エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 年金・特別弔慰金 > 年金の受給について、年金受給者の方へ > 老齢基礎年金


ここから本文です。

老齢基礎年金

対象者と受給開始時期

25年以上保険料を納めた人(保険料免除期間も含む)に、原則として65歳から支給されます。年金の受給資格があるか確認してみましょう。

年金を受給する資格があるのは、原則として

  1. 国民年金の保険料を納めた期間
  2. 国民年金の保険料の全額免除を受けた期間
  3. 国民年金の保険料の4分の3免除を受け、残りの4分の1を納付した期間
  4. 国民年金の保険料の半額免除を受け、残りの半額を納付した期間
  5. 国民年金の保険料の4分の1免除を受け、残りの4分の3を納付した期間
  6. 学生納付特例、納付猶予を承認された期間
  7. 第3号被保険者であった期間(昭和61年4月から)
  8. 厚生年金や共済組合に加入した期間
  9. 加入が任意とされていたため、加入しなかった期間(カラ期間(注意1))

    以上1~9の合計が10年以上ある人です。

    (注意1) 平成29年8月以降、受給資格期間の10年を満たすことで支給されることになりました。
    (注意2) 平成29年8月以前は、25年の受給期間を満たすことが要件となります。
    詳細は、日本年金機構尼崎年金事務所へお尋ねください。

    (注意3)カラ期間とは、受給の資格を満たしているかどうかの期間には算定されるが、年金額の計算に算定されない期間で、次のような期間を言います。
  • 学生など国民年金に任意加入できる人が加入しなかった期間
    (学生は平成3年3月まで、サラリーマンの配偶者は昭和61年3月まで)
  • 昭和36年4月以後、20歳から60歳までの間で海外に住んでいた期間
  • 昭和36年4月以後、厚生年金・船員保険から脱退手当金を受けた期間
    (昭和61年4月以後に、国民年金の加入期間を有する場合に限る)

なお、希望により60歳から64歳の間に受給開始できます。 詳しくは「60歳になったとき」をご覧ください。

支給額

  • 保険料を全額納めていた場合…年額779,300円(月額64,941円)
  • 保険料免除を受けていたり、保険料を納付しなかった期間があった場合
     

老齢基礎年金額の計算式

  • 上記は平成21年4月以降の計算式となります。
  • なお月額400円の付加保険料を納められた方は、老齢基礎年金に付加年金(付加年金の年金額=200×付加保険料納付月数)が上積みされます。
     

申請窓口一覧

加入していた制度により、窓口が異なります。必要書類については各窓口にお問合せください。

被保険者の加入状況

申請窓口

国民年金のみの加入で、第1号被保険者の期間のみの人 尼崎市役所窓口
厚生年金のみ加入した人
国民年金と厚生年金に加入した人
第3号被保険者の期間がある人
(日本年金機構)尼崎年金事務所
共済年金のみ加入した人 各共済組合
国民年金と共済年金に加入した人 (日本年金機構)尼崎年金事務所と各共済組合

参考
厚生年金と国民年金に加入している人で、既に厚生年金を受給されている場合、65歳時に国民年金の受給手続きは不要です。ただし、65歳の誕生月に日本年金機構から送付されるハガキ(「国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書」)を提出してください。
 

関連情報

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(年金担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6428
ファックス
06-6489-6417
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る