エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市役所案内 > 各課のブログ > 生活安全課ブログ


ここから本文です。

生活安全課ブログ

自転車関連事故マップ(小学校区別)を作成、掲載しています。(※この記事は固定して掲載しています。)

 尼崎市は、市域全域が平坦な地形であることから、自転車の利用に適したまちであり、自転車利用者が多いことから、自転車が関連する交通事故も多発しております。
 今回、自転車が関連する事故がみなさんの身近に起こっていることをお知らせするために、尼崎市内警察署の協力を受け、小学校区ごとの自転車関連事故マップを作成いたしました。
 実際にどこで事故が起こっているのか知っていただき、事故にあわないよう、安全運転につとめていただきたいと考えております。

マップには、平成24年から26年の3年間に自転車が関連する事故(自動車と自転車、自転車と歩行者、自転車と自転車などの事故)が起こったポイントにマーキングし、特に事故が多発していて注意の必要な交差点等には、事故種別を記載しております。

※下記のリンクよりご覧ください。マップは50音順に掲載しています。
 

市長と尼崎市オリジナル交通安全戦士が、事故のない尼崎に向け固い握手!

交通安全戦士ミミちゃんG

 7月21日(木曜日)、本市市長のところに、交通安全戦士ミミちゃんG(グレート)が訪れました。(尼崎市オリジナル!)
 ミミちゃんGは宇宙から地球にやってきて、交通安全ルールやマナーを通じて、わたしたちの平和を守っています。普段は、「ミミちゃん」として交通安全教室に登場していますが、変身すると、ミミちゃんGになるのです!
 
 7月23日(土曜日)に、JR尼崎駅近くのベイコム体育館で開催します「尼崎市自転車まちづくりフェスタ2016」の、交通安全ヒロインショーに登場します。
 なお、当日はミミちゃんG以外にも、たくさんのゆるキャラも遊びに来てくれますし、サイクリングサッカーの実演や、尼崎市自転車まちづくりソングのライブもあります。
 さらに、自転車でも日焼けしないUVケア&ハンドマッサージ、普段、なかなか見ることができない、自転車用エアバッグ、珍しい自転車、電車デザインのヘルメットなども展示させていただきます。
 ご来場いただきました皆さんには、飲料水も無料でご用意しておりますほか、お子様にはバルーンアートやゆるキャラグッズもプレゼント!(数に限りはありますのでご了承ください。)
 特撮ファン、ゆるキャラファン、鉄道ファン、サッカーファン、そして何より自転車ファンの皆さん、ぜひお越しください!
 

「高校生による暴走族追放・ひょうごっこハートスキルアップ街頭キャンペーン」に参加しました。

 平成28年7月20日(水曜日)、「高校生による暴走族追放・ひょうごっこハートスキルアップ街頭キャンペーン」に参加しました。
 このイベントは、市内3警察署が主催し、県立尼崎小田高等学校、県立尼崎高校、県立尼崎稲園高校、県立尼崎工業高校の4校の生徒を中心に、多数の参加のもと行われました。
 冒頭、尼崎南警察署交通課長から、集団暴走行為は近隣への騒音などの迷惑だけでなく、ひったくり等の少年非行の温床にもなりかねないこと、また、暴走族を地域から追放するためには、追放に向けた機運の醸成が重要であるとのお話のあと、高校生代表が『暴走族追放宣言』をしました。
 街頭キャンペーンでは、高校生のさわやかな声掛けのもと、啓発ちらしの配布を行いました。
 集団暴走行為は、騒音による近隣への迷惑となるだけでなく、「消音機不備」や「共同運転等の禁止違反」など、道路交通法違反に該当することがあるほか、ひったくり等の少年非行の温床にもなりうる行為です。
 もし見かけた場合は、110番通報をお願いいたします。
 集団暴走行為を許さないまちになるよう、皆さまのご協力をお願いいたします。

 

キャンペーンの様子

自転車盗難防止の新たなコツ2つ!

  自転車盗難につきましては、
  これまでから、
  ・複数の鍵をかける(ツーロック)
  ・駐輪場など決められた場所にとめる
  ・防犯登録する
  といった防止策はお伝えしてきましたが、
  新たに2つのコツをお知らせします。
  ・・・その2つのコツとは以下のとおりです。

  (1)高さ・・・ワイヤータイプはできるだけ荷台など高い位置でロックする(低い位置(ワイヤーロックが
  路面にたれ下がっている場合)だと、ワイヤーカッターやボルトカッターなどを路面に置き、体重を
  利用することにより瞬時で目立たずに開けられてしまう)。

  (2)色・・・自転車本体の色とは異なる色にする(施錠していることを明示し抑止する)。

これだけでも非常に効果的です!
皆さんも、しっかりと自転車の盗難防止をお願いします。

関連情報

「夏の交通事故防止運動」に伴う尼崎市内3警察署合同キャンペーンに参加しました。

 7月15日(金曜日)、「夏の交通事故防止運動」に伴う尼崎市内3警察署合同キャンペーンに参加しました。このイベントは「夏の交通事故防止運動」期間に合わせて、市内における交通事故防止を推進し、地域住民に対して交通安全・交通事故防止への意識付けを図るため、市内3警察署が合同で実施したものです。
 今回はライオンズクラブの方が考案された交通安全のマグネットステッカーのお披露目も兼ねて行われました。マグネットステッカーのデザインになっている“ちっちゃいおっさん”も応援にかけつけていました。
 夏場は暑さで注意力が乏しくなります。気を引き締めて安全運転をお願いします。
 

 

キャンペーンの様子

市内で交通死亡事故が発生しました。

 7月12日(火曜日)、市内で交通死亡事故が発生しました。今年に入って7件目の交通死亡事故です。
 これから夏本番を迎え、日が長く、遅くまで明るい日が続きますが、歩行者や自転車は反射材の活用を、ドライバーの皆さんは早めのライト点灯を、励行しましょう。
 また暑い日が続き、注意力が散漫になりがちですが、そんなときこそ気を引き締めて行動するよう心がけましょう。
 これ以上悲惨な事故が起きないように、一人ひとりが十分に気をつけましょう。
 (写真は死亡事故現地検討会の様子)
 

死亡事故現地検討会の様子

本日15日は高齢者交通安全の日/シートベルト・チャイルドシート着用啓発強化の日です。

・毎月15日は高齢者交通安全の日です。
高齢者の交通安全について考え、実践する日となっております。ドライバーの皆さんは、交通行動上の特性を理解し、高齢者を思いやる運転を行うようにしましょう。また、高齢者の皆さんは普段から交通ルールを守りましょう。信号無視や無理な横断など危険な行為はしてはいけません。夜間外出時には反射材を活用するなど、ドライバーや他の通行人から見えやすくなるよう工夫しましょう。

・毎月15日はシートベルト・チャイルドシート着用啓発強化の日です。
シートベルト・チャイルドシートを正しく着用することで、自動車乗車中の交通事故発生に際して、被害軽減効果が高くなっております。もちろん事故がないのが一番ですが、万が一に備えて、日ごろからシートベルト・チャイルドシートの着用を心がけましょう。

開催予告! 「尼崎市 安全・安心フォーラム」 3回シリーズ開催決定!

 尼崎市危機管理安全局では「みんなが主役 次の100年に向けた安全・安心を考える」と銘打ち、市民の皆さんが安全・安心に暮らせるまちづくりを推進するため、「尼崎市安全・安心フォーラム」を次のとおり3回シリーズで開催することとなり、この度、予告ポスターを作成しました。
 未来へ向けた安全・安心のまちをみなさんと考え、取り組む機会になればと思います。

 

  Vol.1 自転車まちづくりフェスタ2016
           「都市課題から都市魅力へ~次の100年へスマートバイク!~」
      日時 平成28年7月23日(土曜日)午後1時から午後4時30分まで

 

  Vol.2 防犯フォーラム2016
      「安全安心なまち”あまがさき”をめざして~今、わたしたちができること~」
      日時 平成28年9月25日(日曜日)

 

 Vol.3 防災フォーラム2016
      「~100周年の災害を振り返り、次の100年に備える~」
      日時 平成28年11月5日(土曜日)

フォーラム関係

 今後、それぞれのフォーラムの詳細について個別にお知らせしてまいりますので、ぜひ、ご参加ください。

悪質な点検商法にご注意!

 最近、近隣市や市内において
・「市から委託を受けて検査に来た。」
・「水道工事の際に異臭が発生したため、無料で洗浄を行っている。」
・「お宅の家の下水管からの臭いがくさいと苦情が出ている。」
・「汚水桝が傷んでいるので取り換えたほうがよい。」
などと言い、消費者の不安をあおり、言葉巧みに工事などの契約を結ばせる手口を用いた点検商法による消費者被害が頻発しています。
 これらは、無償と称して作業を行ったあと、別の箇所の不備を指摘し、高額な工事契約等を締結させる悪質な訪問販売の一種です。
 

 点検商法は、その内容が専門的なものが多く、消費者にとって本当に必要な契約であるかどうか、その場で判断がつきにくいことがほとんどです。工事などの契約を勧められた際は、その場ですぐに契約をせずに、他の業者との相見積を取るようにしましょう。

 消費者被害に遭ってしまった場合は、消費生活センター、または警察へ相談しましょう。

尼崎市交通安全対策会議を開催しました。

 平成28年6月29日(水曜日)、尼崎市交通安全対策会議を開催しました。
 今年度は5年に一度の交通安全計画策定年に当たるため、策定にあたっての考え方や策定方法について議論しました。
 本市では、死亡事故、自転車関連事故の多発、高齢者の交通事故が増加傾向になることなどが課題であることから、
・交通事故死者数の減少、自転車関連事故の抑制に向けた、ハード、ソフト両面からの対策
・高齢者の交通事故の抑制に向けた、高齢者の心に響く交通安全思想の普及啓発
の2点について、特に盛り込みながら、改めて「交通事故のない尼崎」を実現するための方策等を定める第10次尼崎市交通安全計画を策定していきます。
 7月1日からは市民意見聴取プロセスにおいて、基本情報、政策形成プロセスの公表も行っています。ご興味をお持ちになられた方は、下記リンクからご覧ください。
 

尼崎市交通安全対策会議の様子

交通安全リーダー研修会を実施しました。

 平成28年6月29日(水曜日)、立花中学校において、交通安全リーダー研修会を実施しました。この研修会は、安全教育研究会中学校部会との共催で開催し、市内各公立中学校から、交通安全リーダーや安全教育を担当されている先生方が出席しました。
 尼崎北警察署交通課上席係長による「中学生の自転車事故の現状とその補償状況の理解」についての講演の後、当課課長が交通安全リーダーの役割についてお話しました。
 この研修会で学んだことを各校に持ち帰って、生徒が元気で楽しい夏休みを過ごすための指導に役立ててほしい、と考えております。
 

交通安全リーダー研修会の様子

本日1日はみんなで迷惑駐車をなくする日です。

 毎月1日はみんなで迷惑駐車をなくする日です。
 違法・迷惑駐車や放置自転車は交通事故や交通渋滞の一因となっているほか、特に高齢者、障害者等の日常生活に悪影響を及ぼしています。一人ひとりが秩序ある駐車を行い、安全で快適な尼崎にしましょう。
 

毎月6日は「ロックの日」です。

 平成28年5月から、毎月6日は「ロックの日」とし、市内3警察署、各防犯協会と連携し、自転車盗難が多い駅前駐輪場付近で自転車盗難防止のため「二重ロック」を呼びかけ、啓発チラシと鍵(ワイヤーロック)の配布を行っています。

 また、最近、阪急武庫之荘駅、阪急塚口駅などの駅周辺や隣接する集合住宅等での、自転車盗難が多くなっています。

 自宅や駐輪場で自転車を停めるときは、「二重ロック」を意識し、自転車の盗難防止につなげましょう。

キャンペーンの様子1

キャンペーンの様子2

本日15日は高齢者交通安全の日/シートベルト・チャイルドシート着用啓発強化の日です。

・毎月15日は高齢者交通安全の日です。
高齢者の交通安全について考え、実践する日となっております。ドライバーの皆さんは、交通行動上の特性を理解し、高齢者を思いやる運転を行うようにしましょう。また、高齢者の皆さんは普段から交通ルールを守りましょう。信号無視や無理な横断など危険な行為はしてはいけません。夜間外出時には反射材を活用するなど、ドライバーや他の通行人から見えやすくなるよう工夫しましょう。

