絵はがきデータベース『あまがさきPCD』

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1006728 更新日 平成30年2月21日

印刷大きな文字で印刷

尼崎および周辺地域の絵はがきを閲覧できるデータベースです。

絵はがきデータベース『あまがさきPCD』

 最近、皆さんは絵はがきを出したりしていますか?明治期以降発行されるようになった絵はがきは、まちや地域、企業や団体がそれぞれの姿を伝えるため、数多く作られました。新たなメディアとして、"その時"を伝えようとしたものですが、今となっては、それぞれの時代を記録した貴重な史料となっています。

(尼崎風景)辰巳橋ヨリ尼紡ヲ臨ム

(尼崎風景)辰巳橋ヨリ尼紡ヲ臨ム

尼崎町の酒見泉金堂が発行した絵はがき「尼崎風景」シリーズの一枚で、写真の撮影年代はおおよそ100年ほど前の明治末~大正初めと考えられます。尼崎における工業近代化の一端をうかがわせる内容です。

絵はがきデータベース『あまがさきPCD』とは

 地域研究史料館では、尼崎地域に関する絵はがきを多数所蔵しています。ことに昭和戦前期までの間に、尼崎市内のさまざまな名所や風景、企業や学校の建物や設備など、当時の様子をビジュアルに知ることのできる貴重な絵はがきが多く発行されています。

史料館と尼崎市教育委員会が所蔵する絵はがきのうち、著作権上の問題のないもの657点(平成27年2月末現在)の画像を登録したWeb上のデータベース『あまがさきPCD』を公開しました。

サイト名の"PCD"は、Post Card(s) Database の頭文字から採っています。

 『あまがさきPCD』は撮影年代や撮影場所、被写体内容などから自由に検索でき、キーワードの拡張機能もそなえたデータベースです。史料館ボランティアのみなさんにスキャニングしてデータを作成していただき、館スタッフが独自にシステムを設計・構築して公開にこぎつけました。どうぞご覧いただき、みなさんのサイトや刊行物などにもご活用ください。

地域研究史料館からのお願い

  1. サイト・刊行物で画像をご利用になる場合は、出典をかならず明記してくださるようお願いします。
  2. ご所蔵の尼崎関係の絵はがきで、画像データを提供していただけるものがありましたら、どうぞ史料館までお知らせください。

このページに関するお問い合わせ

総務局 地域研究史料館
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7番16号 尼崎市立地域研究史料館(尼崎市総合文化センター7階)
電話番号:06-6482-5246
ファクス番号:06-6482-5244
メールアドレス:ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp