エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市民参加・地域活動・まちづくり > 中央地域振興センター > 開明庁舎(登録文化財)について


ここから本文です。

開明庁舎(登録文化財)について

尼崎市役所開明庁舎【旧開明尋常小学校校舎】
尼崎市役所開明庁舎【旧開明尋常小学校校舎】

 登録文化財制度とは、平成8年の文化財保護法改正により導入された、主に近代(明治以降)の建造物を資産として活かしつつ、後世に幅広く伝えていくために緩やかな保護措置を講じる制度です。

 登録文化財制度は、指定文化財制度とは異なり、外観を大きく変えなければ、事業資産や観光資源として自由に活用することができます。事業の展開や地域の活性化のために積極的に活用しながら、文化財を守っていこうとするこの制度では、登録することにより優遇措置を受けることも可能です。

 尼崎市役所開明庁舎(旧開明尋常小学校校舎)は平成19年7月に登録文化財に登録されています。

関連情報

情報の発信元

市民協働局 中央地域振興センター

〒660-0862 兵庫県尼崎市開明町2丁目1番地の1

電話番号
06-6413-5371
ファックス
06-6430-5578

このページの先頭へ

トップページへ戻る