市営バス事業の民営化に向けた取組方針について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1009053 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

公営企業審議会の答申の趣旨を踏まえ、民営化に向けた具体的な取組みを進めるにあたり、取組方針をまとめました。

 市営バス事業は、昭和23年の創業以来、市民のみなさまの身近な交通手段として、市民生活を支える重要な役割を果たしてきました。
 しかし、人口の減少など様々な社会経済環境の変化のなかで、収益の根幹をなす輸送人員は昭和42年をピークに減少の一途をたどっており、事業継続が懸念されるなど、市営バス事業は極めて厳しい状況に置かれています。

 こうしたことから、持続可能なバス交通サービスの構築に向けて、バス交通サービスの望ましい担い手について、検討を重ねてまいりました。平成24年7月には、公営企業審議会から「民営化を目指すことが妥当である」との答申をいただいたところです。

 この答申の趣旨を踏まえ、民営化に向けた具体的な取組みを進めるにあたり、このたび、取組方針をまとめました。
 移譲時期については、平成27年度末を予定しておりますが、民営化後においても、市が引き続き地域交通に関与することにより、市民のみなさまの足の確保に努めていきます。
 また、民間事業者の経済性等の発揮により、財政負担の軽減を図るとともに、サービスの向上にも努めていく考えです。

バス交通の望ましい担い手に係る検討経緯

バス交通の望ましい担い手の検討フロー

市営バス事業の民営化に向けた取組方針

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 都市政策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階
電話番号:

  • 06-6489-6138
  • 06-6489-6148(交通政策)

ファクス番号:06-6489-6793
メールアドレス:

  • ama-seisaku@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-kotsuseisaku@city.amagasaki.hyogo.jp(交通政策)