エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 年金・特別弔慰金 > 人生のできごと国民年金手続き > 60歳になったとき


ここから本文です。

60歳になったとき

年金が受給できるか、確認してみましょう

年金保険料の納付は60歳を迎える日の属する月の前月(ただし、1日が誕生日の人は誕生月の前々月)までです。
年金を受給できるのは65歳からですが、60歳になった人は、「老齢基礎年金」のページをご覧になり、ご自分が年金を受給できるか確認してみてください。

受給資格を満たさなかった人は

年金を受給するためには、60歳以降も加入が必要になりますので、60歳の誕生月(ただし、1日が誕生日の人は誕生月の前月)に市役所窓口へ預貯金通帳(届出印も必要)と年金手帳を持参し、任意加入の手続きをしてください。

受給資格を満たす人は

  • 基本的には65歳から年金を受給することになります。
    ただし、希望により60歳から64歳の間に受給開始できます。ご希望の方は、印鑑(本人自署の場合は不要)と年金手帳を持参し、市役所窓口にお越しください。しかし、次のような条件がつきますので、ご了承ください。
    1. 年齢に応じて年金額が減額され、その金額が生涯続きます。
    2. 繰上請求後に万一、障害になっても、障害基礎年金は受給できません。
    3. 特別支給の老齢厚生年金や受けている人は、65歳まで支給停止になります。 (ただし、昭和16年4月1日以前生まれの人)
    4. 遺族年金を受けている人は65歳まで支給停止になります。
    5. 夫が死亡しても、寡婦年金は受給できません。
  • 厚生年金に加入した期間が1年以上ある人は、生年月日によって60歳から64歳の間に厚生年金・共済年金の一部を受給できる場合があります。厚生年金は(日本年金機構)尼崎年金事務所。共済年金に加入していたことがある場合は、所属していた共済組合へお問合せください。

関連情報

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(年金担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6428
ファックス
06-6489-6417
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る