地域学校協働本部関係事業

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1013424 更新日 平成30年11月13日

印刷大きな文字で印刷

平成30年度に実施した地域学校協働本部の活動を随時更新しています!

「地域学校協働本部」は地域全体で未来を担う子どもたちの成長を支えていく「地域学校協働活動」を推進するとともに、従来取組んでいた学校支援活動等の活動を基盤に、「支援」から「連携・協働」へ、「個別の活動」から「総合化、ネットワーク化」を目指す体制のことをいいます。

地域と学校が協働する仕組み

【1】(学校に関わる人の)コーディネート機能、【2】多様な活動、【3】持続可能な活動の3つの要素が必要とされています。
児童・生徒の見守りや花壇の整備、PTAなど、学校と様々な関わりのある人や団体をつなぐ人をコーディネーターと呼んでいます。各々の得意分野を持ち寄って、学校、他団体と連携協力し、地域学校協働活動を行っています。
過去の活動は下記をご覧ください。

地域学校協働本部主催「オータムフェスタ2018」が開催されました!(平成30年11月13日))

オータムフェスタ2018の様子

11月3日(土曜日)に上坂部小学校地域学校協働本部主催の「オータムフェスタ2018」が開催されました。
この日は上坂部小学校区の児童と、運動場や体育館を使って活動しているスポーツ団体の児童、あわせて約300名が参加しました。
また、オータムフェスタの運営や準備、開・閉会式の進行は、スポーツ21の役員の皆さんが担当され、各競技の運営や受付等は、スポーツ21の加盟団体や、PTA、地域の皆さんが担当されました。

オープニングでは、「チアリーディング」の演技が披露され、その後は「とべ!!シューズ」という靴飛ばしや、グランドゴルフの「ホールインチャレンジ」の他、リレーやパン食い競争などたくさんの競技が行われました。
子ども達は、一生懸命に取り組みながらも笑顔で楽しんでいました。
当日のイベントにご協力頂いた皆さんは、子ども達が楽しめるようにいろいろ工夫をしておられました。
これからも子ども達の成長を支える活動へのご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の委嘱式を行いました!(平成30年11月9日)

委嘱式の様子

10月31日(水曜日)に、教育委員会室において「地域と学校の連携・協働活動事業」推進員(コーディネーター)としてご活躍いただく方の委嘱式を行いました。
今回は、難波の梅小学校、竹谷小学校、浦風小学校、成徳小学校、わかば西小学校、園和小学校、園田東小学校が加わり、地域学校協働本部の設置校は29校となりました。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の皆さんには、地域全体で子ども達の学びや成長を支えるために地域の人材や活動をつなぎ、学校と地域の橋渡し役を担っていただき、緩やかなネットワークづくりを進めていただければと思っています。

これからも、地域の方々が活動しやすい環境となり、地域学校協働活動が充実したものになるよう、社会教育課としてもサポートして参ります。

園田北小学校で地域学校協働活動が行われました!(平成30年11月2日)

活動の様子

10月28日(日曜日)に園田北小学校の地域において、地域の団体と共催で「園田北ハロウィン」が行われました!
園田学園女子大学と地域の皆さまにご協力いただき、「ハロウィンのメイクや衣装で仮装し、地域を歩きながらスタンプを集め、ハロウィンお菓子をもらおう!」というイベントで、園田北小学校の子ども達や保護者の方々など、約100名の方々が参加されました。

まずは、地域にくりだすために仮装に挑戦!
子ども達は、園田学園女子大学の学生さんや保護者の方々にハロウィンメイクをしてもらいました。
そのあと、マントやステッキなどの仮装グッズを作成しました。
ハロウィンメイクの姿を鏡で見たり、完成した手作りのマントをヒラヒラとなびかせたりと、仮装した姿を見てとても嬉しそうにしていました。

準備ができたら、いよいよ地域へ出発!
各チェックポイントでは、「登下校の見守り」などでお世話になっている地域の方々がおられました。
子ども達はスタンプを押してもらいながら日頃の感謝を伝え、お菓子をもらったり記念写真を撮るなど、とても楽しんでいました。
全てのスタンプを集め終わり、お菓子をもらった後は子ども達や保護者の方々、園田北ハロウィンイベントにご協力いただいた地域の皆さまと、記念撮影を行いました!