・毎月15日はシートベルト・チャイルドシート着用啓発強化の日です。
シートベルト・チャイルドシートを正しく着用することで、自動車乗車中の交通事故発生に際して、被害軽減効果が高くなっております。もちろん事故がないのが一番ですが、万が一に備えて、日ごろからシートベルト・チャイルドシートの着用を心がけましょう。
 

自転車関連事故マップが新聞で紹介されました

 先日、本ホームページに掲載しました、自転車関連事故マップについて、読売新聞(5月17日朝刊)、産経新聞(5月18日朝刊)、神戸新聞(5月19日朝刊)にて紹介していただきました。
 身近な地域の単位である小学校区ごとに作成しておりますので、たくさんの方に見ていただき、身近なところで実際に事故が起こっていることを知っていただきたいと考えています。
 道路に出たら、自転車も車と同じ「車両」です。事故にあわないよう、安全運転につとめましょう。

自転車マナーアップキャンペーンを実施しました。

 4月20日(水曜日)、JR尼崎駅中川地下道南北出入り口付近において自転車マナーアップキャンペーンを実施しました。
 この場所は以前より、自転車の走行が歩行者にとって非常に危険であるとの声が寄せられており、複数のテレビ番組でも取り上げられていました。このような現状や当該地下道における実際の自転車の走行実態等をふまえ、歩行者と自転車利用者の双方が快適に通行できる通行空間の実現を目指して本キャンペーンを実施しました。
 地域団体や尼崎東警察署、兵庫県阪神南県民センター、小田高校生徒会の皆さんにもご協力いただき、ご通行の方々に、当該地下道では歩行者が優先である旨を呼び掛けました。通学や通勤でお忙しい中にもかかわらず、多くの方々にチラシや啓発グッズをお受け取りいただきました。
 今回のキャンペーンをきっかけとして、中川地下道から自転車マナーアップの輪を広げていきたいと考えています。一人ひとりがマナーをしっかりと守り、気持ちのよい尼崎を目指しましょう。

 JR尼崎駅中川地下道は自転車が通行できる“歩行者専用道路”であり、自転車で通行するときは必ず徐行しなければなりません。また、歩行者優先ですので、歩行者の通行を妨害してはいけません。
 スロープでの乗車は危険なので押して通行しましょう。

 

キャンペーンの様子

春の全国交通安全運動キャンペーン

  平成28年4月6日(水曜日)春の全国交通安全運動キャンペーンに参加しました。
  4月6日は運動期間の初日。市内各地でキャンペーンが行われました。
  全国的に人身事故は減少傾向にあるものの、市内での交通死亡事故は多発しており、この運動を機に、市民の皆さまの一層の注意をお願いします。
  また、本市は自転車の事故も非常に多くなっております。いま一度、ご自分の自転車の乗り方を見つめなおしていただき、車道の左側を走る、歩道を走る場合は歩行者優先、一時停止、飲酒運転の禁止、夜間のライト点灯など安全ルールを守る、子どもはヘルメット着用といった、「自転車安全利用五則」を守って、安全運転を心掛けていただきますようお願いします。

 4月6日(水曜日)から15日(金曜日)は春の全国交通安全運動の実施期間です。
期間中は子どもと高齢者の交通事故防止を運動の基本とし、各関係機関で様々な取組を行っていきます。

キャンペーンの様子

交通安全フェスティバルに参加しました。

 平成28年3月27日(日曜日)、そのだライオンズクラブ主催の交通安全フェスティバルが園田競馬場にて開催されました。本市からは、兵庫県交通安全対策委員会及び、兵庫県タクシー交通共済協同組合が県を通じて本市にご提供くださった、写真付き反射材を作成するブースを出させていただきました。子供さんやそのご家族をはじめ、多くの方にお越しいただき、大盛況のうちに終了しました。
 ブースに来てくださった方をその場で撮影させていただき、その方の顔写真が入ったキーホルダー付きの反射材をお渡ししました。反射材の後ろには、好きな絵が描けるようになっており、皆さん、とても上手にお絵かきされていました。世界に一つだけの反射材を是非ご活用いただけたらと思います。
 そのほかにも、先日の交通死亡事故多発を受けたキャンペーンの実施をさせていただき、ご来場の方の、交通安全意識の高揚につながる有意義な1日になったのではないかと思います。
 

交通安全フェスティバルの様子

自転車盗難防止フィールドワーク

 平成28年3月23日(水曜日)、本市の街頭犯罪認知件数の約半分を占める、自転車盗難を防止するため、犯罪機会論(注1)に基づき、犯人が盗みやすい環境面での特徴(=”入りやすく見えにくい”場所)などをあぶりだすためのフィールドワークを実施しました。
 具体的には、1自転車の状況(施錠状況など)と2駐輪場所の状況(ごみが散乱していないか、落書きがないか、盗難啓発ポスターがあるか、人の目があるか、防犯カメラが設置されているか、夜間は照明があるか)について、あらかじめ調査項目を決めて実施しました。
 フィールドワークの結果を、しっかりと集計、分析し、今後の啓発や抑止策に活かしていきます。
 
 また、次の段階では、犯行場所や被害自転車の類型などから犯人像や犯行動機を探り、犯人に対して、自転車盗難は“つい魔が差した”では済まない、刑法違反(注2)であるという強いメッセージを送り、さらに、最終段階として、犯人の行動半径に迫り、施策の実効性を高めてまいります。
 なお、この模様は、3月29日(火曜日)午後6時30分からの「ニュースKOBE発」という番組の中で放送される予定です。

注1:犯罪学のうち、“人”に着目する(犯罪原因論)のではなく、“場所”に注目する、すなわち、「だれ」が犯罪を行おうとしているのかではなく、「どこ」が犯罪者に選ばれるのかを見極める立場のこと。欧米諸国では、犯罪原因論が犯罪者の改善更生の分野を、犯罪機会論が予防の分野を担っている。具体的には、入りやすい場所(怪しまれずに標的に近づけて簡単に出られる場所)と見えにくい場所(物理的な死角、見晴らしが良くても視線がない場所)を見つけ、解消し、犯罪の機会を奪うことで未然防止につなげる。

注2:刑法第235条(窃盗罪)10年以下の懲役又は50万円以下の罰金


 

フィールドワークの様子

キャンペーンに参加しました。

 先日より、市内で交通死亡事故が多発しており、3月18日から28日までの間、阪神南県民センター管内において交通死亡事故多発注意報が発令されております。このような事態を受けて、3月22日(火曜日)に尼崎南警察署西分庁舎前にて、キャンペーンが行われました。
 主に自転車で通行される方に向けて、交通死亡事故が多発しているため、気を付けていただくよう啓発を行いました。みなさん、足を止めて熱心に聞き入ってくださいました。
 気候のよい季節になり、外出される機会が増えることと思いますが、正しい交通ルールやマナーの実践を今一度お願いいたします。
 

キャンペーンの様子

生活安全課からのお知らせ

3月17日(木曜日)夜、市内で交通死亡事故が発生しました。
今年に入って2ヶ月あまりで6名もの方が亡くなるという緊急事態となっております。
どうかこれ以上悲しい事故が起きないように、交通ルールやマナーの遵守を今一度お願いします。
 

雨の日の運転に十分注意を!!

 3月18日(金曜日)は午後から雨となる予報です。
 皆さんもご存知のとおり、自転車の傘差し運転は大変危険です。絶対に行ってはいけません。また、雨かっぱを着用する際は、視界が狭くなる傾向がありますので、十分に気を付けましょう。そのほかにも、雨の日は地面が濡れて滑りやすくなっています。急ブレーキ、急ハンドルを避け、慎重に運転をしましょう。
 少しの注意があなたの大切な命を守ります!
 

交通死亡事故が多発しています。

 3月14日(月曜日)、市内で交通死亡事故が2件発生しました。
どちらの事故も自転車とトラックが衝突し、自転車に乗っていた方がお亡くなりになられています。
 今年に入ってまだ2ヶ月あまりですが、5名もの尊い命が交通事故によって失われました。ドライバーも歩行者も「見えているだろう」、「止まってくれるはず」と思わず、「止まらないかもしれない」、「見えていないかもしれない」と考えるように心がけましょう。慣れた道ほど細心の注意を払い、事故のない尼崎を目指しましょう!
 

街頭犯罪防止事業などについて大学教授からのアドバイスを受けました。

 平成28年2月19日(金曜日)、本市の防犯アドバイザーを務めていただいています、東洋大学社会学部社会心理学科の桐生教授にお越しいただき、生活安全課が現在実施している街頭犯罪防止や交通安全推進の事業についてアドバイスをいただきました(交通安全も、道路交通法という法律を破る心理は犯罪を行う心理に通じるところがあると考えました)。
 また、その中でも、今年度から新たに取り組んでいる自転車盗難防止事業については、自転車の盗難発生場所をマーキングした電子マップや統計情報をご覧いただき、アドバイスをいただきました。
 自転車盗難防止のポイントは、以下の2つ
1 被害者を生まない対策(ツーロック)
2 加害者を生まない取組(人に見られている意識を与え監視性を高める。例えば、年代や性別によって駐輪場を分ける等により犯人を目立たせる。刑法違反(※)であるとの認識を持たせる。)
(※)刑法第235条(窃盗罪)
   10年以下の懲役又は50万円以下の罰金
 また、当日は本市の街頭犯罪防止事業について、NHK神戸放送局が取材に来られ、桐生教授に対するインタビューも行われました。
 この模様は、3月29日(火曜日)午後6時30分からの「ニュースKOBE発」という番組の中で放送される予定です。

 本市の安全安心に係る事業展開につなげるため、桐生教授には今後も引き続きアドバイスをいただきます。

NHKによる取材の様子
NHKによる取材の様子

生活安全課嘱託員(交通安全指導員)を募集しています!(終了しました)

 平成28年3月1日から3月11日午後5時までの期間、生活安全課嘱託員(交通安全指導員)を募集しています。
 採用された方は、交通安全指導員として、当ブログでもたびたび掲載させていただいているような交通安全教室や自転車教室等に出向いていただくことになります。
 勤務条件や試験内容など詳細につきましては、下のリンク先をご覧ください。
 たくさんのご応募、お待ちしております。
 

ひったくり防止キャンペーンに参加しました

 市内において、2月16日から23日までの1週間で4件のひったくりが発生しました。市民の皆さんに、ひったくりに対する注意を呼び掛けるため、尼崎南警察署が実施するひったくり防止キャンペーンに参加しました。
 阪神尼崎駅周辺で、署員の皆さんと一緒に啓発チラシなどを手渡し、ひったくりにご注意いただくよう声かけをしました。
 尼崎南警察署では、2月29日から3月4日までの1週間、管内の駅周辺でひったくり防止キャンペーンを実施する予定です。
 

キャンペーンの様子

ひったくりが多発しています。十分ご注意ください!

