エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 年金・特別弔慰金 > 年金の受給について、年金受給者の方へ > 障害基礎年金


ここから本文です。

障害基礎年金

対象者

下記の条件全てに該当する人が受給できます。

  1.  初診日(病気やけがで初めて医師の診療を受けた日)の時点で国民年金の被保険者であること。 または、国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の人で、日本国内に住所があること。
  2. 初診日の前々月までの期間に自身の納めるべき保険料のうち、3分の2以上を納付している、または全額免除されている、あるいは一部免除されていて残りの納めるべき保険料を納付していること。
    (注意)平成38年3月31日までに初診日がある場合は、特例として初診日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がなければ受給できます。
  3. 障害認定日に政令で定められている障害等級表の1級または2級の障害の状態になっていること。または、障害認定日に該当しなかった人が65歳の前日までに該当するようになったとき。
    (注意)障害認定日とは、病気やケガにより、初めて医師の診療を受けた日から 1年6ヶ月を経過した日のこと、または1年6ヶ月以内に症状が固定した日のことを言います。

保険料納付期間と初診日、障害認定日の関係を図解しています。

支給期間

支給開始

障害認定日(障害認定日が20歳前のときは20歳に達した日)の属する月の翌月(事後重症の場合は、請求のあった日の属する月の翌月)から支給します。

支給終了

死亡した日または障害等級に該当する程度の障害の状態に該当しなくなった日の属する月まで支給されます。

支給額

支給額

障害の程度により、下記の額が支給されます。(加入期間の長短は額には関係しません。)

障害の程度

支給額

1級

974,125円

2級

779,300円

子がいる場合

なお、18歳到達年度末までの子、または20歳未満で1・2級の障害のある子がいる場合には、子の加算がつきます。(児童扶養手当を受給できる方については、児童扶養手当との調整があります。詳しくは窓口までお問い合わせ下さい。)

子どもの数

加算額

1・2人目

1人につき224,300円

3人目以降

1人につき74,800円

申請窓口一覧

初診日の時点で加入している制度により、窓口が異なります。必要書類は各窓口にお問合せください。

初診日に

窓口

第1号被保険者である人 尼崎市役所窓口
厚生年金に加入中または
第3号被保険者である人
(日本年金機構)尼崎年金事務所
共済組合に加入中の人 各共済組合

必要書類は障害、症状、病歴、現在の状況等により、それぞれ異なる場合があります。

参考(20歳前に初診日がある場合)

  • 20歳になる前に初診日がある病気・けがで障害になった場合は、20歳に達したとき(障害認定日が20歳以後の場合は、その障害認定日)に、障害の程度が1級または2級の状態にあれば、障害基礎年金が受けられます。なお、20歳に達したときまたは障害認定日に障害基礎年金に該当する障害の状態でなくても、その後65歳に達する日の前日までに該当すれば、請求することで障害基礎年金が受けられます。ただし、この場合の障害基礎年金は、本人の所得制限がありますので、詳しくは市役所窓口でお尋ねください。
  • 平成3年3月以前に学生だった人、昭和61年3月以前に厚生年金、共済組合等の加入者の配偶者であった人については、その期間に初診日がある場合、国民年金に未加入であっても障害基礎年金の変わりに「特別障害給付金制度」を利用できる可能性があります。

関連情報

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(年金担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6428
ファックス
06-6489-6417
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る