エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 市が考える尼崎 > 子ども関連施策 > 尼崎市子どもの育ち支援条例 > 条例の理念実現のための取組 > 地域社会の子育て機能向上支援事業(子育てコミュニティソーシャルワーク)


ここから本文です。

地域社会の子育て機能向上支援事業(子育てコミュニティソーシャルワーク)

 子育てに不安や負担を感じる家庭が増え、家庭の子育てを支える地域の力も弱くなっているとともに、地域では、子どもの豊かな人間性や社会性をはぐくむ機会が減っています。
 子どもが健やかに育つ社会環境づくりには、保護者、地域住民、子ども施設、事業者等がつながりを深めて、それぞれの役割のもとに、子ども自身や子育てを支える主体的な取組みがなされることが重要であることから、「子育てコミュニティワーカー」をこども政策課に配置し、この条例の理念のもとに子どもを取り巻く社会環境の改善につなげるため、地域での主体的な取組みやネットワークづくりを関係機関等と連携して側面から支援するなどのコミュニティソーシャルワークを行います。 

お知らせ

ワークショップの開催について

 尼崎市内で活動されている子ども・子育て支援活動グループを対象としています。具体的な内容や日時についてはこども政策課にお問い合わせください。 

(1)児童虐待と子どもの育ちの問題を考えるワークショップ

 子どもの健やかな育ちを守るために、地域住民としてできることについて、児童虐待の概要を学んで後、事例をもとに話し合います。 

(2)子どもの声に耳を傾け大人ができることを一緒に考えてみませんか?

  小・中学生から聴いた、「地域のことや人とのつながり」についての思いや意見をもとに、子どもたちが健やかに育つために大人に今何ができるのかを話し合います。

ティーンズミーティングワークショップ案内


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

こども青少年本部事務局 こども青少年部 こども政策課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階

電話番号
06-6489-6341
Eメール
ama-kodomoseisaku@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る