令和元年6月の活動日記

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1017019 更新日 令和1年7月3日

印刷大きな文字で印刷

6月30日(日曜日)阪神医療生活協同組合 第50回通常総代会

阪神医療生活協同組合 第50回通常総代会

 阪神医療生活協同組合の第50回総代会にご挨拶に伺いました。50回、50年というと半世紀です!長きにわたり地域に、そして組合員のニーズに根差して活動を続けてこられた皆様に敬意を表します。
 昨年は尼崎市が「住みやすいまち」との評価をいただきました。今後はさらに、「住んでよかった」と実感できるまちづくりに取り組んでいきたいと思っていますが、そのためには、自らがやりがい、生きがいをもって地域にかかわっていくこと。そしてそれが支え合いや安心につながっていくということが大切です。「自主・自立・自治」を掲げる皆さまのますますご活躍を心よりご祈念申し上げます。

 

6月29日(土曜日)小田のまなびヤ!

小田のまなびヤ!

 小田北生涯学習プラザで開催された「小田のまなびヤ!」に参加。サマーセミナー(今年は8月3日・4日開催です!)のミニ版ということで、いろんな人がセンセイとなり、多彩な学びや体験が企画されていました。私は1時間目に「炭琴」の説明や演奏を聴く講座、2時間目には教育長による講座を受講しました。インターネットが発達した昨今、自分の関心のあることは簡単に検索して調べられる一方、自分がまだ知らないこととの出会いや、思わず夢中になるような新しい発見の場は、減ってしまっている気がしませんか?
 

まなびヤ!

 尼崎市では、「まちに学びをまきおこす!」を合言葉にサマーセミナーや尼崎大学、生涯学習プラザ事業の充実といった取組を推進中です。「小田のまなびヤ!」のような企画がどんどん広がっていくことを期待しています。
 写真は、ボランティアとして活躍してくれた関西国際大学の学生さんたちと。実行委員会の皆さま、本日はお疲れさまでした!

 

6月28日(金曜日)関西学院大学 地域政策入門Aに登壇

関西学院大学 地域政策入門Aに登壇

 関西学院大学法学部・経済学部の一回生が履修している地域政策入門で一コマ講義を担当。神戸大学在学中に発生した阪神淡路大震災時の活動が原体験となって政治や自治に目覚めたことや、課題先進都市から課題「解決」先進都市を目指している尼崎市の取組についてお話ししました。高度成長期から成熟期へと時代が大きく変わるなかで、社会の仕組みや制度もそれに対応させる必要があります。私は常々、高齢化や人口減少そのものが問題なのではなく、社会制度をその変化に適応させきれていないことが問題なのだと考えています。黙っていることは現状追認、この講義を受けている若い皆さんの今の判断と行動が未来をつくります。ぜひ、充実のキャンパスライフを送るとともに、問題を解く訓練ではなく、何が問題なのかを自分で考え、変えるべきところは変えていくという意識をもってもらいたいと思います。自然災害を止めることはできませんが、私たちの社会の仕組みは、私たちで変えることができるのですから。
 ちなみに、阪神淡路大震災のときにはまだ生まれていなかった学生さんたち・・・改めて自分が重ねた年齢をずしっと感じました。

 

6月28日(金曜日)尼崎市男女共同参画推進事業者認定式

男女共同参画推進事業者認定式

 平成25年度より開始した、男女共同参画推進事業者の認定制度。性別に捉われない採用や管理職登用、ワークライフバランスの推進、男女が共に働きやすい職場環境づくりに積極的に取り組まれている事業者を認定し、市としても応援していきます。第4期目となる今回は、有限会社グローイン/SECカーボン株式会社/株式会社大永建設/株式会社伊藤テック/株式会社岩本組/KEE環境工事株式会社/尼崎医療生活協同組合/特定非営利活動法人シンフォニー/有限会社ナショナル美容室/株式会社エイテック西日本支社/寺本運輸倉庫株式会社、以上11の事業者に認定証をお贈りしました(順不同)。これで、市内全体での認定事業所は55社に。先駆的に取組みを進めている事業者の皆さまとともに、今後も暮らしやすく、働きやすいまちを目指していきます!


