【平成30年5月】まちの話題 まちの笑顔

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1010968 更新日 平成30年6月4日

印刷大きな文字で印刷

むこっ子ロード整備実行委員会が、「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞!

画像

画像

画像

むこっ子ロードにおいて、周辺の樹木の手入れや花壇の管理、水路の清掃等の活動を行っている「むこっ子ロード整備実行委員会」が、第29回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞し、5月26日に滋賀県長浜市で感謝状授与式が執り行われました。

平成24年度からは武庫小学校と連携してホタルの飼育を行っており、3年前からむこっ子ロードの水路でホタルの舞う姿が見られるようになりました。今年も3~4匹のホタルが出現しています。

5月30日、稲村市長がむこっ子ロードを訪問し、武庫小学校内にあるホタルの飼育施設(ピカリンガーデン)の見学や、むこっ子ロード整備実行委員会の皆さんと意見交換を行いました。

※むこっ子ロードとは、武庫中学校・武庫小学校・武庫幼稚園の間にある道路と水路の空間のこと。

このページの先頭に戻る

神社がお城に?「お城ごっことおみやまるしぇ」開催

写真2

写真、だんじり体験の様子

5月27日、貴布禰神社で「お城ごっことおみやまるしぇ」が開催されました。

「だんじり体験」や「忍者修行体験」、寺子屋ならぬ「宮子屋体験」など、貴布禰神社をお城に見立てたコーナーが盛りだくさん!

お城ごっこを楽しむ笑顔があふれていました。来年の尼崎城開城も、たくさんの方と盛り上がれるよう取組んでいきます。

このページの先頭に戻る

あまっこ!まちのながめをたんけんしよう!

画像

画像

5月26日、北図書館で、みんながいいと思える「まちのながめ」を考える「あまっこ!まちのながめをたんけんしよう!」が開催されました。

参加した子どもたちは各々「きれいな建物が多い」・「お花がたくさんある」・「車が多く通る」など良いところ、悪いところを挙げ、たんけん結果をまとめました。

また、北図書館では6月10日までパネル展示「まちのながめ」を開催しています。ぜひ、足を運んでみてください。

このページの先頭に戻る

大物公園で蒸気機関車(D-51)を間近に見学することができます

画像

5月20日、大物公園で蒸気機関車(D-51)が一般開放されました。

この蒸気機関車は、貨物列車として実際に活躍していたもので、一般開放日には間近に触れたり、運転席など内部の様子を見学することができます。訪れた子どもたちは、「かっこいい」などと歓声を上げ、運転席に座ったりしながら楽しんでいました。

蒸気機関車の一般開放は、11月までの毎月第3日曜日の午前10時~12時、午後1時~4時に行う予定です。ぜひこの機会にご来園ください。

このページの先頭に戻る

市役所北館2階に、子育て関連の手続窓口を集約しました

画像

5月21日、「こども家庭支援課」と「こども入所支援担当」、「児童課」の3課を市役所北館2階に集約し、「こども総合案内窓口」としてオープンしました。

「児童手当・児童扶養手当の申請」「保育施設等の利用申込」「児童ホームの利用申込」など子育て関連の手続をワンフロアで済ませることができます。キッズスペースもありますので、お子様を遊ばせながら、ゆっくりと手続していただけます。

また、子育てに関する情報提供やアドバイス等を行う相談員を配置していますので、日ごろの子育ての悩みや困りごとなどがありましたらお気軽に相談ください。

このページの先頭に戻る

姉妹都市ドイツ・アウクスブルク市からアーティストが尼崎市を訪れました

アーティスト写真

5月26日からあまらぶアートラボで開催されるA-Lab Artist Gate 2018に向けて、写真家のザラ・ヘントリジアクさんが尼崎市を訪れました。

ヘントリジアクさんは、「『自分自身』、『女性』をテーマにセルフポートレート(自写像)を撮影しています。今回ヨーロッパ以外で活動する若手アーティストとその作品に出会えることを楽しみにしています」と語ってくれました。

詳しくは

このページの先頭に戻る

第65回尼崎さつき展 好評開催中

第65回尼崎さつき展の様子

5月19日から、中央公園芝生広場で尼崎さつき展が開催されています。19日・20日には約3,000人もの来場がありました。取材に訪ねたこの日も多くの方が次々と訪れて、色鮮やかな花びらに見入ったり、写真を撮ったりして、さつきの美しさを堪能されていました。

尼崎さつき展は5月27日までの開催で、会場には赤・白・ピンクなどの美しい花を咲かせた盆栽のほか、高さ20センチ前後の豆盆栽など様々なさつき盆栽が約180鉢展示されています。

このページの先頭に戻る

尼崎薪能(たきぎのう)が開催されました

画像

写真

5月20日、「第39回 尼崎薪能」が、能楽「船弁慶」のゆかりの地である大物川緑地公園野外能舞台で開かれました。

大物川は、かつては大物浦と呼ばれた入り江の名残で、源頼朝に追われた源義経が静御前に別れを告げて船出をしたのは、この付近であったと言われています。

「尼崎こども能楽教室」の仕舞や火入れ式の後に船弁慶が上演され、集まった多くの観客を魅了していました。

7月26日には富松神社境内で「富松薪能」が開かれますので、今回行けなかった方はぜひ足を運んでみてください!

