令和元年5月の活動日記

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1016419 更新日 令和1年10月2日

印刷大きな文字で印刷

5月31日(金曜日)尼崎市民共済生活協同組合 第64回通常総代会

尼崎市民共済生活協同組合

 市民共済の総代会に顧問として出席しました。市民共済は、なるべく安い掛け金で備えをできるように、地域の皆様が募集人となり気軽に相談ができるようにと活動してきた協同組合です。いわゆる外郭団体というのではありませんが、理事長は本市消防局OBが務めており、防災の取組などで市とも連携しています。転ばぬ先の杖として、今後も地域の安心を支えてもらいたいと思います。


 

5月30日(木曜日)第69回“社会を明るくする運動”尼崎市推進委員会

第69回“社会を明るくする運動”尼崎市推進委員会

 犯罪からの立ち直りや非行防止に取り組む「社会を明るくする運動」の推進委員会に出席しました。尼崎市では、全市の関係者が参加する中央集会や作文募集に加え、6地区ごとに講演会やキャンペーン運動が展開されます。推進委員会では、そういった全体の取組を共有しています。社会からの孤立や孤独が背景にあると思われる痛ましい事件のニュースに触れるたび、厳罰化だけでは地域社会を守れないということを感じます。頑張る力を削がれている人がいることに思いをはせ、頑張れるように応援していける社会を目指していきたいと思います。
 その他、シルバー人材センターの定時総会にも伺いました。

 

5月29日(水曜日)中核市市長会

中核市市長会

 中核市市長会の総会に出席するため上京。役員改選があり、豊田市の太田市長が新会長に。私は引き続き監事です。今年も3つのプロジェクト(圏域発展の連携手法、デジタルガバメント実現、災害対応・防災力強化)が設置されましたが、私は今年はプロジェクトには参加しない、指定都市市長会と施行時特例市市長会との連携担当になりました。また、児童虐待対応の充実強化における中核市の役割、国や県に要望すべきことを整理していくため、すべての中核市参加による「児童虐待防止検討プロジェクト」(座長は会長)も設置されました。

 

5月28日(火曜日)あまがさき観光局理事会

あまがさき観光局理事会

 尼崎城の再建を契機に設立しました「あまがさき観光局」。尼崎市はご承知の通り産業都市として発展してきたまちで、これまでは多くの自治体にある「観光協会」がありませんでした。そこで、協会より踏み込んで観光分野のマネジメントを担うDMO(Destination Management Organization)として観光局を設立しました。本日の理事会では、尼崎城来場者数の出足が好調なことを報告し、今後の取組について意見交換。まずはスモールスタートで、商工会議所と阪神電鉄と市で構成している観光局ですが、今後、スタッフにも民間活力を導入するとともに、多様な業種、団体や法人のプラットフォームづくりに取り組んでいく予定です。

 

5月26日(日曜日)NPO法人男女共同参画ネット尼崎 通常総会

NPO法人男女共同参画ネット尼崎 通常総会


 女性センター「トレピエ」の指定管理者として、尼崎市の男女共同参画推進に尽力してくださっているNPO法人男女共同参画ネット尼崎の総会に伺いました。防災など毎年テーマを決めて自主事業にも積極的に取り組まれていて、本当に心強いです。実は、指定管理者と市との連携のあり方についてもいろいろ問題提起をいただいております。真摯に受け止め、官民協働も男女共同参画もしっかり進めていきたいと思います。


 

5月25日(土曜日)尼崎市体育協会総会

尼崎市体育協会総会

 体育協会の総会に伺いました。尼崎市はいま、市立尼崎高校バレー部に端を発した体罰問題に向き合っている只中にあります。これを機に膿を出し切り、教育委員会とも連携して、本来目指してきたスポーツを通じての人材育成を改めて進めていけるよう全力を尽くす所存です。平素から本市のスポーツ振興にご尽力いただいている体育協会の皆様にもご心配をおかけしていることをお詫びするとともに、引き続きのご協力をお願いしました。


 

5月25日(土曜日)尼崎芸能祭「踊るあまがさき」・ヤング着物会

尼崎芸能祭「踊るあまがさき」・ヤング着物会

 「国宝」じゃない尼崎城だからこそ、「みんなのお城」として活用しよう!という当初からの計画通り、尼崎城ではいろんなイベントを企画しています。本日は尼崎城二代目城主の青山氏のつながりで連携している郡上市と丹波篠山市の踊り手の皆様をお招きしての「踊るあまがさき」!ご存じ「郡上おどり」と「デカンショ節」と「あまがさき城音頭」の共演が実現しました。市内の高校生が着物をきて尼崎城をめぐる「ヤング着物会」も開催。お城をきっかけにいろんな企画や連携の輪が広がって本当に嬉しいです。暑い中でしたが、皆さまそれぞれに楽しんでくださっていました。

 