 

6月27日(木曜日)全国競艇主催地議会協議会 総会,情報交換会

全国競艇主催地議会協議会 総会,情報交換会

 全国の競艇主催地の議会が連携、協調して競艇事業を発展させるために設置されている「全国競艇主催地議会協議会」。各主催地の議長、副議長が一堂に会して行われる総会が今年は尼崎市で開催されるということで、地元市長として私も総会と情報交換会に出席させていただきました。
 近年のボートレースの業績は、全盛期には遠く及ばないながらも回復傾向にあり、まちづくりのための財源としての活用が期待されますが、その活用方法については議会関係者の方々の提案機能、チェック機能的役割がますます重要となります。皆様には、この機会に横の繋がりをさらに深めていただきたいとお伝えし、ご挨拶としました。

 

6月27日(木曜日)いくしあオープン会議

いくしあオープン会議

 今年10月の子どもの育ち支援センター「いくしあ」の開設に先立ち、オープン会議を行いました。NPO法人の方や保育事業者の方、また一般の保護者の方などなど、私や教育長、市職員も含め61名が参加して、“いくしあと一緒にできそうなこと”を主なテーマとしてグループワークなどを行いました。本当に多くの方が、尼崎の子どもたちに関心をよせ、支援を届けて下さっていることを改めて実感して、とても心強く思っています。みんなが安心して気軽に集まれて、癒される場所に。どこかにつないで終わりではなく、ずっと子どもに寄り添い続ける機能を持ってほしい。加害者を支援するプログラムも視野に入れられたら、などたくさんの意見や期待が出されました。オープン会議は、いくしあ開設後も続けていく予定です。みんなの力で、「いくしあ」も育てていけたらと思います!

 

6月26日(水曜日)永年在職市議会議員自治功労者表彰・全国市議会議長会表彰伝達式

永年在職市議会議員自治功労者表彰・全国市議会議長会表彰伝達式

 長年、市政の進展に貢献された方に対して行われる自治功労者表彰式を行い、尼崎市議会の酒井一議員へ25年表彰として表彰状を贈呈しました。いわゆる「カラ出張問題」に端を発した出直し市議選で初当選された酒井議員。以来、「市民自治」ということをテーマに議員活動を続けてこられ、7期目でいらっしゃいます。現議会にはもう同期の議員さんはなく、酒井さんお一人とのこと。議会解散からそれだけの年月が経ったわけですが、尼崎市政も市議会も進化を続けられるよう、ともに頑張っていければと思います。

 

6月26日(水曜日)消防局 令和元年春の叙勲受章祝賀会

消防局 令和元年春の叙勲受章祝賀会


 元尼崎市消防団分団長 栗山茂さん、元尼崎市消防局消防司令長 藤戸正万さん、元尼崎市消防局消防司令長 春名幸夫さんが春の叙勲を受章され、その祝賀会が開かれました。長い間、尼崎市の防災活動、地域の安心・安心のため貢献してくださったご功績に心から感謝を申し上げます。


 

6月24日(月曜日)尼崎市民まつり協議会総会

尼崎市民まつり協議会総会

 市民まつり協議会の総会を開催しました。令和元年度の市民まつりは、久しぶりに市役所とその周辺施設で開催します!昨年のリニューアル版から取り組んでいる「パビリオン方式」(多様な分野の取組が一堂に会して、お互いの見える化や交流を促進する)で、市民まつりが市内で行われているさまざまな活動のプラットフォーム機能を果たしていくことを期待しています!市民まつりは10月6日(日曜日)です。みなさん楽しみにしていてくださいね。

 

6月24日(月曜日)令和元年度第1回 尼崎市男女共同参画推進会議

令和元年度第1回 尼崎市男女共同参画推進会議

 今年度初回の男女共同参画推進会議の議題は2件。1つ目は、すでに取り組んでいる公文書等における性別記載欄削除の進捗状況について情報共有。今年度中には、法律等で変えられないもの以外のすべての記載欄が改善される見込みです。2つ目は、「(仮称)尼崎市パートナーシップ宣誓制度」の導入について。市民一人ひとりの人権尊重、自己肯定感の向上のため、本市においても性的マイノリティ当事者の方のパートナーシップ宣誓制度の策定に取り組む予定としており、先進取組の状況や論点の共有、意見交換を行いました。今後、パブリックコメント等で広く皆さまのご意見もいただきたいと考えています。

