平成31年3月の活動日記

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1015923 更新日 平成31年4月3日

印刷大きな文字で印刷

3月30・31日(土曜日・日曜日) 生涯学習プラザ オープン!

生涯学習プラザ オープン!


 4月1日の生涯学習プラザオープンを控え、30日に大庄北生涯学習プラザ、31日に中央北生涯学習プラザでオープニングセレモニーを開催しました。いよいよ新年度が間近に迫り、本市では4月から各地域に担当職員を配置するという新たな取組を進めていきます。それぞれの身近な困りごとへの取組や楽しく交流できる企画など、皆様とともに考え、調整して進めていきたいと思っています。


 

生涯学習プラザ オープン!

 生涯学習プラザは、これまでの公民館の事業をしっかり引き継ぎ、新たな参加の輪を広げながら色々な活動と学びを循環させていく拠点にしていきたいと取組を進めています。貸館については、より柔軟に対応していくとともに、Wi-Fiなどのネット環境の整備など、お仕事をされている世代や学生など、幅広い世代の皆様に集っていただける施設にしていきたいと思っています。また、安全・安心のための防災の拠点にもなっていますので、地域の皆様には新施設を大いにご活用いただきたいと思います。この地域が新たな拠点とともに、さらに大きく発展されますことを心から祈念いたします。

 

3月29日(金曜日) 退職者感謝状贈呈式

退職者感謝状贈呈式

 平成という時代もまもなく終わりを迎えようとしています。退職される皆様は、まさに変化、激動の時代の市政を支え頑張ってくださいました。災害や辛いことも多くあったと思いますが、そういう中で地道に努力を続け、財政改革や環境の改善に取り組んできました。変化に対応していくというのは決して楽なことではありませんが、これまでの積み重ねが形になりつつあると実感しています。本当に長きにわたり、お疲れさまでした。皆様は、これから新しい道でそれぞれにご活躍されることと思いますが、これからも尼崎市に誇りと愛着を持ち続けていただき、引き続きお力添えをいただきたいと思います。皆様のこれまでの取組に感謝を申し上げるとともに、これからの人生が素晴らしいものであることを心から祈念します。

 

3月29日(金曜日) 尼崎城いよいよ開宴!

尼崎城いよいよ開宴!

 本日は、待ちに待った尼崎城一般公開の日。本日より3日間、尼崎城一般公開記念イベントを開催します。市立高校の生徒による書道パフォーマンスや吹奏楽部による演奏、お茶席、全国から集結いただいた武将隊による演武、LIVEパフォーマンスなど、様々なステージ企画のほか、だんじり展示や忍者体験、石垣ボルダリング、抹茶アートワークショップ、クレーンの上から尼崎城を見ていただく企画など、盛りだくさんの内容となっています。早速、たくさんの皆様にお越しいただき、大変な賑わいでした。

 

尼崎城いよいよ開宴!



 多くの事業者や市民の皆様のご寄付により再建された「みんなの尼崎城」です。末永く尼崎の新しいシンボルとして愛される城を目指して取り組んでまいります!




 

3月28日(木曜日) 市政課題研修~学びと育ち講演会

市政課題研修~学びと育ち講演会

 NPO法人スチューデント・サポート・フェイス代表理事の谷口仁史氏を講師にお招きして、『「どんな境遇の子どもも見捨てない!」アウトリーチと重層的な支援ネットワークを活用した多面的アプローチ』をテーマにご講演をいただきました。谷口氏は、大学在学中からボランティアとして不登校、ニート等の状態にある子ども・若者へのアウトリーチに取り組まれ、これまで29万3千件の相談活動、約2万6千件のアウトリーチに携わった他、市民活動団体を含む幅広い支援機関とのネットワークの構築や「職親制度」等社会的受け皿を創出するなど、社会的孤立・排除を生まない支援体制の確立を目指して活動されています。そのノウハウ、多様な社会資源を活かす取組み、本当に刺激的なお話でした。早速、職員研修など今後のお力添えをお願いしました。

 