5月24日(金曜日)兵庫県国土調査推進協議会 理事会・定期総会

兵庫県国土調査推進協議会 理事会・定期総会

 今年度から2年間、尼崎市が兵庫県国土調査推進協議会の会長を仰せつかっています。本日は神戸市で理事会と定期総会があり、各市の担当者の皆さんに挨拶。恥ずかしながら、これだけ「地図」が出回っているのに国土調査って?という感覚だったのですが、正式な国土調査(地籍調査)は専門的なやり方で進めるもので、例えば法務局に登記されている図面も実際に測量すると正確ではないことが多いのだとか。東日本大震災の津波からまちを再建するプロセスでも、調査ができていないところは目印になるものがなく大変だったそうです。推進協議会では、担当者研修の実施や国への予算要望などを通じて、国土調査の推進を図っています。

 

5月24日(金曜日)尼崎経営者協会 会員懇談会

尼崎経営者協会 会員懇談会


 毎年恒例の経営者協会の会員懇談会にお招きいただきました。経営者協会は労働運動に対する経営者のネットワークとして役割を果たしてきましたが、近年では、職場安全の推進や人材確保・人材育成支援、ワークライフバランスの推進など、多様な活動を展開されています。市の委託事業も多く受けてもらっています。今年度もよろしくお願いいたします。


 

5月23日(木曜日)定例記者会見

定例記者会見

 今回の定例記者会見の内容は以下の2件。
1.避難案内・誘導板を市内全域に設置
 災害時の避難活動をより円滑に行えるよう、指定避難場所への誘導版を新たに600枚設置しました。設置場所は各避難場所からの半径500m以内で、外国の方にも理解しやすいよう、英語や中国語、韓国語も併記しています。
2.いくしあオープン会議を開催します
 子どもの育ち支援センター(いくしあ)の開設にあたり、市長とともに自由に意見交換、情報共有ができる場として、いくしあオープン会議を開催します。今後も続けていく予定です。ぜひお気軽にご参加を!(令和元年6月27日(木曜日)午前10時~12時、尼崎市立すこやかプラザにて)

 

5月23日(木曜日)第31回車座集会

第31回車座集会


 今年度最初の車座集会は、中央北生涯学習プラザにてフリートーク型で開催しました。オープンしてまもない尼崎城の利用方法や観光客へのおもてなしに関するご提案、喫煙・自転車などのマナー向上に関するご要望、市の情報公開や職員のあり方、教育や子育て環境に対するご意見など、たくさんのお話をお聞きしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


 

5月20日(月曜日)木村化工機株式会社様へ感謝状を贈呈

木村化工機株式会社様へ感謝状を贈呈

 木村化工機株式会社さまから、ひと咲きプラザ内にオープン予定のユース交流センター「アマブラリ」に配架する書籍代等として1000万円のご寄付をいただきました。会社の創立90周年、尼崎市制100周年に続き、3度目のご厚意。本当にありがとうございます。ちなみに木村化工機は国道2号線沿い、まさに大阪との市境に位置しており、大阪側から尼崎市に入ってくる車から見えるように、「ようこそ尼崎市へ」の看板を社屋に大きく掲げてくださっています。皆さま、機会があればぜひチェックのほどを!


 

5月19日(日曜日)10万人わがまちクリーン運動・さつき展

10万人わがまちクリーン運動・さつき展


 わがまちクリーン運動は、市民の方々、事業者の方々のご協力のもと、市制80周年だった平成8年から続いている運動です。私は今年は阪神尼崎駅周辺の活動に参加しました。おかげさまで、尼崎のまちは本当にきれいになってきましたが、継続していくことが大切。ゴミ拾いに参加した人は、ポイ捨てをすることはないでしょう。これからも参加者の輪を広げながら、続けていきたいと思います。


 

5月18日(土曜日)兵庫県電気工事工業組合尼崎支部 創立50周年記念式典

兵庫県電気工事工業組合尼崎支部 創立50周年記念式典


 電気工事工業組合の尼崎支部が創立50周年を迎えられ、その記念式典に伺いました。電気工事組合の皆様には、「未来の匠選手権」の開催や技能フェスティバルへの参画などでお世話になっています。個人経営の電気屋さんは少なくなっていますが、組合の50年を支えてきた皆様にはその確かな技術で、今後も後進の育成にご尽力いただきたいと思います。


 

5月17日(金曜日)新任役職者研修

新任役職者研修


 今年度から課長、係長級となった職員への研修を行い、冒頭で私から講話をしました。役職者は、部下の育成など各チームのマネジメントを担う立場であり、組織全体のパフォーマンスに大きな影響力を持つ存在となります。市の人材育成基本方針である「はたらきガイド」に基づき、今年度から新たに設定した「コンピテンシー」(職員として望ましい意識や行動)を意識して面談などを充実させていってほしいと伝えました。

 