2月16日(火曜日)から市内において、ひったくりが連続して発生しています。
2月発生箇所
● 尼崎市猪名寺2丁目      (2月16日 午後2時19分頃)
● 尼崎市南武庫之荘3丁目(2月19日 午後4時5分頃)
● 尼崎市南武庫之荘6丁目(2月23日 午後0時55分頃)
● 尼崎市稲葉元町3丁目   (2月23日 午後7時23分頃)

市民のみなさま、特に女性や高齢者はひったくり防止のため、次のような心構えを持っていただくようお願いします。
● 人通りの少ない道路は要注意
● 後方や左右から単車や自転車が来たら警戒が必要
● 手提げバッグは被害に遭いやすいので絶対に道路側に持たない
● ショルダーバッグの場合は、たすき掛けにして携行する
● 多額の現金は持ち歩かない
● 自転車を利用する場合、前かごにカバーをつける
● 銀行やATMで預金を下ろした時は、狙われているという前提で特に慎重に
このブログを読まれた方は、家族やお知り合いに、是非、当ブログの内容をお伝えください。

この写真は、2月16日にひったくりのあった猪名寺2丁目の現場写真です。
この写真は、2月16日にひったくりのあった猪名寺2丁目の現場写真です。

自転車の盗難防止新ポスターが完成しました。

 当課では、市内における街頭犯罪認知件数の約半数を占める自転車盗難の減少に寄与するため、1自転車販売店向けポスター及び2商業施設向けポスターを作成したところです。(以前、当ブログで紹介させていただきました。)
 今回は、若い方が足を運ばれることが多いと思われる施設のうち、1、2のいずれもお送りしていない施設に、新たに作成したポスターをお送りします。今後、市内の飲食店や書店等を中心に掲示をお願いさせていただく予定ですので、皆様、ご協力どうぞよろしくお願いします。
 お買い物やお出かけの際にこのポスターを見かけられましたら、是非参考になさって下さい。ポスターにより、ひとりでも多くの方に自転車のかぎ掛けを実践していただきますようお願いします。
 

自転車盗難防止ポスターその4(イメージ)

自転車盗難防止ポスターその4(イメージ)

 

夢の園保育園で街頭歩行訓練を実施しました。

平成28年2月10日水曜日、夢の園保育園で街頭歩行訓練を実施しました。年長組22人が参加しました。つかしん方面に行くグループと園田小学校に行くグループとに分かれて、約一時間、説明を受けながらみんな頑張って歩きました。

街頭歩行訓練のようす

武庫北小学校で自転車教室を実施しました。

平成28年2月9日火曜日、尼崎市立武庫北小学校で自転車教室を実施しました。3年生64人が参加しました。DVDを見たり、テストを受けたりしながら、自転車の交通ルールの基本的なことを学びました。今日習ったことを、実際に自転車に乗るときに思い出して、一人ひとり交通ルールを守ってほしいと思います。

自転車教室のようす

関西国際大学で自転車盗難防止キャンペーンを行いました。

 1月25日(月曜日)、関西国際大学尼崎キャンパスにおいて、自転車盗難防止キャンペーンを行いました。当課と関西国際大学との連携事業の一環として、学生の方約20名が参加してくださいました。
 今回キャンペーンをさせていただいたのは、以下の二つの理由のためです。
1、同大学があるJR尼崎駅付近は市内でも自転車盗難が多い場所の1つである。
2、少年による犯行も多いといわれる自転車の盗難は、ゲートウェイ犯罪といわれ、規範意識を悪化させ、さらなる重大犯罪につながる性質があることから、学校の先生を目指されている方も多い同大学にも関連が深い。
 キャンペーンでは、同大学の学生の方などに自転車盗難防止について考えていただくため、ワイヤーロックと自転車盗難防止に関するチラシを配布しました。併せて、市内において自転車盗難が頻発していること、既に施錠している場合でも2つ目の鍵をかけることで盗難されにくくなることをお伝えしました。
 キャンペーンに参加した学生の方たちは非常に真剣に取り組んでくださり、積極的に声かけを行ってくださいました。配布物を受け取ってくださった皆さんもまた、熱心に耳を傾けておられました。
 今回のキャンペーンをきっかけとして、関西国際大学から自転車盗難防止の輪を尼崎市全体に広げていきたいと思います。
 

キャンペーンの様子

武庫東小学校で自転車教室を行ないました。

平成28年1月25日月曜日、武庫東小学校で自転車教室を行ないました。2年生138人が参加しました。警察の講話や自転車ルールのDVD、確認テストをしました。今回は小学校2年生でしたが、ほとんどの子どもたちがすでに普段自転車に乗っています。きちんと自転車のルールを学ぶ機会というのがあまりないので、みなさんとても興味をもって受けてくれていました。

自転車教室のようす

小田北中学校で自転車教室を行ないました。

平成28年1月22日金曜日、小田北中学校で自転車教室を行いました。1年生144人が参加しました。警察の話やDVDを見たり、確認テストをして自転車の交通ルールを学びました。最後は代表者3人に自転車シミュレーターに乗って運転してもらいました。みなさん、安全確認をきちんとおこない、とても慎重に運転していました。また、携帯電話を見ながらや傘さし運転をしていたら、どうなるかについても体験してもらいました。やはり、携帯電話をみながらでは、前を見ていなくて人にぶつかってしまったり、傘さし運転ではブレーキがうまくきかなくて車に衝突してしまいました。この教室を機に普段の自分の運転を振り返り、事故に気をつけて自転車を乗ってもらえたらと思います。

自転車教室のようす

キャンペーンに参加しました。

  1月20日(水曜日)、立花町2丁目の市道交差点付近において行われたキャンペーンに参加しました。このキャンペーンは先日の死亡事故を受けて実施されたものです。通行人の方に、近くで死亡事故があった旨をお伝えし、気をつけて通行するよう呼びかけました。
  薄暮から夜にかけては、歩行者や自転車が車の運転手から発見しづらく、大変危険な時間帯です。まだまだ日暮れが早いですので、歩行者は反射材の着用を、自転車、自動車は早めのライト点灯を心掛けましょう。
  また、今の時期は、寒さに気をとられ、交通安全が疎かになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。そんなときこそ、細心の注意を払いましょう!
  一人ひとりが十分に注意し、事故のない尼崎を目指しましょう!


 

キャンペーンの様子

死亡事故が発生しました。

  1月17日(日曜日)尼崎市立花町2丁目の市道交差点付近において、死亡事故が発生しました。歩行者が道路を横断中に、軽四貨物自動車にはねられ亡くなりました。
  歩行者の横断中の死亡事故が多発しています。警察によると、以下のことを守れば事故は防げるそうです。
・信号を守る。
・横断歩道を渡る。
・夜間には見えやすい服装や反射材の着用を心掛ける。
 昨日まで大丈夫でも、今日は事故につながるかもしれません。慣れた道ほど細心の注意を払い、事故のない尼崎を目指しましょう!
(写真は事故立会の様子)

 

事故立会のようす

大切な自転車を守りましょう!

 これまでに、当ブログでもご紹介させていただいたとおり、今年度、当課では自転車盗難防止に関するポスターを3種類作成させていただきました。縦長のポスターは市内の自転車販売店に、横長のポスター(2種類)は市内の商業施設に掲示をお願いしています。もうご覧いただきましたでしょうか?
 もっともっと多くの人にご覧になっていただくため、JR尼崎駅改札を出て北に向かう自由通路にある、尼崎市掲示板にも、先月からこの3枚のポスターを掲示しています。ご通行の際、待ち合わせの際など、見ていただけると幸いです。
 なお、警察発表の速報値では、平成27年1月~12月の自転車盗難の認知件数は、2,473件と前年から284件減少したようですが、今年も、自転車盗難を減らすために精一杯頑張ります!みなさんも、引き続き、1複数の鍵をかける(ツーロック)、2駐輪場など決められた場所にとめる、3防犯登録をする、を心がけ、大切な自転車を守りましょう!
 

尼崎市掲示板のようす

私たちはひったくりを許さない!

 平成に入って常に3桁だった年間のひったくり認知件数を、平成27年は71件(速報値)まで削減することができました。
 平成26年(150件)と比較すると、79件削減(53%減)、街頭犯罪防止に取り組む以前の平成24年(258件)と比較すると、187件削減(72%減)することができました。
 しかしながら、ここで気を抜くことはできません。あくまで目標はひったくりの撲滅!今年も引き続き、ひったくり撲滅に向けた取り組みを強化していきます。
 市民の皆様におかれましても、「自転車のカゴにはカゴネットをつける」「道を歩く際は壁側にバッグをもつ」など、“ひったくりにあわない”防犯対策を行っていただき、ひったくり撲滅に向け、ご協力をお願いいたします。
 決意を新たにするために、平成25年9月2日に尼崎市・3警察署・4防犯協会と協同で行った「ひったくり撲滅宣言」を再掲します。

 【ひったくり撲滅宣言】
 市民が日常生活の中で安全や安心を実感して暮らすことのできるまちの実現は、私たち尼崎市民の願いです。
 私たちは、高齢者や女性等を狙ったひったくり犯罪者が、市民の安全で安心な暮らしを脅かすことを決して許すことはできません。
 本日を機に決意を新たにして、私たちは自ら行動し、協力しあい、連携を強めながら、「ひったくりにあわない」「ひったくりをさせない」「ひったくりを許さない」ことを旨とし、行政、警察、市民、事業者が連携し、安心で安全に暮らせるまちの実現のために、ひったくりを撲滅することをここに宣言します。

引き続き、交通死亡事故が多発しています!

 新しい年となりました。今年も「生活安全課ブログ」をよろしくお願いいたします。

 新年早々、うれしくないお知らせです。
 年末、12月26日と12月28日に死亡事故が発生しました。
 これにより、平成27年市内で発生した交通死亡事故は15件、16名の方が亡くなられたことになります。平成26年に発生した死亡事故件数が9件、9名ですから、かなり悪い結果となってしまいました。
  また、阪神南県民センター管内で、上記2件を含め、12月26日から1月1日の7日間で交通事故により3名が亡くなったとなったことから、1月4日から1月13日までの間、交通死亡事故多発注意報が発令されています。

 事故の原因は様々ですが、歩行者や自転車による無理な横断や信号無視も原因のひとつと考えられます。特に、夜間は車から自分のことが見えていると思っていても、実際には認識されていない場合も多くあります。
 また、ドライバーは、通り慣れている道は「いつもと同じだろう」と気が緩みがちになり、歩行者の発見が遅れてしまうこともあります。慣れた道ほど細心の注意を払いましょう。

 平成28年は、一人ひとりが交通ルールを守り、事故のない尼崎にしたいと思います。交通安全教室をはじめ、啓発活動を行っていきますので、みなさんの協力をよろしくお願いいたします。

市内各所で交通死亡事故抑止キャンペーンを行いました。

  12月16日から県下全域に発令されている交通死亡事故多発警報を受けて、市内各所でキャンペーンを行いました。
  12月21日に実施したJR尼崎駅前における市内3警察署、阪神南県民センター、兵庫県交通安全室、尼崎市の合同キャンペーンを皮切りに、阪急武庫之荘駅(12月22日)、市役所本庁舎内(12月24日)、JR立花駅(12月25日)において、それぞれ交通事故防止の啓発チラシを配布するとともに、通行される方々に向けて市内で死亡事故が多発している旨をお伝えし、注意を促しました。
  交通事故は一人ひとりの心がけで防ぐことができます。
  年末年始は何かと気が緩みやすくなる時期ではありますが、そんなときこそ、より一層ルールやマナーをしっかりと守り、よい新年をお迎えください。

 

JR尼崎駅前におけるキャンペーンの様子

市内で死亡事故が多発しています。

  12月11日(金曜日)に小中島3丁目の交差点で普通乗用車と中型貨物車による死亡事故がありました。高齢者が運転する普通乗用車が、理由は不明ですが、反対車線に出て進行したため、中型貨物車と正面衝突し、普通乗用車の運転手と同乗者の計2名がお亡くなりになりました。
  高齢ドライバーの交通事故の特徴として
・前をよく見ていない
・車両や歩行者の動きをよく見ていない
・交差点等での安全不確認
・ブレーキ、アクセルの踏み違い
などが挙げられます。高齢になると「認知・判断」に遅れと不正確さが見られます。安全確認を徹底し、無理な運転はやめましょう。

  また、12月13日(日曜日)に左門橋西詰で死亡事故がありました。普通乗用車が左門殿川上流方向から右折する際に、自転車と衝突して、自転車利用者がお亡くなりになりました。自転車利用者が横断を行う際、横断歩道の途中から外れ、車道を斜めに横切って横断しており、普通乗用車の運転手からの発見が遅れたことも原因のひとつと考えられています。
  横断歩道の斜め横断や、横断歩道のない箇所での乱横断は大変危険です。慣れた道でも事故につながる危険があることを忘れずに気を引き締めて通行しましょう。

  兵庫県下全域において交通死亡事故多発警報が発令中です!一人ひとりが十分に注意し、事故のないあまがさきを目指しましょう!!

  (写真は小中島3丁目における事故立会のようす)

 

小中島3丁目における事故立会のようす

兵庫県下全域に交通死亡事故多発警報が発令されました!

