エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市役所案内 > 各課のブログ > 社会教育課ブログ『まなびの宝石箱』


ここから本文です。

社会教育課ブログ『まなびの宝石箱』

まなびの宝石箱 QRコード

こんにちは!教育委員会 社会教育課です!
このブログでは、『学び』をキーワードとして、積極的に情報を発信しています!
『何か始めてみたいな。』という皆さまのお役に立てればと思います。
QRコードを読み取って頂ければ、お手持ちの携帯やスマートフォンからもご覧いただけます。
お気軽にアクセスして下さいね!

現在、社会教育課では、下記の事業の参加者を募集しています!詳しくは、リンク先をクリック!
あまらぶ歴史体験学習事業の「バスツアー」と、親子体験隊!の「田能資料館」につきましては、満員御礼となりました。ありがとうございます。
引き続き、親子体験隊!の尼崎市文化財収蔵庫と大庄公民館の事業は募集しています!

尼崎元浜緑地公園で今年も平和の鐘が鳴り響きました!(平成28年7月20日)

元浜緑地にある鐘を鳴らす様子

7月18日(月曜日・祝日)に、今年も尼崎元浜緑地公園の世界平和の鐘の前において、平和教育推進事業の一環で尼崎ユネスコ協会主催「平和の鐘を鳴らそう」事業が開催されました!
今年は少し早い梅雨明け宣言があり、お天気にも恵まれました。

尼崎ユネスコ協会関係者の他、地元の社会福祉協議会の代表者や学校関係者、また、元浜緑地公園に遊びに来ていた方などたくさんの参加があり、平和の祈りと願いをこめて一人ずつ鐘を鳴らしました。

一人ひとりが戦争の悲惨さを認識し、平和を希求する気運が高まる事を願っています。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました!

尼崎市において自治体ガバナンス塾セミナーが開催されました!(平成28年7月20日)

セミナーの様子

7月16日(土曜日)に、近畿各地の自治体職員120名を超える方々が参加し、「Ⅰ am a citizen ~市民と協働して育むシビック・プライド~」と題して講演会と、クロスロードゲームを中心に、熱気溢れる研修会が開催されました。
そのなかで、尼崎市において市民と協働で実施している「みんなのサマーセミナー」の取組について、市民と尼崎市職員がともに事例を報告しました。
コメンテーターや参加されている方々からは絶賛の嵐でした!

今年度の「みんなのサマーセミナー」まであと少し!(今年は8月6日(土曜日)・7日(日曜日)に開催です!)
学び一色のセミナーを実行委員のメンバーやセンセイ、セイトの皆さんとともに楽しみましょう!

お子様なら夏休みの宿題に、保護者や大人の皆様は国語から美術、体育までの講座で学生時代に戻るのもよし!
実行委員のメンバー一丸となって、325講座、259組のセンセイとともに、たくさんの方々の登校をお待ちしております。
 

尼崎北小学校でミニ・ミニ縁日が開催されました!(平成28年7月19日)

ミニ・ミニ縁日の様子

7月15日(金曜日)尼崎北小学校の20分休憩とお昼休みにミニ・ミニ縁日が開催されました!わなげ、けん玉、さかなつりゲームがあり、全部を回ると手作りのストラップなどの景品がもらえます!ゲームも景品も手作りで、子どもたちにも大人気でした。
合わせて、尼崎北小学校地域連携協働本部交流会も開催されました。防犯見守りグループやPTAの方々の他、尼崎塚口六郵便局の方など、地域のたくさんの方が集まり、それぞれの活動内容について話され、より交流が深まる場となっていました。
また、尼崎北小学校50周年の式典へ向けての準備も着々と進めておられました。

PTA連合会広報委員研修会が開催されました!(平成28年7月19日)

研修会の様子

7月15日(金曜日)に、市内学校園の広報委員の方々が一堂に会し、研修会が催されました。
講師には、株式会社「地域環境計画研究所」代表取締役の地元愛にあふれるコンサルタント、若狭健作さんをお迎えしました。
さまざまな広報誌の事例を提示されながら、見出しや文体、デザインなど、わかりやすく説明されていました。
読者をつかむ言葉は、『15文字以内がベスト!』だそうで、参加された方々はうなづきながら熱心に聞いておられました。
初めて広報委員になられて不安な保護者の皆様にも、大変勉強になったのではないでしょうか。
魅力ある学校園の広報誌が出来上がりそうですね!
今から読めるのが楽しみです!
 