市政課題研修~学びと育ち講演会


 尼崎市にも熱い想いをもった支援者がたくさんいます。みんなの力を合わせ、困難なケースにもしっかり寄り添える尼崎を目指していきます。10月に子どもの育ち支援センター「いくしあ」を開設するとともに、ひきこもり支援にも取り組んでいきます。官民を越えたネットワークの核として機能を発揮できるよう、頑張ってまいります。



 

3月28日(木曜日) 山岡記念財団への感謝状贈呈式

山岡記念財団への感謝状贈呈式

 ヤンマー株式会社により設立された山岡記念財団様に感謝状を贈呈しました。ヤンマー株式会社によるディーゼル開発のご縁でドイツ・アウクスブルク市と姉妹都市提携をしている本市。日独交流を目的として設立された山岡記念財団様には、ドイツ在住の世界的指揮者である大植英次氏と尼崎市の中学・高校吹奏楽部による「公開レッスン&コンサート」やアウクスブルク市との若手アーティストの相互派遣など、様々な事業にご支援をいただいています。また、今年は尼崎市とアウクスブルク市姉妹都市提携60周年という節目の年。記念事業として、市立尼崎・双星高校の吹奏楽部の生徒も参加して、アウクスブルク市で「大植英次による公開レッスン&コンサート」を開催する予定にしており、こちらにもお力添えをいただいています。音楽や文化、アートなど、様々な企画を支えてくださっている山岡記念財団の皆様、本当にありがとうございます。

 

3月28日(木曜日) 尼崎城 一般公開記念式典

尼崎城 一般公開記念式典


 29日の一般公開に先立ち、本日、尼崎城一般公開記念式典を行いました。式典は、和太鼓グループkogakusyu翔の皆様による素晴らしい演奏で始まり、県副知事や市議会議長、尼崎城歴代藩主であった戸田氏、青山氏、櫻井松平氏の関係者の皆様にもご参加をいただき、桂米團治さんの掛け声で鏡開きを行いました。また、大阪城鉄砲隊の皆様による演武や明城小学校の生徒の皆さんにも花を添えていただきました。


 

尼崎城 一般公開記念式典

 天守をご寄贈いただいたミドリ電化創業者の安保詮様をはじめ、一口城主や一枚瓦、桜の植樹など様々な形でご寄付をいただいた市民や企業、工事関係者の皆様、また、尼崎城再建を盛り上げようと多くのイベントや取り組みをしてくださった各団体の皆様に改めて敬意と感謝を申し上げます。「本当に住みやすいまち」という評価をいただくなど、嬉しいニュースが続いている尼崎市です。尼崎城を核とする城内地域のまちづくり整備を進める中で、新しい尼崎市の魅力を より多くの皆様に発信し、味わっていただきたいと思っています。尼崎市の歴史や文化を子どもから大人まで 楽しく学べる 拠点として、また、多くの人たちが集い、交流を深める拠点として活かしていきたいと決意を新たにしています。私たちのまちづくりはこれからが本番です。皆様には、引き続きのお力添えをお願い申し上げます。

 

3月27日(水曜日) 女性活躍推進五者連携協定

女性活躍推進五者連携協定

 兵庫労働局、兵庫県阪神南県民センター、尼崎市、連合兵庫尼崎地域協議会、尼崎経営者協会による「尼崎地域の雇用・就労における女性活躍推進五者連携協定」を締結。この協定は、女性が社会で活躍できるよう、尼崎市内の企業における女性活躍推進法に基づく取組を推進し、女性の雇用促進、女性の管理職及び役員の登用促進、情報の発信等の連携を図り、地域経済の活性化と地域産業の発展に総合的、効果的に取り組むことを目的としています。
 尼崎市としても、今回の協定を大変心強く思っており、職場環境の向上や女性就業率の向上など、実態に即した子育て世代や市内企業への支援に取り組んでいくとともに、市役所自体も率先垂範しなければならないと決意を新たにしています。皆様には、今後ますますの連携、ご協力をお願いします。

 