 

6月24日(月曜日)政策推進会議

政策推進会議

今回の政策推進会議の議題は3つ。
1.人権施策の市民意見聴取スタート
 今年度中に「(仮称)人権基本条例」の制定を予定しています。その取り組みに合わせ、現行の「尼崎市人権教育・啓発推進基本計画」の計画期間を1年延長して来年度末までとし、条例に基づいた計画改定となるよう作業を進めます。施策の概要とスケジュールを公表しますので、皆様のご意見をお待ちしています!

2.情報システムのクラウド化について
 ユニシス社の汎用機からオープン系システムへの切り替えを進めている本市。次の取組として、サーバーを安全性の高いところにクラウド化する予定です。本日は、クラウドにもいろんな段階があるなかで、本市ではまず、IaaS(イアース)という仕組み(=サービス)を選択すること、システムをシンプルにしていくためにも帳票をはじめ、業務手順の見直しを進めていくことなどを確認しました。

3.尼崎市スポーツ推進計画の策定に係る施策の市民意見聴取スタート
 これまでに引き続き、市民スポーツを推進することにより健康増進を図るとともに、国や県の平均と比べて子どもたちの体力測定の結果が低位にあることから、学校教育におけるスポーツのあり方も新たな柱に加え、現計画を改定します。ポイント等を公表しますので、皆様のご意見をお待ちしています!

 その他、先日の10万人わがまちクリーン運動の実績報告や、障害者差別解消に係る取組の推進について情報共有を行いました。

 

6月24日(月曜日)市内企業訪問 『株式会社モルファ』・『有限会社中野製作所』

内企業訪問 『株式会社モルファ』・『有限会社中野製作所』

 本日は2社の市内企業を訪問しました。一社目は、放電加工を中心に精密加工に独自技術をお持ちのモルファさま。先日はアウクスブルク市に差し上げる記念品として、尼崎城のプレートも恐ろしく短納期で作っていただきました!宇宙、航空機関係の仕事からオリンピック向けの仕事まで、幅広く活躍されています。現社長はこの技術を多くの人の目に止まるようにしていきたいと、デザイン性の高い小物なども展開。試作品の素敵な名刺入れをいただき、モニターとして改良に協力させていただくことになりました!製品化が待ち遠しいです。
 

中野製作所

 二社目は、樹脂加工を得意とする中野製作所さま。もともと金属と樹脂の両方の加工をされていたそうで、旋盤もマシニングもできるのが強みとのこと。3Dプリンターなども取り入れ多様な試作品や部品供給のニーズに応えていらっしゃいます。(実は尼崎城関係グッズもたくさん作ってくださっています!)プラスチックへの印刷ができるとのことで、「ひと咲き まち咲き あまがさき」ペンを作りたいと話していたら、なんと後日すぐに作って届けてくださいました!
 二社に共通して出たお話が、リーマンショックのときに本当に仕事が減り、それを機会に新しいことに挑戦してみたというお話。もちろん、すべての会社がマネをできることではないですが、やはり元気な事業所の強さを改めて感じました。モルファさま、中野製作所さま、本日はお忙しい中、本当にありがとうございました!

 

6月23日(日曜日)尼崎青年会議所 創立60周年記念式典・祝賀会

尼崎青年会議所 創立60周年記念式典・祝賀会

 尼崎JC創立60周年の記念式典に伺いました。JCの皆さんの強みは、何といっても若さを生かした溢れんばかりの情熱!そしてそれを志にとどめず、実際の行動につなげる実行力だと常日頃より感じています。地域をよくしたいとの思いをもってくださっている方はたくさんいらっしゃると思いますが、それを事業化していくのは簡単なことではありません。その難しさを乗り越える力の源が、青年会議所のネットワークの力であり、培われてきた伝統なのだと思います。この節目を契機に、ますます皆様の絆が深まり、飛躍につながりますことを祈念いたします!

