エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市役所案内 > 各課のブログ > 道路維持担当ブログ


ここから本文です。

道路維持担当ブログ

「区画線」について

文マーク

はじめまして、道守です。

今回は初めてのブログということで、私が所属しています道路維持担当の仕事についてご紹介したいと思います。

道路維持担当では、その名の通り、市道の維持・管理をしています。

では、具体的に道路の維持・管理とはどのような仕事をしているのかというと、

  • 段差、穴ぼこ・側溝等の修繕
  • 交通安全施設(カーブミラー、ガードレール、防護柵、区画線など)の維持管理
  • 街路灯の維持管理(球切れ、破損等の修繕)

などの仕事をしています。


今回は、その中でも特に、区画線(道路上の白線)について、ご紹介したいと思います。

皆さん道を歩いていて、道路上の白線について気になったことはありませんか。

実は見た目には同じ白線でも、私たち道路管理者が設置・管理する白線と公安委員会(警察)が設置・管理する白線の2種類があります。

簡単に説明すると、横断歩道・停止線・駐停車禁止路側帯など規制の伴うものは公安委員会が設置し、それ以外の外側線・交差点マーク・文マークなどは私たち道路管理者が設置しています。

掲載している写真は、文マークを引いているときの施工写真と完成写真です。
文マークとは幼稚園・小学校・中学校の通園・通学路に「文」と表示している路面表示であり、車やバイクに乗っている人に対して通園・通学路であることをお知らせし、注意喚起を促す効果があります。

現在、文マークの大きさは、横2メートル×縦4メートルの四角形に囲まれたもので標示し、順次古いマークのものを新しい形の文マークに変更しています。

このように、実は「文」の文字は縦の長さが横の長さより2倍長くなっています。これは、走行中の車やバイクから「文」を斜めに見たときに見やすいように配慮されているためです。

「文」マーク表示を見かけたときには、子ども達が近くにいるので、優しい気持ちで通行していただけたらありがたいです。

これからも道路維持担当で行っている様々な仕事について紹介していきますので、ぜひご覧下さい。

関連情報

情報の発信元

都市整備局 土木部 道路維持担当

〒661-0022 兵庫県尼崎市尾浜町2丁目1番30号

電話番号
06-6422-5034
ファックス
06-6422-5048

このページの先頭へ

トップページへ戻る