3月26日(火曜日) 日本ボーイスカウト尼崎地区協議会 優秀スカウト表敬訪問

日本ボーイスカウト尼崎地区協議会 優秀スカウト表敬訪問

 本日は、日本ボーイスカウト尼崎地区協議会の優秀スカウトの皆さんが表敬訪問に来てくれました。中学生年代の最上級「菊章」を取得した3名と、高校生年代に与えられる進歩・進級記章の1つである「隼章」を取得した1名、そして、スカウト活動において最上級の章である「富士章」を取得した2名が来てくれて、とてもしっかりした挨拶をしてくれました。ボーイスカウト活動の中でチームワークを学び、自分と向き合い、技能を高めてこられた皆さん。これまでの貴重な経験や輝くバッチを誇りとして、ますます活躍されることを期待しています。

 

3月26日(火曜日) 職員表彰式

職員表彰式

 職務に関して、他の模範になる努力や活躍のあった職員を顕彰する市長表彰。今年度は、街頭犯罪防止に取り組んできた生活安全課に優秀賞を贈りました。本市では、平成25年に「ひったくり撲滅」を宣言し、市内3警察署や各防犯協会等の関係機関と連携するとともに、防犯パトロールや可動式防犯カメラを設置、市職員による防犯パトロール実施回数も大幅に増やすなど、様々な取組を進めてきました。その結果、ひたっくり認知件数や自転車の盗難件数は激減。斬新な手法で矢継ぎ早に事業を打ち出し、街頭犯罪抑止という難しい分野において成果をあげてくれました。市の姿勢が市民の皆様にも伝わったと思います。こういった取組モデルが全庁的に広がっていくよう、今後ますますの活躍を期待しています!これからもともに頑張っていきましょう!

 

3月26日(火曜日) 尼崎市スポーツ特別賞・スポーツ賞表彰式

尼崎市スポーツ特別賞・スポーツ賞表彰式

 尼崎市スポーツ特別賞及びスポーツ賞の表彰式を行いました。
 スポーツ特別賞は、国際大会で日本代表として3位以上の成績を収められた方、ならびに市が指定する全国大会等で優勝された方に。スポーツ賞は、その他の全国大会等で優秀な成績を収められた方にお贈りしています。
 今年も多様な種目での皆様の活躍を大変誇らしく、嬉しく思っています。頑張っている皆さんの姿は、私たちに夢や勇気を与えるものです。本市では「スポーツのまち尼崎」を掲げ取組を進めており、皆様にはご自身のパフォーマンスの向上はもとより、後輩や後進の指導にもご尽力いただきたければ幸いです。今後、国際的なスポーツイベントが目白押しとなりますが、皆様のさらなるご活躍を心からご祈念申し上げます。

 

3月25日(月曜日) 園田学園幼稚園 定礎式・竣工式

園田学園幼稚園 定礎式・竣工式

 園田学園女子大学附属園田学園幼稚園の定礎式・竣工式に伺い、お祝いのご挨拶させていただきました。園田学園幼稚園は、4月から新たに「幼稚園型認定こども園」としてスタートされます。地域のニーズに応えるかたちでの新たなスタートを大変心強く、嬉しく思っています。就学前教育の重要性は申し上げるまでもありませんが、これまでも様々にお力添えをいただき、多くの子どもたちを育んできていただいた幼稚園が、装いを新たに、皆様の熱意と、子どもたちの笑顔あふれる場所になることを確信をしています。市としましても、皆様とともに子どもたちの成長を見守り、支えていける施策を進めてまいりたいと決意を新たにしています。園田学園の皆様がますますご活躍、発展されますことをご祈念申し上げます。

 

3月25日(月曜日) あまがさき観光案内所

あまがさき観光案内所

 本日、「あまがさき観光案内所」がオープンしました。あまがさき観光案内所は、阪神尼崎駅北側の中央公園内にあり、尼崎城や寺町、商店街など尼崎城下町情報の案内や、パンフレットやチラシを用意しています。また、尼崎で愛されている名物の品々や、お城やジョー下町散策のお土産も販売しています。皆様の観光の利便性を図るため「FREE Wi-Fi」や外国のお客様に対応するため「多言語に対応した翻訳機」も設置しています。観光客や市外にお住まいの皆様はもちろんのこと、市内の皆様にもお越しいただき、今まで以上に尼崎市の魅力を知っていただきたいと思います!