2日間の学校ごっこ。みんなのサマーセミナー開校します!(平成28年7月15日)

みんなのサマーセミナー開校します

いよいよみんなのサマーセミナーの季節がやってきました。
 「まちの人が互いに学び合う風土を尼崎に」との願いから 「みんながセンセイ、みんなが生徒」のスローガンのもと同じ教室で子どもから高齢者までが机を並べて学ぶ、2日間の夢の学校がこの夏も開校します。

開催は、みんなのサマーセミナー実行委員会と市が協働で実施します。
場所は、百合学院と旧聖トマス大学を舞台に、325講座、259人の講師で 実施します。

講師は、市長、教育長、高校生、神主さん、お坊さん・・・そして年齢は0歳児~80代まで、 講座の内容も多彩です。
 添付資料を是非チェックしていただき、楽しく受講していただきたいと思います。
 
本日は記者発表を行いました。新聞の方も見てくださいね!

兵庫県社会教育委員協議会より表彰されました!(平成28年7月15日)

尼崎市社会教育委員協議会より表彰されました

7月13日(水曜日)、ホテル北野プラザ六甲荘で行われました兵庫県社会教育委員協議会総会において、本市の社会教育委員の野村カヤ子委員が、兵庫県社会教育委員協議会より社会教育振興の功績を讃え表彰を受けられました。

また、受賞者を代表して、これまでの社会教育委員としての取組や社会教育に対する考えをお話しされ、今後、ますます社会教育の推進に向けて励んでいく旨の謝辞を述べられました。

今後も、社会教育委員としてのご活躍をご期待しております。

この夏、『しごと体感ゼミナール』が実施されます!Vol.4(平成28年7月15日)

しごと体験ゼミナール

8月4日(木曜日)、5日(金曜日)に開催される、『しごと体感ゼミナール』の実施企業出席による意見交換会がありました!
開催があと3週間後に迫り、募集状況や実施体制、搬入機材などについて、細部にわたって打合せが行われました。

尼崎の子どもたちが将来のことを考える機会となればとそれぞれの企業のご代表が一生懸命内容を積み上げられています。
申し込みは7月15日金曜日までですので、お申込みがまだの皆さま、お急ぎください!
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

人権啓発講演会に参加しました!(平成28年7月14日)

人権啓発講演会に参加しました

7月13日(水曜日)、尼崎市立地域総合センター上ノ島本館において、立花中学校区人権教育・啓発推進会議の主催で人権問題講演会が開催されました。

『ハンセン病に引き裂かれた家族~国家賠償訴訟を訴えて~』というテーマで兵庫在日外国人人権協会事務局長、ハンセン病元患者家族の集団訴訟原告団副団長の黄光男(ファングァンナム)さんの講演がありました。

黄さんが1歳の時に、お母さんとお姉さんがハンセン病を発症、国立療養所長島愛生園に強制隔離され、ご自身は岡山市内の福祉施設で育ちました。

9歳から社会復帰した家族とともに生活するようになりましたが、『家族で暮らす』という経験がなかったため、どこかに違和感があったと感じたそうです。また、家族の病歴のことは、結婚して3年目に奥様へ話すまで、誰にも明かせなかったそうです。

その後、黄さんはハンセン病の問題を学び、元患者たちの『家族の会』に参加する中でさまざまな被害を知りました。そして「ハンセン病問題で苦しんでいる家族がいることを多くの人に知ってほしい。皆が堂々と家族のことを語れる社会にしたい。」との思いで、家族や自分のことを語り始めました。バンド仲間と作った歌をこの日も歌ってくださいました。

ハンセン病に苦しんだ患者や、引き離されてしまった家族は偏見やさまざまな差別に苦しめられ、「らい予防法」が廃止された今でも、差別は残っています。私たち一人ひとりが、ハンセン病を正しく理解すること、ハンセン病の原因がわからなかった時代の、誤った知識からくる誤解と偏見による国の隔離政策という差別の歴史を認識することが、現在の差別をなくす第一歩ではないでしょうか。また、巷にあふれている情報を鵜呑みにすることなく、正しく理解し判断することが大切なのだと、強く感じました。

また、講演の最初に、原告団長・林さんの「恥でないことを恥とするときに、本当の恥になる」という言葉を紹介され、この言葉は、あらゆる差別、人権問題に通じるのではないかとおっしゃられたことが、とても印象的でした。

第2回尼北ふれあい夏まつりの準備会議が開催されました!(平成28年7月13日)

第2回尼北ふれあい夏まつりの準備会議が開催されました

7月9日(土曜日)に尼崎北小学校で、第2回尼北ふれあい夏まつりの準備会議が開催されました!
 尼崎北小学校のグラウンドで、8月6日(土曜日)の開催に向けて着々と準備中です。
 地域のたくさんの方が関わっておられ、準備や当日の行程・役割分担について、 話し合っておられました。

 やきそばやから揚げなどの飲食店、櫓(やぐら)を囲んで盆踊りなど、 子どもたちに楽しんでもらうために、はりきっておられました。

楽しい夏になりそうですね!素敵な思い出を作りましょう!