 兵庫県交通安全対策委員会が定める交通死亡事故多発警報発令実施要綱の発令基準に該当したため、平成27年12月16日付けで、兵庫県下全域において「交通死亡事故多発警報」が発令されました。この警報は1225日まで継続します。

 非常に残念なことに、この警報発令の原因となった死者12名のうち4名は尼崎市で発生した交通事故で死亡された方で、この4名を合わせて今年はすでに市内で15名の方が亡くなるという非常事態です。

 このことから、阪神南県民センターにて関係機関が集まり、交通死亡事故抑止緊急対策会議を開催しました。それぞれの機関でできることを出し合い、全力で交通事故抑止に取り組むことを確認しました。

 12月21日にはJR尼崎駅前にて合同キャンペーンを実施します。
みなさん、年末の忙しい時期ですが、余裕をもった運転をこころがけ、慣れた道ほど細心の注意を払いましょう。自動車、自転車を運転するときには、早めのライト点灯をお願いします。

 

尼崎市内3警察署「交通事故抑止隊」発隊式に参加しました。

  市内での交通死亡事故多発を受けて、12月14日(月曜日)に尼崎南署西分庁舎にて、尼崎市内3警察署「交通事故抑止隊」発隊式が行われました。尼崎南警察署長の訓示を受けた後、尼崎北署員が決意表明を行い、白バイやパトカーが出動していきました。
  その後、尼崎南署西分庁舎前にて通行される歩行者や自転車利用者を対象に、交通事故防止に向けた啓発活動を行い、市内で死亡事故が多発していることをお伝えしたり、自転車に反射材を装着したりしました。皆さん、お忙しいところ、足を止めて熱心に耳を傾けてくださいました。
  これ以上悲惨な事故が起きないように、警察と連携し、我々も精一杯取り組んでいきます。
 

尼崎市内3警察署「交通事故抑止隊」発隊式のようす

市内で死亡事故が多発しています。

  12月10日(木曜日)夕方、桂木交差点において交通死亡事故が発生しました。普通乗用車と原動機付自転車が衝突し、原動機付自転車を運転されていた方がお亡くなりになりました。
  交差点での信号の変わりめは大変危険です。交差点を通行する際は、特に気配り目配りをするよう心がけましょう。
  さらに、このほかにも市内で交通死亡事故が複数発生する非常事態となっております。毎年この時期は、事故が発生しやすい傾向にあります。日が短くなり、対向車や自転車、歩行者の動きが見えづらくなります。自動車、バイクは早めのライト点灯、歩行者の方は反射材の着用を意識的に行いましょう。また、年末に近づくにつれてさらに慌ただしくなることと思いますが、心にゆとりをもって行動し、事故のない尼崎を目指しましょう。

  (写真は桂木交差点における事故立会のようす)
 

事故立会のようす

年末特別警戒“防犯ローラー作戦”実施中です。

 尼崎市では、平成が始まって27年目で初めての、ひったくり認知件数100件を目標に“防犯ローラー作戦”を実施中です。
 市が保有する24台の青色防犯パトロールカーをフル活用し、市内全域を対象にした年末特別警戒パトロールをしています。
 実施に際しては、過去に本市で発生したひったくり現場の情報を各車両と情報共有した上で、パトロールを行い、戦略的なひったくりの発生抑止を図っています。
 特に街頭犯罪防止事業の担当課である生活安全課では、12月31日まで土曜日、日曜日や祝日を返上し、夜間のパトロールを行うなど徹底したパトロールを実施中です。
 また、市の青色防犯パトロールカー以外にも、地域の防犯グループの皆さんが青色防犯パトロールカーを活用して、防犯パトロールを実施しています。(画像は園田地区のパトロールカー)
 今後も、本市は地域の皆さんと連携して、街頭犯罪の防止に努めます。

青色防犯パトロールカー

園田東中学校で自転車教室を実施しました。

12月9日(水曜日)、園田東中学校で自転車教室を実施しました。全校生徒600人が参加しました。体育館での講義の後は、3年生のみ運動場に出て実際に自転車を乗りながら学びました。知っていたこと、知らなかったこといろいろあったかと思いますが、今回学んだことをぜひとも日々の生活の中で生かしてほしいと思います。

講義のようす

園田小学校で自転車教室をしました。

12月8日(火曜日)、園田小学校で自転車教室を実施しました。3年生118人が参加しました。多目的室で講義をした後、運動場に出て実際に自転車に乗ってルールを学びました。自転車は保護者の方が小学校まで持ってきてくださり、皆さんの協力のもと実施することができました。

自転車教室のようす

女性が考える“これからの安全・安心”をテーマに、市長・市内3警察女性警察官・女性市役所職員が公開対談を行いました。

   ひったくりにおいては、被害者の9割が女性であり、また、高齢女性も交通事故の被害者になるなど、女性には一層の注意を払っていただきたいと考えています。
   一方、市内の3警察署では多くの女性警察官が様々な分野で日夜奮闘されているとともに、市役所においても女性職員が防災や交通安全など安全・安心のまちづくりに取り組んでいることから、稲村市長と最前線の現場で活躍する女性警察官、女性市役所職員が、安全安心に暮らすための心構えや市民に伝えたいことを女性の目線で語り合いました。
  まず、話題に挙がったのは自転車です。尼崎市は、自転車の利用者が多く、自転車関連事故も多数発生しています。自動車と違って、気軽に乗れるため、ルールなども軽視されがちです。ルールやマナーを無視した大人を見て子供が間違った認識を持っては困るので、警察と市が連携して、しっかりと大人への教育・啓発を進めることで意見が一致しました。
  女性ならではの注意点も語り合いました。一つのことに集中したら、周りが見えない方が多いそうです。速度超過時にマイクで停止を促しても気付かずに走り続ける女性ドライバーもおられるとか。そのような特性も、ひったくりされやすさに、繋がっているのかもしれません。後ろを振り返るくせなどをつけて、隙の無い行動を心がけましょう。
 また、ひったくり犯は、弱者をターゲットにするので、まず、女性には自分が弱者と見られていることを自覚してもらわなければなりません。その上で、後ろを振り返るなどの対策をとってください。また、背筋をピンと伸ばすだけでも、隙のないイメージを抱かせることができ、効果的だそうです。女性は、歩き方も美しくみえるというメリットもあり、一石二鳥との話です。 参加者は、今後も、女性ならではの意見を活かした、様々な取組での連携を約束して、対談を終了しました。

対談の様子

「ひったくり防止の日」のキャンペーンを開催しました。

平成27年12月2日(水曜日)、11時から立花商店街にて「ひったくり防止の日」のキャンペーンを開催しました。年末年始に向けて、ひったくり防止の啓発するため、この日は尼崎北警察署と尼崎北防犯協会とベイコミュニケーションズと共に、商店街を歩き、ひったくり撲滅に対する呼びかけや、駐輪場から自転車を出し入れする市民の方にひったくり防止を呼びかけながらチラシやカゴネットを配布しました。
年末年始は職員による自主防犯パトロールをより強化して実施いたします。市民の皆様も被害に遭わないよう、ご注意していただき、よい新年をお迎え下さい!!

キャンペーンの様子

育児サークル「あゆみ会」で交通安全教室をしました。

12月2日(水曜日)、10時から育児サークル「あゆみ会」で交通安全教室を行いました。あゆみ会は今年2回目になり、12月のテーマはクリスマスです。交通安全の勉強をしたあとは、頑張ったご褒美にサンタさんとトナカイさんがプレゼントを持ってきてくれました。サンタさんに質問をしたり、プレゼントをもらって一緒に写真をとったりとみんなとてもうれしそうでした。

交通安全教室のようす

キャンペーンに参加しました。

12月1日(火曜日)、16時から尼崎南警察署前で行われた年末の交通事故防止運動のキャンペーンに参加しました。尼崎南警察署員、交通安全協会、地域交通安全活動推進委員の方や企業、県立尼崎高等学校の生徒の人たちと啓発活動を行いました。歩行者の方や自転車に乗る人にチラシや啓発グッズを配り、ドライバーには早めのライト点灯や飲酒運転根絶を呼びかけました。
年末は、師走特有の気ぜわしさや、忘年会などで飲酒の機会が増えることに加えて、交通量の変化を伴うことから、交通事故の多発が懸念されます。交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践で、交通事故防止に努めましょう。

キャンペーンのようす

塚口小学校で自転車講習をしました。

12月1日(火曜日)、10時から塚口小学校でPTA対象の自転車講習を実施しました。PTAの役員の方16名が参加しました。尼崎北警察署の方の講話やDVDの視聴、確認テストなどを行いながら自転車の交通ルール、マナーについて学びました。他にも自転車保険の義務化のこと、講習制度のことなど警察の方から詳しい話があり、みなさんとても熱心に講習を受けていました。

自転車講習のようす

新ポスターが完成しました。

   当課では、市内における街頭犯罪認知件数の約半数を占める自転車盗難の減少に寄与するため、自転車販売店向けポスターを作成したところです。(先日、当ブログで紹介させていただきました。)
   このたび、自転車販売店以外においてもより広く啓発を図るため、新たなポスターを作成しました。近々、市内の商業施設に掲示していただく予定です。お買い物やお出かけの際にこのポスターを見かけられましたら、是非参考になさって下さい。ポスターにより、ひとりでも多くの方に自転車のかぎ掛けを実践していただければ、と思います。
   また、商業施設の方で、12月中旬までにこちらのポスターが届かない方、届いてはいても追加で貼ってくださる方にお知らせです。ご用意している数に限りはありますが、お申し出いただければ可能な限りお送りします。生活安全課(6489-6502)までご連絡をお願いします。たくさんのご協力をお待ちしています。
 

自転車盗難防止ポスター2(イメージ)

自転車盗難防止ポスターその2(イメージ)

自転車盗難防止ポスターその3(イメージ)

自転車盗難防止ポスターその3(イメージ)

キャンペーンに参加しました。

  平成27年11月11日(水曜日)、三和本通商店街付近にて行われたキャンペーンに参加しました。
  尼崎南警察署員と地域交通安全活動推進委員、三和本通商店街振興組合の方々と共に、自転車のルールやマナーについての啓発活動を行いました。
  商店街付近を通行される方々に向けて、自転車の安全利用に関するチラシやティッシュの配布を行いました。また、だんだんと日が短くなる季節なので、反射材が未装着の方には反射材も併せて配布しました。
  今回のキャンペーンを通じて、市内の自転車利用者の方が、自転車のルール遵守やマナー向上に向け、より一層気を引き締めてくださるのではないかと思います。みなさんの手で事故のない尼崎を目指しましょう!
 

