尼崎市中学校給食基本計画について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1009701 更新日 平成30年11月29日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市中学校給食基本計画を改定しました

 

 尼崎市では、平成30年1月に尼崎市中学校給食基本計画を策定し、平成34年度の開始を目途に給食センター方式により中学校給食を実施するため、建設候補地とした「西向島公園」「小田南公園」「公設地方卸売市場」の3箇所について、都市計画法や建築基準法等の適合性や全体事業費のほか、市議会や市民から指摘・要望の強い開始時期の前倒しの可能性、将来の土地利用等についても考慮し、検討してきました。
 その結果、公設地方卸売市場は、当初スケジュールの前倒し実施が困難であることなどから、建設を見送ることとしました。また、西向島公園及び小田南公園は、課題解決に相当の時間が見込まれることなどから、建設予定地とはしないこととしました。
 そのため、一定の規模を有し、土地利用が未定の市有地について、改めて検討した結果、旧若草中学校については、建築基準法第48条ただし書の建築許可を得る必要があるものの、必要な面積を確保できること、主要な幹線道路に接していること、市内中部に位置し中学校への配送も円滑に行えること、敷地南側の隣接地域が工業地域であり住環境への負荷も限定的であること、既存建築物等の撤去等もなく事業開始スケジュールを最大で6カ月程度前倒しできる可能性が見込まれることから、都市計画法や建築基準法への適合を前提として、給食センターの建設位置や設備の工夫等による住環境への負荷軽減を図り、周辺住民の合意のもと、旧若草中学校を給食センター建設予定地として決定し、速やかな給食開始を目指すこととし、平成30年11月に基本計画を改定しました。
 今後は、平成34年1月からの給食開始を目指して着実に取組を進めていきます。

尼崎市が目指す中学校給食について

完全給食及び全員喫食を実施します。 

 成長期にある生徒の心身の健全な発達と更なる食育の推進に取り組むため、完全給食(ごはん、おかず、牛乳)及び全員喫食を実施します。

完全給食、全員喫食の説明

「安全・安心な給食」を実施します。

 給食センターならではの集中管理による高度な衛生管理の徹底により、食中毒の発生リスクや拡散リスク及びアレルギー原因食品の混入リスクを低減することが出来ます。
 給食センターでは、食品ごとの処理室や調理室を部屋で区切り、調理員の作業動線を一方向に徹底することで、二次汚染を防ぐとともに、アレルギー専用室を設けることで、調理途中でのアレルギー原因食品の混入を防ぎます。

給食エリアのイメージ図

「温かくておいしい給食」を提供します。

 子どもたちに対する食育は、心身の成長や人格の形成に大きな影響を与え、生涯にわたって健全な心と身体を培い、豊かな人間性を育む基礎となることから、中学校給食を生きた教材として活用した食育を推進します。
 そのためにも、「温かくておいしい」給食を提供します。

おいしさへのこだわり

全中学校一斉に給食をスタートします。

 中学校給食の実施にあたっては、学校現場における給食指導や安全管理などの運用面のほか、厳しい財政状況の中で、施設整備や安定的な運営のために必要となる財源の確保など、十分な準備や調整が必要です。今後は、平成34年1月に全中学校で一斉に給食が実施出来るよう、取組を進めます。

給食センター整備にかかるスケジュール案

中学校給食に関する市政出前講座を行います。

テーマ「中学校給食基本計画について~センター方式による中学校給食を準備中!~」

 基本計画の概要や給食センター方式による給食実施の取組についてご説明します。
 ご希望の場合は、まずは下記担当までご連絡ください。また、市政出前講座申込書にご記入のうえ、下記担当まで郵送またはファクスにてお申し込みください。申込書等については下記リンクをご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校運営部 中学校給食担当
〒661-0024 兵庫県尼崎市三反田町1丁目1番1号 尼崎市教育・障害福祉センター3階
電話番号:06-4950-5680
ファクス番号:06-4950-5658
メールアドレス:

  • ama-chugakkobento@city.amagasaki.hyogo.jp(中学校弁当担当)
  • ama-chugakkokyushoku@city.amagasaki.hyogo.jp(中学校給食担当)