園田地域振興センターブログ『そのだなのだ。』

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1017040 更新日 令和1年10月11日

印刷大きな文字で印刷

そのだくん
「そのだくん」



こんにちは!園田庁舎 園田地域振興センターです。
尼崎市の北東部に位置し、田能遺跡や尼崎農業公園など、自然豊かな園田で日常や園田で活躍する人などを「そのだくん」がご紹介します。

過去の記事も以下のリンクからご覧頂けます。
ぜひチェックしてみてください!

10月6日(日曜日)消防団園田地区ポンプ操法大会激励会

消防団園田地区ポンプ操法大会激励会

消防団園田地区のポンプ操法大会激励会を参加したのだ・・・・・牛ちゃんなのだ

日頃から地域の防災・防火活動に尽力されている尼崎市消防団園田地区の激励会に参加しました。

消防団員の皆さんは、地域の防火活動に対応するため、日頃から仕事が終わった後や休日を利用して消防訓練を行うなど日々努力されています。

来週10月13日(日曜日)に実施されます“尼崎市消防団ポンプ操法大会”に向けて、本日は大会に出場される団員を激励するため、消防団園田地区の多くの団員が集まりました。

初めに出場団員の紹介があり、その後、実際にポンプ操法をが披露され、見事な放水などの実技に多くの拍手が寄せられました。

13日の大会では好成績が収められるよう期待しています!

9月22日(日曜日)自然・環境

水辺まつりの様子

水辺まつりが開催されたのだ、中島なのだ。

水辺まつりは、猪名川・藻川の清流保全を大きな目的として、水辺を舞台に「自然とのふれあい」と「人と人との交流」を行い、貴重な水辺の自然環境を再認識し継承すること、清流保全に向けた具体的な行動を実現するきっかけとすることを目指し、地域や流域で活動する団体や有志が集まって開催しています。

藻川でのあしぶね体験コーナーや、藻川の魚に触れることのできるコーナー、子どもたちが主体でするフリーマーケットコーナー、ライブやダンスの水辺のステージなど、たくさんのブースがあって盛り上がっていました。台風の影響で少し風が強かったですが、終了の午後3時まで雨が降ることがなく、無事終了しました。

9月17日(火曜日)自然・環境

プラットフォームの様子

プラットフォームで菰樽について学んだのだ、中島なのだ。

今月のプラットフォームは偶数月のため歴史をテーマに「日本の伝統文化『菰樽』について」議論しました。7月のプラットフォームで、尼崎市が全国トップシェアをほこる菰樽について話を聞ききたいと声が上がり、株式会社岸本吉二商店の代表取締役岸本吉二氏から話を聞くことが実現しました。そもそも菰樽とは何かという話やその歴史、樽を包んでいる菰、絞めている縄などについて話を聞きました。写真だけではなく実物も持ってきていただいていたので、においをかいだり、触ってみたり、普段なかなか見る機会のない菰樽をじっくり観察することもできました。その技術力には改めて産業のまち、尼崎市のポテンシャルを実感しました。

来月は10月15日午前10時からコミュニテイルーム園田で開催します。奇数月のため、環境をテーマに「豆島プロジェクトの取り組み」について、豆島プロジェクト事務局長出本眞次氏からお話いただきます。ぜひお越しください。

9月11日(水曜日)防犯・防災

園田地域福祉ネットワーク会議の様子

園田地域福祉ネットワーク会議に参加したのだ、中島なのだ。

園田地域福祉ネットワーク会議は、住民が主体となって”お互い様の気持ち”で地域のつながりづくりや助け合い活動を広げていけるよう、地域ニーズの把握や情報共有、解決に向けた仕組みづくりを目的として社会福祉協議会園田支部が設置しています。

今回は第2回目の開催で「災害時の協働を考えよう」というテーマに取り組みました。まず、災害対策課による現状の尼崎の防災の取り組みの説明を聞き、次に園田北小学校区まちづくり協議会の昨年の台風時の取り組みを聞きました。最後に地区ごとに分かれてのワークに取り組みました。

参加された皆さんは、防災についての意識が高く、ワークでも多くの意見が出ました。日頃からのコミュニケーションがあれば、避難時に声掛けができたり、万が一逃げ遅れてしまった時にも気づくことができます。日頃からのコミュニケーションがとても大切だと議論になりました。

9月25日(水曜日)子育て

事業の様子

9月のママカフェを実施したのだ、前阪なのだ^^

毎月第4水曜日に実施している、就学前のお子さんと保護者を対象にしたママカフェ。
今回は今年度最多、14組のご参加がありました!