キャンペーンのようす

市政出前講座を実施しました。

平成27年11月1日(日曜日)、10時から潮小学校体育館にて、潮江地区及び近隣にお住まいの方を対象とされた自転車交通安全教室に市政出前講座として参加させていただきました。

尼崎東警察署の方が自転車のルールやマナーの講義、自転車シュミレーターを使った実技講習を行い、当課からは、今年度の新規事業として作成中の自転車関連事故マップを初お披露目させていただきました。自転車関連事故マップは、市内で多発している自転車関連事故の発生場所を小学校区ごとに地図に落としたもので、これを見ていただくことで、特に事故が多発している場所や、全域で事故が発生している様子がわかっていただけると思います。身近に事故が発生していることを知ってもらうことで、一人ひとりが事故を防ぎ、安全運転していただければと思います。

自転車関連事故マップは、順次作成し、交通安全教室で活用するほか、ホームページでも公開予定です。

当ブログで紹介している交通安全教室のほか、生活安全課では、今回のように、事務職員が出向き、交通事故の現状や市が行っている交通安全対策などをお話する市政出前講座も行っています。

潮江出前講座

「尼チャリ3K大作戦!!キャンペーン」に参加しました。

 平成27年10月17日(土曜日)「尼チャリ3K大作戦!!キャンペーン」に参加しました。
 このイベントは、本市において自転車盗難が街頭犯罪認知件数の約半数を占めること、ひったくりの認知件数が多いこと、また、自転車関連事故が人身事故の約4割と高い水準にあること(注)から、1カギをかける、2かごにはひったくり防止カバーをかける、3交通事故防止の3点の頭文字をとり「3K」として対策に取り組む目的で市内3警察署が主催したものです。
 尼崎南警察署長の挨拶に始まり、成良中学校吹奏楽部による演奏、啓発グッズの紹介・配布など、大勢の市民の方々が見守る中、大盛況の内に終了しました。
 また、イベントの中では本市の防災担当局長からも挨拶をさせていただき、本市としては先述の3KにもうひとつのK「決められた場所に停める」を含めて4Kとして対策に取り組んでいくので市民の皆さまにも注意を払っていただくよう呼びかけました。

(注)平成26年1月から12月までは、
・ 市内の街頭犯罪認知件数5,721件のうち、2,757件が自転車盗難
・ ひったくりの認知件数は150件
・ 市内の人身事故2,415件のうち、自転車関連事故1,009件
 

新たな啓発手法(電柱巻きシート)の紹介

新たな啓発手法(電柱巻きシート)の紹介

防災担当局長の挨拶

防災担当局長の挨拶

市民の警察官賞・交通安全功労者の表彰式を実施しました

10月15日(木曜日)「尼崎市民の警察官賞」の表彰式を行いました。
この「尼崎市民の警察官賞」は日夜公共の秩序の維持と社会正義のために活躍している尼崎市内の警察署に勤務する警察官の勇敢な行動や顕著な功績を顕彰し、その労をねぎらうとともに、これを市民に紹介し、市民と警察のよりよきつながりを通じて明るい尼崎市の実現を念願し、毎年行っているものです。
今年度は、市内3警察署から各1名ずつ受賞者を決定し、表彰いたしました。
皆さんそれぞれ、地域における市民の安全・安心に多大な貢献をされた方で、市内にはこの3名のような素晴らしい警察官がいらっしゃることを改めて実感し、日頃の感謝の気持ちをこめて、大きな拍手をお贈りさせていただきました。

また、同日、尼崎市交通安全功労者等表彰式を行いました。
尼崎市交通安全功労者等表彰とは、交通事故防止のため、交通安全指導、または交通安全思想の普及に貢献のあった個人および団体を表彰することにより交通安全に対する認識を深め、その増進を図ることを目的として毎年行っているものです。
今年度は、交通安全功労者として3名2団体を、交通安全優良運転者として3名を、交通安全優良事業所として3事業所を表彰させていただきました。
交通事故の防止は、今回表彰された皆さんをはじめ、市民の皆様お一人おひとりの安全意識によって支えられています。今後も市民の皆様と手を取り合って、事故のない尼崎を目指していきましょう。

受賞者の氏名、団体名及び当日の写真は、市報11月号に掲載いたします。どうぞご覧ください。

自転車の盗難防止に関するポスターとチラシを作成しました。

市内における街頭犯罪(注)の認知件数のうち、約半数を自転車盗難が占めています。昨年1月から12月までの自転車盗難の認知件数は2,757件と、1日におおよそ7.5件も発生していることとなります。
そこで、自転車販売店を訪れる市民の方に自転車盗難防止を意識していただくため、市内の自転車販売店にご協力いただき、自転車の盗難防止に関するポスターとチラシの設置を始めました。自転車の購入やパンクの修理などで自転車販売店に行かれる際に、是非参考にしてみてください。

チラシの中でも触れていますが、自転車盗難防止に向けて
1 決められた場所に駐輪する。
2 防犯登録を行う。
3 ツーロック施錠を行う。

あなた自身の手で大切な1台を守りましょう!!

(注)街頭犯罪とは、道路等の公共空間における犯罪のうち、市民が身近に不安を感じていると考えられる1路上強盗、2強制わいせつ、3ひったくり、4車上ねらい、5自動販売機ねらい、6自動車盗、7オートバイ盗、8自転車盗、9部品ねらい、10器物損壊等の10種類をいいます。(参考:兵庫県警ホームページ)
 

自転車盗難防止に関するポスター

秋の全国交通安全運動

平成27年9月18日(金曜日) 午前10時半から中小企業センター、午後1時半から塚口さんさんタウンスカイコム、午後2時から浦風小学校にて秋の全国交通安全運動に伴うキャンペーンが開催されました。

本市では今年に入り交通死亡事故がすでに10件も発生しており、ここ数年で最も交通事故での死亡者が多い年となったことを受け、交通事故が自分にも起こりうることであり、交通ルールやマナーを守ることが事故の減少につながることを参加者全員で再認識しました。

 9月21日(月曜日)から30日(水曜日)は秋の全国交通安全運動の実施期間です。秋は日没が早くなり、交通事故が多発する時期となります。お出かけの際には、反射材を身につけたり、自転車のライトを点灯するなど、車両から「見てもらえる」工夫をしてください。一人ひとりが事故防止のためにできることを実践し、また、交通事故を起こさぬよう、交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

10月1日からは、県条例により自転車を利用する際の損害賠償保険等への加入が義務化されます。自転車を利用される方は事故に備えて保険にも加入しましょう。

【義務となる保険等は、自転車事故により生じた他人の生命や身体の損害を補償することができる保険または共済です。つまり、自転車の運転中などに他人の身体に損害を与えてしまった場合に保険金が支払われる保険等であればどのようなものでも結構です。既に加入されている火災保険や自動車保険の特約で対応できる場合もありますので、ご自身が加入している保険内容をまずご確認の上、必要に応じてご自身に合った保険に加入してください。】

キャンペーン写真

尼崎市内でひったくりが多発しています!

9月に入り、市内でひったくりが多発しています。発生時間、発生場所は以下のとおりです。

・9月4日(金曜日)  午前11時27分発生 杭瀬北新町3丁目
・9月4日(金曜日)  午後3時09分発生  次屋2丁目
・9月9日(水曜日)  午前0時22分発生  浜1丁目
・9月12日(土曜日) 午後9時25分発生  上坂部2丁目
・9月14日(月曜日) 午後7時50分発生  東園田町5丁目
・9月15日(火曜日) 午後12時10分発生 武庫町2丁目
・9月17日(木曜日) 午前3時02分発生  尾浜町2丁目
・9月17日(木曜日) 午後17時30分発生 浜2丁目

現在、バイクに乗車してひったくりを行う事案が増加しています。また、置引きやカバンをひったくられる際に怪我を負うといった街頭犯罪も発生しています。

・自転車の前カゴにはカバーをつける。
・カバンは車道と反対側に持つ。
・後方から来る自転車やバイクに注意する。

などを日頃から心がけ、ひったくりに遭わないよう注意しましょう。

死亡事故多発に伴う特別警戒発隊式及び交通事故防止啓発キャンペーンに参加しました。

9月16日(水曜日)に特別警戒発隊式及び交通事故防止啓発キャンペーンに参加しました。先日、市内で今年10件目となる交通死亡事故が発生したことを受けて、今回、市内3警察署合同で開催されたものです。
尼崎北警察署長の訓示に始まり、南署員による宣誓、パトカーや白バイの発隊式などを間近に拝見し、交通事故防止という目標に向かっての決意を新たにしました。
発隊式の後には交通事故防止啓発キャンペーンに参加しました。市民の方に注意喚起のチラシや啓発グッズをお渡しし、交通安全意識の高揚を図りました。
今後も市内の警察署と連携し、事故のない尼崎を目指していきます。
 

特別警戒発隊式の様子

平成27年度「全市一斉ひったくり撲滅運動」実施しました。

9月2日(水曜日)にJR尼崎駅北側広場で「全市一斉ひったくり撲滅運動」を実施しました。
本イベントには、市内3警察署及び4防犯協会を始め、兵庫県阪神南県民センター、市内の企業や大成中学校の吹奏楽部の生徒さん等、たくさんの人々に参加頂きました。
冒頭の稲村市長の挨拶の中で、平成25年9月2日に「ひったくり撲滅宣言」以降の取組みの成果について説明が行われました。ひったくり撲滅宣言の平成24年のひったくり発生件数は258件であったのに対し、平成25年は175件、平成26年は150件と連続で減少。平成27年の8月末時点で59件と、平成24年同時期に比べると3分の1にまで減少したとの説明がありました。今年はひったくり発生件数を100件未満に抑えるという目標を掲げ、ご参加頂いた皆さんにひったくり撲滅に向けて共に頑張っていきましょうと呼びかけました。

セレモニー後は市内3警察署と本市職員による市内一斉パトロールを実施したほか、前かごカバー等の防犯グッズを配布する啓発を稲村市長も参加して、行いました。
 

本市では、毎月2日を「ひったくり防止の日」とし、市内商業施設等の自転車利用者に対する啓発を行っているほか、カメラを特定位置に固定しない可動式防犯カメラの設置や、地域への防犯カメラの設置補助を行うなど、ひったくり撲滅に向けた更なる取組みを進めているところです。

尼崎市が「安全で安心して暮らせるまち」になることを願って、尼崎市からひったくりを撲滅するとの強い決意を持って、警察や関係団体と力を合わせて街頭犯罪とこれからも戦っていきます。

「ひったくり撲滅宣言」以降の取組みの成果について説明を行った稲村市長

「ひったくり撲滅宣言」以降の取組みの成果について説明を行った稲村市長

市内からひったくりを撲滅するとの誓い新たに握手を交わしました。

市内からひったくりを撲滅するとの誓い新たに握手を交わしました。

防災担当局の共通ユニフォーム「防災&防犯、交通安全ジャンバー」を作成しました。

防災担当局の共通ユニフォーム「防災&防犯、交通安全ジャンバー」を作成しました。

死亡事故が発生しました。

9月9日(水曜日)に瓦宮2丁目にて死亡事故が発生しました。今年10件目の死亡事故です。先日、当ブログにて紹介させていただいたように、昨年1年間の本市の死亡事故件数は9件であるので、現時点で昨年1年間の死亡事故件数を上回っていることとなります。

今回の事故は自転車に乗った女性が右折しようとしたところ、対向車と衝突し、数時間後に死亡されました。
このような痛ましい事故をこれ以上繰り返してはなりません。だんだんと過ごしやすい季節になり、自転車を利用される方も多いと思います。自転車利用時には右左折時に対向車の動きに十分注意しましょう。

(写真は死亡事故現地検討会のようす)
 

死亡事故現地検討会のようす

武庫愛の園幼稚園で交通安全教室をしました。

平成27年9月10日(木曜日)10時30分から武庫愛の園幼稚園で交通安全教室を実施しました。園児630名が参加しました。うさぎのミミちゃんとカメのゴーちゃんの人形劇を見たり、尼崎北警察署のおまわりさんの話や交通安全のDVDを見ました。大勢の人数なので、後ろの子どもたちは遠くに座っていましたが、一生懸命に話を聞いていました。

交通安全教室のようす

立花幼稚園で交通安全教室をしました。

平成27年9月8日(火曜日)13時30分からと9日(水曜日)11時から、2日間立花幼稚園で交通安全教室を実施しました。8日は年長組63名、9日は年中組42名保護者37名が参加しました。尼崎北警察署のおまわりさんの話を聞いたり、交通安全のDVDを見ました。最後にカメの手品をしました。信号機の黄色はすぐに赤に変わるので止まりましょうと約束しました。

交通安全教室のようす

死亡事故が多発しています。

9月6日(日曜日)の未明、下坂部3丁目にて死亡事故が発生しました。

今年9件目の死亡事故です。

9件の死亡事故というのは、昨年1年間に本市で発生した死亡事故件数と同数です。それくらい本市では今年死亡事故が多発しています。

死亡事故の主な原因として、歩行者や自転車による無理な横断や信号無視が考えられます。特に夜間帯は車から自分のことが見えていると思っていても、実際には認識されていない場合も多くあります。

無理な横断や信号無視は事故のもとです。

自分の大切な命を守るため、交通ルールを守り、無理な横断や信号無視はやめましょう。また、 歩行者や自転車利用者が夜間に交通事故に遭わないようにするためには、反射材用品やLEDライト等を活用することも効果的です。これから日没が早くなります。夜間にお出かけの際は車両から視認されやすいような服装等をこころがけましょう。

(写真は、9月9日に行われた死亡事故現地検討会の様子)

死亡事故現地検討会の様子

園田公民館で交通安全教室をしました。

平成27年9月7日(月曜日)、10時から園田公民館で交通安全教室を実施しました。幼稚園、小学校や自主団体のオピニオンリーダーの方20名が参加しました。主にテーマは自転車についてで、尼崎東警察署の方からの講話や自転車のルールに関するDVDを見ました。最後の質疑応答でも、「実際に事故にあった場合はどうすればよいか」などいくつも熱心に質問されたり、自分自身の体験談を全体で共有していました。

交通安全教室のようす

尼崎市内でひったくりが連続発生しました!