 

3月22日(金曜日) 本会議(委員長報告、採決)

本会議(委員長報告、採決)

 14、15日に総括質疑、19日に各会派意見表明があり、予算特別委員会の審議が終了。本日は2月定例議会の最終日でした。予算特別委員会での審議結果についての報告の後、予算案及び関連議案について、賛成多数で可決されました。また、人事案件を追加提案させていただき、4月からの教育長と教育委員会委員の任命、人権擁護委員の候補者の推薦についての人事案件が原案通り可決されました。あわせて、組織改正に伴う尼崎市議会委員会条例の改正及び尼崎市議会政務活動費の交付に関する条例の改正が議員提案で上程され可決されました。

 続いて、今年度最後となる政策推進会議を開催し、『尼崎市地球温暖化対策推進計画(素案)に対するパブコメ結果について』と『平成31年度向け役職者の人事異動について』の案件を情報共有しました。

 

3月21日(木曜日) 尼崎城完成カウントダウンイベント

尼崎城完成カウントダウンイベント

 尼崎城が一般公開されるのに先立ち、尼崎城完成カウントダウンイベントとして、大阪城天守閣館長である北川央氏と「忍たま乱太郎」の作者である尼子騒兵衛氏によるスペシャルトーク~私流・歴史の遊び方~を開催しました。北川氏と尼子氏の出会いや尼崎城と大阪城の関係について、それぞれ「私流」の歴史の遊び方、楽しみ方についてお話いただきました。本日お越しいただいた皆様は、ご応募いただいた方の中から抽選で選ばれた80人の方々です。皆様には、このトークショーで知り得た知識を周囲の方にお伝えいただき、広めていただければ大変嬉しく思います。いよいよ3月29日に一般公開を迎える尼崎城。多くの皆様に何度もお越しいただける「みんなの尼崎城」を目指して取り組んでまいります。

 

3月20日(水曜日) 定例記者会見

定例記者会見

 3月の定例記者会見の案件は4件。

1.『「公文書における性別記載欄の見直しについて」ガイドラインを策定しました!』
 本市では、これまでも公文書における性別記載欄について、人権擁護の観点から、必要性を確認し、不都合がなければ設けないことにしていましたが、この取組をさらに推進します。全庁的な調査をもとに、全体の3割強の性別記載欄を削除するとともに、削除が難しい場合の具体的な表記方法を示したガイドラインを策定しました。

2.『地区会館と公民館が「生涯学習プラザ」に!』
 4月から地区会館と公民館が「生涯学習プラザ」として新たにオープンします。これにより、市内12ヶ所で生涯学習プラザが配置されることになります。これまで以上に利用しやすい施設として、多くの皆様が集い、学びや活動を支える拠点として大いに活用していただきたいと思います。

3.『公共施設マネジメントシンポジウム~未来を見据えた「身の丈にあった」公共施設を目指して~』
 本市では、中長期的な視点で身の丈にあった施設保有量、施設規模としていくため、「尼崎市公共施設マネジメント基本方針」を策定するとともに、「第1次尼崎市公共施設マネジメント計画(方針1:圧縮と再編の取組)」を策定し取組を進めています。この度、公共施設マネジメントの必要性について、市民の皆様とともに学び考え、「今後の具体的な取組(素案)」について、市民の皆様の理解を深めることを目的としたシンポジウムを開催します。4月13日午後1時より、大庄北生涯学習プラザで行いますので、皆様のご参加お待ちしています。

4.『尼崎城のオープンを機に、影から光へ!光の尼崎観光特使を募集します~カードも一新!尼崎の地名と同じ15人のキャラクターが登場~』
 現在、市外から尼崎市を訪れ、自ら本市のPRを行う「影の尼崎観光特使」に登録いただいた方に、尼子騒兵衛さんにご協力いただき作成した「忍たま乱太郎 あまがさきウェルカムカード」を配布しています。この度、3月29日の尼崎城のオープンを契機として、新たに「光の観光特使」に認定する制度を設けるとともに、ウェルカムカードのデザインを一新します。なお、「影の尼崎観光特使」制度は、登録者数が8,000忍になった時点で終了します。

 