子ども達は、楽しみながら地域の方々と交流できたことで、地域の魅力を感じられたのではないでしょうか。
これからも子ども達の成長を見守っていただければと思います。

武庫の里小学校で地域学校協働活動が行われました!(平成30年10月31日)

地域学校協働活動

10月17日(水曜日)に、武庫の里小学校4年生が武庫地域振興センターを訪問し、地域での防災について授業を受けました。
この取組みは、同校の地域学校協働活動推進員が、4年生の担任の先生から依頼を受け、地域振興センター、消防署や消防団の方々と調整を行い、実施されたものです。
子どもたちは、クラスごとに消防署の仕事に関するDVDを見たり、「消防署・消防団の仕事」の話を聞き、真剣にメモをとったり、手を挙げて質問をしていました。
また、地域振興センターの建物には、4階に災害が発生した際に使用される防災指令室があることや、太陽光パネルが設置されていることを知りました。その設備があることで、台風21号の影響による停電の時も次の日まで電気が使えたことなどの話があり、興味深く聞いていました。
地域の方々のご協力のもと、子どもたちにとって有意義な防災学習の授業となり、校区内にある地域振興センターが、防災拠点にもなる施設であることを学ぶことができました。
今後も、学校や地域の方々が連携・協働し、子どもたちの「学び」が充実することを願っています。

 

上坂部小学校で地域学校協働活動が行われました!(平成30年10月12日)

活動の様子

10月7日(日曜日)に上坂部小学校視聴覚室において、上坂部小学校地域学校協働本部と社会福祉協議会園田支部との共催事業「やってみよう さがしてみよう かみさかべ」が行われました。
上坂部小学校の児童19名のほか、保護者や地域振興センター職員、上坂部小学校PTA執行部、社会福祉協議会園田支部職員、スポーツ21、子ども会の役員の方など多くの方が参加されました。

第1部は、「知ろう 探ろう 祭りのひみつ」と題して、地域の研究に造詣の深い上坂部小学校の先生から、尼崎市と上坂部周辺の祭りの様子について、だんじりの形のクイズを交えてお話頂きました。
お祭りの話を初めて聞く子どもたちが多く、興味深く聞いたり、手を挙げて積極的に質問していました。

第2部は、東塚口社会福祉協議会長から、太鼓のたたき方を教わりました。
太鼓をたたき慣れた地元の中学生や小学生がお手本となり、教えてくれました。
初めて挑戦する人が多く、子どもも大人も楽しそうに太鼓をたたき、事業が終わる頃にはとても満足感にあふれた表情をされていました。

今後も、地域の方々と学校が学社連携に取り組めるよう社会教育課においても支援してまいります。

地域学校協働活動研修会を開催しました(平成30年9月14日)

研修会

 8月28日(火曜日)に「地域と学校の連携・協働活動の推進に係る研修会」を開催しました。小学校管理職を主な対象とする研修会でしたが、中学校管理職、行政職員、地域学校協働活動推進員の方など95人の出席があり、地域学校協働活動に対する関心の高さを感じました。
 2部構成の研修で、第1部は、「社会に開かれた教育課程を見据えた地域学校協働活動とは」をテーマに、兵庫教育大学大学院上田真弓准教授にお話をいただきました。
  第2部は、「地域学校協働活動の取組が充実していくには」、をテーマに、パネルディスカッションを行いました。上田准教授をコーディネーターに、武庫庄小学校と園田北小学校の各地域学校協働活動推進員と管理職の方々をパネリストとして、各学校での取組や成果と課題等を中心に話を進めました。
 参加していただいた皆様には、学校と地域が「熟議」を重ね、「協働」して子どもたちの学びや育ちを支えていくことの必要性を感じていただけたのではないでしょうか。これからも子どもたちの健やかな成長を中心において、地域学校協働活動の充実に向けて様々な取組を進めてまいります。

杭瀬小学校で地域学校協働活動が行われました!(平成30年8月15日)

防災について学びました!

8月10日(金曜日)、杭瀬小学校の夏休みの図書室開放で、「防災を考えよう」のイベントが行われました。
先日の大きな地震や大雨を経験した子どもたちの防災意識を高めることを目的に、急きょ、地域学校協働活動として尼崎市社会福祉協議会小田支部と共催し、「宅幼老所あゆみのいえ」の職員の方に防災についてお話をいただきました。

「避難勧告」は「早く逃げろ!というお知らせです。」と、わかりやすい言葉で説明された他、防災グッズとして、1分間振ると20分間照らすことができる懐中電灯の紹介や、バケツやダンボール箱を使った簡易トイレの作り方も教わりました。
避難所で一番困るのはトイレで、4時間待ちもあるお話など、子どもたちは真剣に聞き入っていました。
最後に、ケガをした時にネクタイを使って止血できる方法を教わり、子どもたちも実際に挑戦しました。

これからも、子どもたちに伝えたいこと、学んでほしいことを地域と学校がよく話し合い、子どもたちのための様々な活動を行っていければと思います。

武庫東小学校で地域学校協働活動が行われました!(平成30年8月6日)

