エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 年金・特別弔慰金 > 人生のできごと国民年金手続き > 20歳になったとき


ここから本文です。

20歳になったとき

学生など、会社等に勤務していない人(厚生年金に加入していない人)が20歳になったときは、国民年金に加入が必要です。 

届出方法

20歳の誕生日を迎える月の前月末日ごろに、(日本年金機構)尼崎年金事務所から「国民年金のご案内(兼加入届)」という用紙が送られてきます。必要事項を記入し、市役所窓口に提出してください。
20歳になる前に就職し、厚生年金に加入している人が20歳になったときは特に手続きの必要はありません。
外国籍の方でも、日本国内に住所のある人は国民年金に加入が必要です。

持参するもの

  • 印鑑(本人自署の場合は不要)
  • 国民年金のご案内(兼加入届)
  • 委任状(本人以外の代理人が申請するとき)

(参考)
学生やフリーターなどで収入が一定以下の人は保険料の納付の猶予が認められる場合があります。詳しくは、学生で保険料の納付ができない方へ、または50歳未満の方(学生は除く)で保険料の納付ができない方へをご覧ください。 

関連情報

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(年金担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6428
ファックス
06-6489-6417
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る