5月16日(木曜日)兵庫六甲JA尼崎女性会 第20回通常総会

兵庫六甲JA尼崎女性会総会 第20回総会

 兵庫六甲JA尼崎女性会の第20回総会に出席しました。女性会の皆さまには、毎年11月に行っている農業祭をはじめ、様々な地域活動にご協力をいただいており感謝です。農協といえば、現在放送中のNHKの朝ドラ「なつぞら」。戦災孤児になった主人公が北海道の酪農家の家に引き取られて絆を育んでいくストーリーですが、戦後まもないころに、みんなで力を寄せ合って農協をつくり酪農を発展させていく様子もでてきます。時代は変わりましたが、今後も引き続き農協の機能を発揮していただき、女性会がますます活躍されることをお祈りします。

 

5月15日(水曜日)ひょうご仕事と生活センター阪神事務所開所式

ひょうご仕事と生活センター阪神事務所開所式


 兵庫県が設置している「ひょうご仕事と生活センター」が、中小企業センター6階に新しく事務所を開設されることとなり、その開所式に参加しました。年々重視されてきているワークライフバランスの普及に注力すべく、より企業の身近なところに窓口を置いて相談や支援を強化していくとのことで、尼崎市としても大変心強いです!


 

5月15日(水曜日)尼崎倶楽部 朝食会

尼崎倶楽部 朝食会


 尼崎倶楽部の朝食会。今回の講師は尼崎市役所が誇る生き字引、岩田副市長です!テーマは「令和時代がスタート 雑学 昭和、平成時代の尼崎市政」。尼崎市政の移り変わりに、歴代市長に仕えてきた岩田副市長ならではのエピソードや裏話が織り交ぜられて、面白かったです。岩田副市長!ぜひ本にして出版してください~。


 

5月8日(水曜日)政策推進会議

政策推進会議

 令和初となる政策推進会議を開催しました。本日は、連休前に三役で各局ヒアリングを実施し確認した今年度の重点施策について各局長から説明(&決意表明)。本当に多岐にわたる業務があるのが市役所組織ですが、全庁的に、または局間が連携して取組むべき課題が多いです。今年度も「チームあまがさき」で頑張ってまいります!その他、消費増税対策として実施されるプレミアム商品券発行事業についてや、連休中の業務報告等について情報共有しました。ちなみに令和を迎えた5月1日に受け付けた婚姻届は226件!皆さま、おめでとうございます。

 

 

5月7日(火曜日)生活協同組合コープこうべとの包括連携協定締結式

生活協同組合コープこうべとの包括連携協定締結式

 コープこうべの皆様とは以前より、災害関係や見守り、レジ袋削減など多岐にわたる分野での個別協定やサマーセミナーをはじめとする連携事業で取り組みをご一緒していましたが、この度包括連携協定を締結することとなり、本日その締結式を行いました。市としても組織の縦割りを超えて連携を強め、店舗スペースの地域との連携による活用など、地域づくりに向けた取り組みを発展させていきたいと思います。コープこうべが自治体と包括連携協定を締結するのは今回が初めてとのことで、これから一緒に新しい挑戦ができるのが楽しみです。コープこうべの皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

5月7日(火曜日)新規採用職員辞令交付式

新規採用職員辞令交付式

 未曽有の大型連休が明け、年号も改まり、何だか新年のような感じです。皆様、連休はいかがお過ごしだったでしょうか?さて本日は、5月1日付け新規採用職員8名に対する辞令交付式を行いました。令和の幕開けという記念すべき日に採用となった皆さんには、新しい時代に相応しく、今日のこの日のフレッシュな気持ちを忘れずに頑張ってもらいたいと思います!

 

 

5月3日(金曜日)軟式野球大会開会式

軟式野球大会開会式

 「高円宮賜杯 第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント 兵庫県予選会」・「ボールで遊ぼう!第5回マクドナルドチャレンジカップ(春季)兼第5回自治労カップ学童軟式野球大会兵庫県予選会」・「第6回自治労カップ全日本少年軟式野球大会 兵庫県予選会」の開会式がベイコム野球場で開催されました。今年も県下の予選を勝ち抜いてきた各チームの個性が光る入場行進では早速チームワークが発揮されていました。令和元年、新しい時代にふさわしい大会になることを祈念してご挨拶としました。

 

 

5月1日(水曜日)丹波篠山市誕生・市制20周年記念式典

丹波篠山市誕生・市制20周年記念式典

 篠山市は本年4月1日に市制20周年を迎えるとともに、令和の幕開けに合わせて市名を変更され「丹波篠山市」に。本日はその記念式典に出席しました。日本遺産にも登録された「デカンショ節」でステージの幕が開き、20年を振り返るスライド披露、酒井市長や来賓の皆様の力強いご挨拶に、新たなスタートへの意気込みが溢れていました。篠山城主と尼崎城2代目城主はともに青山家。いろんなご縁を得て、今後も連携を深めていきたいと思います。

 

 

このページに関するお問い合わせ

秘書室 秘書課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階
電話番号:06-6489-6008
ファクス番号:06-6489-6009