 

6月22日(土曜日)人間国宝 村山明 木工芸の世界

人間国宝 村山明 木工芸の世界

 尼崎市出身(尼崎北高校のご出身)の人間国宝、村山明氏の木工芸作品展が総合文化センターで開催されています。現在は京都を中心にご活躍の村山さん、尼崎市に凱旋しての個展は実は初めてとのことです。漆を何度も塗りこむ拭漆の技法によって描き出される木目の美しさはもちろんのこと、シンプルな中に遊び心が詰まったデザインが秀逸です。堅い素材である欅(けやき)を好まれ、確かな技術で作品を作られる一方で、「技術は手段。作品づくりは表現」なのだとおっしゃっる村山さん。記念にと、十二神将を描いた年賀状の木版画をいただきました。ありがとうございました!展示会は8月4日まで。皆様ぜひお立ち寄りください。

 

6月22日(土曜日)アスベスト被害の救済と根絶を目指す尼崎集会

アスベスト被害の救済と根絶を目指す尼崎集会

 いわゆる「クボタショック」から今年で14年が経ちました。現在でも多くの方々が健康被害や不安な思いの中、闘病を続けていらっしゃいます。長年にわたり、救済の充実と被害根絶のために奮闘くださっている患者家族の会、安全衛生センターをはじめとする関係者の皆様に改めて敬意を表します。
 アスベスト検診を内容の伴った全国制度とすることに向けての国等との協議や、さらなる飛散を許さないための体制整備など、市としても皆様と力を合わせて取り組んでいく所存です。また、データ提供で関わってきました大阪大学の祖父江先生たちの疫学調査の結果を現在とりまとめ中ということで、その成果等を広く共有するためのシンポジウムを年明けになりそうですが、開催したいと考えています。多くの被害が発生している都市としての役割を果たすべく、引き続き取り組んでまいります。

 

6月22日(土曜日)社会福祉法人樫の木会 創立50周年記念式典・祝賀会

社会福祉法人樫の木会 創立50周年記念式典・祝賀会

 社会福祉法人樫の木会さんが創立50周年を迎えられ、その記念式典にご招待いただきました。障がい児通所施設の先駆けとして事業をスタートされ、現在では保育園、認定こども園、そして今年度からは児童ホームの運営もしてくださっており、本当にお世話になっています。いろいろとご苦労もあったことと思うのですが、それを乗り越える情熱をもって、歩んでこられた50年だと思います。この節目を契機にさらに発展されることを祈念するとともに、お祝いと、改めて感謝の意をお伝えしました。

 

6月21日(金曜日)大韓民国ソウル市麻浦(マポ)区 地域社会保障協議体 表敬訪問

大韓民国ソウル市麻浦(マポ)区 地域社会保障協議会 表敬訪問

 韓国ソウル市麻浦区の地域社会保障協議体で乳幼児児童福祉に携わっている民間団体の女性たちが市長室に来てくださいました。日本のNPOの皆さんがソウルに視察に行ったのを契機に相互交流が始まっているそうで、今回は尼崎市、堺市を訪問中とのことでした。尼崎市でも10月に子どもの育ち支援センター「いくしあ」の開設を控え、いろいろな情報交換や意見交換ができました。麻浦地区は官民連携が進んでいる一方で、分野ごとの縦割りが課題だというお話でした。せっかくのご縁です。今後もお互いの強みや課題を共有し、よりよい施策の実現に活かしていければと思います。

 

6月21日(金曜日)大阪ガス株式会社小さな灯運動兵庫支部 寄付受領式

大阪ガス株式会社小さな灯運動兵庫支部 寄付受領式

 大阪ガス株式会社 小さな灯運動(チャリティーカレンダー募金活動)兵庫支部より、毎年、福祉活動に資するご寄付をいただいています。今年は、身体障害者福祉センターにプロジェクターとスクリーンのセットをいただきました!大阪ガスの皆さま、いつもありがとうございます。

 