3月20日(水曜日) 尼崎倶楽部 朝食会

尼崎倶楽部 朝食会

 本日の朝食会は、兵庫県阪神南県民センター長の成岡英彦氏による『「平成」という時代と兵庫県、そして私』というテーマでのご講演でした。「平成」が終わろうとしている今、30年余の間に起きた出来事(経済の大混乱、阪神・淡路大震災、人口減少時代の到来)と兵庫県政を振り返り、今後の県政の方向、阪神南県民センターの取組などご自身の経歴とともに、ユーモアを交えてご紹介いただきました。また、阪神南県民センターの認知度が低いことが課題であるとし、認知度向上にも取り組んでいきたいとおっしゃっていました。本市では、まもなく一般公開される尼崎城を核とした観光地域づくりにも取り組んでまいりますので、県の皆様にはさらなる連携、お力添えをお願いします。

 

3月18日(月曜日) 尼崎ものづくり未来の匠選手権表彰式

尼崎ものづくり未来の匠選手権表彰式

 本日は、「第3回尼崎ものづくり未来の匠選手権」の表彰式を行いました。「溶接競技」と「電気工事競技」に加え、今年度は「旋盤競技」が追加され、3部門で成績優秀だった7名の方を表彰させていただきました。未来の匠選手権は、ものづくりの技術が短期間で身につくものではない中、若い人たちが現場の最前線で頑張っていることに対しエールを送るとともに、若い人同士が繋がり、お互いの仕事を見たり、知ったりする機会を設けることで皆様の力になればと開催しています。今回の選手権は台風の影響により競技ごとに分割開催となってしまったのですが、社会人だけでなく高校生も8名参加。前回の選手権や他の大会での成績が悔しかったので今回リベンジで頑張ったという方も。皆さん、「この結果に満足せず技術を磨いていきたい」、「職場の方から信頼される技術者になりたい」、「良き指導者になれるよう頑張りたい」など、頼もしい感想を語って下さいました。今回の受賞を自信にしていただき、ますます腕を磨き、「未来の匠」から名実ともに「匠」になられる日を心よりご期待申し上げます。表彰された皆様、本当におめでとうございます!

 

3月18日(月曜日) 「尼崎城築城400年記念」切手贈呈式

「尼崎城築城400年記念」切手贈呈式

 日本郵便株式会社近畿支社より、オリジナルフレーム切手「尼崎城築城400年記念」を贈呈していただきました。郵便局では、地方創生の一環として地域等を題材とした商品開発に取り組まれており、この度、3月29日に一般公開される尼崎城の築城400年記念のフレーム切手を作成していただきました。今回のデザインには、尼崎出身の城郭画家である荻原一青氏の描いた尼崎城も含まれていて、素敵な切手となっています。郵便局の皆様には、市制100周年記念切手の作成や尼崎城シャチホコポスト「銀鯱」の設置、尼崎城内にもポストを設置していただくなど、様々なお力添えをいただき、大変心強く、嬉しく思っています。オリジナルフレーム切手は、3月22日より尼崎及び伊丹市内の各郵便局で発売が開始されます。また、3月29日から31日の尼崎城一般公開イベントやネットショップでも販売されます。

 

3月16日(土曜日) 長期実践型インターンシップ推進フォーラム

長期実践型インターンシップ推進フォーラム

 本日は、『長期実践型インターンシップ推進フォーラム~若者と企業がともに育つまち「尼崎」を目指して~』を開催しました。本市では、市内企業の魅力を知ってもらうとともに、深い学びと経験による人材育成を目的に、平成27年度より長期実践型インターンシップを実施。市内企業と学生が腰を据えて具体的なプロジェクトを立案・遂行します。これまで16大学32人の学生を19社の企業で受け入れていただきました。本市には魅力的な企業が多くあります。市としても、多くの若者が尼崎市で様々な経験を積み、成長していけるよう引き続き取り組んでまいります。受入企業の皆様、参加学生の皆さん、この事業を運営してくださっているNPO法人JAEの皆様、本当にありがとうございます。

 

3月16日(土曜日) 徳之島祭り

徳之島祭り

 3月16・17日の2日間にわたり、阪神尼崎駅前広場で「第8回 徳之島祭り」が開催されました。お天気が心配されましたが、皆様の熱気とパワーで盛大に開催されました。駅前広場には、多数の物産ブースやフードコーナーが並び、島唄や踊りなどがステージで披露され、多くの皆様が思い思いに楽しんでいらっしゃいました。会場となっている阪神尼崎駅周辺では、3月29日一般公開が予定されている尼崎城が再建されます。奄美群島も世界自然遺産登録を目指して手続きが進められるなか、さらに交流を深めていきたいと思っています。本市には、奄美群島出身の方が大勢いらっしゃいます。二つの故郷の歴史や文化を多くの皆様に知っていただけるよう取り組んでまいりますので、皆様には引き続きのお力添えをお願い申し上げます。