9月4日(金曜日)、尼崎市内で3件のひったくりが連続発生しました。発生時間、発生場所は以下の通りです。

午前11時27分発生 杭瀬北新町3丁目

午後 1時46分発生 若王寺3丁目

午後 3時09分発生 次屋2丁目

犯人は自転車に乗った男1名です。尼崎市内では、犯人が自転車に乗車してひったくりを行う事案が増加しています。

・自転車の前かごに防犯ネットをつける。

・カバンは車道と反対側に持つ。

・後方などから来る車両に注意する。

などを日頃から心がけひったくりに遭わないよう注意しましょう。

自転車保険に加入してください。

市報9月号でもお知らせしているところですが、平成27年10月から、兵庫県が制定した「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」により、兵庫県内で自転車を利用する場合、保険等に加入しなければなりません。
義務付けられる保険等は、自転車事故を起こした場合に、他人の生命又は身体の損害を補償することができる保険又は共済をいい、例えば、TSマーク付帯保険、ひょうごのけんみん自転車保険をはじめ、自動車保険や傷害保険等に付帯される個人賠償責任保険などがあります。

特に、尼崎市は自転車が関連する事故が県内の他市町に比べ多い状況にあります。自転車事故は『ひとごと』ではありません。いつ自分が加害者や被害者になるかわかりません。もしものために、まだ加入されていない方は、お早目に自分に合った保険を選択して加入しましょう。

杭瀬ふれあいセンターで交通安全教室をしました。

平成27年9月1日(火曜日)10時30分から、杭瀬ふれあいセンターで交通安全教室をしました。13名が参加しました。2歳と3歳の子どもたちで信号について勉強したり、うさぎのミミちゃんとかめのゴーちゃんと握手もしました。最後はお母さんと手をつないで、一緒に信号や踏切を渡る練習をしました。保護者の方は、子どもと道路を歩く時は大人が車道側を歩くことや子ども同士で手をつながせて道路を歩かないということにも気をつけてもらいながら歩きました。

交通安全教室のようす

育児サークル「モンチッチママ」で交通安全教室をしました。

平成27年8月25日(火曜日)、10時15分から育児サークル「モンチッチママ」で交通安全教室を実施しました。全4回ある中の2回目です。親子15名が参加しました。警察の講話を聞いたり、「はなかっぱの交通安全」のDVD を見たり、親子で右左右を見て横断歩道を渡る練習もしました。私たち大人が子どもの見本となるように、これからも交通ルールをしっかり守っていきましょう。

交通安全教室のようす

事故防止現地検討会に参加しました。

事故防止現地検討会に参加しました。
8月13日(木曜日)、大庄北の市道で死亡事故が発生し、尊い命が失われました。
今年に入って7件目の死亡事故です。(昨年8月末時点では3件、昨年に比べて多発しています。)
一人ひとりが交通ルールを守り、事故のない尼崎を目指しましょう!
(写真は事故防止現地検討会のようす)
 

事故防止現地検討会のようす

教育総合センターで交通安全教室をしました。

平成27年8月17日(月曜日)14時からと翌18日(火曜日)14時50分からの2日間、教育総合センターで交通安全教室を実施しました。近くの小学校の児童ホームの子どもたちや小学生や幼稚園の親子合わせて81名が参加しました。はじめに「はなかっぱの交通安全」のDVDを見たあと、警察から県内や市内の自転車事故の状況や自転車講習制度について、10月からの兵庫県条例における自転車保険加入の義務化などの話がありました。その後は、子どもたちやお母さんに自転車シミュレーターに乗って運転してもらいながら、具体的な自転車の交通ルールについて学びました。

交通安全教室のようす

浜つばめ保育園で交通安全教室を実施しました。

平成27年8月4日(火曜日)、10時から浜つばめ保育園で交通安全教室をしました。園児55名と地域の親子6組が参加しました。部屋の中で交通安全のDVDを見たり、尼崎東警察署の方の話を聞いたりした後は、信号や踏切を渡る練習をしました。

交通安全教室のようす

地域総合センター水堂で交通安全教室をしました。

平成27年7月31日(金曜日)、10時から地域総合センター水堂で交通安全教室を実施しました。水堂保育所の園児や地域の小学生合わせて57名が参加しました。ミミちゃんカメちゃんの人形劇を見たり、「アラジンと魔法のランプの交通安全」のDVDをみたりしました。室内で模擬の信号や踏切を渡った後は、「飛び出しはやめよう」「道路では遊ばない」「信号を守ろう」の3つのお約束をみんなと一緒にしました。

交通安全教室のようす

地域総合センター神崎で自転車の講習を行いました。

平成27年7月30日(木曜日)、地域総合センター神崎で自転車の講習会を実施しました。地域の方25名が参加しました。自転車ルールについてのDVDをみたり、自転車利用五則についてや尼崎東警察署の方からは6月1日の道路交通法改正で施行された自転車の講習制度や兵庫県の自転車条例の説明がありました。

自転車講習会のようす

園田公民館で交通安全教室をしました。

平成27年7月30日(木曜日)、10時から園田公民館で親子対象の交通安全教室を実施しました。53名が参加しました。うさぎのミミちゃんとカメのゴーちゃんとの握手会や、「はたらくくるま」の曲にあわせてペープサートをしたり、「はなかっぱの交通安全」のDVDをみました。握手会では、みんな積極的に前に出て元気に握手をしたり、一緒に写真も撮りました。その後は、お母さんと手をつないで信号や踏切を渡る練習をしました。

交通安全教室のようす

大庄地区会館で自転車教室をしました。

平成27年7月27日(月曜日)、9時30分から大庄地区会館で自転車教室を実施しました。地域の方や高齢者の方100名、中学生40名が参加しました。自転車の交通安全ということで、尼崎市での事故の状況や今回の法改正についての尼崎南警察の講話や質疑応答、自転車事故の検証についてのDVDもみました。その後、尼崎南安全協会の方が交通安全についての腹話術を披露したり、自転車シミュレーターを使った走行を中学生が行ったりしました。最後は、近くの大庄公園で自転車点検の仕方と自分の自転車に乗り、模擬のコースを使った実践で自転車のルールを学びました。

自転車教室のようす

園田慈愛幼稚園親子学級で自転車教室をしました。

平成27年7月24日(金曜日)、10時から園田慈愛幼稚園で自転車教室をしました。親子学級の親子と慈愛幼稚園の子の合計74名が参加しました。尼崎東警察署の方から法改正の話を聞いたり、自転車のルールについてのDVDや幼児用の簡単なテストもお母さんや先生と一緒にしました。その後は、園庭に出て、自転車で走る練習をしたり、歩く練習をしました。来ていただいたお母さんには一時停止のところや自転車横断帯がない横断歩道のところで指導のお手伝いをしていただきました。後日、みんなには自転車免許証を発行しました。

自転車教室のようす

地域総合センター上ノ島で自転車の講習をしました。

平成27年7月22日(水曜日)、地域総合センター上ノ島で自転車の講習をしました。地域の高齢者の方20名が参加しました。自転車のルールをDVDや講話で学んだり、自転車の法改正についての説明を尼崎北警察署の方から説明を受けました。その後、自転車シミュレーターを使って、ルールに従って道路を走る練習をしました。

自転車講習会のようす

すみれ会で自転車の講習をしました。

平成27年7月21日(火曜日)、13時から久々知第一福祉会館で自転車の講習会をしました。ボランティアグループ「すみれ会」の方18名が参加しました。自転車のルールについてや6月から始まった自転車の講習制度のこと、4月に施行された兵庫県の自転車条例のことなどを学びました。講習会が修了したあとも、気になることなどを尼崎北警察の方に積極的に質問されていました。

自転車講習会のようす

ひさご会で自転車の講習をしました。

平成27年7月16日(木曜日)、15時30分から阪神医療生協ひさご会で自転車の講習会を実施しました。高齢者の方23名が参加し、自転車のルールや法改正についての講話を聞いたりDVDを見ました。みなさん大変興味深く聞いてくださり、最後の質疑応答でも熱心に質問をしていました。

自転車講習会のようす

園田学園女子大学で自転車の講習をしました。

平成27年7月16日(木曜日)、13時から園田学園女子大学で自転車の講習を行いました。看護学科など、実習で自転車を使う学生を対象に行い、100名が参加しました。ルール・マナーを守る大切さについての話の後に、実際に自転車のルールについてのDVDを見ました。尼崎北警察の方が、具体的な事故の例を挙げながら「自転車だからといって甘く見てはだめ」ということを学生たちに訴えました。

講習のようす

育児サークルてんとうむしで交通安全教室をしました。

平成27年7月16日(木曜日)、10時から育児サークル「てんとうむし」で交通安全教室を実施しました。親子15組が参加しました。全4回ある中の1回目です。うさぎのミミちゃんとカメのゴーちゃんと握手会をしたり、DVDをみたり、お母さんと一緒に横断歩道を渡る練習もしました。昨年度も交通安全教室を受けていた子どもは、「信号の青はどうしますか。」の問いに、3歳にもかかわらず、「右左見て歩く。」とすばらしい回答をしていました。

交通安全教室のようす

夏の交通事故防止のキャンペーンに参加しました。

平成27年7月15日(水曜日)、尼崎南警察署前で行われた夏の交通事故防止キャンペーンに参加しました。他にも地域推進委員、交通安全協会、企業、県立尼崎高等学校の生徒も参加しました。特に自転車に乗っている人やドライバーなどに事故防止の声かけやチラシの配布を行いました。県立尼崎高校の生徒たちは、「早めのライト点灯」の看板を持ち、ドライバーに啓発を行いました。

事故防止キャンペーンのようす

園和北児童ホームで交通安全の講習をしました。

平成27年7月14日(火曜日)、12時15分から園和北児童ホームで交通安全の講習を実施しました。児童ホームの先生対象に9名が参加しました。21日からこどもたちが夏休みに入ることから、こどもの防犯についての講話と自転車のルールについてのDVDを見たり、今回の法改正についてや児童ホームに通っている子どもたちに教えてほしい自転車のルールについての講話を行いました。こどもたちに伝える立場であるため、みなさんとても熱心にメモを取りながら話を聞いていました。

講習のようす

自転車には必ずツーロックを!

本日は、「自転車の盗難」についてです。

みなさん、自転車に鍵は付いていますか?
そして、その鍵はきちんとかけていますか?
さらに、鍵は2つ付いていますか?

なんと、鍵を2つ付けている自転車が盗難にあう確率はわずか0.3%!
絶大な効果ですね!ほんの少しのことで大切な自転車を犯人の手から守ることができます!(犯人は盗んだ自転車で不法駐輪したり、道路交通法違反をしたり、ひったくりをしたりするかもしれませんから、これらの2次被害も防止できます。)

みなさんも今日からツーロック生活、はじめましょう!
 

啓発ポスター

夏の交通事故防止キャンペーンに参加しました。

平成27年7月15日(水曜日)塚口さんさんタウンスカイコムで開催されました、夏の交通事故防止キャンペーンに参加しました。夏は、その暑さから注意力が散漫になり、交通事故につながることが少なくないことから、交通事故防止の大切さ、特に自転車の事故が多い本市の特性から、自転車のルールやマナーの徹底を参加者全員で再認識しました。その後、園田学園幼稚園の子どもたちからかわいい歌とダンスが披露され、「交通ルールを守りましょう」の唱和で締めくくられました。

 7月15日(水曜日)から24日(金曜日)は夏の交通事故防止運動の実施期間です。ひとりひとりが交通事故を起こさぬよう、交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

10月1日からは、県条例により自転車を利用する際の損害賠償保険への加入が義務化されます。自転車を利用される方は事故に備えて保険にも加入しましょう。

キャンペーン集合写真

金楽寺小学校で自転車の講習会をしました。

平成27年7月13日(月曜日)、14時45分から金楽寺小学校で自転車の講習会をしました。保護者45名、みまもり隊の方18名、教師15名が参加しました。自転車のルールについてのDVDを見たり、自転車点検の方法、尼崎東警察の方から今回の自転車の法改正についての解説がありました。最後の質疑応答では、みなさん熱心に質問していました。

自転車講習会のようす

難波愛の園幼稚園で交通安全教室をしました。

平成27年7月13日(月曜日)、10時から難波愛の園幼稚園で交通安全教室を実施しました。園児104名が参加しました。ホールでうさぎとかめの人形劇やDVDを見たり、尼崎南警察署の方の話では、おまわりさんが身に着けている警棒や手錠を見せてていただいたりもしました。参加したこどもたちはすべて年長組の子たちで、来年は1年生です。歩く勉強の時は、二人組で歩きましたが、隣の子に頼らないように自分で考えながら歩きました。

交通安全教室のようす

立花南小学校で自転車教室をしました。

平成27年7月10日(金曜日)、13時30分から立花南小学校で自転車教室を実施しました。3年生84名が参加しました。視聴覚室で尼崎北警察署のおまわりさんの話やDVDを見たり、確認テストを行いました。その後、校庭で自転車点検の仕方と模擬信号や踏切、自転車通行可の歩道などを交通ルールを守りながら自分の自転車で走行しました。ヘルメットを持ってきている子は、きちんと装着して練習しました。

自転車教室のようす

サカエ保育園で交通安全教室をしました。

平成27年7月10日(金曜日)、10時からサカエ保育園で交通安全教室を実施しました。園児72名が参加しました。部屋の中で尼崎南警察署のおまわりさんの話や交通安全のアニメのDVDを見たりした後、園庭で信号や踏切を渡る練習をしました。1歳児と2歳児は先生と一緒にみんなで渡って、そのままお散歩へ。それから年少、年中は二人組で、年長は一人ずつしっかり歩く勉強をしました。

交通安全教室のようす

立花愛の園幼稚園で交通安全教室をしました。

平成27年7月9日(木曜日)、10時30分から立花愛の園幼稚園で交通安全教室を実施しました。園児500名が参加しました。ホールでうさぎのミミちゃんやカメのゴーちゃんの人形劇やアラジンと魔法のランプの交通安全のDVDを見たり、尼崎北警察署の方の話を聞いたりしました。その後、年長組は園庭で信号や止まれの標識のところ、踏切などの渡り方の練習をしました。立花愛の園幼稚園は毎年交通安全担当の保護者の方がお手伝いしてくださり、今年も止まれの標識のある場所や信号のない横断歩道の渡り方をこどもたち一人ひとりに指導してくださいました。こどもたちも楽しそうな表情で道路の歩き方の勉強をしていました。

交通安全教室のようす

育児サークルママきっずで交通安全教室をしました。

平成27年7月8日(水曜日)10時30分から塚口総合センターで育児サークルママきっずさんと交通安全教室を行いました。親子14組、先生1名が参加しました。ウサギのミミちゃんとカメのゴーちゃんとの握手会のあと、ペープサートを見たり、はなかっぱの交通安全のDVDを見ました。その後、お母さんと一緒に信号や踏切を渡る練習をしました。

交通安全教室のようす

立花北小学校で自転車教室をしました。

平成27年7月7日(火曜日)13時20分から立花北小学校で自転車教室を行いました。児童74名が参加しました。講義と実技を行う予定でしたが、あいにくの雨により残念ながら実技指導は中止になり、講義のみとなりました。多目的室で尼崎北警察署の方のお話を聞いたり、ビデオを見たり、テストも行いました。特に警察の方の話はみんなとても真剣な表情で聞いていました。

自転車教室のようす

園田東小学校でPTCAの方向けの自転車教室を行いました。

7月6日(月曜日)園田東小学校にて、PTCAの方々を対象とした、自転車教室を行いました。尼崎東警察署の山本巡査部長より、6月1日の道路交通法改正について詳しいご説明を頂きました。子どもたちの手本となるような正しい交通ルールを身に付けようと、みなさん大変熱心に耳を傾けてくださいました。

自転車教室のようす

浦風小学校で自転車教室をしました。

7月3日(金曜日)浦風小学校にて、自転車教室を行いました。3年生31名です。教室でお話をきいたり、テストをしたりした後は、外で実技を行いました。尼崎東交通安全協会の金賞部会の方々もご指導に来てくださり、模擬道路のポイントごとにしっかりと学びました。

自転車教室のようす

レオ保育園で交通安全教室をしました。

7月3日(金曜日)レオ保育園にて、交通安全教室を行いました。室内の歩行訓練は短い距離でしたが、実際に道路を歩くように真剣に取り組んでいました。

交通安全教室のようす

事故防止現地検討会に参加しました。

7月2日(木曜日)に事故防止現地検討会に参加しました。
6月30日(火曜日)に国道2号の十間交差点にて死亡事故が発生しました。今年に入って5件目の死亡事故です。自転車の女性が横断歩道を横断中に大型貨物に巻き込まれて死亡するという大変痛ましい事故でした。このような事故を防ぐためにも、信号が青でも周囲の状況に注意しながら横断するように心がけましょう。また、特に交差点では互いに譲り合って通行するように心がけましょう。そんな小さな心がけがあなたの大切な命を救えるかもしれません。(写真は事故防止現地検討会のようす)

 

事故防止現地検討会のようす

若葉保育園で交通安全教室をしました。

7月2日(木曜日)若葉保育園で交通安全教室を行いました。おまわりさんのお話をきいたり、DVDを見たりした後、室外で歩行訓練を行いました。勉強したことを早速活かしながら取り組む姿が印象的でした。

交通安全教室のようす

「ひったくり防止の日」のキャンペーンを開催しました。

平成27年7月2日(木曜日)、11時から阪急塚口駅前の塚口さんさんタウンにて「ひったくり防止の日」のキャンペーンを開催しました。尼崎市では、毎月2日を「ひったくり防止の日」とし、警察署と防犯協会と連携して市内の商業施設等でひったくり防止のチラシやカゴネットの配布、装着運動など実践的な啓発を行っています。この日は尼崎北警察署と尼崎北防犯協会と共に、駐輪場から自転車を出し入れする市民の方にひったくり防止と自転車のルールを呼びかけながらチラシやカゴネットを配布しました。今後も順次、市内の商業施設等で開催していきます。

キャンペーンの様子

立花西小学校で交通安全教室を実施しました。

7月1日(水曜日)立花西小学校で交通安全教室を行いました。あいにくの雨模様だったため、室内で歩行訓練を行いました。正しい交通ルールを意識しながら、実践していました。

歩行訓練のようす

交通安全父母の会総会・研修会を開催しました。

平成27年6月30日(火曜日)10時から、交通安全父母の会第47回総会を開催しました。
(交通安全父母の会とは、市内の幼稚園、小中学校及び高等学校の保護者で結成されており、全市的な立場で子どもの交通安全を確保する目的で昭和44年に設立された組織です。)総会では、波多会長のあいさつにはじまり、来賓代表として尼崎南警察署の俵原交通課長より祝辞をいただいたのち、平成26年度の活動報告及び決算報告、平成27年度の活動計画案及び予算案が提案され、満場一致で承認されました。

また、総会に引き続き、『最近の交通情勢について』をテーマに、尼崎南警察署 俵原交通課長より講演をいただきました。交通事故を防止するためには、運転者も歩行者も自分の周りをよく注意して、ひとりひとりが「安全確認」を確実に行うことが何よりも大切なこと、市内で多発している自転車事故の現状や正しい自転車の乗り方などをお話していただきました。

交通安全父母の会は、子どもを守る親として、『交通安全は家庭から』をスローガンに、正しい交通モラルと交通マナーの向上と自転車事故防止の推進のため、1年間活動を行っていきます。

 

交通安全父母の会総会のようす

武庫からたち幼稚園で交通安全教室をしました

平成27年6月26日(金曜日)、10時から武庫からたち幼稚園で交通安全教室を行いました。園児357名が参加しました。人形劇やDVDをみたあと、年少組から年長組の12クラスのこどもたちが歩行訓練をしました。

交通安全教室のようす

成文小学校で歩行訓練と自転車教室をしました

平成27年6月25日(木曜日)、10時45分から1、2年生合同の歩行訓練を行いました。児童76名が参加しました。体育館で尼崎南警察署のおまわりさんの話を聞いたり、DVDをみたり、テストをしました。そのあとは、運動場に出て模擬の道路で歩行訓練をしました。1年生は二人ずつ、2年生は一人で自分で考えながら歩きました。13時40分からは3、4年生の自転車教室を行いました。児童59名が参加しました。視聴覚室で交通ルールを学んだあと、運動場で自転車点検の仕方と実際に自分の自転車で実技を行いました。4年生は昨年も受講していますが、3年生ははじめての自転車教室だったので、走行前は少し緊張気味でした。

交通安全教室のようす

園田東小学校で自転車教室を実施しました。

平成27年6月23日(火曜日)、9時35分から園田東小学校で自転車教室を行いました。全校生143名が参加し、2時間目が1年生から3年生、3時間目が4年生から6年生に分かれて行いました。3年生や4年生のみという学校が多い中、園田東小学校は昨年も全校生が自転車の交通ルールを学んでいます。警察の話を聞いたり、DVDをみたり、簡単な確認テストも行いました。その後、尼崎東安全協会の方から自転車のスポークにつけるリフレクターが渡されました。

自転車教室のようす

生活安全課からのお知らせ

平成27年6月21日(日曜日)未明に東大物町の国道2号にて死亡事故が発生しました。今年に入り、市内で4件目の交通死亡事故です。
横断歩道を信号無視して横断していた男性が、自動車にはねられ死亡するという大変痛ましい事故でした。青信号で横断していれば防ぐことができたのかもしれません。このような悲しい事故が二度と発生しないように、信号無視、乱横断など危険な行為は絶対にやめましょう。誰も見ていないから大丈夫・・・そんな小さな油断が大きな事故につながりかねません。常日頃から、交通ルールを守り、大切な命を守りましょう。(写真は事故防止現地検討会の様子)
 

事故防止現地検討会のようす

立花西小学校で自転車教室をしました。

平成27年6月19日(金曜日)、13時30分から立花西小学校で自転車教室をしました。児童82名と保護者33名が参加しました。朝から雨模様の天気だったので、残念ながら実技はなくなりましたが、部屋の中で保護者の方も一緒に交通ルールを勉強しました。

自転車教室のようす

久々知おもと保育園で交通安全教室をしました。

平成27年6月19日(金曜日)、10時から久々知おもと保育園で交通安全教室をしました。園児54名が参加しました。DVDをみたり、おまわりさんの話を聞いた後、室内で歩行訓練をしました。隣の友だちの手をしっかり握りながらや、年長組はひとりで少し緊張しながら歩いていました。

交通安全教室のようす

自主防犯パトロール防犯講習会を行いました。

平成27年6月16日(火曜日)、自主防犯パトロール防犯講習会を開催しました。防犯パトロールを実施している担当課の職員20名が参加しました。尼崎南警察署 生活安全課長より、実施上の遵守事項や重大な事件等に遭遇したときの留意事項など、パトロールを行う上で重要な事柄について詳しくご説明をいただきました。今回の講習会を実務に活かしていきたいです。
 

防犯講習会のようす

武庫コリス保育園で交通安全教室を実施しました。

平成27年6月16日(火曜日)、10時より武庫コリス保育園で交通安全教室を実施しました。0歳児から3歳児までのこどもたち50名が参加しました。DVDを見たり、部屋の中で信号や踏切を渡る練習をしました。3歳児までの子たちでしたが、「赤は止まれ」「黄色も止まれ」と信号の色の意味を答えていました。

交通安全教室のようす

竹谷幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年6月15日(月曜日)、9時15分から竹谷幼稚園で交通安全教室をしました。園児62名、保護者6名が参加しました。DVDを見たり、警察の話を聞きました。みんな頑張って最後まで話しを聞けました。

交通安全教室のようす

園田北小学校で自転車教室を実施しました。

平成27年6月12日(金曜日)、10時45分から園田北小学校で自転車教室をしました。児童67名です。汗ばむ陽気の中、2時間しっかり学びました。

自転車教室のようす

西小学校で歩行訓練を実施しました。

平成27年6月11日(木曜日)、10時25分から西小学校で歩行訓練を実施しました。1年生52名です。部屋の中で、警察の話を聞いたり、「はなかっぱの交通安全」のDVDをみたあと、テストをしました。テストは1年生では少し難しいものでしたが、みんな頑張って取り組んでしました。そのあとは運動場で歩行訓練をしました。雨が降り出しそうな天候でしたが、この機会にみんな傘を差して歩行訓練をしました。傘の差し方や雨の日の歩き方なども学びました。

