エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市民参加・地域活動・まちづくり > 大庄地域振興センター > 社会福祉協議会大庄支部


ここから本文です。

社会福祉協議会大庄支部

 大庄支部では、「出会い ふれあい 支えあいが 地域を育む」をスローガンに、子どもから高齢者まで、地域に暮らすみんなが安全で安心して暮らしていけるまちを目指して、住民主体の各種事業に取り組んでいます。

 「しゃきょう」や「福祉協会」ってなんですか?「町内会」「自治会」とどう違うんですか?という声を聞きます。 

 尼崎市社会福祉協議会の大きな特徴として、「町内会」「自治会」と言われる住民組織を「福祉協会」と呼び、協議機関としての「社協」と「自治会」が一体となった組織を形成し、住民主体の地域福祉活動を展開しています。

 大庄地区には103の「福祉協会」があり、各地域にある「福祉協会」のまとまりが「連協」と言われる「社会福祉連絡協議会」で、大庄支部は平成29年7月現在、15の「連協」で構成されています。

 連協名(福祉協会数)

 大庄中央(7)大庄西(5)武庫川(4)元浜(6)道意(7)蓬川(3)東(8)崇徳院(9)浜田(8)今北(8)西立花(4)芋(3)稲葉荘(14)東大島(11)西大島(6)

 社協大庄支部の特徴として、支部事業を運営するため、3つの協議会(市民運動推進協議会・青少年健全育成協議会・健康づくり協議会)を設けています。

 社協大庄支部や3つの協議会の事業については、下記の尼崎市社会福祉協議会大庄支部ホームページをご覧ください。
尼崎市社会福祉協議会大庄支部ホームページ
http://www.amasyakyo-ohsho.jp/
尼崎市社会福祉協議会ホームページ
http://www.amasyakyo.jp/

このページの先頭へ

トップページへ戻る