北部地域保健課の管理栄養士さんに食育についてのお話をして頂きました。
ただ食べるということだけでなく、お料理を作っている匂いで子どもの食欲が増すことや、食材の切り方の工夫、お母さんにも良いお味噌汁の試食など、たくさんのお話を頂きました。

来月は10月23日で、「食から始める子どもの発達・発育part2」です。
コープこうべ第1地区本部の方たちに来ていただき、食事の栄養や、普段の献立で時間をかけずにひと手間加える工夫、試食のご用意などをしていただきます。
ぜひ遊びに来てください!

9月24日(火曜日)子育て

会議の様子

ウェルカムブック編集委員会議を実施したのだ、前阪なのだ^^

園田地域課では毎年、園田地区の子育て情報を掲載したウェルカムブックを作成し、12月の子育てイベントで皆さんにお渡ししています。
子育て支援政策の情報や園田地区の医療機関、地域で活動する子育て支援団体の紹介、地域の公園やイベント紹介など、子育て中のご家庭に様々な出会いがあるように、という思いを込めて作っている冊子です。

このブックを今年は子育て中のお母さん・お父さんと一緒に編集してみようと編集委員さんを募集しました。
現在4組の編集委員さんと一緒に冊子を作る準備を始めています。
第1回目は前回のブックをみんなで確認したり、どんな情報が欲しいのかアイデア出しを行ったりしました。お子さんも一緒の会議なので、にぎやかで楽しい会議となりました^^

次回は10月10日(木曜日)の午前10時からです。
子育て中の方もそうでない方も、ぜひご参加ください!

 

9月20日(金曜日)学校

こどもまつりの様子

園和小学校で行われた園和こどもまつりに参加したのだ、前阪なのだ^^

9月20日(金曜日)に園和小学校の学校公開としてこどもまつりが行われ、小学校区担当として参加してきました。

こどもまつりでは2年生から6年生が各クラスごとに教室で出し物を行い、順番に店番をしたり他のクラスのお店まわりをしたりと楽しみます。
私たちも何か所か回りましたが、みんな楽しそうな工夫を凝らしたお店やさんばかりで、力を合わせて準備をした様子が伝わってきました。

9月15日(日曜日)園田カーニバル

園田カーニバルの様子

令和元年9月15日(日曜日)に第34回園田カーニバルを開催しました。

当日は雲一つない快晴。ふれあいコンサートでは17もの幼小中高の学校園の歌やダンス、吹奏楽が披露されたほか、一般からも7団体の出演がありました。

その他、フードブースは12店舗、フリーマーケットは15店舗、こども広場では昔遊びや大道芸、尼崎城のふわふわ、ミニトレインなどが出店しました。

オーラスの園田地区婦人連絡協議会の方々による総踊りでは、ステージ前の櫓(やぐら)のまわりで一般の方々も踊りの輪に加わって、100人近い方々で踊りを披露されました。

来場者は例年以上の約6,400人。特に大きな事故等なくカーニバルを盛況のうちに終了することができました。

園田カーニバルは、この規模のイベントを地域の皆さんが主体になって実行委員会形式で実施しているところが特徴です。実行委員長と皆さん振り返りを行い、今後もこの素晴らしい地域イベントを持続していけるよう、地域課としても共に取り組んでいきます。

9月9日(月曜日)その他

トライやる活動の様子

 トライやるウィークなのだ・・・・。

9月9日(月曜日)から5日間、尼崎市立園田東中学校の生徒が園田西生涯学習プラザへ就労体験学習に来られました。この「トライやるウイーク」は、中学生の子どもたちが地域の事業所等で就労体験を行い、自分なりの生き方を見つけていくことができるようにするなど、心の教育の充実を図るという目的で平成10年より毎年実施されています。(兵庫県独自の取り組みです。)園田西生涯学習プラザでは、主に図書業務を中心に地域の皆様とふれ合いながら活動しました。地域の活動グループの方たちとも、活動の手伝いを通して心が通い合うことの大切さを学びました。この後、11月には、尼崎市立園田中学校、尼崎市立小園中学校の生徒たちも就労体験学習に来られます実りある学習になることを期待しています。