歩行訓練のようす

武庫川乳児保育園、武庫南幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年6月9日(火曜日)10時から武庫川乳児保育園で交通安全教室をしました。2歳児から5歳児までの園児36名参加しました。今日は実際の道路で交通ルールを学ぶ街頭歩行訓練の予定でしたが、あいにくの雨で部屋の中での教室でした。歩行訓練は異年齢児で二人組になり、年上の子が年下の子の手をやさしく引いて歩いていました。13時30分からは武庫南幼稚園で実施しました。年長組24名、保護者11名参加しました。全2回のうちの1回目です。今日は部屋の中で警察の人のお話を聞いたり、DVDを見たりしました。みんな自分の意見をはっきり言えてとても元気いっぱいの子たちでした。

交通安全教室のようす

啓発活動に参加しました。

 平成27年6月5日(金曜日)、尼崎北警察による啓発活動に参加しました。昨日、水堂町にて自転車と大型貨物が衝突する事故が発生し、尊い命が失われました。二度とこのような悲しい事故が起きないように、事故現場付近で自転車利用者に安全運転をするよう呼びかけを行いました。雨の中だったため、傘差し運転をされている方の姿が目立ちました。傘差し運転は違反行為に該当し、大変危険です。梅雨に入り雨が多い時期になりますが、みなさんもルールを守って安全運転を心がけてください。

啓発キャンペーンのようす

浜小学校で自転車教室を実施しました。

平成27年6月4日(木曜日)、10時30分から浜小学校で自転車教室をしました。去年は雨で実技は中止になりましたが、今年はとてもよく晴れて青空のなか運動場で実技ができました。

自転車教室のようす

下坂部小学校で自転車教室をしました。

平成27年6月3日(水曜日)、13時45分から下坂部小学校で自転車教室をしました。あいにくの雨で実技はなくなりましたが、部屋のなかでみんなしっかり勉強しました。

自転車教室のようす

大島小学校で自転車教室を実施しました。

平成27年6月2日(火曜日)、13時45分から大島小学校で講義と実技の自転車教室をしました。4年生4クラス112名と人数が多く、とても元気のよいこどもたちでした。右・左・右後ろしっかり確認できました。

自転車教室のようす

大庄小学校で自転車教室を実施しました。

平成27年6月1日(月曜日)、13時40分から大庄小学校で自転車教室を実施しました。講堂で警察の話やDVDを見た後、運動場で実技をしました。今日は夏のような炎天下でしたが、こどもたちは頑張って実技の講習を受けていました。

自転車教室のようす

武庫小学校付近の通学路点検に参加しました。

平成27年6月1日(月曜日)、武庫小学校付近の通学路点検に参加しました。実際に自分の足で歩き、毎日通学路を使用する児童の皆さんの目線に立って危険箇所等の確認を行いました。地道な活動ではありますが、交通事故減少につながる重要な活動です。精一杯取り組みました。

通学路点検のようす

平成27年6月1日から自転車運転者講習制度が始まります

 本市では、交通事故(人身事故)の約4割に自転車が関連しており、自転車を運転する方がルールやマナーを守らないことが事故の原因になっていることも少なくありません。
 そのような中、自転車での悪質な運転への対策を強化した改正道路交通法(道交法)が平成27年6月1日から施行され、一定の危険な違反行為をして3年以内に2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3か月以内の指定された期間内に講習を受けなければならなくなります。
また、受講命令に違反した場合には5万円以下の罰金に処されることになっています。
 気軽に利用できて、健康にもよく、本市では身近な移動手段として浸透している自転車ですが、自転車は「車両」です。自転車に乗るときは交通ルールを守って、安全に運転しましょう。また、平成27年10月1日には自転車保険への加入が義務となります。事故に備えて保険にも加入しましょう。
 

⇒詳しい改正道路交通法(道交法)についてはこちら 

交通安全父母の会 役員会を開催しました。

 平成27年5月29日(金曜日)に中央公民館にて交通安全父母の会 役員会を開催しました。
 交通安全父母の会とは、市内の幼稚園、小中学校及び高等学校の保護者で結成されており、全市的な立場で子どもの交通安全を確保する目的で昭和44年に設立された組織です。
 この日行われた役員会は波多会長の挨拶に始まり、今年度の役員選出や6月末に開催される総会資料案の説明等を行いました。
 出席された皆様、お疲れ様でした。今年度もどうぞよろしくお願いします。
 

役員会の様子

園田学園幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月28日(木曜日)に園田学園幼稚園にて交通安全教室を実施しました。園児52名、保護者50名が参加しました。室内で交通ルールに関するお勉強をした後は、園庭に出て歩行訓練を行いました。「止まれ」の標識のある箇所ではしっかりと止まって、右左右と元気よく確認していました。

交通安全教室のようす

春の交通安全総点検に参加しました。

平成27年5月26日に春の交通安全総点検に参加させていただきました。今夏に開業予定の県立尼崎総合医療センターの周囲に危険な箇所がないか確認しました。また、通行人の方に自転車保険に関するチラシを配布し、自転車保険の加入義務化について啓発を行いました。

啓発活動の様子

立花幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月21日(木曜日)13時から立花幼稚園で交通安全教室をしました。立花幼稚園3回目です。今回は年中組の子ども46名と保護者46名で園庭で歩行訓練をしました。お父さん、お母さん、先生と一緒に手をつないでうれしそうに信号や踏切を渡っていました。

交通安全教室のようす

上坂部保育園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月21日(木曜日)午前10時より、上坂部保育園で交通安全教室をしました。園児111名とウサギとカメの人形劇をみたり、尼崎東警察署のおまわりさんの話を聞いたり、DVDをみました。年長組はそのあと模擬の信号や踏切を渡る練習をしました。本当に信号が点いたり、踏切が鳴ったりするのを見て、「すごーい!」とびっくりしていました。

交通安全教室のようす

若草中学校で自転車教室を実施しました。

平成27年5月20日(水曜日)13時30分より若草中学校で自転車教室をしました。生徒98名で体育館で警察の講義、交通ルールについてのDVDの視聴、テストのあと、運動場に出て自転車点検の方法を学んだあと、模擬の道路で実技の練習をしました。

自転車教室のようす

春の全国交通安全運動キャンペーンをしました。

平成27年5月20日(水曜日)11時から西武庫公園で、春の全国交通安全運動のキャンペーンをしました。地域の高齢者や立花愛の園幼稚園園児160名と西武庫公園内の模擬道路の横断歩道や踏切などを歩きました。その後、ヤマト運輸の社員が宅配トラックの死角を説明しました。

交通安全キャンペーンのようす

からたち幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月19日(火曜日)10時から、からたち幼稚園で交通安全教室をしました。園児212名、保護者20名です。うさぎのミミちゃんやカメのゴーちゃんの人形劇を見たり、尼崎南警察署の方のお話を聞いたり、交通ルールのDVDを見ました。そのあと年長組は部屋のなかで、模擬の信号や横断歩道、踏切を渡る練習を保護者の方も一緒にしました。

交通安全教室のようす

博愛幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月18日(月曜日)、13時30分から博愛幼稚園で交通安全教室をしました。全2回のうちの1回目です。年長組のみの10名とその保護者の方で部屋でウサギとカメの人形劇をみたり、尼崎南警察署の人の話を聞いたり、交通安全のDVDをみました。

交通安全教室のようす

高齢者自転車教室

平成27年5月18日(月曜日)10時から、阪神ライディングスクールにおいて開催されました、春の全国交通安全運動キャンペーンに伴う高齢者自転車教室にて指導を行いました。尼崎東警察署交通課の方からの講義ののち、兵庫県トラック協会東部支部の方による巻き込み実験、市からは自転車の点検方法の指導を実施し、そのあと実際に自転車に乗って実技走行を行いました。皆さん真剣に取り組んでくださいました。暑い中お疲れさまでした。

高齢者自転車教室のようす

武庫小学校で自転車教室を実施しました。

平成27年5月15日(金曜日)に、9時30分から武庫小学校で自転車教室をしました。児童80名で最初に視聴覚室で尼崎北警察署の人の話を聞いたり、DVDを見たり、テストをしました。その後、運動場に出て、講義で学んだ自転車の交通ルールを実践しました。

自転車教室の様子

立花幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月14日(木曜日)、9時15分から立花幼稚園で交通安全教室を実施しました。立花幼稚園2回目の教室です。前回は保護者の方も一緒に部屋での勉強でしたが、今回は年長組64名で園庭での歩行訓練をおこないました。

交通安全教室のようす

立花幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月13日(水曜日)、13時30分から立花幼稚園で立花幼児学級のみなさん、こども11名、保護者11名と交通安全教室をおこないました。来年幼稚園になる子どもたちです。保護者の方と一緒に交通ルールを学びました!

交通安全教室のようす

大西保育所で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月13日(水曜日)、10時から大西保育所で園児85名で交通安全教室をしました。全員で、部屋の中で警察の方の話を聞いたり、交通ルールについてのアニメのDVDを見たりしたあと、3,4,5歳児は園庭で歩行訓練も行いました。

交通安全教室の様子

武庫庄小学校で自転車教室を実施しました。

平成27年5月12日(火曜日)、武庫庄小学校で13時30分から3年生の自転車教室を行いました。児童は132名。体育館で警察の方の話を聞いたり、自転車のルールについてのDVDをみたり、テストをしたあと、校庭で実技の予定でしたが、あいにくの雨で講義のみとなりました。警察の方への質問コーナーでは、「犯人は何人つかまえたことがあるか?」や「どこの警察からきたのか?」「自分たちも違反したらつかまるのか?」などの質問がでました。

自転車教室のようす

浜幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月12日(火曜日)、浜幼稚園の園児57名で交通安全教室をしました。部屋での勉強のあと、園庭で歩行訓練の予定でしたが、DVDを見ている時に雨が降ってきてしまい、急遽室内での歩行訓練となりました。

交通安全教室のようす

春の全国交通安全運動に参加しました。

平成27年5月11日(月曜日)市内3箇所で開催されました、交通安全運動キャンペーンに参加しました。
キャンペーンでは、参加者全員で交通安全の重要さを再認識するとともに、交通安全を自分のことと考え、交通事故防止に努めるよう啓発を行いました。特に、自転車の事故が非常に多い本市において、自転車のルールやマナーの徹底について、その必要性をうったえました。
5月11日(月曜日)から20日(水曜日)は春の全国交通安全運動の実施期間です。
期間中は子どもと高齢者に交通事故防止を運動の基本とし、各関係機関で様々な取組を行っていきます。
 

春の全国交通安全運動のようす

富松幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月11日(月曜日)13時30分から、園児10名、保護者10名と交通安全教室をしました。今日は街頭歩行訓練で、実際に道路に出て、道路の歩き方、標識の意味、信号の渡り方など交通ルールを学びました。

街頭歩行訓練の様子

尼崎たんぽぽ保育園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月8日(金曜日)10時から尼崎たんぽぽ保育園で交通安全教室をしました。園児70名と部屋での勉強をしたあと、園庭に出て歩行訓練もしました。

園庭での様子

園和北幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月7日(木曜日)10時30分から園和北幼稚園にて園児60名、保護者42名で交通安全教室を実施しました。うさぎのミミちゃんとかめのゴーちゃんの人形劇からはじまり、おまわりさんのお話をきいたり、DVDをみたりと交通ルールについて一緒に学びました。

交通安全教室のようす

立花幼稚園で交通安全教室を実施しました。

平成27年5月1日(金曜日)、9時15分から立花幼稚園で交通安全教室を実施しました。園児105名、保護者80名と一緒にビデオを見たり、おまわりさんのお話を聞いたり、交通ルールについて学びました。

交通安全教室のようす

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

危機管理安全局 危機管理安全部 生活安全課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階

電話番号
06-6489-6502
ファックス
06-6489-6166
Eメール
ama-seikatsuanzen@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る