【平成30年6月】まちの話題 まちの笑顔

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1011950 更新日 平成30年6月15日

印刷大きな文字で印刷

サッカー選手の堂安律選手が市長を表敬訪問しました

画像

画像

画像

6月13日、尼崎市出身でサッカーのオランダ1部リーグ・FCフローニンゲンで活躍中の堂安律(どうあん・りつ)選手が、市長を表敬訪問しました。

堂安選手は、3歳からサッカーを始め、4歳の時に浦風フットボールクラブに入団。その後、ガンバ大阪ジュニアユースからガンバ大阪へと移る中で高い得点力を身に付け、昨年からオランダ・フローニンゲンに移籍。公式戦29試合に出場し、9得点を挙げるなど活躍を見せています。

稲村市長が「尼崎の子ども達にサッカーを教える機会を作ってほしい」と提案すると、「子どもが大好きなので、ぜひいつか実現したい」と笑顔で快諾。「2年度の東京オリンピックの日本代表として出場できるよう、一日一日の練習を積み重ねて努力したい」と意気込みを語ってくださいました。

幼保小連携事業!小園小学校で園児たちが学校教室や図工を体験!

写真1

写真2

写真3

6月13日、小園小学校で、小学1年生の児童と小園幼稚園、神崎保育所の園児たちが体育館での遊びや、図工の体験を楽しみました。

園児たちは、学校の教室を体験したり、体育館で小学生と一緒にじゃんけん遊びを楽しんだりと、初めての学校にドキドキしながらも嬉しそうな表情を見せていました。

最後は、図工の先生と一緒に大きなビニールにマジックでお絵かき体験!園児たちはたくさんの色マジックに目を輝かせながら、思い思いの発想で楽しそうに絵をかいていました。

尼崎市では、幼稚園や保育所に通う園児たちが、小学校に遊びに行ったり小学生と仲良く触れ合ったりすることで、入学への期待を膨らませ、学校へ通うことへの不安をなくして、進学後に円滑に小学校生活を送れるようにと、幼保小の連携を進めています。

園田東小学校でスカイプを活用した外国語・国際交流学習が行われました

写真1

写真2

6月12日、園田東小学校で、5、6年生の児童45人が、台湾の清水(チン シュイ)小学校の5年生の児童たちと、世界中の会話を可能にするスカイプを活用して、国境を越えたリアルタイムでの外国語交流学習を行いました。

スカイプがつながると、児童たちはお互いに笑顔で手を振り合い、あいさつを交わしました。
それぞれの児童たちは、事前に練習していた英語で自己紹介をした後、自分たちの小学校の校舎や給食を写真で見せたり、好きなスポーツや食べ物などを英語で聞いて答えたりして、日本と台湾の文化や生活の違いを学びながら、笑顔でふれあいの時間を過ごしました。

元浜緑地わんぱく池がオープンしました!

画像

画像

6月10日、元浜緑地の西側にある「わんぱく池」がオープンしました。

「わんぱく池」には、水鉄砲や手漕ぎいかだなどの遊具のほか、水のカーテンや霧状に吹き出す噴水などがあり、これからの季節にぴったりの水遊びスポットです。水深が25センチから60センチと浅いので、小さなお子様でも水遊びを楽しむことができます。

開園時間は午前9時から午後5時までで、9月9日まで利用できます。入園料は無料です。月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)は休園となりますので、ご注意ください。

尼崎へようこそ!中国鞍山市小学生使節団が小学生と交流

写真、給食の様子

写真、デザート争奪戦の様子

6月8日、友好都市である中国鞍山市の小学生使節団が、尼崎市立園和小学校を訪れました。

友好都市である鞍山市と尼崎市は、平成25年度から隔年ごとに小学生使節団の派遣・受入を行っており、鞍山市の受入れは今年で3回目です。

小学校では6年生と給食を一緒に食べました。黒板いっぱいに中国語で歓迎の言葉が書かれていたり、中国語会話の本を片手に少し照れながら話しかけたりと、「尼崎へようこそ!」というおもてなしの気持ちがたくさん詰まっていました。

最初は緊張していた子どもたちも、余っていたデザート争奪戦じゃんけんでは大盛り上がりでした!

その後も授業の様子を見学するなど、交流を深めた子どもたち。尼崎、鞍山の両方の子どもたちにとって、「国際交流」を肌で感じた一日でした。

武庫の里小学校3年生が、武庫支所を見学しました!

画像

画像

画像

6月6日、武庫の里小学校3年生の皆さんが「地域学校協働本部の事業」として、小学校から一番近い施設である武庫支所・武庫地区会館の見学をしました。

授業のテーマは「尼崎を知る」というもので、武庫地区の歴史や消防団について学んだり、武庫の里小学校の昔の写真を見たりしました。子どもたちは「消防服が重たかった」「どれも面白かった」と楽しそうに見学・体験していました。

水堂小学校で「尼いも」の苗を植えました!

写真、尼いもの歴史などを学ぶ様子

写真、子どもたちが尼いもの苗を植える様子

6月5日、水堂小学校3年生の児童たちが、尼崎の伝統野菜「尼いも」について学びました。尼崎市では毎年、市内の小学校などで尼いもの歴史などを学び、苗から栽培する取組を行っています。

台風で絶滅してしまった尼いもが、「とにかく甘かった」などの特徴をヒントに、尼崎の人々が現代に復活させた歴史を学んだあとは、校内の畑にみんなで苗を植えました。水やりをしたり、雑草を抜いたり、収穫までみんなで頑張って育てるぞ!と話してくれました。

今年は水堂小学校のほかにも市内の様々な場所で、尼いもが栽培されます。

尼崎浄水場特別開放イベント2018が開催されました!

画像

画像

6月2日、南塚口町にある阪神水道企業団尼崎浄水場で、阪神水道企業団尼崎浄水場特別開放イベント(尼崎市公営企業局水道部共催)が開催されました。
普段は入ることのできない浄水場で、見学や実験教室のほか、ゲームなども行われ、多くの方が来場しました。
水道部は、水の飲み比べや通水100周年にまつわるクイズで出展。快晴の中飲み比べコーナーは、「おいしい!」の声で大賑わい。大人も子どもも、真剣な表情で回答を考えていましたよ。

近くの森で自然にふれる「森の文化祭」が開催されました

画像

画像

画像

6月3日、尼崎の森中央緑地で「森の文化祭」が開催されました。
当日は、和太鼓、ダンスなどのステージ、自転車シュミレーターや缶バッチづくりなどの体験コーナー、飲食、お楽しみコーナーがあり、多くの参加者がそれぞれの遊びを楽しんでいました。

6月は食育月間であることから、展示・体験コーナーでは、野菜カード釣りゲームや健康チェック等を行うブースもあり、健康づくりのボランティア団体の皆さんや管理栄養士学生が来場者とともに、食育や健康について楽しみながら学んでいました。

このページに関するお問い合わせ

ひと咲きまち咲き担当局 シティプロモーション推進部 シティプロモーション推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館2階
電話番号:06-6489-6426
ファクス番号:06-6489-1827
メールアドレス:ama-cp-suishin@city.amagasaki.hyogo.jp