このページの先頭に戻る

みんなでまちをきれいに!10万人わがまちクリーン運動!!

画像1

画像2

画像2

5月20日、明るくさわやかなまちづくりを目的に、行政、市民、事業者が一体となってまちのごみを拾う、全市一斉の「10万人わがまちクリーン運動」が行われました。

当日は青空の下、自分たちのまちが少しでもきれいになるようにと願いを込めて、大勢の方々がトングとゴミ袋を手に、自宅周辺や公園、駅周辺などのゴミを拾いました。

市制80周年を契機に始めたこの取組は、100周年を超えた今も続いており、年々まちがきれいになるとともに、みなさんのわがまち意識も醸成されています。

このページの先頭に戻る

初開催!「学びと育ち研究シンポジウム~エビデンスに基づいた教育政策を目指して~」

写真、報告会の様子

5月17日、「第1回 学びと育ち研究シンポジウム~エビデンスに基づいた教育政策を目指して~」を開催しました。会場は多くの参加者で埋め尽くされて満員となり、その関心の高さが伺えました。

尼崎市学びと育ち研究所の大竹文雄所長をはじめ、各研究員からの報告、ディスカッションに続き、外部アドバイザーを交えての鼎談が行われ、参加した皆さんはとても熱心に聞き入っていました。

尼崎での取組が、あまっこたちの、そして全ての子どもたちのためになるよう努力していきますので、これからもご注目ください。

このページの先頭に戻る

尼崎ネイチャークラブを訪問しました!

尼崎ネイチャークラブの写真

5月15日、成良中学校・尼崎ネイチャークラブの活動を訪問しました。

同クラブでは、校庭に鳥の巣箱を設置したり、運河の清掃を行ったりするような「命の尊さ」を感じることができる活動を行い、持続可能な地域作りに取り組んでいます。

この日の活動は校庭にある菜園の手入れ。綿を植えるとのこと。皆さん懸命に除草・除石に取り組んでいました!

このページの先頭に戻る

今年も開催しました!あなたのカラダにイイコトデイ!

画像

5月13日、今年で3回目となる尼崎市適塩化(減塩)フォーラム「あなたのカラダにイイコトデイ」が開かれました。

今年は、みんなの尼崎大学健康学部も「減塩」や「癒し」、「健康」に関するセミナーを同会場で行い、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代の参加者で盛り上がりました。そのほか、「認知症の少ないまちづくり」や「くらしの笑顔は食卓から」などのシンポジウムもあり、健康についてじっくりと考えるきっかけになる一日となりました。

このページの先頭に戻る

地域の伝統野菜をつなぐ 富松一寸豆祭が開催されました

画像

画像

5月12日、富松神社で、地域の伝統野菜である富松一寸豆の収穫をお祝いする富松一寸豆祭が開催されました。

地域の方を中心にたくさんの人が訪れ、一寸豆の即売会整理券の列に並ぶ人、屋台の軽食をほおばる人など、開始時間前から大賑わいでした。

富松保存会の共同畑で当日朝に収穫された富松一寸豆の振る舞いに、参加した親子連れは「やわらかくておいしい」と笑顔を見せてくれました。

このページの先頭に戻る

ザンビアの方々が「健康施策」を学びに来尼されました!

画像

画像

5月11日、ザンビア共和国の保健局の5名が、ユニバーサルヘルスカバレッジ達成プロジェクトの日本視察の一環として、本市の生活習慣病予防対策の取組を視察するため尼崎市にいらっしゃいました。

まず、園田中学校を視察され、生徒たちと一緒に市保健師による「生活習慣病予防に関する授業」を受けられました。

午後は尼崎市長を訪問され、「今回学んだことをザンビアに戻ってから保健大臣に伝え、政策立案に繋げていきたい」とあいさつされました。

このページの先頭に戻る

大井戸公園のバラが見ごろを迎えています

市民の方と大井戸公園のバラの様子

大井戸公園のバラ

5月10日、大井戸公園では、赤・白・黄・紫・ピンク色などの色鮮やかなバラが見られ、訪れた方たちは、バラの香りに包まれながら公園内をのんびりと歩かれていました。

大井戸公園内にあるバラ園には、スペースシャトルで宇宙に運ばれ、香りの実験に使われたミニバラ「オーバーナイト・センセーション」など約120種類1,850本のバラが植えられています。約120種類のバラは少しずつ時期がずれて順番に咲くため、5月末ごろまで楽しめます。

このページの先頭に戻る

尼崎園田フレンズが3連覇!ヤングリーグ春季大会優勝!!

画像

5月9日、平成30年3月に開催されたアシックス旗争奪第26回ヤングリーグ春季大会で見事優勝した尼崎園田フレンズが、結果報告を行うため、市長を表敬訪問しました。

今年で発足45年になる尼崎園田フレンズは、この大会で3連覇を果たしました。尼崎のチームでは初めてのことです。

日々、藻川の河川敷で練習に励む選手たち、4連覇を目指し、夏の大会にに向けてさらに気合いを入れて頑張っています。

このページの先頭に戻る

このページに関するお問い合わせ

ひと咲きまち咲き担当局 シティプロモーション推進部 シティプロモーション推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館2階
電話番号:06-6489-6426
ファクス番号:06-6489-1827
メールアドレス:ama-cp-suishin@city.amagasaki.hyogo.jp