6月21日(金曜日)定例記者会見

定例記者会見

 今回の定例記者会見では、以下の2つの案件について発表しました。
1.『県内初!公設民営の不登校児童向け教育支援室がオープンします』
 学校に限らず、多様な居場所や教育機会を増やすことで一人でも多くの子どもたちの自立を支援していきたいと、いわゆる教育機会確保法の制定にも後押しされる形で、不登校対策に力を入れている尼崎市です。これまで、不登校児童向けの支援教室は「はつらつ学級」というネーミングでひと咲きプラザ内に一カ所、その他6つの旧公民館にサテライトがありましたが、ネーミングを「ほっとすてっぷ」に変更するとともに、もう一カ所を公設民営で増設。学校色を薄めて多様なニーズに応えていくとともに、民間支援団体とのネットワークもさらに強め、相乗効果を目指します。

2.『市ホームページ上に「体罰通報窓口」設置』
 市尼バレー部の体罰事案発生を受け、全市を対象とした調査、再発防止に向けた取り組みに全力をあげているところですが、その一環として、市、教育委員会それぞれに体罰通報窓口を設けました。体罰情報そのものは最終的には教育委員会に集約して必要に応じて調査を進めますが、市長宛の投稿については情報提供者ご自身の情報は教育委員会には伝えません。匿名での情報提供も可能です。しっかりと膿を出し切り、前へ進むために。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

6月19日(水曜日)堂安律選手 表敬訪問

堂安律選手 表敬訪問

 サッカーのオランダ1部リーグ、FCフローニンゲン所属、尼崎出身の堂安律選手が市長室に来てくれました。昨年の6月13日にも市長室を訪問してくれて、その後の9月に日本代表に。まさに飛躍の一年を過ごされた堂安選手です。一段と凛々しくなった顔つきから、その充実ぶりが伺えました。オリンピックも視野に入るなか、ますますの活躍を確信しています!

 

6月18日(火曜日)国際ソロプチミスト尼崎 寄付受領式

国際ソロプチミスト尼崎 寄付受領式

 国際ソロプチミスト尼崎様は今年5月で認証33周年を迎えられます。長年にわたって女性や子どもの生活向上のための支援活動に取り組まれていて、市にも毎年ご寄付をいただいています。今年も、10月に開設予定の「子どもの育ち支援センター(いくしあ)」に、スイング遊具一基、ベンチ一基を寄贈いただくこととなり、その受領式を行いました。皆様のご厚意をしっかりと子どもたちへの支援につなげていきたいと思います。ありがとうございました!

 

6月17日(月曜日)尼崎市防火協会総会

令和元年度 尼崎市防火協会総会

 尼崎市防火協会総会の冒頭、ご挨拶に伺いました。各企業の自主防災組織の集まりである防火協会。平素より訓練への参加、AED情報等の地域への開放など、わがまちの安全安心の向上にご尽力いただいています。昨年は大阪北部地震、台風による停電など災害が続きました。その教訓を生かしていこうと市としても取組を進めているところです。その一環として、7月3日に企業向け減災セミナーの開催を予定しており、そのご案内もさせていただきました。

 

6月11日(火曜日)6月議会開会

6月議会開会

 本日より市議会定例会(6月議会)が開会しました。今議会には、いじめ対策のためのアプリケーション導入費や中学校給食にかかる債務負担行為を計上した補正予算案1件、条例案14件、その他の案件7件の合計22件を提案しています。初日の本日は、私から提案説明を行い、その後、共産党議員団から給食センターをPFI手法を用いて整備することに関連して、補正予算案に対する質疑が行われました。これらの議案は各常任委員会に付託され、審議されます。
 本日の本会議終了後には会派代表者会議を開催していただき、今般の体罰事案についての報告と今後の取組方針等について説明し、厳しくも活発なご意見を頂戴しました。明日から3日間は一般質問です。インターネット中継もありますので、皆様、ぜひご覧ください。

 

6月10・11日(月曜日・火曜日)令和2年度採用向け 職員採用説明会

令和2年度採用向け 職員採用説明会

 尼崎市職員採用試験説明会の冒頭で参加者に恒例のご挨拶。歴史が古く、産業都市として発展してきた尼崎市には、課題先進都市の側面があり、いまは課題「解決」先進都市を目指して挑戦を続けています。当然、楽な仕事ではありませんが、「市民の役に立つ」ことを目指すのは、本当にやりがいのある仕事です。そして、何といっても前向きでノリの良いのが尼崎市役所のいいところ!そんなたくさんの仲間とともに、皆様をお待ちしています!

