エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市役所案内 > 各課のブログ > ダイバーシティ推進課ブログ「にこにこレポート」


ここから本文です。

ダイバーシティ推進課ブログ「にこにこレポート」

尼崎市では、人権文化の息づくまち・あまがさきをめざして、さまざまな事業を展開しています。

そんな人権に関わるイベントや、日頃の活動などを紹介するブログを、このたびスタートしました。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。
 

全国隣保館だよりコンテスト

全国隣保館だよりコンテストとは、隣保館における情報発信と情報共有をテーマに、
各館の紙面づくりにむけてさらなる研鑽の場になることを目的に取り組んでいます。
「第12回全国隣保館だよりコンテスト」では、人権課題を抱えた人々への支援、
また、「居場所づくり」や「つながりづくり」など、地域ニーズに対応した日常の様々な取り組みについて、
個性豊かに表現し創意工夫された「隣保館だより」を全国から広く募集しています。

「第12回全国隣保館だよりコンテスト」は応募総数446作品。
その中から、尼崎市の2館のセンターだよりが会長賞と佳作に選ばれました。

会長賞は、地域総合センター神崎 「egao(えがお)」が受賞。
佳作は、地域総合センター上ノ島 「生き・活き(いき・いき)」が受賞。

センターだよりは、地域を中心に配付されているので、目にする機会は少ないと思います。
本庁中館7階エレベーター前に、6地域総合センターのセンターだよりを設置していますので、
ぜひお越しください。

「平和の祭典事業」届けよう!平和への願い

鶴全景

市制100周年記念事業「平和の祭典」

~届けよう!平和の願い。一羽の折り鶴に平和への願いを込めて~

市内小学校41校の児童の皆さんが、平和への願いを込めて、平和の象徴である鶴を折りました。
その鶴は、地域総合センター上ノ島、水堂、今北の3センターを利用する人たちの手によって、
2万羽を超える千羽鶴となりました。

千羽鶴は、広島への修学旅行で鶴を献納した難波小学校の写真とともに
8月10日(水曜日)から8月18日(木曜日)の午後4時30分まで
本庁舎1階南館ロビーで展示しています。

2万羽の千羽鶴をぜひご覧になってください。
 

鶴右

鶴正面

鶴左

「平和の祭典事業」語り部

語り部

8月6日(土曜日)
旧聖トマス大学で行われた「みんなのサマーセミナー」に
尼崎市原爆被害者の会の皆さんが一日先生となって授業を行いました。

戦争の悲惨さや平和の大切さを、広島、長崎での被爆体験を紙芝居を使って語りました。
受講者の中には、若い世代の方もおられ、語り継ぐことの大切さを改めて感じている様子でした。

 

「平和の祭典事業」 平和の鐘を鳴らそう

鐘つき堂

昨年は戦後70年の節目。今年は市制100周年の節目。
2ヵ年にわたって、平和の祭典事業が市内各所で実施されます。

市制100周年記念事業「平和の祭典事業」
テーマは~これからの100年が平和でありますように~

7月18日(祝日) ユネスコ協会が主催し
元浜緑地公園内にある、平和の鐘前広場で
「平和の鐘を鳴らそう」が行われました。

ガールスカウト第8団

 


ユネスコ会長の挨拶のあと、
ガールスカウト兵庫県第8団の子どもたちがひとりずつ、
平和宣言を行い参加者による鐘つきが行われました。

好天にも恵まれ、
たくさんの方が平和への願いを込めて鐘を鳴らしました。
 

横断幕

参加者のみなさん

外国人市民わいわいトーキング

会場の写真

外国人市民わいわいトーキング

1月16日(土曜日)中央地区会館で外国人市民わいわいトーキングを開催しました。

イギリス、ベトナム、中国、台湾出身の方が
参加してくださいました。
日本に住んで困っていること、興味のあること、
尼崎のいいところなど、さまざまな意見を聞くことができました。

参加者のみなさん

 



外国人の方はお祭りやイベントなどにとても
興味を持っていて、でもチラシに書いてある事が
なかなか理解できなくて、参加したことがないと
言われていました。

参加者のみなさん1

 

そこでこのブログをご覧になった方にお願いです。
イベントなどのチラシを作成するとき、
welcomeやfreeなどの単語を1文字いれたり
参加無料は「誰でも参加できます」などの
やさしい日本語やひらがなで表記してください。
そうすることで外国人の方も参加しやすくなります。

尼崎にはいろんな国の外国人もたくさん住んでいます。
多国籍の方と交流をはかり多文化共生を進めていきたいと願っています。
 

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

市民協働局 ダイバーシティ推進課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階

電話番号
06-6489-6658
ファックス
06-6489-6661
Eメール
ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る