状が少しでも見られる場合は、お子さんの状況をよく知っているかかりつけ医を早めに受診するようにしましょう。

夜間や休日に受診が必要なときは

夜間や休日にせきや鼻水などの風邪の症状や下痢(感染性を含む)の症状があり、受診が必要なときは、休日夜間急病診療所を受診してください。

夜間や休日に受診が必要なとき
相談先 受付時間など
休日夜間急病診療所

(住所 尼崎市水堂町3丁目15-20)

 
平  日  午後9時から午後11時30分
土曜日  午後4時から午後11時30分
日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日)
  午前9時から午後11時30分
 

あまがさき小児救急相談ダイヤル

06-6436-9900

全日(年末年始の12月29日から1月3日を含む)
午前0時から午前6時

相談内容により、早急に治療が必要とされる方は、医療機関で診察を受けることができます。
 
軽度の症状の方が直接来院されると、急を要する重症患者さんの治療に影響が生じますので、不要不急な受診はお控えいただくよう皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日夜間急病診療所受診後は、必ずかかりつけ医に診てもらいましょう

休日夜間急病診療所では今すぐ入院して治療する必要があるか、応急処置をして翌日まで様子を見ていいかを判断します。翌日まで様子を見てもいいと判断した場合は、改めて翌日かかりつけ医を受診するよう勧めています。
 

小児救急医療電話相談をご利用ください

夜間や休日の病気・けがで医療機関に連れて行くべきかどうか迷うときは、小児救急医療電話相談をご利用ください。

小児救急医療電話相談

相談名称

時間

兵庫県小児救急医療電話相談
078-304-8899 固定電話・IP電話等
#8000 携帯電話等

月曜日から土曜日
 午後6時から午前0時

日曜日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)
 午前9時から午前0時
 

阪神南圏域小児救急医療電話相談
06-6436-9988

月曜日から金曜日
 午後9時から午前0時

土曜日、日曜日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)
 午後4時から午前0時
 

あまがさき小児救急相談ダイヤル
06-6436-9900 

全日(年末年始の12月29日から1月3日を含む) 
 午前0時から午前6時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談もお早めに。

小児救急医療の案内カードを作成しました。ぜひご利用ください。

コンビニ受診はやめましょう

昼間から症状が出ているのにかかりつけ医に行かず、夜になって不安になり救急医療機関に駆け込んできたり、空いているなどの理由で夜間に受診したりするケースが見られます(コンビニ受診)。このような状況が続くと、医師等の疲へいにつながり、専門的な小児救急医療体制の維持を難しくします。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

健康福祉局保健部保健企画課(尼崎市保健所保健企画課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3010
ファックス
06-4869-3049

このページの先頭へ

トップページへ戻る