そろばん教室の様子

7月28日(土曜日)に、武庫東小学校において、地域学校協働活動が行われました。
武庫東小学校では夏休みの宿題に「そろばんを使った計算問題」が出されています。
「そろばんを子どもたちに教えられるよ」と地域の方から申し出があり、地域学校協働活動推進員(コーディネーター)によるコーディネートで、「そろばん教室」が開催されました。

子どもたちはそろばんのはじき方から覚え方のコツなど、ボランティアの先生に丁寧に教えていただきながら、一生懸命に取り組んでいました。
また、そろばんを使った計算が楽しくなったようで、宿題が終わった後も繰り返し問題を解いたり、少し難しい問題に挑戦している姿も見られました。

地域の方々にご協力いただいたことで、子どもたちは勉強に取り組み、そろばんの楽しさを知ることができ、とても有意義な一日となったのではないでしょうか。

二十公園でラジオ体操が行われています!(平成30年8月1日)

ラジオ体操の様子

小学校の夏休み期間中に、二十公園にて、小園小学校地域学校協働活動の一環として「朝のラジオ体操」が行われています。
小園小学校の地域学校協働活動推進員(コーディネーター)が、「子どもたちが夏休み中も規則正しい生活を保てるように。」といった想いから企画されました。
二十公園では、従来より地域の方々が集まってラジオ体操をされており、推進員が声を掛けて実現しました。

小園小学校の子どもたちにチラシを配布して告知していたこともあり、毎日30人以上の子どもたちが参加しています。
ラジオ体操が始まる前から公園で遊んで待っていたり、眠たい目をこすりながら公園にやってくるなど、子どもたちの様子は様々でしたが、ラジオ体操が終わる頃には目も覚めて、元気に公園で遊ぶ姿も見られました。

地域の方と子どもたちが交流する場を設けることで、子どもたちにとって住みよいまちになっていくのではないかと思います。

立花北小学校で地域学校協働本部会議が行われました!(平成30年7月30日)

会議の様子

7月23日(月曜日)に、立花北小学校において、地域学校協働本部会議が行われました。
参加者は、地域学校協働活動推進員(コーディネーター)や、小学校長、教頭、図書ボランティアの代表者、立花北小学校PTA会長、生島西連協の代表の皆さまです。

各ボランティアの活動内容や今後の活動予定が話し合われ、地域学校協働活動推進員のコーディネートのもとに、活発な情報交換が行われました。
「落語家を招いて、本物に触れる体験活動を進めていきたい。」という意見が出され、小学校長は、「子どもたちが参加するだけでなく、会場の提供を含め、学校として全面的に協力したい。」と話されました。
真剣な中にも和やかな雰囲気で会議が進められていました。
今後も緩やかな活動を支援できるよう、サポートして参ります。

尼崎北小学校地域連携協働本部主催でセミの羽化の観察会が行われました!(平成30年7月27日)

セミの羽化の観察会

7月21日(土曜日)に、富松神社境内で尼崎北小学校地域連携協働本部主催でセミの羽化の観察会が行われました!
親子74名が集まり、社務所にて観察会の予定や観察する上での注意点についてお話がありました。

子どもたちは、目を輝かせながら説明を熱心に聞いた後、外に出て観察会が始まりました。
あらかじめ用意してきた懐中電灯を持って、子どもたちは地面や木々を照らしながらセミの幼虫を探していました。
子どもたちは、普段何気なく通り過ぎる富松神社の木々には長い時間をかけて羽化するセミの姿があることを知り、真剣に観察したり、地上に出て木に向かう幼虫や、必死で木に登る幼虫に触れて落ちてしまわないように気をつけていました。

セミの羽化を通して、命の大切さについて考えるきっかけになったのではないかと思います。

大庄小学校で地域学校協働活動が行われました!(平成30年7月26日)

地域学校協働活動の様子

7月18日(水曜日)に、大庄小学校において地域学校協働活動が行われました。
『大庄地域全体で子ども達の成長を考えたい』という、大庄小学校地域学校協働推進員の想いから企画され、大庄小学校の協力のもとに、市政出前講座を利用して「中学校給食」についてお話を聞く機会が設けられ、地域の皆さま30名以上の参加がありました。

子ども達に温かい食事を届けるためにどのような工夫をしているかなど、子どもたちの学校生活の一部を知っていただけたようです。
これからも継続して子ども達の学校生活を知る機会を設け、地域全体で見守り、支える協働活動のきっかけの1つになればと思います。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の委嘱式を行いました!(平成30年7月23日)

委嘱式を行いました!