8月26日(月曜日)子育て

会議の様子

ウェルカムそのっ子フェスティバルの打ち合わせをしたのだ、前阪なのだ^^

園田地域では毎年12月に、子育て中のご家族を対象としたそのっ子フェスティバルを開催しています。
子育て中のご家庭と、子育て支援をしているグループさんや活動場所がつながるようにと思い、実施しているものです。

今回はその準備として、顔合わせも兼ねてコミュニティルーム園田運営委員会のメンバーさん、尼崎市社会福祉協議会園田支部さん、園田地域課職員で集まりました。

今年のフェスティバルは、12月14日(土曜日)午後1時半から園田西生涯学習プラザで行うことで決定しました!
また準備や会議の様子などを定期的にアップしますので、楽しみにお待ちください!

8月27日(火曜日)その他

視察の様子

長野県飯田市の公民館館長さんが視察に来たのだ、前阪なのだ^^

尼崎市では、平成29年度6月から平成30年度2月まで半年ずつ、計6人の市役所職員が飯田市の公民館に派遣され、公民館活動を勉強させてもらいました。
飯田市には20館の公民館があり、その館長さんは地区住民からの推薦などで館長という特別職を担っておられます。その館長さんたちが、今回尼崎に視察に来られました。

当日は中央北生涯学習プラザで尼崎市の自治のまちづくり条例や地域振興体制の再構築について説明をした後、ボランティアガイドさんと一緒に寺町を散策し、最後に尼崎城を見学しました。

地域振興体制の再構築など難しい話があった一方で、寺町散策の合間に中央地域課職員オススメのたこ焼きを買ったり、尼崎城ではVRを使った体験コーナーで盛り上がったりと、終始楽しい雰囲気の視察でした。

飯田市にお世話になった職員も久しぶりの再会にうれしそうな様子でした。
館長さん、遠いところからありがとうございました!

9月6日(金曜日)園田カーニバル

カーニバル準備の様子

もうすぐ園田カーニバルなのだ^^

9月15日(日曜日)に迫った園田カーニバル。
実行委員さんや事務局では着々と準備が進んでおります!

今日はNPO法人やじろべえさんが子ども広場で使う机を納品してくださり、園田中央商店街さんとライオンズさんがカーニバルののぼりを設置してくれました。

その他にも、たくさんの方に関わってもらいながら準備中です。
当日はお天気に恵まれ、皆さんと楽しめますように!

8月29日(水曜日)子育て

事業の様子

8月のママカフェを実施したのだ、前阪なのだ^^

毎月第4水曜日に実施している、就学前のお子さんと保護者を対象にしたママカフェ。
今回はあいにくのお天気でしたが、4組のご参加がありました。

幼稚園の先生に子育て相談をしてもらいながら、お母さん同士で幼稚園や保育園の話、さらには小学校の話など、お子さんの進学や近隣地域の話で盛り上がりました。

来月は9月25日で、北部保健福祉センターの管理栄養士さんに「食から始める子どもの発達・発育part1」と題し、食育についてお話を頂きます。
お子さんの栄養を考えたお味噌汁の試飲などもあります。ぜひ遊びに来てください!

8月30日(金曜日)防犯・防災

園田地区消防団が水防訓練する様子

令和元年度尼崎市防災総合訓練に参加した 益田なのだ。

防災総合訓練において水防工法訓練が実施され、第6機動隊(尼崎市消防団園田地区)が2年連続で優勝されました!

水防工法訓練は、水害発生時における水防工法の技術の向上を目的に、市内6地区の消防団が「三段積土のう工法」により競技し、正確性・迅速性・機動隊員の士気等から総合的な審査に基づき順位を決定します。

尼崎市消防団園田地区は、火災はもとより、いつ起こるかわからない地震をはじめとした自然災害から市民の生命・身体・財産を守るため、副団長のもと団員が一丸となり日々訓練をされており、様々な消防団の大会で優秀な成績をおさめられています。

尼崎市消防団に興味のある方・入団を希望される方は、下記をご覧ください。

 

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 園田地域振興センター 園田地域課
〒661-0984 兵庫県尼崎市御園1丁目23番8号
電話番号:06-6491-2361
ファクス番号:06-6491-2364
メールアドレス:ama-sonoda-chiiki@city.amagasaki.hyogo.jp