エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 年金・特別弔慰金 > 年金の受給について、年金受給者の方へ > 年金を受給している人が死亡したとき


ここから本文です。

年金を受給している人が死亡したとき

届出について

受給権者死亡届を、下記の各窓口に提出する必要があります。年金が支給されるのは、亡くなった月の分までです。
なお、生計同一の遺族がいる場合には、未支給年金を請求できます。

(注意)共済年金受給者が亡くなった場合は、各共済組合にお問合せください。

未支給年金

死亡した人に支払われるはずであった年金が残っているときは、生計を同じくしていた遺族が請求をすれば、その分の年金(未支給年金)が支払われます。下記の各窓口で手続きをしてください。

支給を受けることのできる遺族

受給権者の死亡当時、生計を同じくしていた

  1. 配偶者
  2. 子ども
  3.  父母
  4. 祖父母または兄弟姉妹
  5. 上記以外の3親等内の親族(子どもの配偶者、甥、姪など)
    (以上の順で優先されます。)

申請窓口一覧

受給していた年金

申請窓口

老齢基礎年金

(日本年金機構)尼崎年金事務所

障害基礎年金

尼崎市役所窓口

遺族基礎年金

尼崎市役所窓口

寡婦年金

尼崎市役所窓口

必要書類

必要書類については、それぞれの窓口にお問合せください。 

関連情報

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(年金担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6428
ファックス
06-6489-6417
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る