第二回社会教育委員会議を開催しました!(平成28年7月12日)

社会教育委員会議の様子

7月8日(金曜日)に、今年度二回目となる社会教育委員会議が開催されました。

今回は、尼崎市総合計画における社会教育部関連の施策について、今後、
『市民・事業者それぞれの立場からどのような取り組みや関わりができるのか』
『学びのすそ野をいかに広げていくか』
『自らの学習を地域課題にどのように結びつけていくか』
など、さまざまな立場にある社会教育委員の皆様と協議を行いました。

委員の皆様が日々の取り組みの中で身近に感じている経験から、さまざまな意見があり、活発に議論が行われました!
今後もよりよい尼崎になるよう会議内でしっかりと検討し、取り組んでいきます!

兵庫県婦人大会に出席されました!(平成28年7月8日)

兵庫県婦人大会の様子

7月6日(水曜日)、淡路市立しづかホールで行われた兵庫県婦人大会に、尼崎市連合婦人会の代表20名が出席されました。

これは、県下地域女性団体相互の連携を密にし、男女共同参画型・資源循環型社会を目指し、女性の教養と社会的地位及び福祉の向上を図ることを目的に毎年開催されています。

大会では、活動に対する表彰として、兵庫県連合婦人会会員表彰があり、その中で尼崎市連合婦人会の方も受賞されました。
また、表彰後には記念講演会がありました。 

このような機会を通して、他市との交流やさまざまな活動について情報交換の場となり、活動内容の広がりにもつながればと思います。

尼崎ユネスコ協会の理事会が開催されました!(平成28年7月8日)

理事会の様子

7月5日(火曜日)に、尼崎ユネスコ協会理事会が開催されました。

ユネスコ協会は、教育・科学及び文化を通じて諸国民間の相互の理解を深め、恒久的な世界平和の確立と人類の福祉向上に貢献することを目的に活動されており、講演会や中学校との連携による学習成果の発表・フォーラム、平和事業などさまざまなことに取組んでおられます。

今回の理事会では、元浜緑地で7月18日(祝日)に行われる「平和の鐘を鳴らそう」の打ち合わせや、コーアクション事業(世界寺子屋運動)の活動について、協議が行われました。

皆さんもぜひご家族お揃いで、平和を願い、平和の鐘を鳴らしにお越しください!
 

学校支援活動コーディネートモデル事業に係る委嘱式を行いました!(平成28年7月7日)

学校支援活動コーディネートモデル事業に係る委嘱式を行いました

7月4日(月曜日)、教育委員会室において今年度の新規事業「学校支援活動コーディネートモデル事業」の実施でご協力頂くコーディネーターの方にお越し頂き委嘱式を行いました!

今回は、上坂部小学校での取り組みとなります。
コーディネーターの活動は、学校の求めと地域の力をマッチングして、地域のボランティア等が学校を支援する活動に参加するしくみづくりを進めるなど、その調整を行っていただきます。

杭瀬小学校、尼崎北小学校に続き市内で3校目になります。
今後も学校と地域がつながっていきます!!
 

杭瀬小学校なかよしまつりが開催されました!(平成28年7月4日)

全校生徒で楽しく活動していました

梅雨の合間のお天気に恵まれた7月1日(金曜日)に杭瀬なかよしまつりが開催されました。

1年生から6年生までで構成されたたてわり班(15班)で協力して、「あそびの店」を出店し、全校生徒で楽しく活動していました。

ゲームやパズル、宝探しなど工夫されたコーナーで、学年を超えた交流があり、低学年の児童に優しくかかわっている上級生を見ていると、ほほえましく温かい気持ちになりました。

また、地域の方、就学前の子どもたちからおじいちゃんおばあちゃんまで、世代間交流が自然となされていました。

こういった取組からも、地域が学校を中心につながり、子どもたちを地域で育む輪が広がっていくことを願っています。


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

教育委員会事務局 社会教育部 社会教育課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館3階

電話番号
06-6489-6746
ファックス
06-6489-6693
Eメール
ama-syakaikyoiku@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る