【令和2年2月】まちの話題 まちの笑顔

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1020061 更新日 令和2年2月17日

印刷大きな文字で印刷

道路が与えるまちへの影響?まちづくり講座を開催しました

写真、講座の様子

写真、市職員との基調講演の様子

2月15日、女性センター・トレピエで、「都市計画まちづくり講座」が開催され、参加した50人が、尼崎の身近な都市計画について学びました。
同講座は、市民向けの座学やまち歩き、親子向けのワークショップや小学校への出前授業等を通して、都市計画というものをもっと生活に身近なものとして捉えてもらうことで、参加者がまちづくりに取り組むきっかけとなるようにと、平成26年度から実施しています。

この日のテーマは「まちづくりにおける道路の役割 自転車で市内を走って感じたこと」。
尼崎市の都市計画審議会委員も務める流通科学大学教授の三谷哲雄氏を講師に招き、実際に市内を自転車で走ってみた感想や自転車通行環境の現状、まちづくりにおける道路の特徴、道路がまちにもたらすことなどの講座や、尼崎市職員らとの基調講演が行われました。

参加者たちは、尼崎市の進める「自転車のまちづくり」において大きな役割を担っている道路空間の現状等の話を、深く頷いたりメモをとったりして真剣な表情で聞いていました。
市民、市職員ともに、最も身近な移動手段である「自転車」を利用する上で、これから「道路」とどのような関わりをもっていくかを考えるきっかけとなった一日になりました。

新しい時代の学び方 「プログラミング授業」ってどんなことをしているの?

写真、プログラミング授業を受ける児童たち

画像、プログラミング教材エムボットとタブレット端末

2月7日、園田小学校で、株式会社NTTドコモから提供を受けたプログラミング教材「embot(エムボット)」を使った公開授業がありました。これは、アプリで作ったプログラムを段ボールなどでできたロボットで表現できるもので、今回は「ドレ見メーター」という「音を見ることができるロボット」を使った授業が行われました。

音を鳴らすと、それぞれの音に設定された「角度」までメーターの針が動きます。これを利用して、心地よく聞こえる「和音」にはどんな秘密があるのか探っていきます。

グループで話し合いながら「音の角度が同じ角度ずつ上がっている」ことに気付いた児童たちは、角度から和音を作ったり、「和音の基本はおだんご型(五線譜上で音符が連なっている)」であることを学んだりしました。

4年生の児童たちにとって、プログラミングはすでにお手の物。新しい教材を使いこなすだけではなく、さらに深い知識を身に付ける機会になっています。

ちょっといいな。展示「まちのながめ」開催中!

展示の様子

展示パネル

1月28日から2月10日まで、中央北生涯学習プラザで展示「まちのながめ」が開催されています。
同展示では、尼崎の「ちょっといいな」と思えるようなまちの風景を切り取った写真や、景観の工夫や魅力が感じられる言葉で綴られた冊子「まちのながめ」などのパネルが展示されています。
美しい家並みや、広々とした駅前のながめなど、バラエティに富んだパネルがずらりと並べられており、その中から、お気に入りのまちのながめを見つけるのも楽しみの一つかもしれません。

展示「まちのながめ」は、中央北生涯学習プラザでは2月10日まで開催。2月13日から2月27日までは、武庫西生涯学習プラザで開催されます。

今年も大盛況!大覚寺で節分会

大覚寺節分会豆まきの写真

大覚寺身振り狂言の写真

節分の日の2月3日、寺町の大覚寺で恒例の節分会が行われ、狂言や福豆まきなどで多くの参加者の注目を集めました。
節分会は、江戸時代から続くと言われているお祭りで、毎年この日に大覚寺で開かれ、冬の風物詩として地域に定着しています。
この日、台詞がなく身振りだけで演じられる「大覚寺身振り狂言」が本堂前の舞台で上演されたほか、豆をまいて鬼を退治する「節分厄払」など、6つの演目が披露されました。
また、「鬼は外、福は内」の掛け声とともに「福男」らから福豆がまかれると、訪れた多くの市民たちが福豆を求めて手を伸ばし、福を手にして顔をほころばせていました。

「未来から今を考える」ワークショップを小田地区・大庄地区で開催しました

写真、小田地区でのワークショップの様子

写真、大庄地区でのワークショップの様子

1月26日から、これからの尼崎の未来についてみんなで考えるワークショップを開催しています。

1月26日の小田地区、2月2日の大庄地区では、幅広い年代の参加者が尼崎のこれからのまちづくりについて一緒に考えました。
参加者は、「楽しかった」「知らない尼崎を知ることができた」など、それぞれが思い思いに尼崎を見つめ直す良い機会となり、充実したワークショップとなりました。
尼崎市の未来はどんなまちになっているでしょうか。

同ワークショップは、2月8日にすこやかプラザ、2月15日に園田東生涯学習プラザ、2月16日に武庫西生涯学習プラザ、2月29日に中央北生涯学習プラザでも開催します。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 広報課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館2階
電話番号:06-6489-6021
ファクス番号:06-6489-1827
メールアドレス:

  • ama-koho@city.amagasaki.hyogo.jp (市報あまがさき等)
  • ama-koho2@city.amagasaki.hyogo.jp (あまっこ・尼ノ國等)