 

6月10日(月曜日)総合教育会議

総合教育会議

 令和元年度第2回総合教育会議を開催しました。4月の第1回から本日までの間に、市尼バレー部の体罰事案を受けての臨時会議を私と教育長で開催しており、本日は通常通りのフルメンバー(市長、教育長、教育委員)会議ということで、これまでの経過を確認したうえで、市尼におけるアンケート調査の速報を共有するとともに、全市調査の実施についてと今後の体罰根絶に向けての取組み体制等について確認。そして、いじめ再発防止に関する取組の進捗について確認、協議しました。
 学校のガバナンス(組織統治)の問題は、体罰といじめの両方の課題に共通するものだと思っています。部活動や進路指導のあり方、学校と教育委員会のマネジメントとガバナンスの問題に踏み込んで分析・検証したうえで、具体的な対策を打ち立てるよう教育委員会に要請しました。市としても教育委員会と一丸となって取り組み、安全な学校づくりと教育への信頼回復に全力を尽くしてまいります。

 

6月8日(土曜日)エコあまフェスタ2019

エコあまフェスタ2019


 今年で10回目となるエコあまフェスタ2019のテーマは、「エコでかわろう!あまがさき」。今年もさまざまな工夫を凝らし、元気に開催されました。例年通り、子どもごみマイスター推進校の表彰式を行ったほか、今年は脱炭素に向けて、大阪ガスとの連携によるカーボンオフセット(どうしても排出されるCO2を他の排出削減取組分で相殺すること)を実施。


 

エコあまフェスタ2019


 会場は、クイズあり、体験あり、展示あり。エコリーダーを目指す学生さんたちや企業の皆様、各種団体の皆様で賑わいました。市としましても、オープンカレッジの皆さんと連携し、まず自分から!しっかり削減効果を出せるよう取り組んでいきたいと思います!

 

6月6日(木曜日)地域政策本部会議

地域施策本部会議

 現在本市には、組織として設置している「本部」が2つあります。一つは、教育委員会と市長部局の特別職と関連の幹部職員で構成している「子ども青少年本部」。そしてもう一つが、市長・副市長と総合政策局長、各地域振興センター長で構成する「地域政策本部」です。本日は、第1回目の地域政策本部会議を開催。今後はこの枠組みで、各地域と本庁で調整が必要なことについては市長直轄で調整を進めるとともに、各センターの情報交換や取組みの方向性についての議論をしていきいます。本日は、各センターに課が設置され、地域担当職員が配属されて概ね2カ月経った現状の報告が中心でした。各地区、手探りながらも意欲的に取り組んでいる様子が伺えました。次回は、今年度の重点課題である地域防災を支える地域福祉の充実に向け、地域情報データベースのシステムデモをみながら、今後の展開を協議する予定です。

 

6月6日(木曜日)環境マネジメント研修

環境マネジメント研修

 尼崎市環境マネジメントシステムの改定にあたり、各所属長に向けての研修を実施。私から、今回の改定の背景である尼崎市地球温暖化対策推進計画の見直しや、今後の取組のポイントについて冒頭に講話を行いました。
 2020年以降の気候変動問題に関する国際的な枠組みを決めた「パリ協定」が、かつての京都議定書とは異なり、途上国もアメリカも含むすべての主要排出国を対象として合意され、時代は、“低”炭素社会から、“脱”炭素社会を目指す段階に入りました。本市でも、これまでどおり利用するエネルギーの消費を抑えるとともに、やむをえず必要な分にはクリーンエネルギーの利用を促進していくことで、新たに設定した目標の達成を目指していきます。エネルギーの量と質を両面から取組みの成果を見える化し、局ごとの取組をチェックします。一人一人の職員に、自分事として取り組んでもらいたいと伝えました。

 