 

3月12日(火曜日) 政策推進会議ほか

政策推進会議ほか

 本日の政策推進会議の案件は、尼崎市官民データ活用推進計画について。情報のデジタル化により、データ利活用の重要性が高まってきているなか、官民データ活用推進法が制定されました。本市においても、官民データ活用推進計画と、IoT、AI、ロボット等の先端技術を本市行政分野に活用するための情報化計画を合わせもつ「尼崎市官民データ活用推進計画」を策定し、取組みを進めます。

 続けて、アスベスト対策会議、男女共同参画推進会議を行いました。

 

3月10日(日曜日) 春の美味いもん市2019

春の美味いもん市2019


 本日は、尼崎市公設地方卸売市場で「春の美味いもん市2019」を開催。生鮮食品や尼崎産近郷野菜の即売会、野菜の詰め放題、生マグロの解体実演など、本市の食の台所である卸売市場ならではの催しが盛りだくさん。また、水産博物館やこども縁日、飲食コーナー、ステージなど、子どもからベテラン世代まで多くの方が買い物や催しを楽しんでいらっしゃいました。


 

春の美味いもん市2019


 尼崎市公設地方卸売市場は開設65周年の節目の年を迎えました。市場関係者の皆様には、市場の運営と活性化のために多大なるご尽力をいただき、心から感謝を申し上げます。安全・安心な食品の安定供給など、市民の食卓や子どもたちの食育を支えている卸売市場。これまでの長い歴史の間には様々な環境の変化がありますが、今後も皆様とともに頑張ってまいります。皆様には引き続きのお力添えをお願い申し上げます。

 

3月9日(土曜日) あまつなぎ市民フォーラム

あまつなぎ市民フォーラム

 尼崎市医師会主催の「第2回あまつなぎ市民フォーラム」に伺い、ご挨拶させていただきました。医師会の皆様をはじめ、あまつなぎを中心とした多職種連携、市民の豊かな老後に寄り添ってくださっている関係者の皆様に改めて感謝を申し上げます。尼崎市では4人に1人が高齢者。高齢者のうち約6割の方は、最期まで住み慣れた場所で自分らしく暮らすことを希望していらっしゃいます。一方で、実際にご自宅などの住み慣れた場所で最期を迎えられる方は3割弱となっており、市としましても皆様の希望を実現するためさらに取り組んでいかなければならないと思っています。また、ご自身の希望に寄り添っていくと同時に、周囲の支援者やご家族の皆様の負担を軽減し、安心が守られるための環境を整えていくことも重要だと思っています。本市では、在宅療養を支える専門職の連携を深める取組として「医療・介護連携支援センター」(あまつなぎ)の開設や、在宅療養を広く知っていただくため「在宅療養ハンドブック」を発行するなど、色々な方々のご協力のもと、様々な取組を進めています。支援者同士の連携はもちろんのこと、ご本人との普段からの信頼関係の構築が非常に大事だと思っていますので、こういった取組の輪がさらに広がることを心から祈念いたします。

 

3月8日(金曜日) 子どもたちの安全・安心のために

子どもたちの安全・安心のために

 あまがさきキューズモールでは、ブランドスローガンである「街は、おおらか。人は、ほがらか。」を実現するための取組として、地域一体となってエリアの活性化を目指す施策「キューズモールスマイルプロジェクト」を実施されています。お客様が貯めたポイントのうち、“地域に役立てる”ポイントとして集めた分で寄付を実施される仕組みで、今年は第10弾として、子どもたちを危険から守るための防犯ブザーを地域の小学校へご寄付いただきました。
 JR尼崎駅周辺が「本当に住みやすい街大賞2018in関西」で1位をいただくなど、ますます注目を集めている中、あまがさきキューズモールの皆様には、まちのPRや尼崎城、防災の取組など、多岐にわたってご協力をいただいています。今回も心温まるご寄付をありがとうございました!