7月19日(木曜日)、教育委員会室において「地域と学校の連携・協働活動事業」推進員(コーディネーター)としてご活躍いただく方の委嘱式を行いました!
今回は、浜小学校と小園小学校が加わり、地域学校協働本部の設置校は22校となりました。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の皆さまには、地域全体で子どもたちの学びや成長を支えるために、地域の人材や活動をつなぎ、学校とボランティア間の調整等、緩やかなネットワークづくりを進めていただければと思っています。
教育長から、「地域学校協働本部を設置した後の活動内容の充実が大切です。学校側は、子どもたちのために地域の方々が活動しやすい環境を整えてほしい」とのお話がありました。

引き続き、様々な活動に支援できるよう、社会教育課としてもサポートして参ります。

武庫地区地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の交流会を開催しました!(平成30年6月12日)

交流会の様子

5月20日(火曜日)に、武庫地域振興センターにおいて、武庫地区の全小学校の推進員(コーディネーター)の交流会を開催しました。
出席者の自己紹介から始まり、社会教育課から「地域学校協働活動について」、また、武庫地域振興センターから「武庫地区の地域連携について」説明した後、推進員(コーディネーター)の皆さまから昨年度の取組みについて報告がありました。
その後、2グループに分かれ、各学校の活動の成果や課題について、活発に意見交換が行われました。

推進員(コーディネーター)の皆さまが、地域と学校をつないでいただくことによって、子どもたちの学びと育ちが豊かになっていきます。
今回の交流会での学びや気づきが、今後の活動の一助となればと思っています。
社会教育課としましても、各学校での活動がより充実し、発展していきますよう、地域振興センター、公民館とも連携して支援してまいります。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の委嘱式を行いました!(平成30年5月28日)

委嘱式を行いました!

5月24日(木曜日)に、「地域と学校の連携・協働活動事業」の推進員(コーディネーター)としてご活躍いただく方の委嘱式を行いました。
今回、武庫南小学校が加わり、武庫地区の全小学校(6校)で地域学校協働活動が行われることとなり、地域学校協働本部の設置は市全体で20校となりました。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の皆さまには、地域の方々とつながり、学校とボランティア間の調整等、緩やかなネットワークづくりを進めていただければと思います。

今後も、様々な活動に支援できるよう、社会教育課としても引き続きサポートして参ります。

感謝状贈呈式を執り行いました!(平成30年4月23日)

贈呈式の様子

本市の地域学校協働活動に役立てるため、昨年度末に、尼崎北交通安全協会から、協会が管轄する13の小学校(立花、立花南、立花西、立花北、塚口、尼崎北、水堂、武庫、武庫南、武庫北、武庫東、武庫庄、武庫の里)に安全旗が寄贈されました。

このご厚意に深く感謝の意を表するため、4月19日(木曜日)、教育委員会室において、感謝状贈呈式を執り行いました。

尼崎北交通安全協会の阿部会長からは、幼稚園児や児童が道路に飛び出して悲惨な事故にあわないように、多くの方が通学路に立って見守っておられること、『安全旗のあるところを横断する』といった小さなマナーやモラルが大切であることについてお話がありました。

今後も子どもたちの登下校の見守り活動の中で安全旗が活躍し、1件でも悲惨な事故が防げるようにと願います。

地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の委嘱式を行いました(平成30年4月20日)

委嘱式の様子

4月16日(月曜日)、教育総合センターにおいて「地域と学校の連携・協働活動事業」の推進員(コーディネーター)19名の委嘱式を行いました。
「地域と学校の連携・協働活動事業」とは、地域全体で子どもたちの学びや成長を支えるとともに、「学校を核とした地域づくり」を目指して地域と学校が相互にパートナーとして連携・協働して行う活動です。
本市では小学校に設置しており、地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の皆さまには、様々な地域の人材や活動をつなぎ、学校とボランティア間の調整等を担っていただきます。

当日は、緊張した雰囲気のなか、地域や学校とともに、子どもたちのために活動していこうという意気込みを感じました。

委嘱式終了後には、意見交換会を行い、地域学校協働活動の取組みや課題について話し合われました。
子どもたちの学びや成長のために力を尽くしたいという熱い思いのもとに、地域・学校が手を携えて、情報を共有しながら、子どもたちのためになることを探っていきたいと話されていました。
話し合いの内容を生かし、「地域と学校とが、更によりよい関係で結ばれ、子どもたちの学びや成長を支えていきましょう!」と締めくくりました。
平成28年度のスタート時は、2校でしたが、現在は19校にまで拡がっています。
今後も様々な活動に支援できるよう、社会教育課としてもサポートして参ります。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 社会教育課
〒661-0024 兵庫県尼崎市三反田町1丁目1番1号 尼崎市教育・障害福祉センター4階
電話番号:06-4950-0405
ファクス番号:06-4950-5658
メールアドレス:ama-syakaikyoiku@city.amagasaki.hyogo.jp