6月5日(水曜日)尼崎市・西宮市政策懇談会

尼崎市・西宮市政策懇談会

 お隣同士、かつ同じ中核市である尼崎市と西宮市。本日は、尼崎市と西宮市の両市から市長、副市長、政策局長など幹部職員が参加しての政策懇談会を行いました。記念すべき第1回です!例えば、情報システムのクラウド化についてなど、それぞれに協議したい案件を持ち寄って課題認識や情報を共有し、一緒に取り組めるところは積極的に調整・連携していくこととしています。今回は西宮の皆さんが本市に来てくださったので、次回はこちらが西宮に伺って開催する予定です。

 

6月4日(火曜日)政策推進会議

政策推進会議

 令和元年度第4回政策推進会議を行いました。本日の議題は3件。まずは6月11日に開会する次期市議会定例会(6月議会)の市長提出予定案件についての共有。そして、その6月議会に住宅政策審議会の設置条例を上程予定ですが、本市の住宅マスタープランの改定作業がスタートするので、そのプロセスの公表。3つめは、保育料利用負担の在り方について。子ども子育て審議会に諮問していたところ中間報告が出され、当初予定ではここで一度パブコメを、とのことだったのですが、現状ではまだ政策提案も査定も実施されていないため、これについては今後改めて、予算編成プロセス(新規主要施策についての調整結果)を公開する中で、意見聴取していくこととしました。


 

6月3日(月曜日)兵庫県・尼崎市連絡会議

兵庫県・尼崎市幹部連絡会議

 県公館にて、毎年恒例の県市幹部連絡会議。県の方で、政令市の神戸、中核市の姫路、西宮、明石、そして本市、それぞれと連絡会議をされています。本市ではできるだけ項目を絞って、しっかり協議したいとの方針で臨んでいます。今年は市からは、観光分野におけるさらなる連携・支援と、夜間中学校(県下では神戸市と本市の2カ所のみ)への広域からの受け入れニーズが高まっていること、外国人の生徒が増えて語学サポートの充実が求められていることを受け、広域行政の立場からの調整や支援をお願いしたいという2点について提案させていただきました。県からは、子ども子育て支援の充実について、夜間中学校の広域的な受入モデル構築について、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、その翌年のワールドマスターズへの積極的な参画について提案がありました。知事と私はもちろん毎度よくしゃべっておりますが、今年は県市ともに教育長担当のテーマが多い年に。さまざまな情報の共有と、率直な意見交換ができました。

 

6月1日(土曜日)尼崎市国際交流協会総会

尼崎市国際交流協会総会

 国際交流協会の総会に出席。長年にわたり、国際交流の推進、市内外国人へのサポートなどにご尽力いただいています。現在は事務所をあまがさき観光局(開明庁舎)の隣室においていらっしゃいます。インバウンドの増加、入管法改正による外国人労働者の増加が見込まれるなか、今後ますます役割が大きくなるであろう国際交流協会。本日の総会では、外国人観光客の巫女体験などに取り組んで下さっている、えびす神社宮司の太田垣さんが新たに理事長に就任され、理事も平均年齢が下がったとのことで、新役員をはじめ、協会の皆様のさらなるご活躍を心から祈念しております!

 

6月1日(土曜日)「桂 米朝の軌跡」お披露目会

「桂 米朝の軌跡」お披露目会

 

 人間国宝だった落語家、桂米朝師匠が亡くなられて早4年。実は、昭和36年から亡くなるまで、ずっと武庫之荘にお住まいでした。この度、認定地縁団体「武庫之荘文化会」の皆様が会館を耐震リニューアルされたのを機に、米朝師匠を偲ぶ特設展示コーナーを開設。本日は、そのお披露目会がありました。


 

桂米朝の軌跡


 なんと、米朝師匠の長男で落語家の米團治師匠、その弟である双子の兄弟、透さん(県の教員)と渉さん(県の学芸員)の3兄弟が揃ってご参加!光栄なことに、私も除幕式、トークショーと、ご一緒させていただきました。武庫之荘の誇りであり、もちろん、尼崎市の誇りである米朝師匠。お弟子さんたちによって市内に受け継がれる寄席の文化とともに、市としても、そのご功績をたたえ、次世代に引き継いでいきたいと思います。


 

このページに関するお問い合わせ

秘書室 秘書課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階
電話番号:06-6489-6008
ファクス番号:06-6489-6009