エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市民参加・地域活動・まちづくり > みんなの尼崎大学 > みんなの尼崎大学って?


ここから本文です。

みんなの尼崎大学って?

みんなの尼崎大学

キャッチフレーズ

キャッチフレーズ

キャッチフレーズは「みんなが先生」「みんなが生徒」「どこでも教室」。

大学といっても、建物ができたり、本物の大学が開学したりするわけではないんです。

尼崎市内あちらこちらに既にある「学びの場」や「人」や「活動」が「大学ごっこ」しながら、楽しみながら連携するプロジェクトです。

どこでも教室とは

どこでも教室

尼崎市内には、すでにたくさんの「学びの場」があります。

例えば、市内6地区にある公民館、地区会館のような公共施設もそうですし、公園や神社、コープこうべさんの集会室など、官民問わず、さまざまな「学びの場」があります。

それら市内の学びの場をすべて「大学のキャンパス」や「学部」に見立てて、連携して、どこでも学ぶことができる環境をつくっていこうという取り組みです。

みんなが先生とは

みんなが先生

「好きなこと」や「誰かに話したいこと」「ちょっと得意なこと」は誰にでもあるのではないでしょうか。

学校の先生のような特別な免許や資格を持っていなくても、尼崎のみんなが先生になれるような場、つまり、みんなが学んだ成果を身近な人や地域に還元できる場やきっかけをつくっていきます。

みんなが生徒とは

みんなが生徒

学校に通っている子どもだけでなく、尼崎のみんなが生徒になりたくなるような、魅力的な講座を増やします。いくつになっても、好奇心を忘れず、新しいことに出会おうとする人がたくさんいれば、例えば何か困ったことが起きても、みんなの力で解決し進んでいける、魅力的なまちになるはず、と考えています。

「わたしの学び」が「みんなの学び」そして、「まちの学び」になっていく。「みんなの尼崎大学」がめざすのは、そんな尼崎の姿です。

まちのあちこちに学びの場が

まちのあちこちに学びの場が

このような取り組みは、すでにまちのあちこちにあります。

「オープンキャンパス」や「みんなのサマーセミナー」も、この「みんなの尼崎大学」の取り組みを広げていくひとつのきっかけです。
「学び」というと難しい、固いイメージがありますが、「大学ごっこ」にみたてることで、面白がって、色んな人が気軽に参加するきっかけとなるように取組みを進めています。

「みんなの尼崎大学」はまちの人みんなで取り組み、盛り上げていきたいと考えています。

紙芝居での説明風景

みんなの尼崎大学オープンキャンパスでは、毎回、紙芝居形式でみんなの尼崎大学の説明をしています。説明するのは、運営側だけではなく、参加者の方にお願いすることも。次の説明者はあなたかもしれません。

紙芝居の風景

紙芝居の風景


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

ひと咲きまち咲き担当局 ひと咲き施策推進部 尼崎大学・学びと育ち研究担当

〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺2丁目18番1号 あまがさき・ひと咲きプラザ ひと咲きタワー9階

電話番号
06-4950-0387
ファックス
06-4950-0173
Eメール
ama-ucma@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る