 

3月3日(日曜日) あまがさき女性フェスティバル

あまがさき女性フェスティバル

 尼崎市女性団体協議会を中心に実行委員会で企画実施されている「あまがさき女性フェスティバル」。3月8日の国際女性デーを記念し、毎年開催されています。生花や書道、絵手紙などの展示、アロママッサージやフラダンス体験、フリーマーケットなど、2日間にわたりトレピエ全体でさまざまな催しが行われます。本年の記念講演は、情報の輪サービス株式会社の代表取締役である佐々木妙月さんによる「地域で応援!シングル・シングルマザーの就労支援」。毎年のことながら、盛りだくさんの内容でした。

 

あまがさき女性フェスティバル

 このフェスティバルでは、皆様の普段の活動を拝見し、大変勉強になるとともに、元気をもらっています。様々な場所で活躍、学習されている皆様と力を合わせ、尼崎市でもすべての子どもたちが安心して健やかに育ち、すべての女性たちが自分らしく、力を発揮していけるまちを目指して取り組んでまいります。女性フェスティバルを運営して下さっている実行委員会や多くの関係者の皆様、本当にありがとうございます。

 その他、「渡辺 明 新王将を祝う会」に出席させていただきました。

 

3月3日(日曜日) 第42回梅まつり

第42回梅まつり

 西難波の熊野神社で開催された「第42回梅まつり」に伺いました。難波熊野神社は、「史跡 伝 難波の梅」の宮として古くから梅の名所といわれ、地域の皆様に広く親しまれています。今年も白や薄紅色に色づいた24種68本の梅の花がきれいに咲き誇る境内で心癒されるひと時を過ごすことができました。難波の梅保存会の皆様のこれまでの活動に心より敬意を表しますとともに、このような素晴らしい時間を共有させていただけることに感謝を申し上げます。


 

第42回梅まつり

 長い冬を経て花をつける梅のように、尼崎市のまちづくりも少しずつ成果が実を結びつつあります。「本当に住みやすい街大賞2018in関西」で1位に選ばれ、また、3年連続で転入超過になるなど、ますます取組を加速させていかなければならないとの思いを強くしているなか、3月29日には尼崎城が一般公開を迎えます。「難波の梅伝説」をはじめとする尼崎市の歴史や文化を多くの皆様に知っていただけるよう取り組んでいきたいと思っていますので、引き続きのお力添えをお願い申し上げます。

 その他、第9回愛連吟詠フェスティバルにも伺いました。

 

3月1日(金曜日) 職員育成ゼミ 発表会

職員育成ゼミ 発表会

 本日は、職員育成ゼミの発表会を開催。今年で6年目を迎え、これまでに受講した人数は延べ139人。このゼミは、若手の職員が所属を越えてつながりながら取組んでいるのが特徴で、約半年以上にわたり、船木顧問をはじめ、色々な方の指導のもと、チームごとに研究を進めます。今年度は、ダイバーシティ研究所への派遣研修で学んだことや、このような活動に参加するきっかけを増やす取組み、公の施設の使用料の滞納ゼロを目指して~滞納リスクに応じた使用料の設定について~、市民の安全のサポート~収集車(公用車)へのAED搭載について~など、様々な分野での発表がありました。

 

職員育成ゼミ 発表会

 このゼミでは、自分自身が携わっている業務だけでなく、まちづくりや市民生活など、市職員として問題意識を持ち、自分の業務に直接関係ないことであってもテーマとして取り上げ、全庁横断的に取り組んでいます。ここで発表された提案やアイデアは、できる限り実現に向けて本来の担当課が引き継ぎ、具体的な取組に繋げていくこととしています。ちなみに、自転車マナー向上のため、一時停止をアプリで感知しポイントにつなげようという現在進行中の官民連携企画は、このゼミから生まれた取組です。このゼミを支えてくださっている関係者の皆様に心から感謝を申し上げるとともに、引き続きのご協力をお願いします。ゼミ生の皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

このページに関するお問い合わせ

秘書室 秘書課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階
電話番号:06-6489-6008
ファクス番号:06-6489-6009